上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカに来て、もう3回目のハロウィンを迎えました。

大地は、何ヶ月も前から、「オクトーバー、サーティーワンス(←31st)、ハロウィン!」
と楽しみしていました。

今年は、翼と同じサッカークラブのお友達、J君、N君と一緒で、これまでに増して
とーっても楽しいハロウィンになりました。

J君とN君はご近所同士。
補習校を終えて駆けつけた翼と大地、J君とそのお姉ちゃん、N君とその弟を、
まずN君のママが、教会で行われるハロウィンイベントに連れて行ってくれました。
ゲームをしたり、ピザを食べたり、お菓子をもらったり、風船職人がいたりしたらしいです。

帰ってきた子供たち、しばらく遊んで、薄暗くなるのを待ち、いよいよコスチュームを
装着して、お待ちかねの練り歩きスタートです!

2009.10.31 059
黒いオバケの翼、騎士はJ君、道路を渡って来るスターウォーズはN君(^m^)

本番直前になってコスチュームを拒否した大地。相変わらずのひねくれ者。
昨日は”白いオバケ”を着て、喜んでたのにね。
(新たに購入したものではなく、翼のお下がりだから、まぁいいけど)

ここからは、私が大人代表として付き添うことにします。


狙うは、ハロウィンの飾りつけがあり、ちゃんと玄関先が明るくなっているお家。
ハロウィンに参加してるよ、という記しです。
アメリカだからといって、全世帯がハロウィン!という訳でもなく、今日回った感じでは
どうだろう・・・50%か、それ以下か、というくらいの参加率でした。
2009.10.31 062
大興奮で、玄関先に走って向かう子供たち。

「Trick or Treat!」 の可愛い声が響きます。


次のお宅から、次のお宅へと。
2009.10.31 063

翼と大地、2人で共用のハロウィン用のかぼちゃバスケットは、あっという間に一杯になって
しまい、ポリ袋に中身をうつしながら、どんどんお菓子を集め回ります。

お菓子をもらった途端、また次の明かりのついた家目掛けて走り出すので(特に大地)、
「走るなーー!」を連発しながら、お菓子のたっぷり入ったポリ袋を提げ、必死で追いかけつつ、
撮影。


J君のお姉ちゃんも一緒。
しっかり者で、道順などをちゃんと考えて先導してくれたので、助かりました。
2009.10.31 069

「Trick or Treat!」
2009.10.31 071

よし、次の家!
2009.10.31 086

日もとっぷり暮れてきました。
2009.10.31 083

他のグループと遭遇。
2009.10.31 085

「Trick or Treat!」
こら、仲間を待ちなさい、翼。
2009.10.31 077

ノリノリな家では、玄関先やガレージ前のスペースに、イスと小テーブルを持ち出し、
コスチュームを着た大人たちが座って、子供たちを待ち構えていてくれ、「How are you?」
「Happy Holloween!」などと話しかけながら、お菓子を渡してくれます。


見かけたハロウィン飾りの一部。
2009.10.31 074
2009.10.31 080

蜘蛛の巣や、ガイコツ系が多いです。
ハロウィンとはSpooky(気味悪い)なものなのです。

Trick or Treatを迎える方も、仮装をしている場合があって面白いです。(^m^)
2009.10.31 081

こちらの庭にはお墓が。
2009.10.31 090
墓石には、"Rest in Pieces" と。

暗くて分かりにくいですが、こちらの玄関先には、箱が。
2009.10.31 093
子供たちがお菓子をもらっていると、いきなり箱がガタガタ揺れて、子供たち、ギョッ!
中の人、ご苦労様です。(^^)

玄関先に、人を感知すると、不気味な音や声が出るオモチャを置いている家もあります。

本当の火のトーチライトに、事件現場立入り禁止のテープ。
2009.10.31 092

庭先にジェーソン(?)が立ち、無言で腕を動かして、訪れた人達を玄関に誘導してます(^m^)
2009.10.31 095
ニセモノだと分かっていても、子供たち、内心、ちょっとビビっているのが見えて
可笑しい(⌒∇⌒)

ヒェ~!!!
2009.10.31 098

「これ、本物なんだよ~」( ̄ー ̄) と楽しそうに言うご主人らしきオジサン。

翼、ヘビを叩いて、「本物じゃないよ~」

もう一本の木も、腕と足がいっぱいぶら下がってました。( ̄∇ ̄)


1時間以上は回ったでしょうか。
そろそろ帰って、J君の家でお菓子のトレードをしよう!ということになり、J君の家へ
駆け込んで行く子どもたち。

2009.10.31 104
ほとんど埒があいてない分類と交換作業( ̄∇ ̄)

キリがないので強制終了で引き上げることにしましたが、まぁ、それはそれは、
ほんっっとう~に楽しそうなハロウィンでした。
誘ってくれたJ君のママに感謝です。

(ちなみにJ君家は8人子供がおり、8人の子供を連れて、中近東やアゼルバイジャン
でも生活経験があるという( ̄∇ ̄) 成長して次々と家を出て、今同居している子供は4人
だそうですが、すごすぎて、”子供が2人いて、アメリカ赴任になって大変”・・・なんて、もし思って
たとしても、言えなくなりますね(^^;))


お菓子会社とパーティーグッズ会社のプロモーションにはめられている気も
しなくはないですが、一年に一度、扮装をした可愛い子供たちが練り歩き、
大人も子供も沢山の笑顔があって、楽しげな声が飛び交うこの特殊な夜は、
確かに私も楽しく、幸せな気分になります。

アメリカで過ごすハロウィンも、あと何回かな・・・と思い、この日のことをしっかり
残しておきたくて、写真多めで記事にしてみました。


ちなみに、我が家の方では、ダンナが待機し、子供たちへの応対をしました。
大抵、ハロウィン用デザインのチョコレート菓子を大袋で買って、数個ずつ
あげるのですが、訪ねてきたのは20人くらいだったそうです。
結局いつもその位で、お菓子が余ってしまいます(^^;)


集めたお菓子も、1年間これで十分、という量を確保しても、まだ余りある量。
そんなお菓子を受け付けてくれる”Holloween Candy Buy Back”というプログラムが
あると聞いたので、今年はそれを試してみようかと思ってます。


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
(大地5歳9ヶ月 習い始めて1年と10ヶ月)

大地のバイオリン関係で、ハロウィンのイベントがあったので参加してみました。
そういえば、去年もバイオリンのハロウィンイベントに参加しましたが、あれは、当時レッスンを
受けていた先生が教えていた、ヒューストンにある学区のイベントでした。
(学区によっては、バイオリンのレッスンが受けられます。うちの学区にはありません。)

今回は、Houston Area Suzuki Strings Association 主催の ”Spooky Suzuki"というイベントです。

翼のピアノレッスンもあったので、運転手として走り回りました~。

17:00前 我が家出発 → 17:45 ピアノ先生宅に翼を下ろして出発
→ 18:30 会場着

翼のお迎えは、ダンナに仕事を早めに切り上げてもらい。
このハイウェイのどこかで、ダンナの車とすれ違ったはず。
(のろのろ運転中。空がきれいだった。)
2009.10.31 012

大地は車の中で夕食弁当。


イベントの衣装は、スズキの練習曲のテーマに関連したものを、という指定でした。

「Long Long Ago」から、中世風の衣装、とか、「Happy Farmer」から、農夫の衣装、とか。

まぁ、衣装が思いつく曲は限られてるんですが、案の定、”衣装は着たくない”と、とりあえず
ゴネる大地に、先生から 

「キラキラ星はどう?シャツに星をつけて、下はジーパンでいいから。○○君も、そうすると思うよ。」 

と提案があり、なんとか納得した大地。

当日、星シールを一杯貼り付けたシャツを見つけると、喜んでましたけど。( ̄∇ ̄)


ところで、練習曲の一つである「Lightly Row」 は 「ちょうちょう」 なので、蝶のコスチュームも
ありだな、と思い、先生に話してみると、先生は「Lightly Row」が日本では「ちょうちょう」と歌われて
いることをご存知なかった。

教本は、日本語と英語で併記されており、以前、日本人の生徒も一人いたとか、学生時代に
日本に演奏旅行をしに行ったこともあると聞いていたので、てっきり知っているもの
と思っていました。

そこでついでに、「Go Tell Aunt Rhody」は、日本では「むすんでひらいて」という、誰でも知っている
子供向けの手遊び歌なのだ、と話すと、

”それは非常に面白い” と。

なんと、アメリカで歌われる「Go Tell Aunt Rhody」の歌詞は、

「ガチョウが死んじゃったことをローディーおばさんに知らせに行って・・・
雛たちがワンワン泣いてるよ、お母さんガチョウが死んじゃって・・・」

と、延々ガチョウの死について歌う歌なのです。

で、先生、


「それで、(手遊びは分かったけど)日本語の歌詞ではなんて言ってるの?」


「いや、えっと・・・歌詞の意味、というか、手遊びの仕方をただ歌ってるだけで・・・」


むすんで、ひらいて、手を打って、むすんで・・・
”そういう動きをする” ということを、ただ歌ってるだけなんです

とっさのことで、英語で説明するのに、しどろもどろ。理解してもらえたかしら。(^^;)

バイオリンで習うまで、「ちょうちょう」も「むすんでひらいて」も、てっきり日本オリジナルの
唱歌とばかり思ってました。「むすんでひらいて」の作曲者は、あの思想家のルソーなんですねぇ・・・


2009.10.31 014

ヒューストンエリア全体のイベントにしては、意外に参加人数が少なく、小規模なイベントでした。

バイオリンだけでなく、ビオラ、チェロを習っている子たちも、全員でステージに上がり、
自分の弾ける曲のときに立ち上がって演奏します。
 
2009.10.31 036

この1年で、何度も”人前で演奏する”ということを経験してきた大地、慣れてきたのと、
もちろん年齢的な成長もあるのでしょう、”グズって拒否する”ということもなく、サッサと
ステージに上がり、堂々と演奏してます(^^)


合間には、チェロの先生による”ハロウィン版ミニ・レッスン”?

Spooky な音を出す方法 です。



”トレモロ””コレーニョ”(←初めて聞きました。日本でもこう言うんでしょうか、検索しても
よく分かりませんが ⇒”コル・レーニョ”とコメントをいただきました) ”Gマイナー”

大地には全く初めてのことばかりですが、なんとか見真似、聞き真似で、頑張って
ついていこうとしてます(^m^)
肘を膝に乗せたままの横着者は、大地だけですけどね( ̄∇ ̄)


練習曲のどれかに関係ある衣装、と言われていた割りに、他の子達を見てみると、
何をモチーフにしたのか、よく分からないものも。

「ハチ」に関連した曲ってありましたっけ?

後ろの列の赤と黒のビオラ君は、「ニンジャ」らしいです・・・なぜ?
「Long Long Ago」から? Suzuki = 日本 = ニンジャ?

先生方には、非常にウケてました。
 
2009.10.31 026

イベント終了後、バイオリンを片付けるや否や、あっという間に駆け出し、入り口前の
”お菓子袋置き場”へ一目散の大地。

この目的があったから、頑張ったのか(^^;)


こうやって、組織的に色々なイベントがある大地と、何の組織でもない個人の先生に
習っているため全くイベントのない翼、

何かあるたびに、翼が大地に「ずるい!!」とゴネるので、少々面倒なときはあります(^^;)

持ち運びできる楽器と、できない楽器、という違いもありますけど。

この日も、もらったお菓子は、折半ということで説得。


帰宅したのは21:00前でした。

私もお疲れさま。


*************************

ところで、ハロウィン関係でたまりまくったキャンディー類。
こちらの”Halloween Candy Buy Back”というプログラムで、1ポンドあたり$1で
引き取ってもらえます。
http://www.halloweencandybuyback.com/

最寄の会場(歯医者さんが多いのかな)を検索して探し、受付日時を電話で
確認し、ただ持って行くだけです。
受付期間は、ハロウィン後の月曜一日だけ(私が持って行ったところは、そうだった)
というところが多かったようですが、一週間受け付けているところもあるとか。

子供たちも、お金と交換できると聞くとすんなり同意し、一年分これで十分と
思える量を私が指定して、好きなものを選ばせた後、残りを全部持って行き
$8になりました。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
1ヶ月程前に、我が家に新しいメンバーが加わりました。

2009.10.31 008

2羽のインコです。

何かペットが飼いたくて、しょうがなかった子供たちの、念願をかなえてやることに
しました。


ただし、鳥は日本に連れて行くことはできません。
数年後にはお別れしなくてはならないことを言い聞かせた上で、買いに行きました。


翼が黄色いインコを選び、命名「ゴールド」ちゃん。(推定メス)

大地が白いインコを選び、 命名「ブロンド」ちゃん。(オス)

「ブロンド」は、頭のところの毛が一部、黄色くなっているから、らしい。


ネーミングセンスが、相変わらず・・・・



健診のために、獣医さんに連れて行ったのですが、「鳥の名前は?」と聞かれて、
一瞬 「え?」

鳥の種類としての名前か、と思いましたが、本当に”呼び名”を聞かれているのでした。


ちょっと恥ずかしくなりながら、「ゴールド と ブロンド です・・・」 と答えると、
ちゃんとその名前で、カルテが作成されました。( ̄∇ ̄)


やって来た当初は、全く、動かず泣かず食べずで、心配になりましたが、今では
エサをモリモリ食べ、よく鳴き、特に大地がバイオリンを弾くと、チュルチュル♪と
ご機嫌で歌い出すのが可愛い。


ゴールドは、警戒心が強いけど、結構気は強い(たぶん)女の子、
ブロンドは、冒険心があるけど、どっちかというと優しい男の子、かな。
ちゃんとキャラクターがあるのね。面白い。


人が近づくと、サッと身構え、目をそらします。
絶対にこちらと目を合わせようとしません。

人がいないと思うと、安心してオモチャをつついて遊んでたりするのに、
人の気配に気づくと、さっと動きを止めて、 ”遊んでなんかいませんけど” みたいな表情。
その演技が地味におかしくて、観察しちゃいます(^m^)


*************************

風邪をひいちまいました~

結構しんどい風邪で、弁当がずっと作れず、がっかりする翼

(「学校の美味しくない。ママのが美味しい。」と言ってくれる(T T)

と、学校のランチが買える、と喜ぶ大地。( ̄∇ ̄)


風邪が流行ってるみたいです。皆さんもお気をつけて。





ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
毎週土曜日。

大地のサッカー。
2009.10.27 065

サッカー場は、家の割と近く。
補習校と掛け持ちです。


毎週日曜日。

翼のサッカー。
2009.10.18 006

会場はウッドランズ(Woodlands)という町。
家からたっぷり一時間はかかります。 ( ̄∇ ̄)
今シーズンの後半、5週は全てこの会場なので、毎週末、ちょっとした小旅行です。


2009.10.18 029

やっぱり、チーム内では、身体能力、スキルで劣っている翼・・・
足腰がいまいち弱い。ダッシュ力に欠ける。
どうしたらいいのだろう・・・とダンナが思案しています。

四股踏ませてみる・・・とか?

少し前には、シュートのキック力を強化するために、テコンドー練習用のキックマット(?)を
ダンナが買ってきました(^^;)
パパトレーナーと”蹴り”の練習。
そのかいあってか、最近シュートは割と強く蹴れるようになったようですが。

本当に、サッカー選手になれるんだろうか?



Woodlandsは、計画的に開発されたという感じの、キレイな街。
これまで一度も行ったことがなかったので、ちょうどいい機会と、大きなモールを
散策してみました。

モール内に池や水路があり、水上バスが走っています。
2009.10.27 075

2009.10.27 076

2009.10.27 079

・・・と、これらは、先々週のことでした。

今週末はダンナ一人で子供たちを連れて行ってもらい、私は家でせっせとある作業を・・・


大地が「今週のスター」(Star of the week) になりまして。

アメリカの学校の主に低学年で行われるメジャーな企画のようで、
クラスで毎週一人ずつ、誰かが選ばれ、その一週間はその子が「スター」として
フィーチャーされるんですが、金曜にその連絡のお便りが親に来て、次の月曜日に
子供の写真(家族や、好きなもの、趣味、ペットetc)などを貼った”ポスター”を作って
持っていく決まりになっています。
(もちろん、子供たちにも是非手伝わせてください、とは書いてある)


ポスターは、教室の「Star of the week」掲示板に堂々と貼られる訳ですが、
その際に、子供は自分のことについて、その年齢なりのプレゼンをするらしい。

どうやら、その”プレゼン”をさせる、ということが一番の目的らしく、「今週のスター」と
子供たちを持ち上げて喜ばせるのも、親にポスター作りをさせるのも、そのための”きっかけ”で
あるらしい。

学校によっては、「スター」の子には、何か特権が与えられて特別扱いされる
こともあるようですが、大地に聞くと、このクラスではとくにそういう特権はないらしい。

それでも、以前から「スター」になりたくて、しょうがなかった大地。

もう、「スター」になることが決まった金曜日から、口を開けば、話題はこのことばかり。

”いつ写真をプリントするんだ”とか、”いつボードを買いに行くんだ”とか、
勝手に写真を持ち出して紙の上に並べて”貼ってもいいか”と聞いてきたり、
先生からのお便りをなんどもパパに見せてみたり (^^;)


日曜日、子供たちのいない間に、ポスター用紙に飾りつけしたり、レタリングしたり、
写真を選んで現像しに行ったりして、チマチマと作業をし、帰ってきた大地と一緒に
写真を貼り付け、ちょっとした見出しを付けて、ポスター完成。


それをまぁ、嬉しそうに、夜寝るまで、しょっちゅう眺めていた大地でした。
なんなんでしょう、ちょっとナルシスト? (^^;)
今週一週間、学校がさらに楽しかろ、な大地です。


翼によると、3年生からは、この企画はなくなるらしい。

「2年生まで、Star of the week できる~」 (⌒∇⌒) 

と楽しみにする大地とは対照的に、

「Star of the week もう無くて よかった~」 (⌒∇⌒) (←面倒くさいらしい)

と喜ぶ翼でした。





ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。