上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マニアックな呟き編。


ここ15年ほど、カラオケに行くたびに検索するものの、まだ一度も遭遇したことがなく、
一度も歌えたことがない曲です。


宮沢りえ 「My Kick Heart」



こちらは、ニコ動。


唐突になぜ宮沢りえ、って、もちろん小室哲哉つながりでなんですが、
デビュー曲の「Dream Rush」も哲ちゃんですが、別のシングルのカップリング、
こんな曲も作曲してます。


これは、哲ちゃんがラジオ番組で自ら、「人に提供した曲の中でも、特に印象深い曲の一つ」
としてとり上げているのを聞いて、私も初めてこの曲を知り、いい曲だなぁ、と
録音したものを何度も聞いていたのですが、

その後カセットテープを聞かない時代になり、もう10年以上この曲も聴いていません
でしたが、ずっと頭には残っていて、そういえばYouTubeで聴けたりするのかな?
と探してみたら見つかって、

「なつかしい~(><) やっぱり、ええ曲や~」

という訳で、たまに家事のお供のBGMとして聞いています。


哲ちゃんが、この曲を印象深いと言ったのは、90年代前半、ちょうど彼女が
マスコミに大騒ぎされた例の出来事の直後にこの曲を提供することになり、
彼女の状況と、頑張って欲しいというエールを込めた歌詞、
それと彼女の澄んで凛とした歌声とが、ちょうどシンクロして・・・と
いうようなことを語っていたように記憶しています。


「蹴り上げるボールには、誰の力にも負けはしない」 


という歌詞は文法的に気になってムズムズしてしまいますが、まぁそれはいいとして。

それを言えば、「My Kick Heart」 っていう言葉もどうなの? ですけど、
まぁそれもいいとして。

(歌詞は小室ではない)


宮沢りえの歌唱力も、それもいいんです。(^^)
 だってこんなに可愛いんだもん。
(デビュー曲を生放送で聴いたときは、衝撃的だったけど)

すーっと耳に入ってくるこの優しい歌声も、彼女ならではで、良いと思います。



一生、カラオケで歌うことは無いでしょうかね。
歌っても、同席者を ??? にさせてしまうだけでしょう。


(TMとは全く関係ありませんが、ずっとカラオケで狙っているといえば、
小学だか中学のときにラジオで聞いて印象的だった河合その子の ”愛のイミグレーション”
 もずっと探していますが、

こちらはネットで調べても殆ど情報が出てこないし、動画にもないし、どのアルバムに
入っているのかも分からず、分かったとしてももうどこにも売ってなさそう・・・という訳で、
さらに絶望的です。

「時が過ぎても~ 何も変わって~ いないわ~
    本当の気持ちは~ 愛の~ Ah~ イミグレイション~♪」 )




それと、宮沢りえで印象的と言えば、私、このCMです。




このBGMと映像の組み合わせが、凄く印象的だったんですが。
松本孝弘 「Thousand Wave」 です。


TMのラジオを聴いていた私にとっては、TMのサポートメンバーで、
TMのメンバーのいじられキャラだった松ちゃん。ケプリ松本。

「B’z というバンドでデビューしたんで、よろしくお願いします」 と言っていた頃。

ラジオの公録で独特な雰囲気を醸し出す稲葉さんを見て、哲ちゃんが
「松ちゃん、いいボーカル見つけたね~」と言ってた頃。



あれから20年以上かぁ~。

グラミー賞おめでとう。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
デジイチを手に入れてから、ますます写真を撮るのが楽しい私。

2010.10.31 038


これは昨年のことですが、補習校の運動会で、頼まれもしないのに、ついつい
大地のクラスメイトの子ども達を撮っていたのでした。



子ども達を観察しながら、カメラを構えます。

“可愛いなぁ、可愛いなぁ (´∀`) ” と思いながら。


“もっと可愛い瞬間を、もっと可愛い瞬間を”

と思いながら、児童席にしばらく潜伏していました(^^)


写真を撮っていて、最近、つくづく思いました。
私は、子供の 笑顔とまなざし が 好きなんだなぁ、と。

そんな瞬間ばかり狙って撮っているような気がします。
ワンパターンといえば、ワンパターンなんですが。



沢山写真を撮ったので、それをオンラインアルバムに入れて、クラスの皆さんに
紹介したところ、数人の方から、「ありがとう」「自然でとてもいい写真」「素敵な写真」
などの感想をいただき、とても嬉しかったのです。


そんな写真をここでも載せてみたいのですが、
ブログをやっていることは隠しているわけでもないけど、
わざわざ自分から知らせることはなく、知っている人はほんの少し。
(何かきっかけがあったりすればお知らせすることもある)

日本人のお子さんの顔写真を掲載するのは、やっぱり許可を得てからではないと、
と思い、しかし、それほど深いお付き合いがない方に、わざわざ
 ”ブログやってるんですけど“ と切り出して、全員の許可を得ていくのも勇気が出ず。



それでも、可愛すぎて、どうしても掲載したかったこれらの写真は、お母さんにお話して
許可をいただきました。


2010.10.31 139
おそらく、白組の勝利をお祈りしている。


2010.10.31 138
白組の勝ち!やったー!!



ちなみに、大地は、私がカメラを構えていることに気づいていて、チラッチラッと
こちらを確認しては、わざとイマイチな表情をする、という・・・(^^;)


だけど、他のお子さんを撮るのも楽しいんです。

うちの子だと、こんな行動や表情はしないだろうな~、という瞬間があって。
自分の子どもでは見られない、また違った類の可愛さがあるんです。
上の2枚の写真なんかも、そう。


他にも好きな写真はあるんだけど・・・
後姿のみで。
2010.10.31 130

2010.10.31 090
でも、後姿の写真も、結構好きだったりする。
こちらは、自分たちの出番に向かう大地とお友達。



もっと小さいうちから、もっともっと可愛い写真を一杯撮ればよかったなぁ。


もっともっと、いい写真を撮っていきたいデス。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
翼のピアノレッスン中、別室で待機していると、先生が出ていらして、


  「今度の発表会、お母さんもどう?よかったら(私と)一緒に弾いてみない?」


と、連弾用の楽譜を見せてくれ、その中にあった曲に一気に心惹かれ、


  「あ、やります!やりたいです!」



という訳で、来月にある翼のピアノの発表会に私も出演することになりました。(*´∇`*)

(ついでに言うと、毎回10分未満のおまけピアノレッスンをしてもらっている大地も、
超簡単な曲を弾くらしい ←家では全く練習してないからネ)

ピアノの発表会って、25年くらいぶり・・・(´∀`)




惹かれた曲は、“ラフマニノフ ピアノ協奏曲 第2番”。

  キャ~、千秋がミルヒーとの協演で弾いてたロマンチックな曲



・・・って、そんなの弾ける訳なくて、これは連弾用にアレンジされたもの。
オーケストラのパートも含めた音を4つの手で弾けるように割り振ってあり、
そのうちの2つの手を担当すればいいので、私でもイケそう♪

先生は、「普通、3ヶ月から6ヶ月あれば弾ける」と仰ってましたが、その時点で
発表会まであと2ヶ月。

早速、家で練習を始めました。1楽章のみ、短縮版。

2010.11.6 027
ザ・譜めくり不要・蛇腹式一つなぎ譜。
(私の定番。楽譜本があっても、コピーをとって、こうやって一面に置いて練習するのが
好き)



ピアノを弾くモードに入ると、つい夢中になってしまって、その他のこと(家事とか・・・)が
煩わしくなってしまうのが難点です。

(習うのを辞めるとなぜこういう心境になるんでしょうか。習っているときに
こういう気持ちになれればねぇ)



先日、翼のレッスン後に、先生と初音合わせ。

・・・しようとすると、子供たちに「ダメ~!」「ダメ~!」と纏わりつかれて、ピアノに
向かうのを阻止される。

なぜ?



振り払って( ̄∇ ̄)、ピアノへ。



ちゃんと合わせるにはまだ程遠いけど、た、たのすぃ~!!

グランドピアノ、気持ちいい~!!

完成したら、最高に気持ちよさそうだ~。



「うん、譜読みは出来てますネ。1ヶ月で大丈夫でしょう。」

よっし!




翼のレッスンとは別に、私も先生宅に伺うことになった。

「ママもレッスンだ~」と言うと、「んーっ!」と口を曲げて何か不満そうな
子供たち。

なんで?
母親が何か教わってるのって、イヤなの?
そのへん、どういう心理かな?



ま、そんなことは気にせず。

最高の気持ちよさ目指して、ガンバル。




ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ


最近、ある役割を担うことになり、忙しかったり、基本的にテンションが上がらず、
更新もサボっております。


作業をするのは別にいいんですが、自分の都合しか考えない、自分の責務は果たさずに要求はする、
理不尽なクレーマーは嫌いです。
自分は、そういうことに対する沸点が割りと低いかもしれないので、けっこうイライラが
募りがちです。

でも、しばらく続くことなので、ずっと引きずってもしょうがない。
うまく発散して、乗り切っていこう。



そんなときに、私が見たくなる動画です。


単純に微笑ましくて、なぜか元気が出るんです。




ものすごい再生回数になってますね。

このキャラクターももちろんいいんですが、後ろでただ音楽を鳴らしている(?)子と、
音楽に入り込んでいる2人と、この関係性というか、“あぁ~、いい仲間を見つけたんだな~”
というか、仲間っていいな、というか。





こちらは、ただただ、日本のアニメソングを車中で熱唱する外国人。
場所も日本ではなさそうだし、一体何者なのか、どういう経緯なのか、謎だらけの中、
とにかくその楽しそうな様子になぜか癒される。
ノリノリで歌いながらも、基本的には安全運転志向が伺えるところにも、
またなぜか癒される(^^)

(以前、ニコ動で見たときも、その辺のコメントが面白かった(^m^)
 今は、ニコ動では見つからなかったんだけど、ないのかな?)
 

“絶対イイヤツだろう”というオーラが滲み出ている(^^)


彼らにも、悩みや苦労はあるはずだけど。
こんな風に、時にはおバカに、楽しむ心を持ち続けたいな、人をも楽しませられたらいいな、
などと思うのです。




ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
私の好きなアーティストの一人、KAN。


残念なことに、私の身の回りで、ここ20年ほど、KANの話題が出たことは殆どない。

出たとしても、

「あ~、あの曲、あったね。何だっけ?」

「愛は勝つ。」

「あ~、そうだそうだ。それ以外しらないね~。」

というパターン。


KAN=愛は勝つ、と結論付けられた時点で、私の中では“やっぱりね┐( ̄ー ̄)┌ ”
という納得半分、ガッカリ半分。

この人とも、これ以上KANの話は出来ないのね、と判明して、その話題終了、である。



「愛を勝つ」しか知らないのはもったいない。ぜひアルバムを聞いてもらいたい。
私も、最近のアルバムは全然聞いてないけど、90年代のはよく聞いていた。(今も聞いている)



ラジオも昔よく聞いていて、私の中では、勝手に“KANちゃん”と呼ばせてもらっている。

本当に抜粋になっちゃうけど、おすすめ曲をいくつか。

(カラオケボックスで調子にのり過ぎたとかで、骨折中の映像)




最近、この曲の歌詞について、常々思っていた疑問を初めてダンナと語り合ってみた。


登場人物は「僕」「君」「あいつ」「彼」の4人なのだが、主語がよく省かれているので、
状況が把握しにくいところがある。

私は、最初に聞いたときからずっと、“「僕」も「君」を好き”なのだと解釈していた。
この女の子、結局3人に想われて、モテモテじゃないか、と。

ふと最近、他の人はどう解釈しているのか、と検索してみると、やはりこの歌詞に疑問を
感じている人がいたものの、“「僕」の好きな人” はこの歌詞には出てこない第3者だという解釈で、
他の人もそれに同意していた。


えー、それは全く思わなかったよ。


で、ダンナに問い掛けてみたところ、(彼も偶然KANのアルバムを聞く派)、
「ちょっと待って。歌詞見ないと分かんない」 とあらためて読んでいる。


お気に入りの曲のくせに、今まで約20年、何を聞いとったんじゃ~い。


で、結局、読んでみても、分からないところは、やっぱりよく分からないけど、
“「僕」が「君」を好き”、すくなくとも、“気があった”“狙っていた”という解釈は同じだった。


そして、“けやき通りが色づく頃” に “生まれて初めて家を出” たのは、誰なのか?
「僕」のような、「君」のような・・・?

皆さんは、いかが思われますか?

ま、それはおいといても、とにかく、いい曲です(^^)



バラードも名曲が沢山あります。
全部紹介したいけど、とりあえず、その中から一曲。



だけど、KANちゃんを語る上では、こういう曲も外せない。
”ユーモア系“といいましょうか、”おちゃらけ系“といいましょうか(^m^)
この振り幅の大きさも、魅力の一つです。
(こちらも骨折中)




ビリー・ジョエルに大きな影響を受けたと本人も言っているように、曲によっては、
ビリー・ジョエルのあの曲にこの部分そっくり・・・というところも。
でも、それも結局、“KANちゃん色”になってるんだけど。

こういうアーティスト(特に男性)、本当に最近出てこないなぁ~。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
オードリーにはまっています(´∀`)

特に若林が好きなのですがですが、2人のコンビネーションが
とてもいいですね。



去年の初め頃だったか、初めて見たときから、「オッ!?」と思って
気になっていましたが、今年になってからの快進撃、すごいです。

本当に毎日のように、あらゆる番組に出倒しているようなので、嬉しいのですが、
体は大丈夫かしら? とか、飽きられちゃわないかな? と心配になっちゃいます。

コントフリートークも、いい☆

ボケ・ツッコミ 反対なのね(^m^)。新鮮。

こういうのも。サラリーマン(´∀`)。


アメトークの”愛方大好き芸人”も、よかった。(^m^)

うちの子達も、これから先、共に笑い、泣き、こんなに深く付き合いたいと
思えるようないい連れや仲間に出会ってほしい。


ある番組で、ビートたけしの前で漫才をやって、「面白い!」」と絶賛されてた
のも、嬉しくて。


最近、キャンパスナイト(関東ローカルの深夜放送)までチェックしてしまう私・・・
(ダンナも見てる)


アホでしょうか?

ホントに、アメリカ在住~?という声が聞こえてきそうな。( ̄∇ ̄)



↓ポチ、ありがとうございます(^^) 
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ 人気ブログランキングへ
以前から知っていて、いいな、とは思っていた曲ですが、最近、しみじみと、
”なんていい歌だろう・・・”と思っている歌があります。

「ちびまる子ちゃん」のエンディング・テーマ。(⌒∇⌒)

「アララの呪文」 ちびまる子ちゃんwith爆チュー問題

(・・・と、ここで動画を紹介したいところでしたが、YouTubeを挿入することは
もう出来ないんですね・・・?ツールがなくなってます・・・)


日本にいたとき、子供に見せたことがあって、そのときにこの曲を耳にし、
”お、なんかいい曲☆”とは思っていたのですが、それからかなり長く
「ちびまる子ちゃん」から遠ざかっていました。

最近、ふと思いついて、子供達のテレビの時間用の番組として
録画しておくようになって(by ロケーションフリー)、
”あ~、まだこのテーマ曲が使われてるんだ”、と。


メロディ、テンポ、展開、転調、とても私の耳に心地良いのです。

調べてみたら、作曲は岡本真夜だったんですね。


歌詞もあらためて見てみると、これがまたいい。


  「迷って 悩んで 涙あふれ出しても
   明日は お日様
   もっと 輝いているよ」

  「何かでつまずいたり 立ち直れなかったり
   いろんな事がある 人生だから」

  「時には まちがえたり 叱られてしまったり
   いろんな事がある 人生だけど

   それはそれなりでも いいのさ」

(歌詞全文は、こちら


踊りもかわいいし。(*´∇`*)

(特に、以前放送された、実写版ドラマのエンディングの方)

子供のアニメ番組なのに・・・あなどれません。

日曜の夜(こちらでは、そうではありませんが)に、何だかちょっと
元気が出そうじゃありませんか。




勝手にシリーズ化しちゃった、週末のお楽しみ動画。

思いっきり自分の世界に入っちゃって、いいですか?


私の青春(というより子供時代?)、彼ら抜きには語れない、

チェッカーズ




懐かしすぎる。やっぱりカッコいいよ~

今でも、カラオケでは振り付きで歌いますよ( ̄ー ̄)
(ダンナは、Lonely, lonely, lonely,lonely, 担当)

当時、テレビの前で発狂していました。
今見ても、やっぱり、キュン となります。涙出そう。

もう、この7人が揃うことは、あり得ない事、メンバー間の断絶などを
思うと、とても切ない。


特に初期のアルバム、”Flower”までを、よく聞きました。

ガチョウの物語、とか、可愛い曲もあったなぁ(^^)

"Teenage dreamer" "Checkers のクリスマスソング”も好きだったなぁ。


でも、敢えて私のイチオシは、「ひとりじゃいられない」。

シングル”神様ヘルプ”の(当時)B面。(カップリング)

確か、NHKの番組 (北国の方の少女の成長を追うドキュメンタリー
ものだったような?) のエンディングに使われていて、とても印象的
だったものの、それ以外で、歌っているのも、使われているのも
聞いたことがない。

カラオケに行くと、この曲が入っているかを確かめる。

たまに入っていると、嬉しくて歌ってしまう。

けれど、「知ってる」と反応してくれる人は少ないです。

名曲ですよ~

(こういうシンプルな”いい曲”、最近ないよね~)


バラード系で好きな曲は、他にも沢山あって、書ききれな~い。

「時のK-City」「Long Road」「哀しみのヴァージンロード」
「愛と哀しみのラストショー 」「悲しみよ腕の中へ」・・・

バラード系以外なら、「Lady-Mを探せ」が妙に好き。

でも、シングル曲をメンバーが作曲するようになってからは、いまいち
冷めてしまいました・・・

アルバムには、メンバー作のいい曲が色々あるのに、シングルには
どうして・・・?


他の大多数の女の子の例に漏れず、私もフミヤに夢中でした。

ラジオ番組「藤井郁弥のハートはジュークボックス」を楽しみに録音しながら
聞いていました。
よく、オールディーズを弾き語りしてくれてましたね。



こちらは、夜のヒットスタジオでの「Next Generation」

Cute Beat Club Band 名義のこの曲も好きでしたね~

ちょうど世の中にCDが普及し始めた頃に、CDのみで発売された
Cute Beat Club Band のアルバム。うちはまだCDプレーヤーが
なかったので、購入を保留していたら、数量限定だったようで、その後
手に入らずじまいです(T T)

このアルバムからは、「Next Generation」はテレビやラジオでよく
聞きましたが、その他の曲は、ラジオでたまたまかかって録音できた
一曲を知っているのみ。


このとき実は、曲の途中でハプニングがあり、その後、特番の"ハプニング集”
などでも使われていたので、有名かも?



”そんな様子をテレビの前で見て叫んで、悶絶していた”・・・という
コメントが入っていますが、もちろん私も・・・(^^;)
そんな女の子が、当時沢山いたんだろうな~
もう、ドッキドキでした。
メンバー達と目を合わせて微笑みあってる姿も、ファンには
たまらなかったのですよ~


さぁ、こんな話題にのってこられる方、コメント、カモン!!



ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナーを1つでも押していただけると、励みになります。
よろしくお願いします!


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ 人気ブログランキングへ

2009.04.13 楽しんだ動画
休日などに、子供達とYou Tubeの動画を見て楽しむことがあります。

ちょっとずつ、色んな人の演奏が見られ(聞け)たり、色んなスポーツの
シーンが見られたり、本当に便利な時代ですね・・・

まずは「バイオリン」をテーマにスタートすることが多いです。
大地のモチベーションUPに、少しでもならないかなぁ~、と思って(^^;)



あ~、私もこれ、弾いてみてぇ~~~(´∀`)
弾けたら、超気持ち良さそう~~~
最近、バイオリン、やってない・・・ダメじゃん。やっぱり、先生見つけて、
レッスン受けないとダメだなぁ~
(でも、レッスン代が・・・と思うと、つい子供優先になってしまいます(^^;))

葉加瀬太郎つながりで、次はこれ。




「この人も子供のときにスズキで練習したんだよ」と、大地にトリビアを。
大地がどう感じてるのかは、”?”

演奏している人達も、本当に、楽しそうで、気持ち良さそうですね。
音楽って、いいなぁ、と思わせてくれる演奏。
ライブで聞いてみたいです。

これの関連動画にあった「忙しい人のための情熱大陸」には、笑って
しまいました( ̄∇ ̄)


次はこれ。



私の大好きな作品&音楽です。
ジブリ作品の中で、「ラピュタ」が一番、という人は結構いるように思うのですが、
私(&ダンナ)も、そうです。
久石譲の音楽が、作品の質をさらに上げているように思います。(他の作品でも
そうですが)

この演奏は、どういう企画のものなのでしょうか。
映画の中でパズーが朝吹いていた、あのトランペットの曲から始まり、
”おぉっ!”と思いました。

あのパズーのトランペットの演奏も、実はなかなかレベルが高いとか・・・


次に、なぜか辿り着いたのが、これ。




”ファーストフードのドライブスルーでの注文を、歌でやっちゃおう”という
オバカな企画のようです。

翼、大ウケでした。
「いっぱい注文してるじゃ~ん!」(≧▽≦) だって。

「1000ドルになるんじゃないの~?」(⌒∇⌒)

・・・いや、そこまでは(^^;)

しかし、その後の店員の対応に、ビックリです。

他にも、同じような企画の動画がいくつかありましたが、途中で店員に
聞き返されたり、止められたりして、イマイチでした。

この後、お風呂に入っているときも、「あれ、面白かった~(⌒∇⌒)」と
振り返る翼でした。

次に見つけた動物もの。




子供達、特に動物好きの翼、大喜びでした。(^∀^)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。