上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供達は昨日から現地校が始まり、通い始めました。
2年生と5年生。
翼は、4日間だけですが、小学校の最高学年を体験することに。

新学期始まって、4日後には転出します、と先生に伝えたら、どの先生も、
それでも大歓迎してくれた。
(今年度の)学用品も買わなくていいから、と。

つくづく、この大らかさは、いいなぁ。


撮っておきたい景色は色々あるのに、気分に余裕がなくて全然撮っていません。

主に、空と大地の景色で、どうせどれも運転中に見る景色なので、撮ることは
難しいんですが・・・
後で、撮らなかったことを後悔するだろうか、などと考えます。

この数日間には、大地のクラスメートとのプールパーティー、
谷川くん家でのパーティー、
釣り好きの駐在員さん指導のもと、初めてメキシコ湾で釣りを体験、
別の駐在員さんのお宅ではカラオケ大会、
N君親子がお別れ前にと誘ってくれたピザディナー、など。

どれもとても楽しくて。


全く関係ないけど、大地が、

私が階下で(座布団で)寝ていた理由を聞いてきたので、

「パパのいびきがうるさいとイヤだから・・・」

と答えたところ、

「じゃぁ、なんで けっこんしたの!!」




なかなかのヒットでした。




今週末、アメリカを発ちます。


次の国は、アジアのどこかです。

国名は、このブログ上では、今度は出さずにやっていこうかと思います。

写真や記述から、多分分かる人には分かると思うんですが、

別に分かられてもいいんですが、

とりあえず、文章中には出さないということで。


それでは、次回はアジアのどこかから。
しばらくの間、さようなら。


さようなら、アメリカ。
ありがとう。

スポンサーサイト
2011.08.18 いろいろと
2011.8.10 046

この10日間は、


お友達の赤ちゃんを預る機会が2回あって、萌えまくったり、

(私だけでなく、翼もかなりのもの。
動物や赤ちゃんへの接し方は、天性のものを感じる(^^))


お友達のお家で数家族が集まって遊ばせてもらったり、

お友達とお茶して会話を楽しんだり、

盛大に送別会をしてもらったり、
 (いただいた記念品がどれも素敵で感激!)


翼がこの学年になってとても仲良くなったお友達に、お泊りに来てもらったり、


そういえば、NFLの試合を見たことが無かったことに気付き、TEXANS の試合を
見に行ったり、


バイオリンとピアノのレッスンもまだ受けていて、


小学校の新しい学年の先生に会う日があって、「4日しか通いませんけど、よろしく~」と
お願いしてきたり、


前の学年でお世話になった先生の部屋にも行って、4日だけ通うことを告げると、
本当に寂しがってくれたり、エールを送ってくれたり、


そんな中、荷物も半分運び出してもらって、家がガランとしてきて、ようやく
引越しの実感も高まりました。


あと10日です。

朝の通学時によく見かける乗り物。

2011.4.26 102

後ろの屋根付きの車に子供が乗ってます。

小学校へ自転車で通う子供に、お父さんやお母さんが着いて行くとき、
まだ小さい弟や妹を乗せるのによく使われてるみたいです。

アメリカに来て初めてみたときは、「エ~、こんなのがあるの~!?」と驚いたけど、
こちらではポピュラーなスタイルなのでした。(正式名称は何だろう)
馬車的な発想でしょうか。


乗り心地、どうなのかな。
中でベルトはしてるんだよね?
この低い位置からの眺めって、どうなんだろう?


実は、一回ちょっと子供になって乗ってみたいな~、気持ちいいだろうな~、
とずっと思ってます(^m^)


こんなに道が広くなく、ちょこちょこ坂もある日本では、絶対流行りませんね・・・


3月11日から、ブログに関する意欲が全くなくなり、自分のブログすら開いて
いませんでしたが、私も家族も元気にしています。
子供達は相変わらず、学校、バイオリン、ピアノ、サッカー、サッカー、サッカー・・・
と元気に頑張っています。

震災発生から約1週間は、TVをつけたまま、日本の番組、アメリカの番組、
両方をザッピングしながら、ずっと目が離せない状態でした。

原発については、双方の報道のスタンスの違いが顕著で、色々と考えさせられ
ました。

こちらで関わりのある人(日本人ではなく現地の)たちから、続々と、心配・お見舞いの
言葉、メール、電話などがあり、それはこちらに住む他の日本人の方たちも
同じだったようで、そういう部分でのアメリカ人(に限りませんが)の思いやりと共感の
深さと、それを言葉や行動でこんなにも表してくれるのか、ということに、とても驚き、
感動しました。

先日も、ある女性(バングラデシュ出身)から、

「日本のために祈っています。私の母も、ニュースを見ながら、いつも祈っています。」

と言われました。

おそらく、世界各地にいる日本人が、沢山の人から、沢山の心のこもったメッセージを
受けているのだろうな、と思います。
それらも日本にいる人達に是非届くといいな、という気持ちになります。


個人的には、(実はずっと前からファンの)アンダーソン・クーパー(CNN)が
日本の、東北の町から中継をしていたことが印象的で・・・

大きな災害、事件の現場には、フットワーク軽く駆けつける彼ですから、
もしかしたら行くかな?と思ってましたが、日本の風景の中にいるアンダーソン君を
見ると、色んな意味で  ”お~っ!” と思ってしまいました。
それほどの出来事が、日本で起こってしまった訳ですが・・・

それ以外にも、多忙だったり、非常に疲れたりして、写真もずっと撮っていません
でしたが、またボチボチ再開していこうかな、と思います。

心配してコメントを下さった方、(もしかしたら、密かに心配くださっている方)
ありがとうございました。

それと、そろそろランキングは卒業しようかな、と思い、4月一杯でランキングへの
登録は外しますので、もしも、ランキングサイトの方から訪問してくださっている
という方がいらっしゃいましたら、お気に入りなどに登録しておいていただければ
幸いです(^^)


これは先月撮った写真ですが、私の好きな風景。

冬の夕暮れの日差しを受ける翼のサッカー練習場と、


2010.12.20 009

2010.12.20 018



その近くのただの野原。


2010.12.20 019

2010.12.20 025



写真でこのサイズになってしまうと、どうってことない感じですが、
この野原の間を突っ切り、サッカーの練習場に向かう辺り、傾きはじめた太陽が
地上を照らす光が神々しさすら感じさせ、それとこのだだっ広い空間の解放感と相まって、

“あ~、アメリカにいるんだな~、テキサスにいるんだな~”とあらためて感じ、
東京に戻ればこの感覚は味わえないだろうなぁ、と思うと、ちょっと切なくなるのです。


*********************************

話は全く変わりますが、ドラマ「外交官 黒田康作」をダンナと見ました。


頭が良く、クールで、ストイックで、正義感が強いヒーローものは好きなので、
今期はこのドラマを見続けるつもり。
主人公のそういうキャラに加えて、周囲も裏切りが多く、人をおちおち信用してられない設定は、
X-ファイルのモルダーを連想させますねぇ。



映画版でもそうでしたが、ものすごく力を入れてしっかり作ってそうな割に、
しょっちゅう突っ込みどころがあるのは、ドラマでも変わらないのですね(^^;)



元総理婦人がサンフランシスコに旅行に来るからアテンドしろ、と命じられて、
黒田が待機するのが、空港の到着ロビーじゃなく、出発ロビーって、なぜ?とか。

(そこで、死んだはずの霜村が出国していく姿を目撃しないといけないから、でしょうけど)



空港のロビーの席にわざと背中合わせに座って会話をする黒田とテロ対策室の上司。

(電話で会話していただけで、会うのは初めてらしい)

隠密な雰囲気ですが、会話が進むにつれ、立ち上がって面と向かって会話し始めちゃった。
しかも、この後は結局、寿司屋へ行こう、という話に。
なら、初めから寿司屋でこっそり会えよ!とか。



そういうところも、ダンナと突っ込みを入れながら楽しんでいるので、いいんだけどね。




だけど、どうしても残念で違和感が拭えないのが、黒田の英語の発音・・・。

あれだけのキレ者、経歴はよく知らないけど、長年に渡る海外勤務、なのに、
それであの程度の発音、てことはないでしょうよ、と・・・。

共演のイ・ビョンホンの英語が、とても自然で発音が良いので、なおさら。

(以前ハリウッド映画出演の際に、徹底的に英語の発音の訓練をしたらしい)


キャラ設定からすれば、黒田も外務省に入省する時点ですでに、それくらいの英語は話せたと
思うんだけどなー。

必要最低限のことしか話さない口数の少ない役で、まだ助かってるような気がする・・・
織田裕二、頑張ってほしい。




ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
2011.01.16 初 ぜんざい
日本オタク・アメリカ人青年、(自称)谷川くん、この日は “ぜんざい”初体験。

(うちで食べるものは、“初体験”あることが多いのだけど)


2011.1.11 005


お餅も大好きで、パックの切り餅を買って来て、自分で焼いてお醤油をつけて食べることも
あるそうで、この”ぜんざい“も大変気に入ったよう。

子ども達と同じく、おかわりをして、餅を3個食べていました。


(家では、餅の焼き方(温め方)がよく分からず、レンジでチンし過ぎて、ドロドロに
なってしまったりしたらしい。)



ところで、この “小松彩夏” って、誰なの? と聞かずにはいられない訳ですが・・・


「アイドル・・・イワテ ノ・・・。」



あぁ、そういえば、以前もこのTシャツ着てきて、同じ質問したっけ(^^;)

ちなみに、これ、彼の自作のTシャツらしいです ( ̄∇ ̄)



休日に谷川くんが来ることは、もう子ども達にとっては、当然の楽しみのようになっていて、
週末が近づくと、「谷川くん、来る?」


最近はようやく、私の当初の目論見である “一緒に日本語の勉強” もできるように
なってきました。


大地の補習校の宿題の漢字プリントや、通信教材をコピーして、谷川くんと一緒にやらせると、
大地も得意気に取り組んだりしています。
谷川くんの答案の○付けも大地にやらせると、これまたまんざらでもない様子。


谷川くんは、やはりまだ、1年生の漢字レベルでも、音読み・訓読みのいくつもの読み方が
あるのが難しいらしく、覚えるのに苦労しているようです。




「ぜんざい」は、パックのあんこを水で溶いて作っただけのもののですが、自分のお母さんは
殆ど冷凍食品を温めるだけで料理はしない、という環境で育ったからでしょうか、
うちのダンナに向かって、


「あなたのワイフ、ナンバー1 クッキング(^^)」

と、絶賛する谷川くん。




戸惑いながら、


「あ・・・そぉ・・・~?」


と、非常に微妙な苦笑いのダンナなのでした。





ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
2010.11.10 書道に挑戦
日本大好き日本語勉強中の、自称“谷川”くん (以前の記事→) が、
“ヒューストンの100均ショップ” で “書道の道具” を購入したので、やり方を
教えてほしいと言う。


(ヒューストンには、まるっきり日本の100均ショップのような店があります。
実際の値段でいうと、“2ドルか、それ以上ショップ” なのだけど、この店が出来てから、
日本の雑貨、食器、日用品、文房具etcは、ほぼ何でも手に入るようになりました。)



早速、我が家で、書道教室。

谷川くんが手に持ったポリ袋を見ると、すずり、筆、墨などの道具がバラバラに入って
いましたが、文鎮と下敷きが無かった。なので、うちのを貸してあげることにして。


道具の使い方、姿勢、持ち方、そして、基本の筆運びを練習。
2010.10.11 048


大地も一緒に。
すでに経験はありますから、先輩としてお手本を見せてね。


文鎮と下敷きが一つしかないので、交替でしか書けない。

谷川くんの番になると、すぐ「オレやりたい!オレやりた~い!」と
口をはさんでくる大地。

あまのじゃく大地の割に、なぜか書道にはやる気をみせます。
もっとやらせてみたいな、教えてあげたいな、とこういう時は思うのですが、
普段、忙しさにかまけてなかなか。

(その点対称的な翼は興味を示さず、やる気なし(^^;))



何が書きたい?と聞くと、まずは 「日本」。

2010.10.11 052

うん、いいね。上手いよ。


次は何書きたい? 「花火」

2010.10.11 058

2010.10.11 062

外国人の初めての書道とは思えないくらい、とっても上手に書けました。


“家でも自分で書道の練習をするつもり” なのだそうです。

憧れの「日本人」に一歩ずつ近づくため、努力を続ける谷川くんでした。




ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ


7月初旬。

ユタ州からアイダホ、モンタナ、ワイオミング州を巡る家族旅行に出発した。
(メインはイエローストーン国立公園)


2日目、日本より、ダンナのお父さんが入院し、病状が思わしくない旨の連絡を受ける。


ダンナが急遽日本へ駆けつけなければならない場合も想定しつつ、日本とも連絡をとりながら
旅行を続け、3日目夜、
旅行を切り上げ、ダンナが日本へ向かうことを決定。

そこはイエローストーン公園内。


パスポートを持参していなかったため、最寄の空港で家族と別れて日本へ向かう、ということが
出来ず、パスポートを取りにヒューストンに戻るための長い旅路が始まった。


夜中の2時にロッジを出発。

園内のもう一つのロッジにさらに2泊する予定だったが、チェックアウト時にフロント係が
キャンセル料は取らずにキャンセルしてくれた。

(原則では、キャンセル料のかからないキャンセルは2日前までとなっている)

こんな真夜中にいそいそとチェックアウトしていく家族を不思議に思っているかもしれないと思い
(不審そうな表情は全くなかったけど)、さっと事情を話すと、納得と、とても心配そうな表情で、
「どうか気をつけて」と送ってくれた。


ソルトレイク空港まで、ひたすら車を(ダンナが)走らせた。



真っ暗なイエローストーンの中を走り抜けるという珍しい経験をすることになり、運転者も同乗者も
怖くて緊張したが、鹿やムースなどの野生動物に数回遭遇。

ヘッドライトの中に、なにかキラっと光るものがあり、アッと思うと、近づいてすれ違いざまに、
動物がいたことが分かる。
子供たちは、後部座席で熟睡中。


イエローストーンを抜け、朝焼けの中のグランドティトンは美しかったそうだが、こちらは
私も熟睡中だった。


ワイオミングからアイダホを通ってユタ州へ。

途中の全く有名な観光地ではない土地の風景も美しいものがあり、いくつか印象に残っているが、
写真を撮る気分ではなかった。


朝食に寄ったファーストフード店でパソコンを繋いで、何とか昼の飛行機の席を確保し、
空港へ向かう。
8時間のドライブだった。


ダンナ、翌日、日本へ発つ。


2週間、私と子供たちで生活。

子供たちをサッカーキャンプや動物園キャンプに行かせながら、これからどうなるのだろう?という
思いを抱えた日々を送る。


義父は良いとは言えない状態が続いていたが、回復の様子も見られたので、ダンナが
一旦アメリカに戻る。


直後、また病状が悪化し、ダンナが中2日で日本へトンボ返り。

ダンナが病院に到着して3時間後に、義父は息を引き取ったという。


連絡を受け、急遽、私と子供たちも一時帰国することに。

アメリカで過ごす夏も、もう何度もなさそうだから、と、今年も帰国しないことに
していたのだが、こんな形で一時帰国することになるとは思ってもいなかった。

子供たちにとっては、物心ついて、初めて経験する身近な身内の死。
やはり、実際にその場に行って経験することで、感じること、得るものも大きいのではないか
ということで日本へ向かうことにした。

直行がとれず、経由を含めてドアtoドアで、24時間を越える旅になった。



子供たちは、「お葬式」という言葉を知り、それがどういうものかを経験することになった。

大地は、「ぉそうじきは、アメリカにもあるの?」などと突然私に聞いてきて、
“掃除機?アメリカにもあるよ、当たり前じゃない・・・?”と私を戸惑わせたりした。


蒸し暑い日本は2年ぶりではあっても、子供たちには新鮮なものであるようだった。

屋外に干してある洗濯物などに驚きながら、迎えにきてくれた年の近い従兄弟たちと
すぐに意気投合し、式の準備に忙しい大人たちを尻目に、楽しく過ごしていた。


死んだ人を初めて見るということ、お葬式、火葬、喪に関する一通りのことを、初めて
経験した子供たち。
遠く離れてはいたけれど、スカイプを通して、月に一度ほどは顔を見て会話し、誕生日には
かかさずプレゼントを送ってくれていた“じいじ”。

何をどう感じたかは具体的には分からないが、心に強く残る夏になったのではないかと思う。


日本には1週間だけ滞在し、日本で時差がとれて落ち着いたころ、日本を発ってヒューストンへ。

その後5日間程は、また時差ぼけで、メチャクチャな時間帯で寝たり起きたりして過ごし、
子供たちと過ごす毎日も煮詰まってきた頃、ようやく新学期が始まり、
翼は4年生、大地は1年生に進級した。



翼のサッカーの練習も始まり、2人とも毎日学校に通い、普通の日常生活に戻って、
元気にやっております。



*****************

ところで。

とうとう、念願だったアレを手に入れました。(≧▽≦)

望遠レンズ付の一眼レフカメラ。


ありがとう、ダンナ(よいしょ)

こんな写真撮りたかったんです。
楽しい~!!



8月中旬から、U-10となったチームでの練習が始まり、今週末にクラブ内での練習試合。
2010.08.28 042

2010.08.28 060

2010.08.28 065

2010.08.28 068

2010.08.28 074



前シーズンから、各プレイヤーの出場時間が多くなるようにという名目で、選手のシャッフルが
行われ、殆ど他のチームに入れられて、自分のチームではプレイできなかった翼だが、
今シーズンから正式に別のチームに登録されていた。

つまり、今までの一軍チームから、二軍チーム落ちである。


二軍チームの中では、よく動き、プレイも“出来る”方の翼だが、この一軍と二軍チームの
間のレベルの差はかなりのものがある。
動きが全く違うのである。

もう筋肉の発達具合から違うというか、日本人同士に比べ、こちらの子供たちは、
成長、運動レベルの差の開きが大きいのかなぁ、という印象である。


一軍のチームは、翼が7歳のとき、他のサッカークラブで出会い、入ることになった
チームが元になったチームである。
(脱退、加入などで、当時から残っているオリジナルメンバーは3人であるが)

そのときからずっと、Z君のお父さんがチームのマネージャーをしている。

そこから、自発的ではなく、別のチームに移ることになったのは翼のみ。
元いたチームを見かけると、少し寂しい気持ちになる。



この日の練習試合は、昼の1時から。
暑かった(><)

コーチによる指導をはさみながらの試合だった。
“Get organized!“という指示がよく聞こえてきた。


これまではそれほど感じなかったが、翼の背が周りの子供たちに比べると、小さい方だな
と感じた。

翼もグングン背が伸びていて、少し久しぶりに会う人には、必ずといっていいほど、
そのことを指摘されるのだが。

他の子供たちもそれに勝る勢いで成長しているのだろう。
その度合いもやはり、日本人とはまた違うのかもしれない。

この集団の中では、誕生日の区切りの関係で、翼の生まれはかなり遅い方ではあるのだが。




2010.08.28 089

2010.08.28 100

2010.08.28 170

2010.08.28 181

試合後、パパからのアドバイス。

「動きは悪くないよ。ただ、玉際が弱い。ボールや相手選手を前にして、体が
ひいてしまっている。もっと前に重心を持っていかなきゃ。」

翼 「はい。」


この後、すぐに補習校へ戻った。
試合会場に来るまでの車の中で食べ切れなかったお弁当の続きを、かきこみながら。




夕方から、コミュニティーのプールへ。
パパと水泳の練習。翼、平泳ぎに初挑戦してみる。

う~ん・・・

大地は、なぜか、今日は頑なに顔を水につけて泳ぐことを拒否していた。

2010.08.28 189

2010.08.28 201

2010.08.28 206

2010.08.28 213

2010.08.28 219


深さの表示を常に気にして、自分の足がつく場所かどうか、慎重な大地。

しかし、遊びに夢中になっているうちに、つい深みにはまって溺れそうになった瞬間が
あったらしい。


意気消沈・・・

2010.08.28 221


復活。
2010.08.28 223

2010.08.28 226

2010.08.28 231

2010.08.28 249

翼と同じ学年の友達の家族が来ていて、一緒に遊び始め大盛り上がり。
私も、そのお母さんと沢山話せて、楽しかった。
また一緒に遊びましょうということになった。
これから交流が始まって、続いていけばいいなと思う。


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
車で信号待ちをしていたら、大地に、

「おそら、picture すれば~?」

と薦められたので、急いでカメラを取り出して、窓から撮った写真。

2009.6.28 005



相変わらず、日照りが続いています。

先日、何週間ぶりかの夕立がちょこっとありましたが、これまでの6月は、
もっと雨(サンダーストーム)があったはずなのに・・・



さて、最近サボり気味になっているブログですが、これからちょっと
旅に出るため、またしばらく更新をお休みします。

(”え~~~っ?”と思ってくれる人、いるのかな?(^^;))


旅の準備も忙しくて。

直前になって、”あ、ビデオカメラの容量が殆どない!HDDに落しとかなきゃ!”
とか、旅先の下調べなどを、いそいそ・・・


しかし、この留守中、困るのは、相変わらず各局の番組に出まくりのオードリーを
全て録画できないこと。
ロケーションフリーは手動でないと、チャンネル変更ができないのです!
( ̄□ ̄;) 

苦渋の決断で、出演時間の多そうな日テレに設定。

しかし、テレ東「「アリケン」の”若林単独ライブ”が録画できないのは
非常に残念だ~(T T)



それでは、楽しんでまいります。

皆さまも、楽しい夏休みを。



↓押していただけると、嬉しいです。 
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ 人気ブログランキングへ
2008.11.17 あれよあれよ
・・・という間に高騰していたガソリンの値段が、

gas1

あれよあれよという間に下がりまして。

今日は $1.76=約170円 で入れました。

1ガロンあたり、です。(1ガロン=3.8リットル)

満タン給油して、合計金額の表示を見ると、今までの半額くらいなので、
”あれ、ちゃんと満タンになってないのかな”と、つい思ってしまうくらいです。

まぁ、高かったという時期でも、実は、1リットルあたり約97円
だったんですが・・・

車社会で生活している身には、ガソリン代は大きいんで、
下がってくれてホッとしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。