上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、とうとう、大地のプリスクール(幼稚園)卒園の日。
(Graduation day)

この日をと~っても楽しみにしていて、2ヶ月くらい前から練習し始めた
らしい歌やセリフも、すぐに覚えて、家でよく歌っていました。

”メイ トゥウェニ ファ~スト は グラデュエイション デイ だよ!”と
何度も告知してました。

式は夜にあるのですが、その前に行っていた翼のサッカーの練習場でも
もうガウン(1回きりなのに買わされた・・・)を着ると言ってみたり、ソワソワ。

私も初めて経験するアメリカの卒園式、どんな感じか楽しみです。

皆、ガウン着ちゃって・・・かわいい(´∀`)
2009.5.17 100

なんと会場は、園庭に用意されていました!

2009.5.17 103

今までは中でやっていたそうですが、今年は卒園生や出席者が多く、
中では狭すぎ、急遽屋外に変更になったとか。

日も陰ってきて、暑すぎず、でも明るいし、写真を撮るのにもちょうどいい、
と、かえって保護者たちに好評でした。

2009.5.17 102

卒園生の入場!一斉に撮影!
どこも同じですね(^^)
おじいちゃん・おばあちゃん達も来られています。みんな、嬉しそう~(´∀`)
2009.5.17 105

園長先生の挨拶。
園長先生、すごいでしょ・・・色んな意味で・・・
2009.5.17 104

園児達がまず一曲目を披露。家でもよく振りつきで歌っていたけど、
可愛いの~(*´∇`*)
2009.5.17 109

♪ぼくが そつえんせいだよ

 ほんとだよ (←腰に手をあて、お尻をフリフリ)

 ぼくが そつえんせいだよ

 ウ~ッ ウ~ッ ウ~ッ!(←腰に手をあて、お尻をフリフリ)♪




(´∀`) 「Oh~」 「Ah~」  (←親たちの萌えため息)
 

一旦席に着いて、
2009.5.17 110

普段の髪をさわるくせから、帽子についた房をさわりまくる大地。 ( ̄▽ ̄;)
2009.5.17 111

一人ずつ名前を呼ばれて、
2009.5.17 113

卒園証書授与。
2009.5.17 114

明るい日差しとグリーンに、赤いガウン姿がよく映える。

(これでも時間は19時過ぎです)

爽やかで、カジュアルな、アメリカならではの卒園式かな。
(大地、横の子達とぺちゃくちゃ喋りまくってる)
2009.5.17 118

親たちがハンカチで目頭を押さえる・・・という雰囲気ではないです(^^;)


最後にもう一曲。
2009.5.17 123

(”線路は続くよどこまでも”の替え歌)

♪ ずっとプリスクールに通ったよ
  お友達と仲良くすることも覚えたし、分け合うことも覚えたよ
  色も分かるし、数も数えられるようになったよ ♪

♪ グラデュエイション・デイ
  グラデュエイション・デイ
  グラデュエイション・デイがきた♪


最初、とりあえずのつもりで入った幼稚園だけど、結局、2年4ヶ月
お世話になりました。

もちろん、最初は大泣きでしたけどね~・・・
言葉は通じないのに、なぜか人気者で、すぐにお友達ができて、
大親友もできて、あっという間に、英会話はすっかりお手の物に。
(結局、日本人はずっと大地だけ)

がんばったね。


相思相愛のジョナ君とは、キンダーで別々になってしまうから、
悲しそうだけど・・・

”一緒のキンダーに行きたいから、引越したい!”と、ちょくちょく言う
大地。(^^;)

ジョナはジョナで、家でもしょっちゅう大地のことを話しているらしく、
この日来ていたジョナのおばあちゃんにも、「この子がダイチね(^^)
ジョナからよく聞いてるのよ(^^)」

ジョナとは、これからも友情が続けばいいな、とは思うけど、
別れがあれば、出会いあるのさ・・・


卒園おめでとう。(⌒∇⌒)


(・・・まだ、明日からもキンダー始まるまで、ここに通うんだけどね(^^;))



スポンサーサイト
大地、まだ熱でお休みです。
蕁麻疹もひき、明日はプリスクールに復活できそうな雰囲気ですが・・・
(翼はすでに一昨日から復活しています)


さて、こちらは先週のプリスクールの保護者向けの掲示板。

その日やったことを、子供達の発言をメモするという形で教えてくれます。

(毎日、ではないですが。それも、最近新しく入った先生がマメなので、
やってくれてる感じ。先生によっては、こういうことも全くやらず、もちろん
連絡帳などもないので、その日の様子が殆ど分からず、日本の保育園を
経験した私には物足りない・・・
「今日、大地はどうでしたか?」聞けば、大抵、「He was doing great!」
くらいのコメントでまとめられてしまいます(^^;) 
まぁ、褒めるのは凄く上手いんですが・・・
子供一人一人の様子、言動などのちょっとしたエピソードを毎日伝えてくれていた
日本の保育園・幼稚園の先生のマメさにあらためて感心、感謝です。)

この日のアレックス君の発言欄にあるように、
932
日本語の本を読んだのは、私です。

この日は、親たちがボランティアで読み聞かせをする、という企画の日で、
私も一役買ってきました。持ち時間は30分。
結構長いな~、せっかく唯一の日本人だし、滅多に接することはないだろう
日本の本も紹介したいな~、なんて思い、英語の絵本数冊の他に、

この絵本を選んでみました。
9355
「こぐまちゃん」(しろくまちゃん)シリーズは、日本の子供達には定番中の
定番の名作ですよね。(私自身は小さい頃に読んだ記憶はないのですが)

4~5歳児のクラスに読むには、ちょっと簡単すぎるかな、とも思いましたが、
英語に訳すのが簡単、というのもあったので(^^;)

大地も、まだ今でも大好きなシリーズでもあるし。

日本語→英語→日本語→英語、と逐次訳しながら、読んでみました。
子供達、皆、ちゃんと聞いてくれました。
特に、先生方が興味深そうに本の写真を撮ったりしていました。

そして、この本を選んだ一番のポイントはここ!
9356
ここを読み聞かせしてみたかったんです!

私、つくづく、この2ページはすごい、と思います。
ホットケーキは白→黄色→茶色に変化するだけ、たったこれだけの色使いの、
こんなにシンプルな絵なのに、こんなに美味しそうに感じるものが、
他にあるでしょうか。

「ぽたあん」
「どろどろ」
「ぴちぴち」
「ぷつぷつ」
「やけたかな」「まあだまだ」
「しゅっ」
「ぺたん」
「ふくふく」
「くんくん」
「はいっ」「できあがり」

表現もこれだけ。
でも、何度読んでも、「ふくふく」「くんくん」あたりから、本当にホットケーキの
甘く香ばしい香りが漂ってくるような気がしてきます。

子供の想像力なら、なおさらでしょう。

きっと、大抵の子供が大好きな”ホットケーキ”というところも、いいんでしょうね。

で、この部分の擬音は、敢えて日本語のまま読んでみました。
(いい英訳も思いつかないし)

ゆったりと、間をとりながら読むのがコツです。

さぁ、日本人以外の子供達はどう感じるのかな、とちょっと実験のつもりでも
ありましたが・・・

皆、食い入るように、見入って、聞き入っています!

そして、ホットケーキが出来上がると、何人かは嬉しそうな笑顔に!

そして、「ホットケーキ食べた~い!」「おいしそう~!」の声が!

狙い通り!(⌒∇⌒)


それにしても、こうやってあらためて読んでみると、日本語の表現て豊かだな、
と思いますね。


ところで、読み聞かせのボランティア、英語で本を読むだけならいいのですが、
読み始める前の、子供達に興味を引かせるような導入や、本の途中で入る
子供達からの発言に、パッと気の利いた応答をすることが難しいです。

私の前の順番のボランティアのママの、子供達と丁々発止のやりとりを
しながら読み聞かせしている様子を見て(もちろんネイティブの方だと思いますが)
あ~、こんな風にできるようになれたらな~、と思うのでした。


大地の通っている幼稚園のクラスで、「Show and Tell」という企画が始まりました。

アメリカではメジャーな企画らしいです。ショー・アンド・テル。
皆の前で、自分のお気に入りのものなどを見せながら、それについて話す、というもの。

(翼は、学校ではやったことないそうですが)

テーマは、「Hunt for Happiness」で、
”自分をハッピーにしてくれるものを持ってきてください。それで毎週金曜日に数人ずつ
 Show and Tell をしてもらいます”

とのことで、大地も指名されました。

大地がねぇ~、そんなの出来るのかしら。


案の定、家に帰ったら、「やらない!何も持って行きたくない!」とか言ってるし(--)


それでも、前日には「アンパンマン」と「バイキンマン」のぬいぐるみを持って行くことに
したそうなので、パパや翼が、


「アンパンマンは、Red Been Bread Man て言えばいいんじゃないの~」

「バイキンマンは、Germ Man て言えばいいんじゃない?」

などとアドバイスしていました。

私の予想では、多分、皆の前に立たされても、何も言わないんじゃないか・・・
と思っていましたが(^^;)


その様子は見られないので(後から聞くと、親が見に来るのも歓迎だったそうだけど、
親がいたらいたで、さらに何も言わなさそう)、お迎えに行ったときに聞いた
先生やお友達の話から総合すると、


”先生からの質問に答える形で、何かは喋ったらしい”



後日、壁に皆の”Show and Tell”が貼られていました。

2.5.2

大地のところは、何て書いてあるかな。

2.5.1

”My Sega toys makes me happy because....”

Sega toys?

何ですか、それ?

そんなもの、うちには無いですが。
「アンパンマン」と「バイキンマン」は、どうした?

しかも、この写真、「アンパンマン」じゃなくて、違うぬいぐるみ持ってるし。

それは、"Show and Tell”の日に撮った写真を、先生が間違って削除してしまい、
もう一度写真を撮りたいから、また同じ物を持ってきて、と言われたのに、

なぜか大地は、写真を撮られることも、同じぬいぐるみを持って行くことも頑なに
拒否しつづけ、何日か後に、やっと”違うぬいぐるみ”を持って行く気になり、
その何日か後に、やっと写真を撮られることに同意したから、


なのだけど・・・

(↑大地のこういうところ、よく分かりません┐(´ー`)┌ ) 

という訳で、何を持って、何についてどんな話をしたんだか、訳分からないことに
なっておりました。 ( ̄▽ ̄;) 




ところで、今日は、フランチャイズ展開しているこの幼稚園のコーポレート・ピクチャーを、
大地の通っている園で撮ることになった、とかで、
撮影の同意書にサインを求められ、ナチュラルな色の服装をしてくるように
指示がありました。

2.5.3

確かに、カメラマンが来ていました。

もしかしたら、HPやパンフレットに、大地も載ることになるかも!?


大地が最近、英語手話を覚えました。
幼稚園で教わってきたんです。





耳が不自由なお友達がいる訳ではないのですが、たまたま手話を知っている先生が
子供達に教えてみたところ、皆面白がって、どんどん覚えていったのだそうです。

大地も、アルファベットを覚えてからは、車に乗っているときや、ソファでごろんと
している時など、一人でよく手を動かしていました。



この頃、学習意欲が旺盛な大地。

日本語の文字にも、英語の文字にも興味があり、「○○はどうかくの?」と
聞いてきたり、

「なんてよむの~?」と聞いてきたりしながら、どんどん頭に入れていっているようです。


それほど、"文字の練習”もさせていないのですが、勝手に書けるようになっていて
驚くことも。

やっぱり、上の子がいる影響ですかね。

”お勉強”的なことを、自分もやるのが嬉しいようです。

翼が宿題などをしていると、必ず側に何かしら教材を持ってきて、一緒に”お勉強”。

数や計算にも興味があります。
最近の質問の定番は、「○たす○はなに~?」「○と○はどっちがおおきい?」


毎日、毎日、何回も。



幼稚園でも、オプションで英語(読み書き)のクラスがあり、大地に

「いきたい」「おべんきょうしたい」

と何ヶ月もずっとねだられ、最近"そこまで言うなら・・・”と始めさせました。


どうせキンダーに入ったらやるんだから、別にわざわざ別料金払ってやらなくても
いいじゃん、と思ってたんですけどね(^^;

(でも、他の子は結構、幼稚園からお勉強的なことを始めさせていますね。
それがウリの幼稚園も多いですし。)



大地、毎回そのクラスが楽しくてたまらないようです。

学ぶことが楽しい・・・

それがずっと続いてくれるといいな。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。