上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09.11 夏は過ぎ
あんなに暑かった夏も、過ぎ去ってみると少し懐かしくせつなかったりする
今日この頃、

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。


2009.9.2 004

しらっと更新してみましたが、夏の間、ずっと子供が家に一緒にいると
ブログに向かうタイミングも何となくつかめず、あっという間に9月です。

それでも、訪問してくださる方もいらっしゃるようで、ありがたいです。

また、ボチボチ更新していきましょうか。

(旅行記がまだ・・・ ( ̄▽ ̄;) )


子供たちは、既に学校も始まり、毎日元気に通い始めているのですが。
2009.9.2 029

↑新学期前の「先生に会おう」の日。
今年も、廊下の壁画が変わっていたよ。楽しい。
今年のテーマは、カフェですか?


毎朝、2人分のお弁当。
気が向けば、3人分のお弁当。

2009.9.2 124

まぁ、毎朝というのはあくまでも理想で、すでに挫折してる日もありますが、
基本的に「弁当派」で頑張っていくつもりです。


翼は、もうすでに有名になりつつある(?)デカ弁。

700ccの容器×2 + 小さいフルーツ容器。

それに比べると、大地の容器はかなり小さく見えますが、それでも容器2つは
多かったみたい。今はもっと減らしています。


学校用の弁当作り、
ピアノやバイオリンのレッスンの帰りに車の中で食べる用の弁当作り(←時間節約のため)、
土曜も補習校のお弁当、
今後は日曜も翼のサッカーの試合のために昼をまたいで遠出することになりそうなので、
弁当か?

弁当、弁当、弁当、弁当・・・



ずっと弁当のことばかり考えているような気がする、今日この頃です。┐( ̄ー ̄)┌

スポンサーサイト
いよいよ明日は、キンダーガーテン初日。

まだ1年生ではないのだけど、1年生~5年生の子達と同じ学校へ
同じ条件で通うことになるので、実質、日本での小学校入学と同じような
感覚の特別な日。

大地も何ヶ月も前から楽しみにしていました。

今晩は、ちょっとやることがあります。


先日の「先生に会おう」の日に、大地のクラスの先生からもらった 
”魔法の粉” 

2009.9.2 087

小さな袋に、ちょこっと入っています。
2009.9.2 089

先生からのお手紙

  『日曜日の夜 目を閉じて
  ○○小学校の すてきな夢を見てね
  この魔法の粉を振りかけて 
  明日の朝起きたら 着替えて 朝ごはんも食べて
  先生はワクワクしながら みんなを待っていますからね』



実際には英語では ”Special dust” と書かれていたのですが、我が家では、
「魔法の粉」と意訳し、


「魔法の粉だって~!!これをかけて寝ると、楽しい夢が見られるんだって~!」


と先生からのお手紙の内容を、大げさに楽しげに説明してやると、

大地も、翼も( ( ̄▽ ̄;) 興奮し、

「かけてー!かけてー!!」 と寝る準備に走りまわる。


用意が整い、いよいよ粉を パラパラパラ~

パラパラパラ~


と、大地を見ると、目を閉じて、グーにした両手を顎の下で合わせ、
うっとりした様子で、かけられておりました。 (≧▽≦)

「ん、なに?」 
2009.9.2 090


(粉の正体は、私の五感によると、ベーキングパウダーに、手芸用の何か?
ラメのようなキラキラした細かい粒を混ぜたもの)


この晩、寝ているときも、翌日も、キラキラをつけていた子供たちでした。


ついでに、ダンナもキラキラをつけて出勤していたらしく、会社の人に指摘された
そう。 (子供とハグしたときについたと思われ(^m^))


さぁ、そしてとうとう新学期、キンダー初日です。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ 人気ブログランキングへ
8月最終週。

今日から新しい学年のスタートです。
翼はもう、3年生だよ・・・
2009.9.2 092

いつもは車で登校しているのですが、この日は歩いて行ってみました。

2009.9.2 097

爽やかな朝の風景、に見えますが、この頃はまだ湿度高すぎで、
汗なのか何なのか分からなくなるような湿気を含んだ、ねっとりした生暖かい空気が肌に
まとわりついてきました。
(英語でも、sticky という表現を使うらしい)

2009.9.2 101

途中、大地が、ほどけた靴紐を結ぶために停止。

かがんで、頭の方を下の方に傾けた拍子に、大地のバックパックから
チャリチャリ~ン という音が。



チャリチャリ~ン? 



「・・・・大地、バックパックにお金入れてる?」 ( ̄∇ ̄)


一瞬、大地の表情に”ウソついてごまかそうかな”という揺れが見えましたが、
すぐに観念したように、


「・・・うん・・・。」


「出しなさい。」 ( ̄∇ ̄)


仕方なく、素直にバックパック脇のポケットを開ける大地。

すると、出てくるわ出てくるわ、数十枚のコインと、何枚かのお札。
千円札もあり。( ̄∇ ̄)

自分の全財産を、ここに詰め込んできたらしい。


「これは学校に持って行くものじゃないから。(´∀`)
 ママのバッグに入れて預かっといてあげるからね。」


しかし、いつの間に、何を思ってここに詰め込んだのかと思うと。(^m^)
こそこそと詰め込んでいる姿を想像すると。(^m^)

徒歩通学しなきゃ、靴紐結び直さなきゃ、気づかないところだったわ(^^;)


そんなハプニングもあり、20分ほどかけて学校へ。


学校前の横断歩道は、緑のおばさん、ならぬ、ボランティアのお母さんや、
職員や先生たちが、こうやってストップサインを持って、安全確保をしてくれます。
2009.9.2 105

普段は、親たちが校内まで送ってくることはありませんが、今日は特別。

(車で送っても、保護者は車から降りずに、子供だけを入り口前で降ろして
そのまま走り去ることになっている)

初登校となるキンダーの生徒の親たちが、たくさん付き添って来ています。
キンダー初登校の子でも、初日からバスで、子供だけで登校することも
可能ですが、やはりこの特別な日は、是非見届けたい、と思う親が多そうです。

両親揃って子供を送ってきて、学校の前、教室の前、教室の中などで、記念写真を
撮る風景があちこちでありました。
入学式というセレモニーもないですからね。


入り口を入ると、Mr.○○ が出迎えてくれました。

2009.9.2 106

「今日が初めてなんだね。ようこそ。」(^^)

この小学校の名前は、このMr.○○ からきているのです。

うちの学区の小・中学校の殆どの名前は、この地域の教育関係に長年功績があった
人などから名前をもらって付けています。

日本でなら、例えば、田中一郎小学校、なんて感じになるんですよねぇ・・・
英語で人名+Elementary School でも違和感がないのに、日本語だとなぜ
違和感を感じるのでしょうか・・・慣れてないだけ?


校内に肖像画も飾ってあり、大きなイベントがあるときなど、ちょくちょく小学校を訪れ、
子供たちを優しく見守ってくれています。
生徒や親たちも、姿を見かけると、「Mr.○○、こんにちは!」 と挨拶します。
2009.9.2 107

そして、教室へ。

1回来たことがあるから、もう分かる、ママ来なくていい、と一人で教室へ向かう
大地くん。
2009.9.2 108

背中をしばらく見守っていると、ちゃんと一番奥の部屋に入ったようなので、いいかな、
と思ったものの、一応念のため、と思い、追跡してみると、
隣の教室の入り口あたりで、困った顔をしてウロウロしている大地を発見(^m^)

あとドア一つ先だった。惜しかったね~(^m^)


ここからは、家で甘えたりグズったりしている大地とは別人の、クールで自立したオレ
モード。
淡々とした表情で、やるべきことをこなしていき、ママに「じゃあね」と顔や頭をなでられても、
”はいはい(--)”的なクールな反応。
(それが大地の外面らしい(^m^) 補習校に連れて行っても、そうなります(^m^))

コピー ~ 2009.9.2 110

”スナックの袋をカバンから出して、この箱に入れる、と・・・”


2009.9.2 115

さぁ、キンダーガーテンの始まり!

楽しいことが一杯あるといいね!

(やっぱり、まだ皆、小さいんだな~。
 チビちゃんたちが、ちょこんと席について、教室にいる様子、萌え~(≧▽≦))

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ 人気ブログランキングへ
9月の最初の週末は、3連休。

この人のサッカー三昧の連休でした。
2009.9.2 129

トーナメント出場は、2回目。
前回は負け越しで、何も結果は残せませんでしたが、さて今回は。

ところで、このトーナメントのスポンサーの一つに『ヤクルト』が入っていまして、
アメリカ版『ヤクルトレディ』たちが、ヤクルトを配って歩いていたのが、ちょっと
日本人としては目をひいたので、メモしておきます。
「ヤクルト知ってますか~」 って、もちろんですよ~。代田博士のシロタ株。
近所のスーパーでも、おばちゃんが販促していたりして、最近テキサスでの普及に
力を入れているらしい、ヤクルト。
2009.9.2 126

土曜日に2試合。

その合間に補習校にも通う翼も大変だけど、ダンナは出張で不在のため、

大地はお友達に補習校まで乗せて行ってもらったり、
私も試合の時間が発表されるや否や、この日予定されていた翼と大地の補習校での
先生との面談を、別の日と交替してくれる人を探し、スケジュール調整。

当日は、試合、補習校、試合、と走り回る。
まさに、マネージャー 兼 運転手。
そんな、いろんな人の協力があって、参加できているのだよ、翼。

一試合目。

主にディフェンスで出場。
2009.9.2 140

2009.9.2 163

4-3で負け。


二試合目。

背番号10をつけているので、”オッ!?”と思われた方がいるかもしれませんが、
単にユニフォームの注文時に一番乗りだったので、早いもの勝ちで、好きな番号を
とっただけです(^^;)

はっきり言って、今の翼の実力では、背番号負けしています。

2009.9.2 173

後半はキーパー。(英語ではゴーリー)
キーパー担当は決まっていないので、ローテーションで担当します。
前線が頑張ってくれているので、非常に暇そう(^^;)
2009.9.2 175

4-2で勝利。

後半のクォーターで別の子とキーパーを替わる、ってコーチが言ってたのに、
全然替えなかった! と不満タラタラの翼。
暇なキーパー役は、大嫌いらしい。


日曜日。

珍しく、フォワードで出場。
ほとんどのサッカー少年もそうだと思いますが、翼もフォワードが憧れ。
非常に嬉しそう。( ̄ー ̄) 
2009.9.2 179

2009.9.2 183

6-0で勝利。

そのうち1点を、
翼が決めました!!
試合でゴールを決めたのは、(コンペティティブなサッカークラブに所属して以来)
初めてでは!? やったー、やったー、やっと決めたよ~!!!(≧▽≦)

力のあるシュートが出来ないことが、ずっと課題だったのですが、ゴールのネットの
下の方をボールが通り抜けてしまい、一瞬ゴールに入らなかったのか、と見間違う
ような、威力のあるシュートでした!

ゴール後の翼の、嬉しそうな表情といったら!!

\(⌒∇⌒)/ 


そして、全チームの結果が出て、翌日、決勝戦に残れることになりました!


月曜日、決勝戦。

相手チームは、全員が非常にアグレッシブで、動きの速い強敵です。

今日もフォワードで起用され、張り切る翼。
2009.9.2 191

試合開始から10分ほどで交替。まぁまぁ頑張っていたけど、ゴールはなし。
1点目のアシストのアシストのようなパスは出した。

一点先行されては、一点取り返す、という白熱した試合に、親たちも
興奮して、立ち上がって絶叫しながら応援。



2009.9.2 193

翼は、後半も開始から10分ほどフォワード。
疲れたのか、相手の勢いに負け、アグレッシブさがいまいち。
プレーも精細がなく、ボールを取り損ねたり、自分が一番ゴールに近いところに
いるのに、考えなしに前方にパスを出して、相手にボールを渡してしまったりするので
もどかしい。

後半の後半は、キーパーに。
ゴール前に責めてきた敵と味方の混戦状態に、ひるまず割り込んで
ボールをキャッチするなど、いい働きが3回ほどあり、皆から賞賛される。

しばらく3-3の状態が続いていたが、終了1、2分前、我がチームのゴールが決まって、
逆転!!

そして、試合終了。 

優勝ー!!!

すごーい!!!やったー!!!\(⌒∇⌒)/ 

劇的な試合と、チーム結成からまだ間もないうちの快挙に、親たちも大盛り上がり!!


そして、この後、本部席まで皆で移動し、嬉しいトロフィーの授与式があったのですが、


なんと、


デジカメが電池切れ!||||||||||||||(* ̄ロ ̄)||||||||||||||||


あ~、私のバカバカバカ!(><)

(優勝するとか考えてなかったし、優勝したら、こんなトロフィー授与イベントとか
あるとも全然考えてなかったよ~)

チームメイトのママに撮った写真を送ってくれるように頼んではみたので、
それを待つしかないです・・・

DJが音楽を流し、マイクを持ったMCが、各年代の優勝チームと、準優勝チームを
紹介し、「おめでとう!!!」と盛り上げながら、トロフィー授与が行われました。
優勝チームのトロフィーは、準優勝チームのトロフィーよりももちろん大きくて。
本当に嬉しそうな子供たち。

(反対に、相手チームのキーパーの子は、試合後、泣き崩れて立ち上がれず、
皆でセンターラインに集まっての試合後の挨拶に、なかなか来れなかった・・・)


この3日間、一試合ごとにチームとしてまとまっていき、どんどん強くなっていく
成長ぶりは、目を見張るものがありました。今後が楽しみです。

能力のある子が多いので、チーム内でみると、翼のレベルはまだまだですが、
それでも2年前に初めてサッカーチームに入った頃の、ボールに群がる集団の
その後を遅れ気味でただ付いていくだけの試合しかできなかった翼を思い出せば、
ものすごい向上だ。


5歳、いや、4歳?の頃から、一貫して、「大きくなったらサッカー選手になりたい」
と公言し、全くブレることなく、その夢に向かい続けている翼。


客観的に見ると、その夢の実現には、今のレベルでは、まだまだ相当の努力が
要りそうなので、私も辛口に批判し、努力がみられないと、

「下手くそな上に努力もしない!そんなんでサッカー選手になんか、なれるもんか!」

と罵って、鬼母になることもありますが ( ̄∇ ̄)

生まれてからの人生の、すでに半分か、その近くを、夢をもって、それに向かって
生きているなんて、なんと素晴しいことだろう・・・

と思っておりますよ。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
この夏は2人の初挑戦がありました。

YMCAcamp10.jpg

親と離れての”お泊りキャンプ”!

(アメリカでいう長期休暇中のCamp は主に日帰りのDay Camp のこと。
お泊りキャンプは Resident Camp という)

友人宅で一泊させてもらったことはあるけれど、今度は初めての場所で
初めて会う子達と、2泊です。
さぁ、できるかな~??


自身も子供の頃、アメリカで長期のキャンプを体験したことのあるダンナが
「子供たちもキャンプに放り込みたい」とよく言っていたのですが、大地も5歳に
なったことで、やっと2人一緒にキャンプに参加させられるチャンスが来ました。

(当時8歳くらいだったダンナ君はその長期キャンプで野生化して帰宅し、ものすごく
臭かったので、即シャワー行きを命じた・・・というのは、義父母が事あるごとに語る
エピソード。( ̄ー ̄))

私が調べたところ、ヒューストンエリアから送り迎えができる範囲でのResident Campで、
参加できる年齢が最も低いのは、このYMCAの5歳から。
ただし、2泊3日のミニキャンプのみでした。

出発の日、私が子供たちの荷物を用意し始めると、グズリ始めた大地でしたが、
なんとか騙し騙し車に乗せ、キャンプサイトに着いたときにはグズリもなくてホッ。
反対に翼は楽しみらしく、「1週間がよかったなぁ~」と。


ロッジは男の子用、女の子用と別れていて、中には2段ベッドが沢山並んでいます。
YMCAcamp4.jpg

翼の感想はまず、「きたな~い。」

普段旅行で泊まるホテルとは違うのじゃ。( ̄ー ̄)
宿と言えば、そんな小奇麗なものとばかり思うなよ。

ここで大地のグズリがまた発生しないように、大地に好きなベッドを選ばせて
確保し、新しいカーズのシーツを敷いてやって、気分をよくさせておく。
(ベッド選びは早い者勝ち。上の段を選びたがるだろうから、早めにチェックイン
してよかった)

これからママはいないんだから、日焼け止めも自分で塗ってごらん、と
やらせてみる。
YMCAcamp7.jpg

このあと、スタッフ、親、子供たちが集まってミーティングがあり、その後、いよいよ
子供たちとお別れ。

お兄ちゃんと一緒だったからか、素直にスタッフの誘導に着いて行く大地。
全然、大丈夫でした(^^)



さて、本当に久しぶりな子供のいない自由な時間。
夫婦2人だけって変な感じ!
(そのうち一晩は、超久しぶりな大人だけのカラオケナイトで、楽しませて
いただきました。( ̄ー ̄))


何だか静か過ぎて寂しい・・・とは思いませんでしたが( ̄∇ ̄)、何やってるかな~、
大地はどんな様子かな~、とは、ふと気になります。

それが、家にいながらして、少し垣間見られたのですよ。
YMCAのウェブサイトに、スタッフがその日の子供たちの写真をアップしてくれるので。

自分の知らない間の子供たちの様子をこうやって知るって、新鮮~!
CIMG5882-m.jpg

お、馬に乗せてもらってるよ!
CIMG5873-m.jpg

アーチェリーさせてもらってるよ!
CIMG5909-m.jpg

楽しそうじゃないの。
CIMG5914-m.jpg

CIMG6032-m.jpg

よかった、よかった。


2日後、また車を一時間ほど飛ばしてお迎えへ。
どんな顔してるかな~。ちょっとこちらも、くすぐったいような気分(^^)



閉めのセレモニーが行われていました。

YMCAのキャンプのお決まりなのか、振り付きの歌のような、掛け合いのようなものがあり、
それが延々6~7分続くんです。
YMCAcamp9.jpg

その後、全員に賞状が渡されました。「もっとも思いやりがあったで賞」とか、
「もっともエネルギッシュだったで賞」とか、いくつか種類があります。
YMCAcamp11.jpg

そして、キャンプ中に行った競技の成績優秀者の発表もあったのですが、なぜか
アーチェリーの5位に大地が入っていまして、名前を呼ばれて立ち上がり、拍手されて
いました。
大地以外の入賞者は、皆小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんばかりだったのですが・・・
大地にアーチェリーの才能あり?!

親のいないところで、そんなこと、あんなこと、ちゃんとやってたんだな、と思うと。(⌒∇⌒)


帰りの車の中は、恒例のこの図。エネルギー使い果たしました~って感じがいい。
(大地は顔にペイントされてます)
YMCAcamp15.jpg


後から翼に話を聞くと、夜寝るときに、大地は「ママ~、ママ~」と泣いていたそう。(´∀`)

ただし、持参していた懐中電灯をこっそりベッドにもちこみ、点灯して遊んでいたのを
スタッフに見つかって、取り上げられ、それで泣いたのもあったみたいなので、
その流れで 「ママ~!(><)」 ってことになったのかも。

翼は 「楽しかった!また行きたい!」

大地は 「行きたくない!」

あれから2ヶ月以上経った今でも、時々思い出すのか、その度に

「キャンプ、行かない!」

と、私に牽制してくる大地。(^m^)


来年の夏は、もっと長いキャンプに参加できるぞ~( ̄ー ̄)
どうしようかな~フフフ( ̄ー ̄)



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
今シーズンの翼の、レギュラーの試合は、日曜に行われることになりました。

土曜日の補習校との掛け持ちはしなくてすむようになったけど、子供たちの
予定が何もない火曜日以外、何かしら毎日駆け回っています。
(大地の試合は、土曜日なので、こちらは掛け持ち)

今シーズンから、また初めてのサッカー場。
片道、約45分かけて通う。
2009.9.2 210

前回のトーナメント、実は同じ年齢で2グループに分かれており、翼のチームは
そのうちの1グループ内での優勝。同じ年齢で、もう1つ優勝チームがあった訳なのですが、
この日の対戦相手は、そのもう1つの優勝チーム。
なので、密かに事実上の優勝決定戦?

これまで、何度か対戦したことがあり、勝てたことがなかったのですが、なんとこの日、
7-6で勝利。

おぉ~。
やっぱり成長してるんだなー、みんな。すごい、すごい。



試合の後、チームメイト、Z君のバースデーパーティー。
サッカー仲間を中心に招いて、インドアサッカー場で、サッカーパーティー。
そんなパーティーもあるのか、と。

自由に思う存分サッカーで遊びまくれて、まぁ楽しそうなこと。
飲み物やピザをとりに来る間も惜しんで、遊んでいた。
2009.9.2 222

チームメイト、クラスメイト、その兄弟、Z君本人の兄弟、その友人・・・
ごっちゃ混ぜで即席チームを作って、ゲーム。
2009.9.2 225

ホンットに、好きなんやねぇ・・・
2009.9.2 229

サッカーデザインのケーキにろうそくを灯して、ハッピーバースデイ♪
学校関係とはまた別の場所で、こういった仲間がいるって、いいね。
2009.9.2 233


Z君の親戚関係が大勢集まって、主にスペイン語で楽しそうに盛り上がっていました。

私は所在がなく、一人で座ってボーっと、子供たちの様子を見ていて暇でした。(´ー`)



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
アメリカの小学校には、保護者のボランティアというシステムがしっかりと
根付いている。

新年度の初め、”先生と会おう”の日や、クラスでの説明会の際には、必ずボランティア
リストがおいてあって、自分のできるボランティアの欄に名前を書くようになっている。
それ以外にも、年度を通して、随時、ボランティア募集の呼びかけがある。


もちろん強制ではないのだが。


私も、仕事を持たずに家にいるわけだし、と思い、ちょこちょことお手伝いをしている。


これは、”ワークバスケット”という名前のついたボランティア。
2009.9.2 237

”ワークバスケット”やります、と募ったママ達が、クラスママ(クラス役員)から
スケジュールを割り当てられ、自分の担当の週に1回(か2回)、子供の教室に顔を出して、
担任の先生から、やってほしいことを入れたバスケットを渡される。

今回の任務は、「子供たちがデコレーションした リーディングのノートを、デコレーションの
切り貼りしたものが剥がれ落ちないよう、透明テープで全面覆ってほしい」 というもの。

この担任の先生が国語を受け持っている2クラス分なので、約40冊。


(3年生からは、”スイッチ”という仕組みがあり、国語と算数の受け持ちの先生が
別れる。
翼の担任は国語の担当で、隣のクラスの担任は算数の先生。
国語の授業は、自分の担任から受けるが、算数は、隣の教室へ行き、隣の
担任の先生から受ける。そのときに、隣のクラスの子と、教室を交替するので
”スイッチ”。)


これを2日で仕上げなければいけないので、あまりのんびりはしていられない作業量。


夜、黙々と内職をしていると、ダンナが言った。


「なんで、(子供たちが)自分でやらねーんだ。」



・・・・まぁ、言われてみれば、たしかに・・・・


この”ノートのデコレーション”という作業は、学年初めの宿題としてメジャーな
もののようだ。他の学校でも、3年生以上で同じような宿題が出ているらしい。

(翼のクラスで出された課題は、リーディングのノートを、自分の好きな作家、自分の好きな本、
好きなこと、興味あること、をテーマに、
インターネットから画像をプリントアウトするなどして(←親の協力ありき)、切り貼りして
デコレーションするように、 というものだった)


アメリカでは、そこまでは子供たちのやるべき課題で、そこから先は、親(ボランティア)が
やってやるもの・・・らしい。


教室で使う鉛筆だって、親(ボランティア)が全部、削ってやるアメリカ。

(ワークバスケットに、「削ってください」と100本ほどの鉛筆がドーンと入っていることが
あり、ボランティアはそれをひたすら削る)


「あなただって、アメリカの小学校行ってたんでしょ。
そういう感じだったんでしょ。」


と聞けば、


「オレは、自分で鉛筆持って行ってたような気がするけどなぁ・・・。」


ヤツはこの時期のことは殆ど記憶喪失なので、全くアテにならないのだけど、
自分の鉛筆を持参せず、教室にあるものを共有し、ボランティアが削ってやる、という
システムは、もしかしたら全米共通のことではないのだろうか?
それとも、時代によって変わってきたのだろうか?


などと考えながら、また作業をすすめる。
なんとか2日で終わらせ、重いバスケットを気合を入れて教室まで運んで、
無事納入。



校内には、毎日ボランティアのお母さんたちが何人も来ている。

子供たちが昼食を食べるカフェテリアも、毎日ボランティアのママ達が働いている。
(先生は、子供たちを引率してきた後、どこかへ行ってしまう)

子供たちはカフェテリアで自由に立ち歩くことが禁止されているので、

シルバーウェア(フォーク、ナイフ、スプーン、ナプキンのパック)を取り忘れたといっては、
手を挙げてボランティアを呼び、

何かをこぼしちゃったといっては、手を挙げてボランティアを呼び、

ミルクのパックが開けられないといっては、手を挙げてボランティアを呼ぶ。



自分のお母さんが学校に来る、というのは、子供にとってとても嬉しいことらしく、
また、お母さんが何かの役割を果たしているというのは、誇らしいことらしい。


ただし、鉛筆は自分で削って用意し、自分たちで食事をよそって準備をし、こぼしたら
自分達で拭き、学校の掃除も自分達でする、日本の子供はそれだけでアメリカの子供より
エライ。


その上で、もし手伝えることがあるなら、雑務を少しでも引き受けることで、先生方の負担が
軽くなり、子供により余裕をもって向き合えるようになるのなら、日本の学校でも、こんな風に
どんどんボランティアが入っていけばいいと思う。


うちの学校の先生は、自分でコピーもとらないし、廊下の掲示板だって、ボランティアに
指示をだして、実際に飾る作業をするのはお母さんたち。

年に2回、学年の先生たちでミーティングをすることにした、ついてはその時間帯、
誰かクラスの様子をみていてくれないか、と、それすらボランティアを募集するんだから。

つうか、授業時間にミーティング入れるか? ( ̄▽ ̄;) 

”契約範囲以外の仕事はしない。契約時間以外は働かない。”

徹底してます・・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
アメリカの小学校は、子供のランチの時間に、親も参加していいことに
なっています。

初めてそう聞いたときは、信じられなかったのですが、本当でした。

子供たちはクラスごとに、3分刻みで次々とカフェテリアにやってきて
30分経ったら、またクラスごとにカフェテリアを出る、という流れになっているので、
自分の子供のランチ時間に合わせて、カフェテリアに行き、子供と一緒に
席についてランチをとるのです。


これが、子供たちには、とっても嬉しいことらしい。


「ママ、ランチに来て~!」 と何度もお願いされていたので、

「じゃ、明日行ってあげよう。」

「やったー!!(⌒∇⌒)」

「今日、ママに怒られることがなかったらね。( ̄ー ̄)」


すると、まぁ、頑張る頑張る。
宿題も、楽器の練習も、お片づけも、グダグダしてしょっちゅう同じようなことで
怒られてるのだけど、今日は怒るネタをママに拾われないように、気を使っています(^^;)


翌朝起きて、大地に向かって、「今日、ママ、ランチに来るよ!!」とあらためて
知らせてやる翼。


そっっっんなに、嬉しいのか・・・


ふと客観的に、不思議な気持ちになったりします。


さて、2人のランチタイムは、大地のクラスが10:08~、翼のクラスが12:23~
と、離れた時間帯のため、

私はまず小さな弁当箱に、自分用の半分量の昼食を詰めて大地の時間帯に行き、
それから家に帰って、少ししたら、
また半分量の弁当を詰めて、翼のランチタイムに参加する、 

という少々面倒くさいことに。

(何も持たず、ただ側で座っているだけでもいいのだけど、やっぱり何となく
一緒に”食事”してあげた方がいいかな、と)


ちなみに、ランチに参加するママ(パパ)の多くは、ファーストフードのテイクアウトを
持ってくるのが定番です。
もちろん、カフェテリアのメニューも買えます。


大地のランチタイム。
2009.9.21 002

ママを見つけて、一気に嬉しそうに、でもちょっと照れくさそうにする大地。
ちょっと”ひねくれ”が出て、「フタがあけられな~い」(ママ開けて~)とか、”○○ができない”
”○○が分からない”のパターンで、私に面倒をかけて甘えてきます(^^;)

お弁当が終わると、私の腕にすり寄ってきたり、私の膝の上に座ってみたり。

大地のお友達が、色々話しかけてきます。
大地の名前の最後の音を、わざと違う発音にして面白がって、何度も言ってきます。

このくらいの子供の英語の発音や文章は、よく分からないことが多いので、
はっきり言って会話になりませんが(^^;)、お友達のママでも、来ていると楽しいのか、
ハイテンションになって、大声を出し始めたり、席から立ち歩こうとするので、
私が何度も注意するはめに。
しかし、私の注意では聞きやしないので、結局ボランィテアのママに何回か警告を
受けていました。(警告を何回も無視すると、レッドカードが出され、罰則がある。
休み時間が減るとか)
それでも、あまり意に介していないようだったけど。
大地も普段は、こんな感じなのかしら?


次は、翼のランチタイム。

「ママァ~」 とデレデレの表情で、私にすりよって来たり、私の手をとってみたり。
8歳でも、まだこんなもんでしょうか?
(ダンナは、”マザコン”と言う)

2009.9.21 011

近くに座ったクラスメイトの男の子が、

「僕、日本語勉強してるよ。」

「じゃ、知ってる言葉言ってみて」 と翼。

「コンニチハ。」

翼 「それだけ~?(^^)」

しかし、日本に興味あるのは本当のようで、

「”Castle in the sky”(天空の城ラピュタ)が大好き。」

私 「本当~!?それ、私も大好きよ!!」

「今度、日本に行くとき、僕も連れて行って。」 と何度も言ってくる。(´∀`)

「いいよ~、じゃ、お父さんとお母さんに言って、許可もらっといてね。


その後、隣の子と、自分のお父さんの力自慢の話になり、それぞれが私に向かって、
パパの自慢話をしてくる(´∀`)


2009.9.21 013

翼が持っていたポケモンの箸箱に、周りの子が興味を示し、次々と手が伸びてきて
取られるので、なかなか片付けられない。
箸箱にかかれたポケモンの名前を読んでみたり、振り回してみたり、お箸をライトセイバーに
見立ててスタウォーズごっこをしてみたり。


「(こんなことするのは)ママがいるときだけだよ~、なんでだろう~」 と不思議がる翼。

いつもは、これほど弄られてないらしい。

やっぱり、こちらも、私がいることでテンション上がっちゃったのだろうか(^^;)



これからも、月に一度くらいは、行ってやりましょうか。┐(´ー`)┌


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
いつも、カフェテリアのお昼ごはん時には、N君と隣同士で座って食べているらしい
翼。

今シーズンから、サッカーチームが同じになって知り合い、新しい3年生のクラスに
行ってみたら、偶然クラスも同じだった、ということで、一気に仲良くなったようです。


そんなN君、翼が毎日持参する日本式お弁当の中で、非常に心惹かれるものが
あったらしい。


翼によると、それを見たN君は、


「それ、食べた~い!」「食べさせて!」


と言ったのだけど、翼は ”ボクのだから” とあげなかった。


すると、次の日も、「あれ食べた~い!」
「くれないと、もう、日本人はサッカーしちゃダメ!」

と言ってきた、とか。

(小学生男子的会話(´∀`))


・・・という話を聞いていたので、先日、子供たちのランチに参加したときに、
N君に提案してみた。


「次の試合のときに、きみが”食べたい”と言ってたもの、持っていってあげようか?」


すると、嬉しそうに ”うん、うん、うん(^^)” と頷くN君。




さて、そこまでN君の心を掴んだその”おかず”とは、


ジャ~ン!
2009.9.21 020

かにかまきゅうり巻き!


弁当の”隙間埋めおかず”ですが! ( ̄▽ ̄;)


(お弁当にはマヨネーズは入れていませんでしたが、もしかしたら、つけて食べたいかも
と思い、サービス。)


一応、N君のママに、こういうものを持って来たけど、食べさせてもいいか?と
話を始めると、すぐにN君のママが、

「あ~、そうそう、ありがと~!!
Nが ”ツバサのママが、ボクの好きなものを持ってきてくれる!” って楽しみに
してたのよ。 スシを持ってきてくれたんでしょ!!(^^) 」


いや、全然スシじゃないですって!! ( ̄▽ ̄;)


はいどうぞ、とN君に渡すと、目を輝かせてフタを取るのももどかしそうに、
早速パクつく。


か、かわいい・・・(´∀`)


2009.9.21 021


N君ママ 「ほんとうにありがとう~
       Nは、オリエンタルフードが好きだから~」


それほどオリエンタルでもないんだけど・・・(^^;)
カニカマっぽいの、こっちのスーパーでも売ってるし。

こんな超シンプルなものに、ものすごく感謝されて、恐縮なくらい。


でも、こんなに喜んでくれて、日本の料理も好きだと言ってくれると、嬉しい。


カニカマきゅうり巻き、もしかしたら、外国人向けパーティーのオードブルなんかに
イケルかもしれません。


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
2009.09.26 新しい相棒
日本出張から帰ってきたダンナが、

「ちょっと早いけど、誕生日プレゼント・・・・」

と、包みを渡してくれた。

「あ、ありがと・・・(*´∇`*)」


出てきたのは、カメラ!
私が最近、いいカメラが欲しい!デジタル一眼ってやつで撮ってみたい!
と騒いでいたから、買ってくれたんだ~!(⌒∇⌒)


・・・と、手にとってみたものは、これまでに手にしたことがないような、
ちょっと想像してたのとは異なる外観、質感のカメラ。


ロゴは、ら、ライカ!?


・・・あの~、なんかすごくマニアックなブランドなんじゃないでしょうか?
なぜ、これを私に・・・?
しかも、そもそも、


「これは・・・デジイチってやつなんでしょうか・・・?」


「・・・さぁ・・・?」


「・・・・・・・・。」


素直に喜ばないと感じ悪いかな、と思いつつ、
でも、その真意を計りあぐねて戸惑っていると、ダンナから種明かし。


某マイレージが貯まっていたので、何か商品に替えようと思ったけど、
選択肢にこれ!という欲しいものが無くて、そういえばヨメが、いいカメラが欲しいと
言ってたな~、と見てみると、選べるカメラはこれだけだった。


ということだったらしい。


なんだ、マイレージね(^^;)
(マイレージで足りない分、一部自腹で)


「オレの、血と汗と涙の。」 ( ̄-  ̄ ) 


ですよね。ありがとうございます。(血?涙?)


「3年前のマイレージ。」


3年前か・・・
といえば、ダンナ赴任直前。

私もまだ会社勤めしていて、ダンナはしょっちゅう出張でいなくて、
5歳と2歳の子供と3人暮らしで、どこへでも3人乗り自転車(←本当は違法だったが)で
駆け回っていた頃。

一人で朝子供たちを保育園に連れて行き、
月曜ならば自分の荷物と、子供2人の荷物と、お布団袋と、子供2人とを全部自転車か
自分の肩に乗せて(しかも、雨が降った日にはもう・・・)保育園へ、
そして出勤し、そして一人で保育園から連れて帰り、
アメリカ向けの予防接種のため、ちょくちょく小児科へも通い、帰宅する頃はすっかり日も
暮れて・・・

みたいな、日々でしたわね・・・(遠い目)

そんな私の血と汗と涙もあってのマイレージだな、と自分的には解釈。


2009.9.23 010
ライカ D-Lux 4

で、これはデジタル一眼ではありませんでしたが、調べてみたら、コンパクトデジカメに
しては、突出した、いいお値段!

すごい、いいカメラなんじゃ~ん?とテンションアップ。(現金)

(その何割かはブランド料みたいですが)


しかし、何分カメラ関係の知識が全く無いもので、書き込まれているクチコミなどを見ても、
使われている用語自体が???状態(^^;)

とりあえず、「開放F2」??というのは素晴しいらしい。
「ライカらしい絵づくり」?
「繊細で諧調豊か」?

夜景に強い・・・それは意味分かる。それはいいな♪

機能をほとんど活かしきれない可能性大ですが ( ̄▽ ̄;)
とりあえず、これから色々撮影して楽しんでみたいと思います!


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
2009.09.27 撮ってみた
新しい相棒カメラ、デビューです。

本当に設定とかよく分からないので、本当に適当に撮っています。

しかも、どうやら、RAWという特定のモード(?)で撮って、Capture Oneという特定のソフトを
使うことで、このカメラの良さが出るらしいのですが、それも良く分からないので、
やっていません。

カメラ通の方から見たら、「この宝のもちぐされが・・・!」というところでしょうか(^^;)

それでも、普通に撮っただけでも、「キレイ!」と思いました。
それと、奥行きが出るような気がします。
L1000077.jpg

やってみたかった、”一箇所に焦点を合わせて、周りをボカす”
だけど、焦点を合わせるものが、すごく近くにないと、その背景はボケないですね?
少し離れたところに子供がいて、その子供に焦点を合わせて、その背景はボカす・・・
のがやりたいのですが、どうしてもできません。
望遠レンズをつければ、出来るんでしょうか?
L1000067.jpg

しとしと雨模様、空気もひんやりの午後。
最近、特に午後に雨が多く、急に気候も涼しくなってきました。



大地、待望のサッカー秋シーズン、スタートです。
2009.9.23 027

19時近く、日も暮れかかって薄暗いのに、こんなに撮れるなんて!
これは明らかに、これまで持っていたデジカメと違う!

兄のサッカーの練習や試合がとっくに始まっているのに、自分のサッカーは
なかなか始まらないので、「あと何回寝たら~?」「きいてみて~!」と
何度も質問・催促していた大地です。

大地のサッカークラブ、大地の年齢は、9月後半からのスタートでした。
嬉しくて、楽しくて、大はりきり!

こちらは、スポーツモードで撮影。
2009.9.23 041

こちらは夕焼けモード。
人物はぶれるけど、景色の色はこちらの方がやっぱりキレイなんだなぁ。
2009.9.23 039

ただし、このカメラ、レンズのキャップをいちいち手で外したり、つけたりしないと
いけません。
いつでもすぐ撮影できるように首から下げている間、キャップは外してレンズが
むき出しになっているので、いつのまにか、すぐに汚れがついてしまいます。
そのうちキズもつけてしまいそう・・・
小まめにフタの付け外しをしないといけないですね?

これまで、気軽に持ち歩いて、気軽にシャカシャカ撮っていたのに、
今度はちょっと勝手が違うので、常にそこが気になって、慣れない感じです。

2009.09.29 休養
たわいもない日記的メモです。


翼は前の晩から久しぶりに発熱し、金曜は学校を休んだ。

と言っても、朝には平熱の範囲まで下がっていたので、この日は様子見とゆったり
休養ということで。

L1000111.jpg

L1000116.jpg

リビングの床、ママのすぐそばに、枕とブランケットを持ってきて、寝転がる翼。

昨晩もリビングのすぐ側の床でシーツを敷いて寝ていた。
万が一、何か異変があってもすぐ私が気づけるように、大地の熱性痙攣以降の習慣。

それが嬉しいらしく、「今日は下で寝ていいよ」と言うと、グッタリモードだったのが、急に
起き上がって寝る準備を始めるほど。熱のない子まで、いそいそとシーツや枕や
ぬいぐるみを下に運んできて、準備を始める(^^;)

私が起きている間は、しょっちゅう様子を観察して、寝るときは添い寝。
熱の子の急な嘔吐や、「寒い」「暑い」に対応するため。
夜中に、「あつい」とモゾモゾし始めたので、熱が上がりきったんだな、と毛布を
外してやる。



翌朝、熱は下がった。ホッ。
殆ど大丈夫だろうと思いつつも、それでも万が一、酷いことになったり
したら・・・と0.1%心配で、緊張する。


翼、熱はないけど、、頭が痛い、と言う。


一時間後、

「もうなおった。」


そういえば、先日、


「しってる?頭いたいとき、どうやったら なおるでしょうか。」

「わからないな~。」

「水をのんだら、なおるんで~す。」

「へぇ~、先生か誰かが言ってたの?」

「ううん、やってみたら、わかった。」
(=頭が痛いときに水を飲んだら治ったので、そうなんだと分かった)


いいなぁ、子供は。(´∀`)
私がこの間、頭が痛い、と寝ていたことがあったので、教えてくれたのだろうか。


でも、今回は、水を飲まなくても、治ったらしい。



そろそろ、スクールバスが到着する頃、大地を出迎えるために外に出る翼。


「大地が帰ってくるの、楽しみなの?( ̄ー ̄)」


ニヤーっと笑って、うんうん、と頷く。


そういえば、大地が一人でスクールバスで帰宅するのは始めて。


私 「大地くん、降りる場所、ちゃんと分かるかねー」 とわざと言ってみると、


「分かるんだよ!
 だって、オレが大地くんのシートの横通るとき、もう降りてるもん!
 大地くん、分かってんだよ!!(⌒∇⌒)」

(バスでは学年ごとに座る場所がきまっていて、大地は前の方、翼は後ろの方。)



帰ってきた大地が、元気になった翼を見て、

「もう おねつ ないの~?」

私 「もう下がったよ。」

大地、ちょっと嬉しそうな顔をして言った。


「なんじに なおったの~?」(⌒∇⌒)




2009.09.30 画伯2号
以前、翼の”画伯”ぶりを紹介したことがありましたが、

弟の方もなかなかな絵を描くようになってきました。

補習校の運動会で、お面として使うために、「パンダ」「うさぎ」「コアラ」の絵を
描いた大地くん。



Q.この3枚の絵のうち、どれが「パンダ」で、どれが「うさぎ」で、どれが
  「コアラ」でしょうか?

2009.9.23 0132009.9.23 0142009.9.23 015


答え:

コピー ~ 2009.9.23 013
パンダ

コピー ~ 2009.9.23 014
うさぎ

コピー ~ 2009.9.23 015
コアラ


( ̄▽ ̄;)

ま、いいけどね・・・

表情は可愛いよね。味があって。
みんな、左下を見ているのが特徴だね。


ところで、どうやっても発音できない 「す」 に 「○」。
ムズムズする~( ̄∇ ̄)


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。