上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「楽器作り」の宿題のその後の後。

提出日に学校に持参し、用紙に書いた文章を一人ずつ皆の前で
読んだようです。

そして、翌日、廊下にキンダ~5年生までの子達が出てきて、2年生は自分の
作った楽器を演奏しながら”回って”(?)披露したそうです。
何かの曲に合わせるわけでもなかったらしく、どういう感じだったのか、
想像がつきませんが・・・

で、「先生に何か言われた?」と聞いてみると、「Very Creative.」と言われた
そうですが、皆言われたかもしれません。( ̄ー ̄) 


「他の子はどんなのを作ってた?」と聞いてみると、


・A君は、オレのと近かった。
 ドラムとストリングスがあるのが一緒だったけど、A君のはフルートも
 あった。 

   →「どうやって演奏してたの?
     右手はドラム、左手でストリングス、口でフルート?」
    「(演奏の仕方は)分からない、って言ってた。」
     ( ̄▽ ̄;)


・B君はギターだった。

 →「本当のギターみたいなの?」
   「うん。お父さんが作った、って言ってた。」
   ヤッパリソウナノネ・・・( ̄▽ ̄;)

 ギターっぽいのを作ってきた子が多かったらしいです。
 (みんな、made by dad じゃないの?( ̄ー ̄) )

 以上、2年生理科の宿題「楽器を作ろう」編レポートでした。

++++++++++++++++++++
こちらは、ある兄弟の日常。

「たたかいしようぜ~!」

「トォ~!!」「ハァ~ッ!!」「ヤ~!!」
1.31.1

キャッ!!キャッ!!
ギャハハ~!ギャハハ~!

1.31.2


「・・・・・・・・。ふぃ~ん・・・・

マ~マ~、つばさくんが、いたくしたぁ~!」 (きたきた)

1.31.3

ママに言いつけて、なぐさめてもらった5秒後、

”たたかい”に戻る。
1.31.4
ギャハハ~!

飽くことなく毎日毎日繰り返される、仲良しアホ兄弟の日常風景。


スポンサーサイト
日曜日、翼はちょっとした”日本親善大使”として活躍してきました。

場所はこちらの、ファインアート・ミュージアム。
2.2.1
この赤いものに早速飛びついて、怒られてしまいました。
これも作品ですよね(^^;)

今回、この美術館が”Journey to Japan”という日本にスポットをあてた企画を
行うことになり、その出し物の一つとして、「子供達に何かパフォーマンスをして
いただけないか」と、日本語補習校の方に依頼があったのだとか。

そこで、練習に時間を少々割いても、それほど影響のない幼稚園部から2年生
までの生徒が、出演することになったのでした。

この日は、全館、日本づくし。
あちこちで"Japan"なイベントが。
2.2.9

俳句教室とか。
翼たち、補習校の生徒たちのパフォーマンスの案内も、もちろん
載ってますよ~
2.2.7

「となりのトトロ」の上映会も。
2.2.5

陶芸コーナーに、屏風作りコーナー。
2.2.6

折り紙コーナーもね。
2.2.8
(2回のパフォーマンスの合間の待ち時間に、折り紙コーナーに参加してみた
翼と大地。(多分)アメリカ人である先生から、折り方を教わる日本人・・・(^^;)
教えていたのは、シャツ、風船、チューリップ(?)などで、とても盛況でした。
「オリガーミはどこで手に入るの?」という質問も多いようで、先生は、
「ここのショップでも買えるけど、マイケルズ(有名な手芸用品のチェーン店)の
方が安いよ。」 と答えていました。

あれ、実際の写真はないのかとお思いかもしれませんが・・・

実は、館内では撮影禁止とのことで・・・残念。

美術館専任のカメラマンらしき人が、子供達のパフォーマンスも含め、この
イベントの様子をあちこちで撮影(ビデオ撮影も)していましたが、その画像が
後で私たちにもいただけるのかどうか、不明です。

パフォーマンスは、浴衣やはっぴ姿で、

2年生によるリコーダー演奏、

翼たち一年生による歌(お正月、きらきら星(日本語・英語))、

幼稚園生による節分の鬼退治の実演(校長先生、床にこける
 アクションまで入れて、鬼役を熱演!)と節分の歌、

2年生による祭囃子の群読に続いて、1年生と幼稚園生が「わっしょい、
 わっしょい」と御神輿をかついで練り歩き(和太鼓もあり)

日本のお正月として「凧」「羽子板」「書道」「駒」の紹介、
(書道や駒の一芸を披露するなど、ここでも校長先生大活躍!
 羽子板の実演は、難しいよね・・・)

などを行いました。

翼も、頑張っていました!

パフォーマンスの合間に説明を読み上げるナレーション役も、補習校の生徒。
日本語と英語でナレーションを入れ、日本語もしっかり読めていて感心しまし
たが、その後の英語がまたウマイ!とつい驚いてしまい、

・・・あ、そうか、この子達には普通のことか(^^;)

と、あらためて思うのでした。

(翼たち1年生の歌った、キラキラ星も、日本語より、英語の方が
自信ありげだったりして。やっぱり、英語の発音がベリーグッドです。
当たり前なんだけど、一瞬、オッ!と思ってしまう。)

入り口正面にある、ロビーのようなホールで行ったのですが、観客はけっこう
ぎっしり入っていたかな。(と言っても、250人くらいかしら・・・?補習校の
関係者が多かったですけどね。もちろん、興味深そうに見てくれている日本人以外
の方もいらっしゃいました。)

会場での撮影はできないので、唯一、撮影が許可されている部屋で
お友達と記念撮影。(本当は、もっと沢山いるんだけどね~)
2.2.2

この部屋では、今日参加した生徒たちの作品を飾ってくれているのです。
事前に何か作品を提出すれば展示してもらえる、と聞いたので、美術館の一角に
展示してもらえるのかと思ったのですが(^^;)、そうではなく、片隅にある
小さな部屋の中のことでした。
2.2.4

それでも、やっぱり記念!
お父さん・お母さん達も熱心に見て、写真に撮っています!

翼と、翼の作品も!(現地校で描いたもの)
2.2.10
(他の作品も素敵なものばかりですが、勝手に撮って掲載しているので、
一応消しておきます)

子供達は、「なぜ自分達がわざわざ練習をして、やらなければならないのか」と
も思ったようですが、先生が「みんなが日本の代表になって、沢山の人に日本の
ことを教えてあげられるんだよ」と話すと、納得して、ちょっと得意気になった
ようだったとか。

翼も、2回のパフォーマンスと待ち時間を含めた長丁場にちょっと疲れて、
「もう浴衣脱ぎたい」などと言い出しもしましたが、パンフレットに掲載された

「”Japanese School の子供達のパフォーマンス”って翼たちのことなんだよ、
これを見て、”どんなのかな~?”って楽しみにして見に来ている人たちが
いるんだよ。」

と話すと、一気に嬉しそうな、照れたような表情に。

翼も、アメリカに暮らす日本人として、誇りと自信のようなものを感じられる
よい機会だったのではないでしょうか。

とても貴重な良い体験をさせていただきました。


昨日の記事に書いた、美術館でのこと。

翼の浴衣を会場で着せていたところ(男の子だし、服の上からその場で
着せちゃった(^^;))、開演時間を待っているらしい年配の女性2人が
そばのイスに座っておりました。

耳に入ってきた彼女達の会話は、ロシア語でした。

会話は初歩の初歩の初歩レベルしか出来ないけれど、聞けば、ロシア語だな、
というのは分かります。

私と翼の方を見てらっしゃったので、私も振りかえり、「こんにちは」 と
ロシア語で挨拶してみました。

あら!?と驚いた様子のご婦人たち。

 「あなた、ロシア語が話せるの?」(ロシア語)

 「少しだけ(^^;)」(ロシア語)

すると、大抵、こう来ます。

 「どこで勉強したの?」(英語になった)

 「日本で」 (曖昧な答え・・・(^^;))

・・・とまぁ、ここまでは、私が時々使う手なんです。
今回は英語で聞かれたけど、大抵、ここまでは、ロシア語で。
”つかみ”だけ(^^;)

それで、これ以上の会話が始まると、さっさと英語に切り替え
ちゃうんですが(^^;)、大抵、喜んでもらえます。
(ロシア語圏出身の人、ちょこちょこ見かけます)

私だって、嬉しいと思いますもん、外国の人が日本語に興味を持って
少しでも知っている言葉を話しかけてくれたら。
(海外での露店の呼び込みは別として・・・(^^;)

最近はスペイン語でも同じようなことやってます。
まずは挨拶。
「あら、スペイン語話せるの?」(゚∀゚) ときたら、「ポキート」(少しね)で、
大抵相手は笑顔。
その後、知っているいくつかの簡単なスペイン語を披露。
最近、カンクン旅行でよく目にした「ピソ モハード」(Wet floor)も
披露してみたら、ウケました。


で、先ほどのご婦人との会話の続きです。

英語で聞かれました。

「あなたの息子さん?」

「そうです。」

「あなた、何歳なの?」

「7歳で・・・え、私ですか!?」

「そう、あなた。何歳なの?」

「3○歳ですが・・・」

「・・・・!(2人口をそろえて)冗談でしょう!?」

「本当です。」(^^)

そうか~、日本人はやっぱり若く見えるんだなぁ~。



「15歳だと思ったわ!!」

え!?(゚◇゚)
冗談でしょう!?

15歳って・・・

今の年よりも、生まれた年の方が近いし!! ( ̄▽ ̄;)

若く見られてうれしい♪ のレベルを通り越して、なんかピンと来ないし!!

私と翼は・・・姉弟に見えたってことですか!!

と、私も驚いていたところ、なぜか翼が怒り出した。


「ママ、嘘言ったじゃん!!

 27歳なのに、違うこと言ったじゃん!!」 (`Δ´)


あ、そうだった。
子供たちは、私の年齢を27歳と思い込んでいるんだった 。( ̄▽ ̄;)

彼らも英語が分かるようになってしまったので、ゴマカシがきかなくなって
しまったゼ。

(以前は、聞かれると面倒なことは、英語を使ったりしていた。
例えば、ダンナに「冷蔵庫にケーキがあるからね」と伝えたいときとか。
”ケーキ”も聞き取られないように、C-A-K-Eとスペルで言ったりして(^^;))


年齢の部分も、ロシア語で答えるべきだったな。┐(´ー`)┌ 



ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナーを1つでも押していただけると、励みになります。
よろしくお願いします!


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

人気ブログランキングへ
しつこいですが、また2年生サイエンス、「楽器作り」プロジェクト
ネタです。

提出した作品の結果が返ってきました~


2.4.7

100点!

お~、よかった~、あんなもんあれで良かったのね☆

関わった親としても、ホッとしました。

文章の手直しを嫌がって、大グズリした翼には、
”ちゃんと直したから、100点とれたんだよ。100点とれた方が嬉しいでしょ!?”
と、今後の態度の改善を促しておきました。

(←この大グズリで、2月も”Wiiスポーツ”(唯一許しているゲーム)禁止。
 しばらくして、それを忘れていて やろうとし、止められて、グズって、
 コントローラーを床に投げつけたので、 パパに怒られ、3月も禁止。
 いい加減に学べ、翼。)

ところで、この100点の結果ですが、実は、返却される前に分かっていました。

なぜなら、子供の点数は全てネットでチェックできるんです。

1年くらい前だったかなぁ、このシステムが始まったのは。
「へぇ~、成績もオンラインでチェックするようになったのね~」と思ったのですが、
日本では、どうなのかしら?

先生が結果を入力さえすれば、即時にテストの点数、その期間の
平均点が確認できます。
(私の親はテストの点数に非常に厳しかったので、こんな恐ろしいシステムが
なくてよかった・・・まぁ、どっちにしろ、返却されたテストを見られたら
怒られるんだけど)


6週間に一回、紙でも”通知表”ももらって帰ってきますが、このオンラインで
見られるものを、そのままプリントアウトしただけのものです。

そのうち、年に2回は、もう少し詳しい通知表になりますが、スペシャル科目
(音楽・図工・体育)と学習態度などの評価欄が加わるだけで、先生からの
コメントも何も無く、味気ないもんです。

(アメリカのどこもそうなのかは、分かりません。ちなみに、ダンナのアメリカ小学校
時代の通知表は、先生からのコメントもちゃんと書かれていました。)

しかし、この課題は100点だったのに、理科の平均点、いまいち・・・?
と思ったら、その前の単元の点数がイマイチだった!
内容は、”Forces and Motion”(力と動き)だって・・・

そういえば、日本の1、2年生って、どんなこと勉強してるんでしょう?
今は、理科や社会ってなくて、生活科、でしたっけ?
一応、日本の「生活科」の教科書ももらいましたけど、補習校では
やらないし、全然見てもいない・・・
教科書どおりやる訳でもないですよね?
日本の小学校にお子様が通ってらっしゃる方、よければ教えてくださいませ。

こちらの「理科・社会」についても、そのうちレポートしたいと思います。

おまけ

こちらは、大地の幼稚園のお勉強(?)
2.4.6

「J」についてと、新しいテーマ”Tools & Macheines"(道具と機械)に
入ったようです。

一応、2週間ごとに、一つのテーマについて、勉強(?)したり、
アクティビティをするみたいです。前回のテーマは”冬”で、冬のスポーツに
ついて話合うとか、工作で雪だるまを作るとか、にせものの雪を大きな入れ物に
入れて遊ぶとか、したみたいです

大地は、自分の知っていること、興味あることだと、すごく積極的に
発言して参加しているらしいのですが、 その反対のことになると、何も
喋らず、やる気をみせないようです(--;)


ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナーを1つでも押していただけると、励みになります。
よろしくお願いします!


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

人気ブログランキングへ
2009.02.06 ランチ♪
今日は、英会話クラスの先生宅でのランチの話です。

(わ~、珍しく、いかにも”駐妻の素敵な海外生活的”な写真だ~)

英会話クラス、というか、先生のお宅に集まって、できるだけ英語でお話
しましょう、という英会話サロンのようなところです。
駐在も2年近く経って、やっと、こういうところに行き始めた私・・・

遠いのはイヤ、生徒が多すぎるのもイヤ、先生がお年すぎるのもちょっと、
週に3回以上通うのもイヤ・・・(←超ワガママ)、でどこにも通えなかったの
ですが、ママ友になった人から、ここを紹介されたのでした。
近いし、安い!

先生は、南米出身ですが、子供の頃からアメリカに住んでいるので、英語と
スペイン語の完璧なバイリンガル。
生徒は、クチコミで集まってくるらしく、殆どが南米(メキシコ・ベネズエラ・ペルー)
出身者です。

いつもは、午前の部と、午後の部に分かれていて、自分のグループの
時間に行くのですが、この日はグループに関係なく先生が声をかけて
来られる人を集めて、ランチをごちそうしてくれました。

2.4.1
先生がランチの準備をしてくれいている間も、カウンターまわりに集まって、
会話に花が咲きます。(毎回、とりあえず、ここでの雑談から始まります)

2.4.3
ラザニア、パスタ、サラダを作ってくれました。

2.4.2
こちらは、生徒が持参した、ゼリー。
ヒマワリに見えて可愛い!どんな型なの!?と、話題になっていました。

2.4.4
サングリアと一緒にいただきました。
どれも美味しかったで~す。

食事をしながら、頑張って会話!
初対面の人も多く、お隣は、南アフリカ出身の方。
それ以外は、皆、メキシコとベネズエラ出身。

普段のクラスの会話でも、先生と生徒の間で時々ポロっとスペイン語が
出てくるし、話題にも彼らの出身国や、スペイン語の話題が出てくるので
段々そちらの事情に詳しくなってきました・・・

一口にスペイン語と言っても、アメリカで暮らしているヒスパニックの
スペイン語は、ちょっと違うものになっていたり、中南米でも国によって
呼び名が違うものがあったり、会話は家庭でも維持できるけど、フォーマルな
表現や読み書きを学ばせるのは難しい、と悩んでいるとか。
(補習校的なものは、ないそうです)

それと、スペイン語では、「Y」の発音が”J”で、「J」の発音が”Y”なんですかね。
しょっちゅう、「You」が”ジュー”、「Young」が”ジャ~ング”、「Juice」が
”ユース”になっています。(初めは、なんのことかと思いました)
ずっと直らなそうなので、そんなに英語の「Y」と「J」の発音は、難しいのかな~
なんて思います。

日本人もそうかもしれませんけどね。
よく言われる「L」と「R」とか。他の言語圏の人からしたら、何がそんなに
難しいんだ、というところかもしれません。

この先生のお宅のある住宅地は、入り口に門があって、ガードマンにIDを見せて
行き先を告げなければいけないのですが、先生の名字は「La」の次に「Ri」がくる
という、日本人泣かせな名前で、毎回、ガードマンに分かってもらえるかな、
少し不安になりながら、気合を入れて発音します。

あと、カレッジのこともよく話題になります。
このクラスとかけもちで、あるいは、このクラスを卒業(?)して、カレッジのESLに
通っている(通った)人も多く、どこにどんなクラスがあるとか、あそこのあの先生は
最悪だったとか(^^;)

皆、頑張っているし、とにかく積極的。
私は、ついつい、次々飛び出す会話に割りこめず、聞き役に回ってしまいがちで、
反省です。
英語も、初めて話す話題になると、途端にしどろもどろ・・・
あ~、これを何とかしたい。

ダンナには、"英語勉強して、どうすんの?”と冷たく言われますが、
どうしたい、という訳ではなく、このもどかしさを、いい加減なんとかしたいんです。
一体、何年”英語勉強中”なんだか・・・

先生には、「文法も単語も知識はある。あとは、実践あるのみ。”舌をほぐす”ことが
大事なのよ」と。
そう、その通り。

2.4.5
私がブログに掲載したい、というと、皆喜んで協力してくれました~

おまけ

「ヤクルト」って、メキシコでも有名なんですね。
おなかの調子が悪いときとか、子供にもとりあえず飲ませるんだって。
メイド・イン・ジャパン、ここでも活躍。

ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナーを1つでも押していただけると、励みになります。
よろしくお願いします!


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

人気ブログランキングへ
大地の通っている幼稚園のクラスで、「Show and Tell」という企画が始まりました。

アメリカではメジャーな企画らしいです。ショー・アンド・テル。
皆の前で、自分のお気に入りのものなどを見せながら、それについて話す、というもの。

(翼は、学校ではやったことないそうですが)

テーマは、「Hunt for Happiness」で、
”自分をハッピーにしてくれるものを持ってきてください。それで毎週金曜日に数人ずつ
 Show and Tell をしてもらいます”

とのことで、大地も指名されました。

大地がねぇ~、そんなの出来るのかしら。


案の定、家に帰ったら、「やらない!何も持って行きたくない!」とか言ってるし(--)


それでも、前日には「アンパンマン」と「バイキンマン」のぬいぐるみを持って行くことに
したそうなので、パパや翼が、


「アンパンマンは、Red Been Bread Man て言えばいいんじゃないの~」

「バイキンマンは、Germ Man て言えばいいんじゃない?」

などとアドバイスしていました。

私の予想では、多分、皆の前に立たされても、何も言わないんじゃないか・・・
と思っていましたが(^^;)


その様子は見られないので(後から聞くと、親が見に来るのも歓迎だったそうだけど、
親がいたらいたで、さらに何も言わなさそう)、お迎えに行ったときに聞いた
先生やお友達の話から総合すると、


”先生からの質問に答える形で、何かは喋ったらしい”



後日、壁に皆の”Show and Tell”が貼られていました。

2.5.2

大地のところは、何て書いてあるかな。

2.5.1

”My Sega toys makes me happy because....”

Sega toys?

何ですか、それ?

そんなもの、うちには無いですが。
「アンパンマン」と「バイキンマン」は、どうした?

しかも、この写真、「アンパンマン」じゃなくて、違うぬいぐるみ持ってるし。

それは、"Show and Tell”の日に撮った写真を、先生が間違って削除してしまい、
もう一度写真を撮りたいから、また同じ物を持ってきて、と言われたのに、

なぜか大地は、写真を撮られることも、同じぬいぐるみを持って行くことも頑なに
拒否しつづけ、何日か後に、やっと”違うぬいぐるみ”を持って行く気になり、
その何日か後に、やっと写真を撮られることに同意したから、


なのだけど・・・

(↑大地のこういうところ、よく分かりません┐(´ー`)┌ ) 

という訳で、何を持って、何についてどんな話をしたんだか、訳分からないことに
なっておりました。 ( ̄▽ ̄;) 




ところで、今日は、フランチャイズ展開しているこの幼稚園のコーポレート・ピクチャーを、
大地の通っている園で撮ることになった、とかで、
撮影の同意書にサインを求められ、ナチュラルな色の服装をしてくるように
指示がありました。

2.5.3

確かに、カメラマンが来ていました。

もしかしたら、HPやパンフレットに、大地も載ることになるかも!?


今日のおやつは、昨晩、子供達に作らせてみたイチゴジェラート。


出来上がるのが、待ちどおしかったよ~
2.6.3


嬉し~い☆
美味し~い☆
2.6.4

つぶしたイチゴと、ヨーグルトと、練乳を混ぜ混ぜして、固めただけ。

それでも、大好きなんだねぇ、食べるのはもちろん、作る作業も。
もっと、こういう機会を与えてあげなきゃ、と思います・・・

ただ、ちゃんと作業の選択肢を示して、それぞれの希望がかぶらない
ように調整してから作業をさせないと、すぐにケンカが始まって大騒ぎです。

なので、やらせることを整理して、

「まず、イチゴを切る係と、そのあとにイチゴを潰す係があります。
 どっちをやりたい?」

「オレ、切る係!」

「オレ、潰す!」

はい、とりかかってよし。

「ヨーグルトを入れる係と、練乳を入れる係、どっちがいいですか?」

「オレ、ヨーグルト!」

「じゃ、練乳」

はい、とりかかってよし。

しかし、隙あらば、ボールの縁にちょっとついた液を手にとって舐め、
それを見たもう一方が、「あ~!!今、なめた~!!オレも、なめた~い!!」
などと騒ぎ出します。(--)
あ~、うるさい(^^;)


ところで、アメリカに来て、エッ!?と思ったのが、この”イチゴ”でした。

甘さがイマイチだし、中の方が、必ずスカスカになっているのです。

”このイチゴがハズレだった・・・?”と思ったのですが、いつ、どこで買っても、
そんなイチゴ。

あ~、これが普通なんだ、と思うと同時に、日本の、ブランド名のついた
あのイチゴたちが相当、特別だったんだ・・・と気づきました。

あの甘さ、芯までジューシーなあの果肉。

翼も、日本の贅沢なイチゴに馴染んでしまっていたので、当初はアメリカの
イチゴを「おいしくな~い」と嫌がっていましたが、最近はあまり言わずに
食べているかな。

このアメリカのイチゴに慣れてくると、こちらの方が本来の自然な形の
イチゴなのかな~、という気もしてきます。

でも、やっぱり、私自身も日本のイチゴになれちゃっているので、アメリカの
イチゴは生で食べるよりも、こんな風に、何かデザートにしちゃおうかな、と
考えちゃうんですけどね(^^;)


+おまけ+

最近、シャンパングラス(プラスチック製)で、牛乳や野菜ジュースを
飲むことにはまっている大地。
2.6.1

「野菜ジュースを飲むと、どうなるの?」

こうなるの!
2.6.2

はい、お約束の赤い唇上で、ありがとう。

(牛乳を飲むときは、”I'm gonna be stronger”(強くなるんだよ)とか
言いながら、飲む大地です。)


ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナーを1つでも押していただけると、励みになります。
よろしくお願いします!


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

人気ブログランキングへ
今日は、海外育児にも、アメリカ生活にも、全く関係のない日記です。

過去に某SNSで書いていたものより。
(過去日記の再利用とも言う。休日なので・・・ごめんなさい(^^;)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++;
私は小学校1年の秋から、子供向けの英語教室というものに通い始めた。
(当時からなぜか英語が好きだったでの、自ら希望)

兵庫県の加古川という町にある、東加古川駅前のカルチャーセンターの
一室を借りて、一人のオジサン先生が経営しているらしい教室だった。

私が入った初心者クラスは幼稚園児から小学校3年生くらいの生徒がいて、
お勉強という感じではなく、ワイワイとワークブックに色を塗ったり、文字を
なぞったり、先生の後について発音したり、とても寛いだ雰囲気。

すぐに気に入って、毎週日曜日の午後、友達との遊びを中断しても、
地域のイベントを途中で抜けなくてはいけなくても、苦にならず、
せっせと通っていた。

何しろ、この先生がすっごく面白い人で。

授業中もちょこちょことジョークを言うのだが、終了時間の10分くらい前に
なると授業は終わってしまうことが多く、残りの時間は、
先生のトークショー

巧みな話術にジェスチャーも交えてとにかく面白くて、生徒達全員で
お腹を抱えて笑い転げていた記憶がある。それが一番の楽しみだった。


そして、この先生は時々自分のことを、こう紹介するのだった。


「僕は、”日刊アルバイトニュース”の社長なんだよ。」


「え~~~!!??うそ~~~!!??」

と全員でツッコミ。

確か当時、日刊アルバイトニュース(現在an)が何かインパクトのある
テレビCMを流していて、多分、子供達も”日刊アルバイトニュース”という
名称をよく知っていた。
私も知っていて、”そんなテレビCMでやってるような有名な会社の社長さん
な訳ないじゃ~ん!”と思っていた。

しかし、彼は、その後も何度か「社長だよ」と主張するのである。

その度に、皆で「ウソだ~!!」と突っ込んでいたのだが、ある時、先生は
「本当だって!」と言い、名刺を一枚取り出して、ホラ、と皆に示した。


「・・・・・・・!!!」


えー、本当だったんだ!!!


今思えば、名刺の内容をはっきり確認はしなかったし、確認しようにも、
子供達は誰もその名刺に書いてある漢字を全部は読めなかったはず。

社長の名刺を持っていたからって、本人のものか、本当かどうかも
分からないし(^^)。

しかし、私も含め全員、まるで黄門様の印籠のように堂々と掲げられた
名刺によって、一気に先生=社長説を信じてしまった。


それからしばらくして、その先生はだんだん多忙になっていったようで、
授業をアルバイトの学生に任せることが多くなり、やがて全く教室には
来なくなってしまった。
つまらなくなって残念だった。

そしてある時、その教室ごとある英語教室経営会社に吸収され、
授業の雰囲気も、「格変化の暗記」などをやらされるようになったり
(これはこれで、後に役に立ったのだけど)全く変わってしまった。

しばらく続けてみたけど、”面白くなくなったから辞めたい”と親に訴えて、
辞めさせてもらった。(その後、別の教室へ)

それ以来、あの先生にも全く会っていないが、時々ふっと、あるいは三宮駅の
ホームから「日刊アルバイトニュース」の大きなネオンを見るたびに、
先生のことを思い出した。


確かに、レッスンは日曜の午後のみに開いていたようなので、平日は
会社員で、英語教室は趣味か副業としてやっていたのかもしれない。

2年生のときだったか、一度年賀状を送ったことがあり、たしかその時に書いた
住所は神戸市だった。名字は大島とか、「大」のつく名前だったような気がするが、
定かではない。
年は子供の目からは40~50歳くらいに見えた。
先生を見て、うちの父が"牧師っぽいな”と言っていたのを覚えている。
(髪が薄めで、おでこが広かったから?)
面白トークには、時々娘さんたちの話題が出ていたように思う。

日刊アルバイトニュース、正確には社名は学生援護会だが、創業時から
本社は東京にあるようなので、社長というのは、関西支社長のことか?
歴代社長/支社長を調べられたら、真相が分かるかも?

残念ながら、そこまでは自分では調べられなかった。

もし探偵ナイトスクープに依頼を出すとしたら、この件を依頼してみたい。
そして、あれが真実であっても、全くの冗談であっても、

”楽しい授業のおかげで英語がますます好きになり、一番の得意科目にも
なりましたよ。ありがとうございました。”と報告してみたいと思うのだ。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++;

「探偵ナイトスクープ」という番組をご存知でしょうか?

視聴者からの依頼に対し、芸人たちが”探偵局員”として調査をしていく、
という内容の番組で、関西ではとても人気があり、20年以上続いています。
関西に住んでいたころ、また関東に行ってからも(深夜枠で放送されていた)
ネタによっては涙が出るほど大笑いしながら、(時には感動巨編もある)
見ていた大好きな番組です。

(関東では全く人気がありません。ダンナに見せても、別に面白くないと
言います。関東と関西、の感性の違いなのでしょうか)

その番組を見る度、”あ~、私だったら、この疑問を調査してほしいなぁ~”と
思っていたネタがこれです。

と言っても、テレビに出る自信はないので、依頼を出すつもりも
さらさら無いのですが、もしかしたら、何らかの情報をお持ちの方が
いらっしゃるかもと思い、載せてみました。

まぁ、まず無いと思いますけどね・・・(^^;)


ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナーを1つでも押していただけると、励みになります。
よろしくお願いします!


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

人気ブログランキングへ
(大地5歳0ヶ月 習い始めて1年と1ヶ月)


大地のバイオリンの個人レッスンの先生を、替えることにしました。

昨年9月から通っていたのだめ部屋の先生には、見切りをつけました・・・

明るく、大らかなキャラクターで、子供への接し方もよく、家もすごく近くて通いやすかった
んだけど・・・

良いのは、それだけでした。


”小さいうちから、あまり細かいことは言いたくないから” と、まぁ、それもいいんだけど、
指導的な内容が少なすぎ、殆ど、弾かせてみておしまい、な感じ。

家でやるべき課題も、”キラキラ星”と、いくつかのクリスマスの曲をやってごらん、と言われるだけ。


弦と指の番号で現したシートをくれるので、その通りにやれば、一応曲は弾けるようになるけど、
フォームも押さえ方も、めちゃくちゃ。

それでも、曲が弾けるのが嬉しくて、とにかく早く、適当に弾いて、楽しむ大地。


それでいいのか?と思いつつ、やるべきことや、目の前の目標を何も提示されないので、
練習のさせ方も分からん。


それに、前の先生(引っ越してしまった)は、もっと子供向けの色々な練習の"小技”を持っていて、
紹介してくれたのになぁ・・・


厳しいレッスンは望まないとは言っても、せっかく、3歳からレッスンを始めたのに、
テキトーなレッスンで停滞したままで、もっと後から始めた子に結局抜かされちゃうのも、
どうなの・・・?

おまけに、一向に片付く気配のないお家。

これじゃぁ、大地がキンダーに入って、夕方のレッスンになり、翼を同伴するようになっても、
レッスンの間に翼が本を読んだり、宿題をしながら待つスペースもないよ・・・

(大らかすぎる性格は、あらゆる面に出ており、レッスンに行ってみたら留守で、携帯に電話すると
旅行中だったりとか)

やっぱり、ダメだ!先生替えよう!

という訳で、思い切って、グループレッスンだけに参加させてもらっていたS先生にお願いして
みることにしました。

ちょうど、レッスンの枠が一つだけ空いており、これはもう、決めるしかない!


(のだめ部屋の先生には、”自分に、より合うと思える先生を見つけて替わっていくことは、
良いこと(^^)”と、あっさり快諾してもらえました。)


習い始めて1年ちょっとで、先生を3人も替わってしまい、その切れ間には、練習も滞りがちに
なったり、落ちつかなかったけど、

さぁ、ここから心機一転、腰をすえて頑張るぞ!!


2.9.2

2.9.1

S先生、それはもう、めちゃめちゃ、”きっちり”してらっしゃいます。

でも、子供への接し方は、とても明るく優しく、ユーモアたっぷり。

これは、これまでの先生、3人ともそうでした。
アメリカ人の先生て、その点は共通しているのかな?

これまで、30分のレッスンしか受けてきませんでしたが、S先生は、


「私は1時間のレッスンしかやりません。○○と□□と△△・・・とやっていたら、
1時間ないと足りませんから。


と言うとおり、まずは”チューニング”のやり方や、トーナライゼーションからじっくりと。
(どれも、大地は初めてのこと)


あ~、この先生なら、安心しておまかせできる~・・・


片道6分の移動時間から、また片道30分の移動時間になってしまったけど、やっぱり、
近いっちゅうだけで選んじゃダメだね(--)

ま、最初の先生宅と違って、都心ではなく、通る道もラクなので、その点はよかった。

送迎と時間のやりくり、これからまた頑張ります






あるところで、会話の中に”ナインワンワン”(911=日本の119番)という
言葉が出てきて、大地が”ナインワンワンって何?”と聞いてきました。

「誰かが急にお病気になったり、事故で怪我したり、火事になったときに
電話するところだよ。電話したら、助けにきてくれるんだよ。」

そして、ちょっとイタズラ心から(しかし、半分は真面目に)、

「もし、ママが急に調子悪くなって、倒れちゃったりしたら、
9・1・1って番号を押して、救急車を呼んでね。」

(持病もなく健康なので、可能性はとても低いですが)

と言ってみると、大地は

「かみに かいとく~」

と言って、紙とペンを取り出し、番号をメモしました。
2.10.1
(P=9)

「じゃ、911にお電話したら、住所も言ってね。
じゃないと、おうちに来てもらえないからね。」

「じゅうしょって なに?」

「おうちの番号のことだよ。
 うちはね、12345 ABC Street(仮) だよ。」

「いえな~い」

ここで会話は終わり、この話題も終わったかと思いきや、
翌日、大地は”911”をメモした紙とペンを、また持ってきました。

「ママ たおれたとき いわないといけないから かいとく~
 いうこと おしえて~」

まだ続いてたんですか。

というか、昨日からずっと、このことを考えてて、
”やっぱり住所もメモしておかなきゃ!”と思い立ったんでしょうか(^^;)

私に、番号とストリート名のつづりを聞いて、一生懸命メモします。
2.10.2
2.10.3
2.10.4

かなり独特な字で、しかもなぜか、ある部分だけ何度も繰り返し
書いたり、突然違う場所に飛んだりしているので、非常にややこしい
メモとなり、全体をお見せしても解読はかなり難しいと思うのですが、
万が一、勘がよい方がいて解読できてしまってはいけないので、
部分的に撮りました。

これで、家に私と子供だけしかいないときに、私に万が一何かあっても
大地におまかせできるはず・・・だったのですが、

どうしても、住所の言い方が覚えられない大地。

私がダンナに、”大地がこんなのを書いたよ”と見せていると、
やって来て、

「でも、いうのは パパが ゆって!」

いや、パパがいるんなら、911にかけるのも、パパがやってくれるから。
( ̄∇ ̄)

++++++++++++++++
どうも、災害や事件の話題に対して敏感な大地。
ニュースなどで、火事の話題や、爆破テロなどの話題を見てしまうと、
色々な事が頭の中に渦巻くらしく、質問攻めにあいます。

「なぜ起こったのか」という原因と、
「今自分が住んでいるところは大丈夫か」ということが
特に気になるようです。

一度質問攻めが終わったと思っても、数日後とかに、
また突然、言い出したりします。

「なぜアメリカは かじがくるの?」

→「アメリカじゃなくても、火の始末をちゃんとしてないと、火事に
  なることはあるよ。でも、うちは気をつけてるから大丈夫だよ。
  もし火事がきても、ちゃんと連れて逃げるから大丈夫だよ。」

「アラスカに いこう~」

→(アラスカ=雪だらけ=火事はない というイメージらしい)


爆破テロに対して。
”ここはそんなことする人はいないから、大丈夫だよ”と言っても、
(当時)4歳の混沌とした頭なりに、しばらく考えつづけるらしい。

突然、

「ひこうき のれば いいじゃん。
 オレ バックパック もっていく~」

(=そんなことが起こったら、飛行機に乗って逃げればいいんだよ。
 僕が自分の荷物を持って行くよ。)

「そうだね。飛行機で逃げたらいいよね。」

一度答えても、またしばらくすると、同じような質問が繰り返されます。

翼にはなかった、大地の特徴です。


+++++++親バカ思い出写真館++++++++++

4年前、1歳になったころの大地。
ベビーカーでのお出掛けから帰った後でしょうか。
揺られて眠くなっていたのか、部屋におろすと、そのままの姿勢で
眠っていました・・・
2.10.5

はう~( ´∀`)


ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナーを1つでも押していただけると、励みになります。
よろしくお願いします!


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


人気ブログランキングへ
英会話の先生宅で、面白い歌を紹介してもらいました。

誰かからメールで送られてきたそうです。
他の方のブログで紹介されているのも見たことがあるので、どうも今
アメリカ中で広まりつつあるようです。

テーマは、母親。
ウィリアムテル序曲に乗せて、怒涛の母の一日(のセリフ)が歌われています。

これを見たベネズエラ人もメキシコ人も日本人(私)も、大受け。
ある、ある、ある、ある・・・

万国共通の母親像ってことでしょうか。



歌詞はこちらです。
適当な意訳ですが、もしよければ。
これらのセリフを覚えれば、英語でも子育てできますかね( ̄∇ ̄)


The Mom Song

Get up now Get up now
  起きなさい 起きなさい
Get up out of bed
  ベッドから出なさい
Wash your face Brush your teeth
  顔を洗いなさい 歯を磨きなさい
Comb your sleepy head
  寝ぐせ頭をとかしなさい
Here’s your clothes And your shoes
  服はここ はい 靴も
Hear the words I said
  ちゃんと聞きなさい
Get up now Get up and make your bed
  起きなさい 起きてベッドを直しなさい
Are you hot? Are you cold?
  暑いの? 寒いの?
Are you wearing that?
  そんな服着るつもり?
Where’s your books and your lunch and your homework at?
  教科書とお弁当と宿題は どこ?
Grab your coat and your gloves and your scarf and hat
  上着と手袋とマフラーと帽子を持って!
Don’t forget you got to feed the cat
  猫にエサやるのも忘れないで
Eat your breakfast
  朝ごはんを食べなさい
The experts tell us it’s the most important meal of all
  一日で一番大切な食事なんですってよ
Take your vitamins so you will grow up one day to be big and tall
  ビタミンを摂れば、大きく 背も高くなれるのよ
Please remember the orthodontist will be seeing you at three today?
  3時から歯医者ですからね
Don’t forget your piano lesson is this afternoon
  午後はピアノのレッスンもあるのよ
So you must play
  だから練習しなさいよ
Don’t shovel Chew slowly
  詰め込むんじゃないの! ゆっくり噛みなさい
But hurry The bus is here
  でも急いで バスが来てるわ
Be careful Come back here
  気をつけてね 戻ってきなさい!
Did you wash behind your ears?
  耳の後ろは洗った?
Play outside Don’t play rough
  外で遊びなさい 暴れちゃだめよ
Would you just play fair?
  お利口に遊べないの?
Be polite Make a friend
  お行儀よく お友達を作って
Don’t forget to share Work it out
  取り合いをしないで うまくやりなさい
Wait your turn Never take a dare
  順番を守って 挑発されても乗らないで
Get along Don’t make me come down there
  仲良くね ママにここまで来させないで!

Clean your room Fold your clothes
  部屋を掃除しなさい 服をたたみなさい
Put your stuff away Make your bed
  物を片付けて ベッドをきれいにして
Do it now Do we have all day?
  今やりなさい! 時間ないのよ?
Were you born in a barn? Would you like some hay?
  あなたは馬小屋で生まれたんですか?干草あげましょうか?
Can you even hear a word I say?
  ちょっと、聞いてるの?
Answer the phone Get Off the phone
  電話にでなさい 電話を切りなさい
Don’t sit so close 
  そんなに近づいて座るんじゃないの! 
Turn it down
  ボリューム下げなさい
No texting at the table
  食卓でメールするんじゃない!
No more computer time tonight
  今夜はもうパソコン禁止です
Your iPod’s my iPod if you don’t listen up
  言うこと聞けないなら iPodはママがもらいます!

Where are you going and with whom and what time
do you think you’re coming home?
  どこ行くの? 誰と行くの? 何時に帰るつもり?
Saying thank you, please, excuse me
Makes you welcome everywhere you roam
  どこに行っても嫌われないように
   ”ありがとう””お願いします””すみません”をちゃんと言うのよ

You’ll appreciate my wisdom
  ママの言葉のありがたさが 分かるんだから
Someday when you’re older and you’re grown
  あなたもいつか年をとって 大きくなったら
Can’t wait ’til you have a couple little children of your own
  あなたが親になる日が待ち遠しいわ
You’ll thank me for the counsel I gave you so willingly
  私の忠告を 心からありがたいと思うんだから
But right now
  でも 今は
I thank you NOT to roll your eyes at me
  ママを睨まないでくれると ありがたいわね!
Close your mouth when you chew
  噛むときは口を閉じなさい!
Would appreciate Take a bite Maybe two
  一口 いや二口
Of the stuff you hate
  嫌いなものも 食べてごらんなさい
Use your fork Do not you burp
  フォークを使いなさい ゲップをするんじゃないの!
Or I’ll set you straight
  叩きなおさなきゃダメかしら!
Eat the food I put upon your plate
  ママがお皿に乗せたものは全部食べなさい!
Get an A, Get the door
  A(優)をとって 玄関に出て
Don’t get smart with me
  生意気なことを言うんじゃありません!
Get a Grip Get in here I’ll count to 3
  しっかりしなさい 3つ数えるうちに来なさい
Get a job Get a life
  仕事について 独り立ちして
Get a PhD Get a dose of ...
  博士号をとって あれを飲みなさ・・・
I don’t care who started it
  誰が始めたかは 関係ありません!
You’re grounded until your 36
  36歳まで 外出禁止です!
Get your story straight
  筋を通して話なさい
And tell the truth for once for heaven’s sake
  一度くらい本当のことを言ったらどうなの!
And if all your friends jumped off a cliff
  お友達が皆 崖から飛び降りたら
Would you jump too?
  あなたも飛び降りるんですか!?

If I’ve said it once, I’ve said at least
a thousand times before that
  一度言ったことは、もう千回も言ったことです
You’re too old to act this way
  もうそんな行動をする年齢じゃないでしょう!
It must be your father’s DNA
  これはお父さんの遺伝ね
Look at me when I am talking
  ママが話しているときは ちゃんと顔をみなさい!
Stand up straight when you walk
  歩くときは 背筋を伸ばして
A place for everything And everything must be in place
  物は全て 置くべき場所に置きなさい!
Stop crying or I’ll give you something real to cry about
  泣き止まないと 本当に恐ろしいもの持って来るわよ
Oh!
  もう!
Brush your teeth Wash your face
  歯を磨きない! 顔を洗いなさい!
Get your PJs on Get in bed
  パジャマを着なさい! ベッドに入りなさい!
Get a hug Say a prayer with Mom
  ハグして ママとお祈りしなさい
Don’t forget I love you
 忘れないで 愛してるわよ

**KISS**

And tomorrow we will do this all again
  そして明日 私たちはまた これを全て繰り返す
because a mom’s work never ends
  だって 母の仕事に終わりはないから
You don’t need the reason why
  理由なんて必要ない
Because Because Because Because
  だって だって だって だって
I said so
  私がそう言ったから
I said so
  私がそう言ったから
I said so
  私がそう言ったから
I said so
  私がそう言ったから

I’m the Mom
  私は母
The mom The mom The mom The mom
  母 母 母 母
Ta-da
  ジャジャ~ン



ふぅ~っ。


ちなみに、「父の歌」バージョンも見つけました。


どんなのだと思います?






「母の歌」の最後の最後の部分だけとって、


Ask Mom
  ママに聞きなさい
Ask Mom
  ママに聞きなさい
Ta-da
    ジャジャ~ン


以上!


ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナーを1つでも押していただけると、励みになります。
よろしくお願いします!


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

人気ブログランキングへ


3年ちょっと前の日記より。

(翼と大地は保育園に通っていました。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大地のクラスも翼のクラスも、園庭で遊ぶことになり、いつものように
つるむ兄弟。翼のクラスの友達も加わって一緒に遊んだらしい。

で、保育士さんによると、大地が 「アメ!(ダメ!)」 と言うのを
翼の友達が真似して「アメ!アメ!」と言っていると、翼が、

「まねしないで!(大地君は)いっしょうけんめい
しゃべってるんだから!」


と怒ったそう。

へ~、翼がそんなことを。(´∀`)

他にも、お友達が大地に世話を焼こうとすると、翼は

「いいの!(大地君は)ひとりで できるんだから!」

と、やめさせたり。

親がいないと、自分が大地を守らなければ、という責任感が強く
なるのだろうか。
保育士さんから聞く翼の様子は、私が普段見ている翼より、
ちょっと大人っぽく、いつもちょっと感心させられる。

2人は、園庭で会うと、本当に仲良く楽しそうに一緒に遊ぶらしい。

翼が三輪車に乗り、その後を大地も三輪車で、まだ漕げないので
一生懸命足で蹴りながら付いて行っていたとか。
あ~、隠し撮りビデオで見てみたい~。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++

大地が生まれたときから、基本的に優しくて、弟思いなお兄ちゃんの
翼です。

大地が好きで大事でたまらなくて、翼を迎えに赤ちゃんの頃の
大地を連れて保育園へ行くと、クラスメイト達が大地を見たがったり、
触りたがったりするのですが、翼はそれも許せないようで、
「ダメ!ダメ!」と阻止しようとし、ケンカになりそうなことも
しばしばでした・・・

翼 3歳8ヶ月 & 大地 1歳1ヶ月
2.12.2

翼 3歳10月 & 大地 1歳3ヶ月
2.12.1

ほほえましい兄弟愛です。


しかし、どうも最近、その兄弟愛に弟の方がつけこんでいるような・・・
( ̄▽ ̄;)


この続きはまた今度・・・


ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナーを1つでも押していただけると、励みになります。
よろしくお願いします!


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

人気ブログランキングへ
兄に愛されていることが分かっているので、段々それにつけこむように
なってきた弟。

最近の口癖は、自分の要求が通らないと、すぐに

「もう、遊ばないからねー。」

かなり前から言い始めたように思うが、ここ最近は、特にひどい。

自分も遊んだものを、翼に

「片付けてよ~」

「なんで!大地くんも 片付けてよ!」

「あ、じゃもう、つばさくんと あそばないからねー。」



朝、パジャマ姿でソファに座ったまま、自分の着替えを取ってきて、と
翼に要求する大地。

「なんでよ!自分でとってきてよ!」

「あ、もう、あそばな~い。」

"遊ばない”の他に、”○○を触らせない”"もう好きじゃない”
”I'm not your friend any more”などのバリエーションもある。

その言い方がまた!
エラッそうな、「オマエ何様!?」と言いたくなるような、上から口調。

もちろん、理不尽な要求は、翼も断る。

「あそばな~い」と言われれば、「いいよ~」と答える。

・・・が、毎回ではない。

しかも、言い方に迫力がない。

しかも、本当に、片付けてやったり、服を持ってきてやることも
ある。( ̄▽ ̄;)

(脅されたから、というより、しつこさにウンザリして、という
ところだろうが)

私たちも、大地のわがままぶりや、それを脅しに使うことには
もちろん注意します。叱りもします。

翼に、「いちいち聞かなくていいから」と言い、大地には、
「それじゃ、もう誰も遊んでくれる人はいないからね!
これからは一人ぼっちだからね!」

しかし、10分も経たないうちに、翼、

「大地くん、○○して遊ぼう!

キャッ キャッ キャッ キャッ

だめだ・・・こりゃ、つけこまれる訳だ┐(-_- )┌



大地が、理不尽なワガママを、泣いて喚いて通そうとし、翼にも手を出すなど
目に余る行動が続き、こちらも対応に万策尽き、疲れ果てたときには、
「そんな子は、他の場所(や、他の人の家)に行かせてしまうよ」作戦を
とることがあります。

今までに、2回だけですけど。

架空の”子供を欲しがっているお家の人”に電話をかけて、大地を引き取りに
きてもらう打ち合わせをしている振りをしたり、旅先で、このまま大地だけ
飛行機に乗せずに置いて帰ろう、と話したり。

それは困る・・・と、やっと大人しくなった大地。

帰りの飛行場が近づいてきて、車を返すレンタカー屋が
見えてきたとき、後ろの席から急に、

「おいてかないで~!!」。゚・(≧□≦)・゚。

と泣き声が。

振り返ると、泣き喚いているのは、

翼。

おまえかい!!( ̄□ ̄;) 

さっきまで、大地に叩かれたりして、被害に遭っていたのに・・・
もともと、それが発端だったのに・・・



大地がグズって食卓にいつまでも付こうとせず、このままだと夕食が
そのまま片付けられてしまうかも、という危機。
翼は食事をしながらも、気になってしょうがないらしい。

「放っておきなさい」と言うのに、つい、大地に助け舟を出したくなって、
立ち歩いてしまい、自分が怒られている。

(大地の耳元で、"○○したらいいんだよ”などと声をかけたいらしい)


愛情が強いほうが、ちょっと損。
恋愛と同じでしょうかね・・・


愛されてる弟で~す。
2.13.4
2.13.6
2.13.5
2.13.7
・・・と、まともな表情を撮るのも、実は一苦労で(^^;)

ほとんどは、こんな写真・・・
2.13.32.13.1
2.13.2
出た! 必殺白目!!
(”のだめ”を見てから、出来るようになってしまった・・・)


大地が最近急に、

「オレ、タ~イ(tie) できた~」

と、パパの靴の紐を結んで、持ってきました。

教えてないのに、翼は教えてもまだ、なかなか出来ないのに、
最初は”ホンマかいな”と疑っていましたが、本当でした。(^^;)

幼稚園でお友達がやっているのを見ていたら、出来るように
なったのだと言います。

まだ結べないお友達もいるので、大地が”タ~イしてあげた”
とも言っていました。


じっくり時間をかけて、真剣に・・・
2.16.12.16.2

下の子は、とにかく、周りのやることをよく見ていて、要領がよく、
飲み込みも早い、と言われます。

どうなんだろう・・・?

そういう面もあるような気もするし、そういうイメージが強くて
何か出来るようになる度に、「やっぱり下の子はよく見てるね~」と
思われがちなような気もします。



とにかく、大地は、

2.16.3

靴紐が結べるようになりました。


<こちらは学校が4連休中で、コメントのお返事が遅れております。すみません。>

ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナーを1つでも押していただけると、励みになります。
よろしくお願いします!


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


人気ブログランキングへ
学区によって違うようなのですが、翼の学区は、14日が休みだったので、
13日が学校のバレンタイン・デーでした。

(14日がなぜ休みなのか、分かりません。学区のカレンダーには、ただ
ホリデーと書いてある。16日は祝日なので、金~月まで4連休でした。
休みが多くていいネ、子供も、先生も・・・)

クラスで、お菓子や雑貨を交換し (甘いお菓子だけでなく、鉛筆やタトゥーシール
なんかも良いですよ、と学校からのアドバイスあり)、カップケーキに各自が
アイシングでデコレーションをして食べるという、ちょっとしたパーティーを
したようです。

嬉しそうに色々持ち帰ってきましたが、その中の、先生からの
バレンタインギフトを紹介します。
2.17.1

このカードの後ろには、

2.17.2

「宿題パス券」!

”宿題なしの一夜をプレゼント☆
でも、プロジェクトや、テストや、長期の課題には使えないわよ(^_-)”

そう、アメリカの先生、こんなものをくれるんです。

2年前、初めてこれを見た時、 ”こういうの、アリなんだ~。この先生の
アイデアなのかな~” と思いましたが、毎年もらってくるので、アメリカでは
メジャーなもの?

確か、

2年前の翼 → 大事にとっておいて、後で使おうとして忘れ、結局使わず
           じまい。

1年前の翼 → 即、使用。

そして、今年。

「ライティングに使う。」( ̄ー ̄) 

(毎週水曜に出される作文の宿題。一番面倒くさいらしい。)

こういう知能面は、成長しているようで。┐( ̄ー ̄)┌


こちらは、大地からのプレゼントです。
2.17.4

見よう見まねで、頑張って書いてくれたんだね・・・(;_<)
2.17.3

ところで、こちらの(小学生の)バレンタインは、単純にクラスメイト全員での
プレゼント交換という感じで、”告白”の意味合いはないように
思うのですが、(高学年になってくると、そういうこともあるのかしら~ん)
翼が日本の小学校に行っていたら、どうだったのかなぁ・・・なんて、
想像してしまいました。

1年生でも、バレンタインって・・・やってるの・・・かな?
翼は、もらえてたかな?(^m^)

今のところ、「オンナ 好きじゃない。」(でも、ママは別ママだいすき) 
どういう訳か、昔から一貫して、女の子関係の話題には絶対乗っても
こない硬派。
女の子と喋らないわけじゃないし(必要がなきゃ、喋ってなさそうだけど)、
いじめたりする訳でもないんだけど、つるんで遊ぶのは絶対、男同士!
女となんか、遊べるか!
女の子っぽいものも、絶対NG!


そんな翼が、もらえてたとしたら、どういう態度をとったのか、
いつか日本に帰って、そういうことがあったら、どんな態度をとるのか・・・?
など想像して、ムフフ(^m^)な母なのでした。



+++++++++++++親バカ思い出写真館+++++++++++++

4年前、1歳の大地です。
保育園へ、お兄ちゃんのお迎えに。よいしょ、よいしょ。
2階のお部屋にいるお兄ちゃん、今行くからね~
(自転車用ヘルメット、かぶらせたまま(^^;))

2.17.5



ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナーを1つでも押していただけると、励みになります。
よろしくお願いします!


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


人気ブログランキングへ
(大地 5歳1ヶ月 習い始めて1年と2ヶ月)

大地のバイオリンの”宿題”の一つには、「CDを聞くこと」というのがあります。


スズキ・メソードの教本に収められている曲の模範演奏のCDなのですが、とにかく、毎日、
繰り返し繰り返し聞くようにと言われています。

赤ちゃんが母国語を耳で聞いて自然に習得していくのと同じように、という考えからだそうです。



おなじみの「キラキラ星」から始まり、段々難しい曲になっていくのですが、

最初の先生の時は、5曲目くらいまでを聞けばいい、 と言われていて、

次の先生には何も言われなかったので、あまり聞かなくなり、

現在の先生には、全曲聞くように、と課題を出されているので、最後まで聞くようになりました。


2.13.100
(見ているものは、関係ありません)

あるときから、CDが最後まで終わったのに、またある曲を繰り返し再生して聞いている大地。


どうやら、バッハの「メヌエット2番」と「メヌエット3番」が気に入ったようです。


「メヌエット3番」のあるフレーズの部分で、

 「ここがいい」 

などと感想を言ったので、ビックリ。


(Aメロ(?)を2回繰り返して、Bメロ(?)でマイナー調になった直後、またメジャー調に
戻るところ)


そのような感性が育ってきたんだなぁ、と。

2.13.103

ピアノの先生には、「2人(翼と大地)とも、絶対音感ありますね。」とも言われるのですが・・・

私としては、まだ余り実感なし。


この音楽が、どんな風にこの頭の中に入っていっているのでしょう?



翼の学校が休みで、大地の幼稚園はあった日、

翼と2人で、飲茶ランチに行きました♪

高級中華レストランとか、ほとんど中国語しか通じなくて
ちょっとゴミゴミした感じの本格派飲茶レストランとか、いくつか
選択肢はあるのですが、一番気軽に入れるこのお店へ。

メニューによっては、質はちょっと落ちるのですが、私たちは
このメニューさえ遜色なければ、問題なし。

ど~ん。
2.19.1

Steamed Shrinp Rice Noodle!

これに目がないんです!(><)

3皿頼んじゃいました。(1皿に、3本ずつ)
頼みすぎですかね・・・
(もちろん、この他にも、シュウマイとか頼んでます!( ̄∇ ̄))

このぷるぷる、たまらん・・・!!と、私が飲茶に行く度に食べていたら、
翼もハマったようです。

(私は平打ち麺フェチ。うどんより、きし麺、スパゲティよりリングイネ・
フェトチーネ、東南アジアや中国の平打ちライスヌードル料理も大好き!
マレーシアのチャー・クェティオとか。)

私が1皿とると、「ママ、それ全部食べないで!オレも食べるから!」
と制され、結局、私は2本食べて箸を止めざるを得ず、
翼が7本食べました・・・
2.19.2
ベロ~ン。 ↑確保してある。

こんなに食うとは・・・
もっと頼めばよかったゼ。

この料理、漢字では、「鮮蝦腸粉」と書くんですね。
やっと覚えましたよ。

飲茶屋さんに行く度に、どれが、これにあたるのか、メニューを見て
いつも悩んでたんです。
で、英語の説明を一つ一つ見ていき、"Shrinp"と"Rice Noodle"って
書いてあるから、これかな・・・?と恐る恐る注文し、運ばれてきて、

「あ~、これこれ!(^□^) 今度から覚えとこう!」

と思うのですが、また次になると、自信が無くなってる。

なぜかと思ったら、 「腸」という文字に惑わされていたんですね~

、ってなんだよ?何が入ってるんだよ?”って。

実は、筒状に丸められた形がブタの腸に似ていることから、名付けられた
んですって。な~んだ。

これからは、迷わず”腸粉”たのむぞ!



週末のお出かけ日記。

ヒューストンの東にある「サン・ジャシント戦場州定史跡」
(San Jacinto Battleground State Historic Site)に行ってみました。

初めて通る道。ガードもライトもなく、両脇は海。
夜に走るのは怖そう~
2.18.1

あれ?この先、道が無い?
そういえば、プリントアウトした地図は、この区間、点線になっている・・・
2.18.2
疑問のまま、とりあえず進んでみると、

フェリーで向こう岸まで渡してくれるのでした。(無料)
2.18.3

車を7台程乗せるだけの、小さなフェリー。
エサを与える人がいたのか、カモメの群れがすごい。
2.18.4

車ごと船が運んでくれる、という初めての経験に、子供達も大喜び。
「写真撮る!」
2.18.5

対岸はすぐそこなんだけどね。
2.18.6

船が頻繁に通るので、橋は架けられなかったらしいです。
2.18.7

ドーン。
これが、サン・ジャシント・モニュメント。
570フィート(約173m)あり、石造モニュメントとしては世界一の
高さなのだとか。
2.18.8
見上げると、そのバックの雲がすごい速さで移動しているのが
分かり、まるで自分の足元がそのスピートで動いているような
錯覚に襲われ、気持ち悪い(^^;)

翼も、「きもちわりぃ~!」(><)


こう見ると、確かにデカイのが分かりますね。
2.18.9

てっぺんに、テキサスのシンボルマークのローンスター(一つ星)が
ついているのですが、その高さが10m。で、ワシントン記念塔を
抜いて一位になったとか、何でもビッグなことが好きなテキサス
らしい、とか、そんな話も読みました。

ここは173年前、テキサスがメキシコからの独立を勝ち取った
”サン・ジャシントの戦い”があった場所。

テキサスがかつてはメキシコの一部だったとか、

そこでテキサス革命(テキサス独立戦争)が起こって、その過程にあった
”アラモの戦い”が非常に有名なことや、

独立をしてその後10年間、「テキサス共和国」が存在したこととか、

テキサスに来るまで、全く知りませんでした~

(西部劇映画もほとんど見てませんでしたので)

さらに後で調べていて知ったことですが、テキサスは今でも、合衆国の中で
唯一”独立できる権利”を持っているのだとか。

塔に上ってみました。
2.18.10
戦艦テキサスが見えます。これも後で行ってみましょう。

恒例の記念ペニーマシーンです。
本物の1セント硬貨を入れて、プレスして、楕円形の記念コインに
しちゃうんですよ。アメリカに来て、初めてこのマシーンを見た時は、
ダンナと、「本物を変形させちゃうの!?嘘でしょ!?」と信じられず、
なかなか使い方が分かりませんでした。
2.18.11

大抵は、1セント+25セント2枚を入れるようになってるんだけどねぇ~
なぜか、ここは25セント4枚必要でした・・・

この前に、戦いについての結構詳細な説明フィルムも見ましたが・・・(有料)
子供には、ちと長いですね。(お父さんにも→寝ていたダンナ)

この展望室でも、ビデオが流れていました。これでいいかも(^^;)

細部は全く覚えられないけれど、それでも、鍵となる人名や地名は、
だんだん覚えてきましたよ・・・
デイビー・クロケット、サム・ヒューストン、スティーブン・オースティン・・・

「アラモの砦」もそうですが、こういう場所を訪れると、テキサス人が、
この独立戦争をかなり誇りに思っているらしいことが実感できます。

2.18.12
(この風景、ワシントン記念塔前と似てない?)

2.18.13
この子たちの心には、何が残ったのやら?


塔の周りの道を回ってみました。
2.18.127

大砲の跡、とか、いくつか目印が建てられていますが、
それだけです。
2.18.128
先ほどのフィルムの映像(絵だけど)と重ね合わせて、173年前に思いを
馳せてみる・・・(○時○分に、誰がどうした、とか、戦いの様子がとても詳しく
解説されていました。ナレーションは、チャールトン・ヘストン。
日本だと、きっと、大河ドラマになるんだろうな。)

20分程の戦いで決着は着き、約600名のメキシコ兵がここに
倒れたということでした・・・
(テキサス軍の死者は9名)

次は、同じ公園内にある戦艦テキサスを見学してみます。
その前に、戦艦を眺めながら、おやつタイム・・・
2.18.132


サン・ジャシント・モニュメントと同じ公園内にある戦艦テキサスです。
2.18.133

現存する最も古い弩(ド)級戦艦であり、

現存する両大戦に参加した艦2隻のうちの1つであり、

さらにアメリカで建造された蒸気を動力(蒸気機関)とする船として
唯一現存している軍艦、

そして、

最初に対空砲が装備された戦艦であり、

初めて射撃管制装置(今日のコンピュータの前身)が設置された戦艦であり、

初めて艦上より航空機が射出された戦艦であり、

アメリカ海軍において初の商業用レーダーが設置された戦艦であり、

初の博物館船となった戦艦であり、

アメリカ合衆国国定歴史建造物に選ばれた最初の戦艦、

だそうです。(Thanks to Wikipedia)


ボーイスカウツ、教会グループ、YMCAの”お泊りキャンプ”に
いかがですか?と看板がありましたが・・・
2.18.134

こういうところで、寝泊りするのかな!?
2.18.148

船内を下りたり、上ったり、あちこち見て回ることができます。
2.18.145

ここは上層部の食堂か?
2.18.142

オフィスっぽい部屋。
2.18.146

床屋。
2.18.147

洗面所とシャワーかな。
2.18.149

調理場。
2.18.153

砲台(?)で無邪気に遊ぶ子供達。
2.18.151

第2次世界大戦では、1944年後半から太平洋戦線に移動し、硫黄島と沖縄での
戦いにおいて、海上からの火力支援を行ったという。
(映画『父親たちの星条旗』と『硫黄島からの手紙』において海兵隊が硫黄島へ
上陸する前に島へ砲撃するシーンで自身の役で登場している。)

どれだけの人の死に関わったのか?

特攻機が突入を試みたが、幸い損害はまぬがれたという。
その特攻隊員はどうなったのかな・・・

ここに確かにいたんだ、アメリカ兵たちは。
ここで生活し、戦っていたんだ。

60数年たって、今、私たちが、その中にいるとは。

2.18.154
そんな歴史を、いつから、どんな風に、この子たちに伝えていこう?


今日は、子供達の寝床を紹介します。

写真でお見せするには、あまりキレイなものではないのですが、
彼らの生態の一部が分かって、面白いので・・・

ベッドを2つくっつけて並べているのですが、まず、この上のモノの配置が、
コロコロと目まぐるしく変わります。

寝るために2階に2人で上がってから、しばらく、楽しそうに話しながら、
模様替えをしている声が聞こえることが、しょっちゅうあります。
(場所やモノを取り合って、キーキーとケンカしている声もしょっちゅうですが)

この日のテーマは、”車(キャンピング・カー?)”だそうです。
92221
↑のあたりが、運転席で、右の奥の方が、寝るスペースなのだとか。
(時間がたち、そのスペースからはみ出してますけど)

ぬいぐるみ達も乗っています。

運転手は、大地なのだそうです。

タオルケット、バスタオル、タオル類が、沢山折りたたまれて、置かれています。

お腹にかけるために与えたタオルケットも、肌触りがいいから欲しい、と
奪っていったバスタオル・タオル類も、きっちり畳んでベッドの上に置いて寝る、
というのが翼のやり方です。(意味不明・・・)

今回は、それらを座席に見立てているようです。

あるときは、これらの全てのパーツが、床に配置されることもあります。

テーマは”おうち”で、ここは玄関、ここは台所、これは冷蔵庫・・・と
部屋の床いっぱいにタオル類と枕を配置し、もちろんぬいぐるみ達も
”おうち”に入れて、満足気。

そのときは、ベッドに見立てた床の上のバスタオルの上で寝ていました。

(そうでなくても、大地単独で、ぬいぐるみ達と共に、床に敷いたバスタオルの
上で寝ることもあり。ベッドいらないじゃん・・・
敢えて床で寝るのが、楽しいのかしらね・・・)

もちろん、自分のベッドにそれぞれが寝ることが多いのですが、そのときは、
それぞれの個性が現れます。

少しのぬいぐるみと、枕と、折りたたんだタオル類を端からきっちり並べていき、
すっきりと空いたスペースで寝る翼に対して、

一瞬、どこにいるのか判別できないくらいの、ぬいぐるみと、タオル類と、枕の
山に埋もれるようにして寝る大地。
その山を掘ってみると、”こんなもの、いつの間に・・・?”というようなモノが発掘されます。

小さい頃使っていたマフラー、新しく買っておいたタオル、ミニタオル、
小さなオモチャ、etc。

大地が見つけてピン!ときたものは、とりあえず、ここに持ち込まれるらしいです。
君は、犬・・・!?


こうして、夢の国へ旅立つ準備ができたら、ママを呼んで、おやすみのハグ。

Good night, boys.
Have sweet dreams...


ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナーを1つでも押していただけると、励みになります。
よろしくお願いします!


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

人気ブログランキングへ
週末のある日、大地の幼稚園での大の仲良し、ディエゴと公園で
遊ぶ約束をしました。
プレイデートってやつです。

と言うと、何の問題もなくアメリカの現地の生活に溶け込んでいるように
聞こえるかもしれませんが、ここに住み始めて2年以上経って、やっと
こういうことも出来るようになった、という感じです・・・。

ディエゴは、大地のお誕生会にも来てくれた男の子☆

そのときに、その両親とも色々会話をすることが出来たのが
良かったです。

幼稚園で顔を合わせると、「いつか、一緒に遊ばせようね~」と
以前から言い合ってはいたのですが、やっぱりなかなか実現しませんでした。

思い切って、こちらから我が家に招待したことで、ぐっと親しさが増し、
「いついつ、是非遊ばせよう~!」と具体的に話すようになり、プレイデートが
実現した、というわけです。

それでも、まだ緊張はしました。(^^;)
1対1で、どんな内容で会話をはずませればいいか、英語で会話がどのくらい
もつだろうか、と身構えてしまうんです。
(日本語同士でも、共通点などを見つけるまでは、会話をスタートさせたり、
会話をはずませるのが苦手なタイプです)

まぁ、でも大抵は結局、”心配する程ではなかったな”ということになるんですけど。
そう、だから思い切って、飛び込んでみるべし。べしべし。
と、次の自分に言い聞かせて。

うちから割と近くにある、緑豊かな公園です。
92246
子供を遊ばせに来ているお母さん、そしてお父さんも結構いて、にぎやか。

ディエゴ、早く来ないかな~。待ち遠しい子供達。
92247

駐車場の入り口で待ち構え、やっと現れたディエゴ一家の車に向かって、
「ディエゴ~!!」
と、熱烈大歓迎。

プレイデート、よっぽど嬉しいんだねぇ~(´∀`)

(ディエゴ家はパパも来てくれたよ。(←誕生会にも)うちのダンナは
出張中だからいないけど、いたとしても、絶対来ないね、こういうときには)

偶然、幼稚園で同じクラスのイザベルちゃんも来たよ!
92248

なのに、一緒に遊ぼう、と追いかけて、話しかけてくるイザベルから
ディエゴを促して一緒に逃れようとする大地。
922412

「男の子たち、遊んでくれない・・・」と寂しそうにママに告げるイザベル。

こらこら、大地。
(全く、兄の影響をモロに受けて・・・)

注意したら、すぐに仲良く遊び始めました。
92249

池もあります。(一応、lakeと呼ぶらしい)
922410

向こうの方まで行ってみたい、と散歩に出かけた子供達の一部。
(ディエゴのママが付き添ってくれている)
922411

この後、翼が水の底に見つけたミニカーを取りたがり、這いつくばって
棒で触ろうしてみたり、裸足になって池に入りたいとゴネたり、小さい子達も
気になって池の縁に集まるし、親は子供が落ちないかと気が気でないし、
イザベルのパパも巻き込んで、池に落ちそうな体勢をとる翼の体を支えたり、
今日は諦めるよう説得したり、一騒ぎ。

(すぐに諦めない精神は長所でもあり、諦めが悪くしつこいのは
短所でもあり(ーー))



今日は、イザベルのママとも、お話ができて、少し親しくなることが
できました。

ベネズエラ出身のディエゴ・ママと、中国(北京)出身のイザベル・ママ、
そして日本出身の私。(2人ともアメリカ生活が長く、英語は私より流暢)
そんな3人が、テキサスのとある公園で、こうやって集まって話しをしている。
日本にいた頃には想像もしていなかった、何と不思議な縁でしょうか。


嫌いじゃなかったことも、延々と繰り返していると、飽きてくるものですね・・・

もう、相当やらされてます。

トランプの大貧民(大富豪)。

92225

もう、そろそろ、ペースダウンしてもいいんじゃないかと思うのですが・・・
その気配を見せません。
この1年の(ネットではなく、実際のトランプを使った)大貧民の回数は、
日本でも相当上位に入るのではないでしょうか。
(大貧民って、日本固有のトランプゲームらしいですね)

いや、私も、高校時代の部活(の一つ)で、よくやってましたよ、大貧民。
(どんな部活だ)
それでも、飽きもせず、好きでしたよ。

しかし・・・我が家に、このゲームを導入して、どのくらいでしょうか?
もう1年半くらい?になるでしょうか。

最初は当然、ルールがよく飲み込めず、要領も分からず、持ち札を弱い数から
強い数の順に並べることもできず、勝てなくてグズっていた大地ですが、
4歳後半あたりから、グングンと力をつけてきて、今では大人と互角に闘えます。

(革命になると、ちょっと自信がなくなるらしく、小さい数(を出せばいいの)?
大きい数(を出せばいいの)? と確認してきますが)

それが楽しくてしょうがないらしいです。

毎日、毎朝、毎晩、大貧民の相手をさせられています。

2人でやるときは、持ち札の数がものすごいことになります。
(それを見やすいように数字順に並べるのも、かなりウンザリです(--))

自分の札を見て、相手の札の内容も瞬時に分かるようになったらしく、

いちいち、

「ママ、2が3枚あるよ。」「ママ、ジョーカーあるね~」

などと言い、

自分が何か1枚札を出した後、

「ママ、9出すよ。」( ̄ー ̄) 

と、得意気に予言。
(ママの持っている一枚だけの札で、次に一番数が小さいのは9だから)

そして、よくやる大地の意味不明な必殺ワザ(?)が、

切り札ムダ出し。

皆がパスして、自分から出し始めるときに、なぜか、いきなり「ジョーカー」や「2」を
出し、それをただ流す

??? (゚◇゚) ???

しかも、あるときは、「マジメにやろ。」と呟いた後に、この”ムダ出し”。

??? (゚◇゚) ???

しかも、それでも、勝つことが多い。

(私が、かなり飽きてきているので、気合が入っていない、というのはある。)

勝って、「マジメにやった。」( ̄ー ̄) と得意気。

まぁ、知能の成長は感じられますけどね・・・

い、いつまで続くのかな・・・


ちなみに、大地(&翼)は、神経衰弱も得意です。
これは、気合を入れても、殆ど勝てません。(-。-;)
これも、繰り返しやるのは、大人には、かなりウザイです。(-。-;)

子供って3歳くらいから、神経衰弱がめちゃくちゃ得意になりますね。
大人になるにつれて、段々その能力が衰えてくるような気がします。

(ダンナはこの「トランプしよ!」攻撃を少しでも減らしたくて、卓球台の導入に
踏み切った、という説もあり。しかし、大地はまだあまり卓球が出来ないので、
あまり変化は無かったよう・・・)



こんなリモコンが売れられているのを見つけました。


(文字が見づらいところもあって、すみません)


子供を操縦するためのリモコン。92241

なるほどね(^ー^)



男性を操縦するためのリモコン。92242

ふふっ ( ̄ー ̄) 



女性を操縦するためのリモコン。92243

オイ (-_-゛)


買う人、いるんでしょうかね(^^;)
買ってどうするんでしょうね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。