上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、ある役割を担うことになり、忙しかったり、基本的にテンションが上がらず、
更新もサボっております。


作業をするのは別にいいんですが、自分の都合しか考えない、自分の責務は果たさずに要求はする、
理不尽なクレーマーは嫌いです。
自分は、そういうことに対する沸点が割りと低いかもしれないので、けっこうイライラが
募りがちです。

でも、しばらく続くことなので、ずっと引きずってもしょうがない。
うまく発散して、乗り切っていこう。



そんなときに、私が見たくなる動画です。


単純に微笑ましくて、なぜか元気が出るんです。




ものすごい再生回数になってますね。

このキャラクターももちろんいいんですが、後ろでただ音楽を鳴らしている(?)子と、
音楽に入り込んでいる2人と、この関係性というか、“あぁ~、いい仲間を見つけたんだな~”
というか、仲間っていいな、というか。





こちらは、ただただ、日本のアニメソングを車中で熱唱する外国人。
場所も日本ではなさそうだし、一体何者なのか、どういう経緯なのか、謎だらけの中、
とにかくその楽しそうな様子になぜか癒される。
ノリノリで歌いながらも、基本的には安全運転志向が伺えるところにも、
またなぜか癒される(^^)

(以前、ニコ動で見たときも、その辺のコメントが面白かった(^m^)
 今は、ニコ動では見つからなかったんだけど、ないのかな?)
 

“絶対イイヤツだろう”というオーラが滲み出ている(^^)


彼らにも、悩みや苦労はあるはずだけど。
こんな風に、時にはおバカに、楽しむ心を持ち続けたいな、人をも楽しませられたらいいな、
などと思うのです。




ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
4月中旬、子供の学校が半日で終わり、その翌日は学校が休みという日がありました。

(祝日でも何でもないのに、学校区で決められた休みの日がある。日本人からすると不思議。)


ちょうど、バイオリンのレッスンもまだ再開されていないし、ピアノのレッスンもたまたま休み。
珍しいまるまるフリーな一日半、何もしないのはもったいない、ちょっと気分を変えてプチ旅行にでも
出かけてみたいなぁ、と思いたち、子供たちを連れて、西へ向いました。


実はダンナは出張中。
私と子供たち、初の3人ドライブ旅行です。
運転手は私一人、万が一道に迷っても(ナビはあるが、ケチって中の地図は古いまま)、ハプニングが
発生しても、大人は私一人、ということで、内心ドキドキですが、

夏には、私と子供でフォートワースまで車で行かねばらないという予定が控えています。

オースティン(2時間半)にも行けないのでは、フォートワース(4時間半)までも行けるわけがない、
と自分を奮い立たせてみました。


2010.04.016 001

ずっとこんな風景。

2010.04.016 002



2時間程、走り続けて辿りついた旅の目的地の一つ。
(無事に着いたよ、ホッ。)

ロックハート(Lockhart)という小さな町です。

ピンと来た方、いらっしゃるでしょうか。
以前、バーべキューの記事で紹介したことのある、テキサスBBQの本場と言われているらしい町です。

紹介したからには、一度実際に行ってみたいものと思っていましたが、やっとチャンスがきました。


2010.04.016 004


中でも有名店は3軒ほどあるようですが、こちらも以前紹介したテキサスBBQ食べ歩きブログを参考に、
5つ星のついている2軒の中から、適当に1軒を選んで行ってみました。

2010.04.016 005

Smittys Market

2010.04.016 039


どこが正式な入り口かよく分からず、ちょっとドキドキしながら一つのドアを開けてみると、
ドーンと古めかしい廊下が。
こ、ここでいいのかしら?

2010.04.016 036


ベンチにただ座っている人達の間をドキドキしながら通り抜けてみると、火が燃えている
暖炉のようなものがあり(熱が伝わってくる)、


2010.04.016 035



カウンターがありました。

ここで注文すると、壁伝いのピットから焼けた肉を取り出して、その場でカットしてくれるようです。
メニューは、肉の種類と、ポンドあたりの値段が書いてあるだけ。

どう注文したらよいのか戸惑ってしまいましたが、「ブリスケット ○枚 (slices)」とか、
「ボークリブ ○切れ (pieces)」などと言えばいいようです。

2010.04.016 007


カットされた肉は、ドンと紙に乗せて、ワシワシと包まれるだけ。

2010.04.016 009

会計をここで済ませて、奥のテーブルのあるスペースへ入ります。

ピクルスやオニオンなどの無料の付け合せは、このカウンターに置いてあります。
サラダ(コールスロー、ポテトサラダ)は有料。飲み物もここで買います。

2010.04.016 014

席に着いて、さぁ、食べよう・・・と思ったら、パンはどこ?
あ、さっきのレジのところにあったのね。またレジに戻ってパンを数枚もらってきます。

さぁ~、食べよ~ ・・・って、あれ、今度はフォークが無いよ?


周りの人は・・・?と見ると、皆、手掴み。
そっか、テキサスBBQにフォークやナイフなんて、邪道なのでしたね。私も、まだまだでした。


2010.04.016 011



手が油やソースでギトギトになるのも、そんなの関係ネェ!

手で持ち、パンにはさんで、大口開けて、かぶりつくのだ~!!

2010.04.016 027

あむぅ~!!
2010.04.016 028



ブリスケット。ふむふむ。
基本的には、Woody’sと似たような感じだ。柔らかくてスモーキー。
ちょっと端の方が乾燥しちゃったのか、固くなってるけど。
ソースはなく、塩気のみ。シンプルも良い。

2010.04.016 020

ずっとこればかり食べてると、塩気が段々きつい気が。
ポークリブいってみよう。

2010.04.016 024

おー、柔らかい。ホロホロ。
しかも、こちらは、甘い。
ジャムをベースにしたソースを塗って焼いたような?これはこれで、旨い。
Salt Lickのポークは、柔らかいけどもっとブリッとしてた。あれもよかった。

このポークばかりだと甘ったるいし、ブリスケットと交互に食べるのがいいな。

それでは、こちらのグルメ評論家の感想を聞いてみましょう。

2010.04.016 031

これまでに行ったBBQ屋さんの中で、ここは何番ですか?

「一番! なんで前、オースティン行ったとき(←Salt Lickのことか?オースティンではない)、
 ここに来なかったの!!」


そんなに好評価!

なんと翼、ちょっと頼みすぎたかな、と思った量のお肉の半分以上?もの凄い勢いで、
食べまくり、3人でこれらをほぼ完食ました!(@@)

2010.04.016 030

テキサスの片田舎。
テレビの音が響く店内。
午後5時ごろ、早めの夕食を食べにきたポリスなど、パラパラと地元の人らしきお客がいるだけ。
多分、ちょっと浮いているであろうアジア人の母と子供。(^^;)

でも、レジの方では、BBQのテイクアウトを買いに来る人達が、ちょくちょく見られました。



食事を終えて、さっきの廊下に出てみました。
先ほど座っていた男性達が、まだそのまま座っていました。
思い切って、聞いてみました。

2010.04.016 032

「あの、ここで何してるんでしょうか?(^^)」

「Watching.」(⌒∇⌒)

「(´∀`) 私のブログに写真を載せてもいいですか?日本の人に紹介したいんです(なんちゃって)」

「どうぞどうぞ。なら、是非、彼も載せてやって。日本人のクォーターだよ。」


2010.04.016 033

あら、そうなんですか!


で、あなたは何を・・・?

「Just hanging around!」(⌒∇⌒)


(´∀`)


店の人でもなく、ただの近所のお友達らしいです。

自分はこの町で育ったが、祖父が軍関係者で日本にいたので、父は日本生まれなのだと。
日本語は少しだけ知っていると。
ということは、おばあさんが日本人か。

いやぁ、こんなテキサスの片田舎の小さな町に。今もご健在なのだろうか。
どのような人生だったのだろう、と興味が沸いてしまうのですが、初対面の彼に
どこまで好奇心で聞いていいものかと思い、子供たちもいるし、その程度の会話で切り上げました。

2010.04.016 034

壁には古い写真コーナーが。

先ほどの恰幅のいい白エプロンの男性が、こちらに来て、写真の説明をしてくれました。

これが父、母、この小さい男の子が私。

 “こんなに小さくて可愛いかったのね(^m^)”

代々、ここのオーナーだったのね。



まだ数軒しかBBQの食べ歩きをしていませんが、大体、傾向が分かりました。
あ~、こういう感じね、と。
私からすると、ある一定のレベルになると、あとはそれほど変わりはなく、あとは、
ソースだとか、焼け具合だとか、好みの問題ですね。

でも、今回、ここまで来てみて思いました。

このBBQを食べるのに2時間かける価値があるかどうかと考えるよりも、ここまで来て食べた
ということに価値があるのかも、なんて。

ここまでの道程、町、店の雰囲気、空気、使い込まれたレンガと炎のBBQピット。

(ただし、最近あるBBQのチェーンレストランに行ってみましたが、あのレベルだったら、
2時間のドライブなんてとんでもないです。やっぱり、美味しいと言われる店のBBQは、
美味しいんだなぁ、(←なんちゅう文章) と実感したのです。)


もし、コアなテキサスを経験してみたい、という日本からの来客がいたら、こんな所に連れてきて
あげるのもいいかな、と思いました。
(そんな人は珍しいでしょうが)


全然関係ないけど、店の隣は、またえらくクラシックな、スポーツジム?

2010.04.016 040


満腹の3人、これからさらに、田舎道を西へと進みます。

2010.04.016 041




ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
テキサスBBQのキャピタルと言われる町で、BBQをたらふく堪能し、さらに西へ向かった私たちは、
テキサス州のキャピタル(州都)、オースティンに入りました。


実は、私の目論見では、まずオースティンのダウンタウンまで行き、そこで夕日と
コウモリの大群が見られるクルーズに乗りたかったのですが、なんと生憎の大雨。

さらにもっと時間があれば、あるいは翌日の午前中に再びダウンタウンに行って、
有名な大きな公園で子供を遊ばせたり、博物館にも行ってみようか、などと思っていたのに、
どうせ公園もべちゃべちゃかな~、と思い、結局、ダウンタウンには足を踏み入れず、
この郊外のホテル止まりで、の~んびりすることにしました。


こんなこともあろうかと、割といいホテルをとってあります(^m^)
私も快適にリフレッシュしたいし、きれいなプールもある♪


2010.04.016 046

子供たちにはサービスでこんなものがもらえました♪

実は(また例のごとく)、「遠いから行きたくない!」「なんで行かなきゃいけないの!」
と出発前からブーブー言っていた大地も、もうこれでご機嫌!
“来てよかったな~” てなもんです。


この後、プールに子供たちを放流。

ガラス張りの屋内プールは、温水タブもあり、しかも他に人がおらず貸切状態です。( ̄ー ̄) 

特に遊び道具は持参していなかったけれど、長い発砲スチロールの棒
(名前なんだったっけ?こちらではよく見かける水遊びのアイテム)
がいくつも置いてあったので、それを使って、水に入ってみたり、お湯に入ってみたりしながら、
大はしゃぎで遊びまくり。

私は、「ママ、入らないの~?」と言われながらも、チェアに座ってのんびり観察。
年の近い兄弟は、こういうときは楽だ。遊べ、遊べ~。



さんざん遊んだ後(私が切り上げさせなければ、もっといつまでも遊んでいそう)、なんと

「夕ご飯は~?」

と聞いてくる子供たち。

また食べるの!? ( ̄□ ̄;) 
さっき(夕方)、あれだけBBQ食ったのに!!


2010.04.016 050
2010.04.016 052

ホテルのレストランで、キッズメニュー。(なかなか良かった)
私は何も注文せず。
お子様たち、どうぞ食べてください・・・



部屋にもどって、シャワーの後は、ベッドに入って、持参した絵本を読みます。

今日は、ゆったりと時間も気にせず、沢山読んであげるよ~。
両側からすり寄って密着してくる子供たちです。


子供たちの目蓋がもう限界になってきた頃、絵本タイム終了。
満足かな?



子供たちが寝入ったのを見計らって、もう一つのベッドに移動し、フカフカの気持ちいい
寝具に包まれて、心ゆくまで読書なぞ。


“全て自分の思い通りに行動できる、子供と私だけの3人旅行も、なかなかいいかも( ̄ー ̄) ”


たまにはね。

あ、でも、やっぱり思い出はダンナも一緒に共有したいので、基本は一緒がいいんですよ~ん。
(フォロー、フォロー)


快適で、気分的に贅沢な一晩でした~。


********************************

ところで、このようなホテルの様子を見て、“贅沢だな~”“余裕あるな~”と
思われた方がいるかもしれませんが(?)、実は今回、正規料金では泊まっていません。

私がよく利用する、ある方法があるのです。

お友達との話の中でも、たまにこの話をすると、皆さんご存知ないようで、「是非教えてほしい」と
言われることがよくあるので、次回、ご紹介したいと思います。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
今回は、私がよく利用している、“ホテルに安く泊まる方法”をご紹介します。


それは、「プライスライン」 というサイトです。


“逆オークションサイト” と言われるもののようですが、こちらが希望の価格を入れ、
その価格でOKですよ、というホテルが見つかれば、”落札”となり、通常と同じように宿泊できる
というものです。



ただし、いくつか条件はあります。


一番のリスクは、“キャンセルはできない” ということでしょう。

 
条件を入力して、ホテルが見つかった時点で、自動的にその金額が引き落とされます。
宿泊しようが、しまいが、金額は戻ってきません。

(ただ、成約後の画面で、キャンセル保険を、別途料金のオプションでつけることは出来ます。
が、私が参考にした他の方のサイトによると、この保険は全く意味がない、と書かれています。
どう“意味がない”のかは分かりませんが、私も一度もこの保険を利用したことがないので、
詳しいことが分かりません)



そして、 “ホテルは指定できない”

エリアとカテゴリーは指定できますが、どのホテルに泊まることになるかは、
成約するまで分かりません。


“部屋のタイプの指定はできない”

当日、ホテルに行ってみないと、1キングベッドの部屋になるか、2ダブルベッドの部屋になるか、
分かりません。
夫婦2人なら、どちらでもいいですが、4人家族での宿泊だと、2ダブルベッドないと困ります。

が、これまでのところ、2つベッドの部屋に泊まれなかったことはありません
チェックインの時に申し込めば、ちゃんと2ダブルベッドの部屋に泊まれています。
(もちろん、事前に電話して申し込んでおけば確実・安心でしょう。私はやってないけど(^^;))




では、実際にどうやって落札する(こちらが落札される?)かを、私がいつもやっている
方法で説明します。


まず、「プライスライン」 のサイトを開きます。

最初に、sign in → register で自分の情報を登録しておけば、後々楽です。



トップページに “flights” “hotels” “cars“ などのタブがあるので、その中の
“hotels” を開きます。


謎のオッサンの写真がありますが(イメージキャラクター?)、その頭の上にある、
“Name your own price” をクリックします。

“Name your own price for hotels“ という入力画面が出てきます。
そこに、泊まりたい街と、日程を入力し、“bid now”をクリックします。


いくつかのエリアが○で囲まれ番号のついた地図が出てきます。

ここから、泊まりたいエリアを選択し、泊まりたいホテルのレベルも選び
(☆エコノミー ~ ☆☆☆☆デラックス まで)、希望価格を入力する訳ですが、
さて、ここで何も情報が無ければ、一体、どのあたりを選べばいいのか、どの程度の金額を
入力すればいいのか、戸惑ってしまいます。



そこで、参考になるのが、こちらの掲示板サイトです。
BiddingForTravel.com


ここには、主要な街ごとに、いくらで、どのホテルを落札できたか、という情報が
寄せられています。


例えば、USA Hotels のリストから、Texas Austin のページを開いてみると、

4* Austin Downtown AT&T Hotel and Conference Center $95 5/9-5/13

などと一覧が出てきます。

4つ星のカテゴリーの AT&T Hotel and Conference Center を、一泊$95で予約できた 
ということです。
(ちなみに正規料金は$199)


これらをざっと眺めると、4つ星とされているホテルはどのあたりか、3.5星は、3つ星は・・・
と、大体のレベル分けと、落札できる金額の見当がつきます。

それぞれの投稿をクリックしてみれば、
「1回目は○$で入れてみたけどダメで、2回目に○$で落札できた」などの
さらに詳しい情報が分かります。


それらをもとに、「今回は街の中心に近い所で、ちょっといいホテルに泊まりたいな」などの
漠然としていた希望から、「3.5星のホテルを狙おうかな」」などの具体的な希望にしていきます。



先ほどのプライスラインの地図の画面を見てみます。

Step1に、Austinであれば、10個のエリアが提示されています。

チェック欄に一つずつチェックを入れていくと、その場所が地図で示され、またその下の
Step2に、選択可能なホテルのレベルが表示されます。

一つチェックしては、またチェックを外し、次のエリアにチェックを入れて、一つずつ
見ていきます。


すると、Austin で、“街の中心に近くて、3.5星以上のホテルが選択できる”エリアは、
1のAustin Arboretum と、8のDowntown Austin の2つのみであることが分かります。

(他のエリアは、3つ星までのホテルしかない、あるいは、中心地から遠め)


さぁ、大体固まってきました。


再び、掲示板に戻って、あたらためて、希望エリアの希望レベルのホテルの落札実績の傾向を
じっくり見て、入力するべき金額を絞っていきます。


同じホテルであっても、落札価格がまちまちです。

実績のある中での最低価格でいけば確実に落札できるんじゃないか、と思われるかもしれませんが、
(詳しい仕組みはよく分からないのですが)タイミングによるのか、そうでもありません。


一度入力した金額で落札できるホテルがなく拒否されてしまうと、それから72時間経たないと、
同じエリア、ホテルレベルでの次のbidができません。

それがちょっとまだるっこしいので、私は少し余裕を持たせた金額を入力してしまいます。
それでも、目標は正規料金の4割以下、妥協して5割、最悪でも(!)6割は超えない
程度の金額を目安としています。



落札をするまで、どのホテルが出てくるかは分からないのですが、この掲示板の情報が
大体の傾向ですので、実際にどのようなホテルなのか、他の宿泊予約サイト(travelocityなど)で、
クチコミを見てみたり、ホテルの情報や写真を見てみたりして、それらのホテルに決まっても
大丈夫と思えるかどうか、や、正規料金もチェックしてみたりします。


(travelocityなどのクチコミを見ていると、総評としては割りと評判が良くても、
少数派の意見として “サービスが最悪だった” とか “汚かった” ”変な匂いがした“ 
“もう2度とここには泊まりたくない” などの酷評が混ざっていることが殆どです。

こういう意見を見てしまうと気になってしまいますが、私の経験上は、あまり気にしなくて大丈夫です。

前回の記事で書いたホテルにも、このような酷評が一部ありましたが、実際に宿泊してみて、
それらに該当するようなことは全く経験しませんでした。大多数が良い評価をしているなら、
それを信用していいと思います。)



さて、大体のホテルの傾向も分かり、金額も決まったら、いよいよbidです。


プライスラインの画面に戻り、エリアを選択し、ホテルのレベルを選び、
Step3のName your own price の欄に、希望金額を入れ、

(入力した金額が安すぎると 「Based on recent data, your price has almost
 no chance of being accepted. 」と表示されるので、
 この表示が消えるくらいまでは金額を上げる必要があります。)

Reservation Name欄に名前を入れたら、Nextで次の画面へ。


入力した内容を確認します。
成約してしまったら、即、引き落としですから、日にちなど、よーくよーく確認します。


覚悟が決まれば(^^)、bidです。

(確か)イニシャル欄に自分のイニシャルを入れ、
“Buy my hotel room now” をクリック!



しばらく、待機画面になります。数十秒から1分くらいでしょうか。


そして、突然、画面が切り替わります。


希望金額でめでたく交渉成立となれば、ホテルの名前が出てきます!

想定したホテルだったかな?

私は、結構このギャンブル的なワクワク感を楽しんでいます(^^)



成立しなければ、“残念ながら・・・”の表示。(正確な表現は忘れましたが)

その場合は、入力した金額も課金されることはありませんので、安心してください。


再びすぐにBidをし直すには、

 ・エリアを拡大する
 ・ホテルのカテゴリーを変える


それがイヤならば

 ・24時間待つ

ことが必要です。



節約に徹するならば、出来るだけ低い金額から始めて、成立しなければ、また24時間後に
少し金額を上げてbid、はじかれたらまた24時間後に・・・を繰り返すのがベストなんですが。

旅行のプランを立てる気持ちが盛りあがったら、出来るだけサクっと固めてしまいたいので、
ついそこまで忍耐強くできないんですよね~(^^;)




さて、このプライスラインを3年ほど前から旅行に取り入れている我が家(私)ですが、何度も経験して
いるうちに分かったこと、私なりのコツなどをご紹介します。


・入力した金額 に Tax をプラスした金額が課金される。
 それも考慮して、予算をたてる。


 →こちらの税率は結構高いので。落札金額が低ければ、それだけ Taxも安くなります。



・長い旅行の場合は、宿泊の一部にプライスラインを取り入れる。

 → もちろん、全日程プライスラインを利用すれば、とてもお得なのですが。
   小市民としては、キャンセルなしの即課金というのは、結構ドキドキもの。
   長いと10泊くらいするので、全日程の宿泊をプライスラインでとってしまうと、
   万が一のとき、(私には)痛手が大きい。
   
   

・そこそこ大きめの街での宿泊分をプライスラインでとる。

  →どの程度小さな規模の町のホテルまで対象となっているのか、そこまでは調べてないのですが、
   掲示板に情報が寄せられているのは、ある程度の規模以上の街のホテルです。
   予備知識がないと不安なので、掲示板に情報があれば、プライスラインを使うようにしています。
   ということからも、“旅行中の宿泊の一部にプライスラインを取り入れる” ということになります。

   ロードトリップで、小さな町に泊まるときには、ダンナが「血と汗と涙の」(byダンナ)出張で貯めて
   くれたホテルのポイントが使えるホテル、あるいはポイントが貯まる系列のホテルに自腹で。
   町によっては、“ロッジ風の宿の泊まりたいな”なんていうときもあるし。
   それ以外の大きめの街に泊まるときにはプライスライン、というパターンが出来ています。



・大きな街の中心地のホテルを選ぶと、大抵、別途駐車場代がかかる。

  →その分、中心地なので便利な面もあるわけですが。
   レンタカーなり、車があるのならば、中心地じゃなくても、問題ありません。
   というか、うちはダンナが、道も狭くて混みあったダウンタウンは嫌がるので、
   郊外のホテルをとるようにしています。駐車場代も大抵かからないしね。



・基本的にプライスラインで予約を入れたときには、そのホテルのポイントカードなどに
 ポイントはもらえない。
 (が、トライはしてみる)

  →大きな声でお薦めすることではありませんが、たまたまそのホテルのポイントカードを持っていれば、
   シラっと、カードを出して、「ポイントもらえますか」と聞いてみます。
   これまで3回やってみて、1回はポイントを付けてもらえました。

   (ホテル側には、プライスライン経由の客ということは伝わっている。が、それをいちいち
    把握していないか、分かっていても、別にいいじゃん、と大らかに考えるチェックイン係も
    いる、みたい。)



・オールインクルーシブが主流のリゾート地の宿泊には向かない。

  →メキシコのカンクンの旅行のときに使ってみたが、ホテル料金は安くできても、
  その他諸々で費用がかかるようになっている。
  結論としては、素直にオールインクルーシブのホテルを普通に取った方がよさそうである。

 

こんなところでしょうか。


・その他


アメリカやメキシコ以外のホテルにもプライスラインは使えるのか?

  →使えるみたいです。私はまだ試したことはありませんが、掲示板には、カナダ、南米から、
   ヨーロッパ、アジア、中東の情報が載っています。
   調べてみたら、東京もあるんですね!情報が少なくて古いのが気になりますが。



日本からも使えるのか?

  →使えるみたいです。
  “プライスライン”“海外”“ホテル” で検索してみてください。
   日本からプライスラインを使って海外のホテルをとる方法を、他の方がまとめて
   くださっています。


以上は、あくまで私の経験に基づく情報です。
プライスラインの利用については、自己責任でお願いいたします。
 




本当に節約だけに徹するなら、もともと格安のモーテルを利用したり、車中泊(!)という荒技も
ありますが、私としては、ある程度の清潔感と快適さは確保したい。

長時間運転することが多いダンナにも、気持ちよく眠れるベッドで疲れをとってほしいし、時には、
高級ホテルに泊まってみて、より“非日常”を味わってみたい・・・という私に、とても便利な
システムなんです。

2つ星カテゴリーのホテルなら、モーテル並みの料金で取れますし、超高級ホテルが、○○Innの
正規料金よりも安くとれたりするのですから。


基本は経済的な宿に泊まりつつ、たまに「高級ホテル」を取り入れてメリハリをつける、というのが、
私の旅の楽しみの一つにもなっています。
一泊$200くらいの部屋に、4割程度の値段で泊まれちゃったよ~(←奮発したほう)、
あれはよかったな~、ムフフ(^m^)、なんて、今でもゴージャスで快適だったホテルのことを
思い出したりします。



で、今回のAustin?

正規料金の 53% の値段でした。

・・・ちょっと対策と下調べが甘かった。


後から掲示板を見てみたら、そのホテルを、さらに数十ドル安い値段で落札した人が
いました!
う~、やられたぁ。(?)

反省は次に活かします。



よかったら皆さんも、このようなサイトを上手く利用して、楽しい旅を!



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
2010.05.09 弟は、花派。
これは、もう2ヶ月近く前、3月のこと。


春の訪れが感じられ始めた頃、サッカーの練習場の脇で、地面に生えた雑草の中から、
小さな花を探している大地。

サッカー練習7



花を見つけたら、いくつか摘み取って、

「はい、ママ~」

サッカー練習3

ちょっと照れ隠しなのか、甘えたような、ベターっとした口調で。



庭に咲いた花に気づいて、時々摘んできてくれるのも、大地。

ドライブ中、道路脇の草むらに青い花を目ざとく見つけては、「ブルーボンネット!!」と
大きな声で知らせてくれるのも、大地。

サッカー練習場の駐車場からフィールドに向かうとき、可愛らしい月見草(?)がポツポツと
咲いているエリアを通っていると、「ママ、踏んじゃだめだよ!」と声をかけてくる。



兄は根っからの動物派だけど、弟は花派?



テキサスはもうすぐ、春の花が咲き誇る季節。(3月後半~4月)
きれいな花が見られる場所に連れて行ってやりたいな、と思ったのも、今回の旅の
きっかけでした。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
母と息子の一泊旅行、2日目は、テキサスの州花でもあり、春の風物詩でもある
ブルーボネット(bluebonnet)を中心とした綺麗な花畑を探しながら、東へ戻ります。

目指すは、オースティンとヒューストンの中間あたりにあるブレンナム(Brenham)という町です。


この町があるワシントン郡(Washington County)は、春のこの時期、ブルーボネットが美しく
咲き誇ることで有名です。
(他にも、テキサス州内に、ブルーボネットを名物としている地域がいくつかあります。)

4月の中旬は、もう微妙に最盛期を越えてしまったからしら、と少し心配になりましたが、
ワシントン郡のHPにある Wildflower Updates によると、この週末は
“ Peak season for all wildflowers!” とのこと。バッチリ!

our wildflowers are truly stunning. Coreopsis, bluebonnets, Indian paintbrush, verbena,
wild mustard, pink evening primrose and Engelmann's daisy color the green rolling hills
of Washington County  with vibrant yellows, bluish indigo, coral pink, lavender and pink.
Just about any path you choose will give you wonderful sights of Texas springtime.



緑の丘陵地帯が、黄色、青紫、薄紫、ピンク・・・などで美しく彩られているそうです。

いつも、花を見かけるたびに“綺麗だな~”と思うだけで、ブルーボネット以外、花と名前をなかなか
覚えられないので、今回ちゃんと調べてみて、メモしてみました。

coreopsis   ハルシャギク   (薄紫)
bluebonnet  ブルーボネット   (青紫)
Indian paintbrush ヤナギトウワタ、カステラソウ  (赤、オレンジ)
verbena  バーベナ、美女桜 (多分、主にピンク)
wild mustard  カラシナ (黄色)
pink evening primrose マツヨイグサ、昼咲き月見草 (淡いピンク)
Engelmann's daisy  エンゲルマンズ・デイジー←和名なし (黄色)

Hwy. 290, FM 390, FM 50, FM 912, FM 1155, FM 332, Hwy. 36, Hwy. 105 and everything
in between are great for wildflower viewings.


見所は290号線、390号線、912号線、1155号線、332号線、36号線、105号線
沿いと、それらの道に囲まれたエリア。

For some safe viewing and picture taking spots, try behind Westwood Shell in Brenham,
Old Baylor Park in Independence and Washington-on-the-Brazos State Historic Site in Washington.


安全な見所、撮影スポットは、

 ◆ ブレンナムのウエストウッド・シェルの裏側
  (Hwy290がHwy36と交わる地点の少し西側にあるシェル石油の裏側?)
 ◆ インディペンデンス(という町)のオールド・ベイラー・パーク
 ◆ ワシントン・オン・ザ・ブラゾス州立史跡

だそうです。

ブレンナムを中心に、ブルーボネット・トレイルというものもあります。(地図はこちら
この地図を参考に、Hwy290から、ブレンナムの北側を通るFM390を巡るトレイルを目指します。


オースティンから、Hwy71→Hwy21→Hwy290 と通ったのですが、Hwy21も緑の木立を縫うように
走る道で、なかなか綺麗でした。
(この写真はちょっと違うけど)
2010.04.016 057

お天気がちょっと心配。なんとか持ちこたえてくれるといいのですが。

途中の小さな町。

2010.04.016 059


Washington Countyに入ったあたりから、急に絵になる景色が多くなりました。
なだらかな丘陵の草原に花、ポツンと建てられた家。そのバランスがとても良くて、切り取って
絵葉書になりそうなlovelyな風景が次々に現れるのです。

Burton の町。ここから、ブルーボネット・トレイルに入ります。
2010.04.016 062

2010.04.016 063


あちこちに、ブルーボネット畑。さて、どこで車を停めて撮影すべきか、迷ってしまいます。
最初のうちから、頻繁に停まっていては、この後の行程に時間がかかりすぎる?
でも、後から、“あ~、あの場所の方が綺麗だった~”なんて後悔するかも?


とりあえず、ブルーボネット畑と池のある風景が綺麗だと思ったので、車を停めて。

2010.04.016 067


遠くには、ブルーボネット畑と牛たち(^^)

2010.04.016 071


車を走らせながら、次々に花畑が現れるので、その度に、

「あ、ここもすごいよ!」「綺麗だね~!」

と子供に声をかけるのですが、この時間帯にルービックキューブで遊び始めて、夢中に
なってしまった翼。

私の呼びかけに、「う~ん!」と適当に相槌。

全然花を見てねぇ~じゃね~か!

車を停めても、降りて来ない。むぅ~(-`д´-)



2010.04.016 075

bluebonnetと、Indian paintbrush(←覚えた(^^))の、青紫とオレンジのコンビネーション、
やっぱり一番綺麗だなぁ。


2010.04.016 079

最近のお気に入りポーズらしい・・・



2010.04.016 083

2010.04.016 084




また別の地点。

一台しか車が通れない(!)橋の下を通り過ぎた後、その道路脇で三脚をおいて撮影をしている人達が
いたので、気になって、降りてみた。

2010.04.016 089

プロのカメラマンぽい男性2人が、何かを待っているようだったので、
“この橋を電車が通るのを待っているのだろうか” と思い聞いてみると、

「いや、違うよ。」

(^^;)


でもヒューストンのカメラ愛好サークルの人達らしいので、きっとこのアングルがいいのだろう、と
私も真似して撮ってみた。


2010.04.016 091

2010.04.016 093

2010.04.016 095

多分、その人たちの写真は、もっと綺麗なんだろうな・・・


こちらのチビカメラマンも独自の写真を撮る。

2010.04.016 097


またしばらく行き、大きな木と、池と、ブルーとオレンジの花畑という素敵な景色を見つけたので、
強制的に翼も連れ出して、撮影。

2010.04.016 106

2010.04.016 109

このFM390という道は、Scenic390という名前も付いていて、その名の通り、美しい、というより、
ラブリーな風景があちこちに見られて、お薦めです。

特に、今回は、大人が私一人なので、停まりたい場所も私の思いのまま( ̄ー ̄)。

(ダンナが運転していても、私が“停まって”と言えば、停まってくれるけど、何回くらい
停まってもらっていいのかな、とか、“停まって”のタイミングがちょっと遅いと、「え~?」とか
ウザそうに言われるし(- -)、やっぱり気を使うので)


ただ、運転しながら景色を見るのは、難しい( ̄∇ ̄)

基本的に制限は35マイルだったか(40マイルだったか)で、幸い、他の車が殆どいないので、
それよりも遅いスピードでのんびり走っていたのですが、突然、制限が50マイルだったか
55マイルになる区間があり、そこはさすがにチンタラ走っていてはマズいかと、焦って
スピートを上げました。


この先、Independenceという町で、Old Baylor Parkに寄ってみます。




ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
1泊旅行のくせに、まだ続く旅行記。

ここは、ヒューストンとオースティンの中間、よりは、ちょっと北の方にある、Independenceという
小さな町にあるOld Baylor Park です。
こちらは、主に黄色の花畑です。

2010.04.016 117


テキサスで最も古い創立のベイラー大学が、最初に設立(1845年)されたところです。
1885年から別の街(Waco)に移動したので、現在は少しの廃墟跡のみが残されています。


2010.04.016 120

当初は共学、数年後に女子部が創設され、この柱は、その校舎のものだそうです。
2010.04.016 119

こちらは、食堂の跡。
2010.04.016 129

写真を撮るほどのものかどうか、分からない。
けれど、テキサスの人たちには、思い入れのある大学、史跡なのかもしれない。


その他、近隣の町から移設された建物もあります。

こちらは、19世紀前半、開拓時代にアメリカ南部で主流だったタイプの家。
“dog-trot house”というそうです。一つの屋根で覆われた二つのログキャビン、その間が通路に
なっていて、一方のキャビンがダイニングやキッチン、もう一方が、居間や寝室として使われることが
多かったそうです。

2010.04.016 115

この家の建築は、1839年。
最初の借主は、宣教師のヒュー・ウィルソン氏とされているとか。
その後、1842年に、鍛冶屋で、“サン・ジャシントの戦い”にも参加したジェシー・マクロクリンが
この家を購入したものの、ギャンブルで手放すことになったそうです。


設立年がよく分からないけど、19世紀後半~の学校?
2010.04.016 110


中は椅子や机があり、ちゃんと教室のようだった。黒板にも掛け算などが書かれていた。
子供たち、入ってみたがったけれど、鍵がかかっていた。

2010.04.016 111



・・・などなどを、“ふ~ん”と思いながら見ていくと、ポツンとブランコがあった。


あ~、そういえば、ここは“Park”だっけ。

2010.04.016 128



その側には、こんな大木が。



すごい・・・。

2010.04.016 121

2010.04.016 122



木の向こうでブランコに乗っている子供たち。分かりますか?

(ブランコは木の枝からぶら下がっている訳ではありません)

2010.04.016 125

2010.04.016 127

この光景のためだけでも、ここに来る価値があるかもしれない。





2010.04.016 131

先程出会ったカメラサークルの人達は、この公園は黄色い花ばかりであまりお薦めじゃないよ、
道を渡った向こう側の方がブルーボネットが咲いていて綺麗だよ、と言っていたけど、
黄色とオレンジの花畑も悪くないよ。


この後は、いよいよ子供達の一番のお楽しみの場所へ行きます。


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
この旅の大きな目的の一つ、Brenhamという町にある Blue Bell Creameries 
やって来ました。

2010.04.016 142

2010.04.016 143



ご存知でしょうか?Blue Bell アイスクリーム。

b2.jpg bluebell1.jpg


テキサスの住人なら、まず知らない人はいないのでは、とさえ思います。

どのスーパーに行っても、アイスクリームコーナーにズラ~っと並んでいるのが目に入ります。
そして、こちらにやって来た日本人の多くが、これを気に入り、リピーターになります。

うちも、そうです。
ダンナが、もうBlue Bell以外のアイスクリームを食べないくらい・・・
冷凍庫に、常に入っています。


何がそんなにいいのか?


ダンナ曰く、「フツーに美味しいから。フツーの美味しさが、いい。」


私が思うには、“余計なものは余り使わず、適切な材料を、適切な配合のレシピで作った・・・
という感じがする美味しさ” かな、と。

blue-bell.jpg


他のメーカーのアイスクリームと、材料の比較をした訳ではないし、甘さが控えめ、という訳でも
ないのですが、すごーく、基本的な、王道のアイスクリーム、という印象なのです。


地元テキサス人にも、これは“美味しい”ようで、グルメのクチコミサイトを見ると、絶賛コメントが
ズラリ


他州に引っ越した人は、

“テキサスの何が恋しいって、Blue Bellのアイスクリーム!” なのだそうです。


デザートで、日本人も美味しいと思うものが、ここテキサスで作られていて、テキサス人も
それを同じように美味しいと思う・・・そんなものがあったんだ!と、当初、意外な気持ちに
なったのでした。
(ま、探せばいくつかはあるので、言い過ぎかな ( ̄∇ ̄))



で、その本社・工場が片田舎のBrenhamという町にあり、ヒューストンなどから、
このブルーボネットが見頃の時期に、週末のちょっとした日帰り旅行として訪れる人が多いのですが、
工場見学ツアーが行われているのが、平日のみ。

休日旅行では、ギフトショップに寄って、アイスクリームを買って食べるだけ、というパターンに。


私は是非とも工場見学に子供たちを連れて行きたかったので、平日に行けるチャンスを狙っていました。

本当は、ダンナもいる平日で、とか思ってたんですが、それを待ってたら、いつ実現するか
分かりません・・・

夏休みなどに行けなくはないですが、その時期では、アイスクリーム工場以外の目的が無く、
片道1時間半かけて行こうという気が失せる。(^^;)

“花”と“アイスクリーム”の組み合わせがある、まさにベスト・タイミングだったのです!




工場見学は、平日の10:00、11:00、13:00、13:30、14:00、14:30スタートで、見学時間は約45分。
料金は大人$5、子供とシニア$3。

12:30に到着し、13:00の回を申し込みました。
結構沢山の人が来ていて、驚きました。

時間になるまで、工場の帽子(自由にお取りください、と置いてある)をかぶって、撮影など。

2010.04.016 132

この日の朝に、この工場に行くことを子供たちに知らせたのですが (前日に言うと、待ちきれなくて
騒ぎそうだから)、“見学の最後にアイスクリームがもらえるよ” と言うと、素直に楽しみにする翼と、
早く行きたいとグズり出す大地。

これでも早すぎたか。


実は、花畑を巡っている途中にも、大地が、


「なんでブルーベリー(←ブルーベル)早く行かないの!」
「もう行きたい!」


と、しょっちゅう騒いでおり、ギフトショップ内のアイスクリームの売店を見かけると、

「あるじゃん!もう食べたい!買って!!」


 (-_-#)" 


見学中も、始まりから不機嫌モードですから、「遅い~!」「疲れた~」「歩けない~」
工場内部を上の部屋から見下ろすときには、「見えない~!」と、とにかく抱っこ抱っこ。

ふぅ~ ( ̄-  ̄ ) 


見学の冒頭に、映像を見るのですが、Blue Bellの歴史が、ちょっとした再現ドラマ風になっていて、
なかなか面白かったです。

工場は、想像より小さかった。
工場はここだけじゃないんだろうけど、この程度の規模で、あれだけのシェアを!?って感じ。
(テキサス州でのシェアは50%を超えている)

機械で、アイスクリームの原液が次々と大きなカップに流し込まれていく様子を
翼は熱心に見ていました。
(←もの作り系が好き。工場見学特集とかテレビでやっていると、翼には見せてやるようにしています。
興味深そうに見ています。)



そして、ようやく、お待ちかねの、アイスクリーム!!

2010.04.016 140

見学終了後、16種類の中から自分の好きなアイスクリームを、全員1カップずつ入れてもらえます。

工場の外には、こうして、アイスクリームを食べている人、次の回のツアーまでの待ち時間、
持参した食べ物や飲み物で寛いでいる人などで、常に賑やか。

2010.04.016 134

夢中で食べとります。静かです。 ( ̄∇ ̄)



私は、「ピーチバニラ」味を初めて食べてみました。

ピーチだけよりリッチでまろやか、バニラだけより爽やかな甘さ、ピーチの大きめの果肉も
ゴロンと結構入っています。

やっぱり美味しいわ~。
女の子が好みそう。


翼(ストロベリー選択)とも、「やっぱり美味しいね~」「うん、おいしい。」と話しながら
食べました。


ちなみに、大地が選んだのは、3色のアイスクリームが一度に味わえる「バースデーケーキ」
(という名前のアイスクリーム)。

16種類の中から、「○○にする」「やっぱり、△△にする」などとフラついていた大地、
ショーケースの中の3色アイスを見て、「あれがいい!!」

大地らしいわ。( ̄∇ ̄)



アイスクリームを食べながら、皆、満足気で、幸せそうです。(私も)



こちらは、仕事中の創始者とその息子さんたち。

2010.04.016 146

「ちょっと、邪魔なんだけど・・・」




このBlue Bell Ice Cream が売られているのは、アメリカの南部、中西部を中心とした19州。

ここ以外には、オクラホマと、アラバマに工場があります。

販売実績は非常に良く、19州でしか売られていないにもかかわらず、アメリカの
アイスクリーム会社として、3番目の売り上げを誇っています。

また、ルイジアナ州のバトン・ルージュで販売が始まったときには、たった5ヶ月で35%のシェアを
獲得したとか、ブッシュ前大統領も、就任期間中、わざわざ“お取り寄せ”していたとか、
逸話が色々とあるようです。

この4月からは、インディアナ州のインディアナポリスでも、販売が開始されたようですよ。




美味しさの秘訣は、とにかく新鮮な牛乳、なんだとか。

“昨日までは草だった”くらい新鮮な牛乳を大量に使うから。

これも、テキサスならでは、ということなんでしょうか。


アメリカで、もし目にすることがありましたら、是非一度お試しあれ。


子供たちとの春の一泊旅行記、これにて終了です。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
2010.05.15 変な夢
なんだか変な夢をみました。


私たちは日本に住んでいる設定。私の生まれ育った市に住んでいるらしい。
ダンナも一緒なのか、どっか海外にでも行っているのか、設定不明。


で、子供たちがいくつか習い事をしているようなのだけど、夏休みか何か、長期の休暇中、
習い事はお休みだったらしい。

そして、休みが明けて、ふと 「子供たちの習い事再開だな。送り迎えしなくちゃ。」と思い出した。

それは、英語系の習い事らしい。


のだけど、長い休みで頭がボケボケになったのか、習い事の詳細が思い出せない。

あの辺りの住宅地の中、という、漠然としたエリアは分かるものの、教室の場所が全く分からない。
生まれ育った市ではあり、同じ学区でもあるのだけど、現実でもあまり行ったことがない場所だから、
夢の中でも分からないようだ。


教室の中の様子のイメージがぼんやり思い浮かぶものの、先生の名前も、連絡先も、教室の名前も、
全く思い出せない。 ( ̄∇ ̄)

焦る、焦る。


翼に、“覚えてないか”と聞いてみても、“覚えていない”という。


しかも、いつも誰かお友達の子を一緒に乗せて行ってあげていたらしい。
また、その送り迎えを担当しなくてはいけないのに・・・あぁ、どうしよう。


そのお友達のお母さんらしき人がいたので、その人に聞いてみても、自分は送り迎えを
やっていないから、場所も分からないし、名前も知らない、と言う。

えぇ~!!??



うゎ~、気持ち悪い。すごいモヤモヤ。
なんで? なんでなの!?

あ~、どうしよう、思い出さなきゃ、思い出さなきゃ。

でも、どうしても、思い出せないぃ~・・・・(><)




朝、目覚めた時も、夢の続きのままで、モヤモヤ気分。


が、次の瞬間に “あぁ~、なんだ、夢じゃ~ん” と気がつき、
何も忘れていないことが分かって、ホッ

くだらない夢だけど、本当に “ヤバイ!” と思って、焦りと、もどかしさで、たまりませんでした。

子供の送迎が、そんなに頭の中を占めているんでしょうか(^^;)



月曜から金曜は、とにかく、毎日、送り迎え。担当は私一人。

土日はダンナと分担出来ることが多いけれど、

“次の土曜のサッカーの試合は○時○分から”
“補習校に一度行ってから、○時○分に連れ出す”
“日曜の翼のサッカーは○時○分から、フィールドは△△、集合時間は○時○分、
家を出るのは○時○分”


・・・などと、常にスケジュールを確認して、把握して、ダンナにも指示を出して、でも、
ダンナはこういうスケジュールをなかなか覚えられないので、ちゃんとダンナがスケジュールを
把握してくれるまで、直前まで、気にかけて念押ししたりして・・・



・・・やっぱり、占めてるかも。




今日も送迎業、こなしますよ~


(写真は先月、サッカー練習前に毎シーズン恒例の写真撮影の順番を待つ間、毛虫に夢中に
なっている子供たち)

2010.04.013 006

2010.04.013 011

そういえば。


変な夢、といえば、(我が家で)語り草となっているエピソードがあります。

(万が一、お食事中の方がいらっしゃいましたら(いるかしら?)、ここから先はご注意ください)



あれは、翼が生まれて数ヶ月の頃。
毎日、昼も夜もなく、授乳とオムツ替えに追われていた頃のこと。


夜、布団で、いつものように、翼が泣けば、起きて授乳、おさまれば、翼を寝かせて、
私も一緒にうつらうつら、

また翼が泣けば、オムツが濡れているようならオムツを替え、寝ぼけたまま
抱き上げてあやし、おさまればまた、私も横になって、束の間うつらうつら・・・

という、いつものパターンを繰り返していたところ、


物音なのか、声なのか、匂いなのか、何かに、寝ている私のセンサーが反応し、
“翼がウ○チをしたみたい!!” と私の脳に知らせてきた。



大変だ!!
すぐにチェックしなくては!!
すぐに替えなくては!!
オムツから漏れてなければいいけど!!(←まだユルユルの時期)



しかし、半分夢うつつの私、思考回路も夢仕様のナンセンスなものになっており、
なぜか、頭の中では、

“翼のオムツ=ダンナのパンツの中とつながっている”

 という設定になっていた。



急いで、ダンナのパンツを脱がさなきゃ!!



起き上がり、「何か出した!?」 と声をかけ、おもむろに、ダンナのパジャマの
ズボンとパンツをまとめて掴み、一気にずり下ろそうとする私。


ダンナ、嫁のいきなりの襲来に仰天。( ̄□ ̄;) 



訳も分からず、ひきずり下ろされるのを阻止しようとする。



私、 “もう!!オムツをチェックしなきゃいけないのに、何で邪魔するのよ!!” と
非協力的な夫に、憤慨。
頭に来ながら、ズボンとパンツを掴む。



必死で抵抗するダンナ。




しばし、うす暗い寝室で、無言のまま、意味不明な攻防が続いた後、ふと、
現実に戻った私。



“あれ? 何やってんだろ? なんか、お か し・・・い・・・・?”



夢かぁ~(´∀`) 

あ~、眠・・・・  バタン。



ダンナ 「・・・・・・・???( ̄■ ̄;)」




それ以来、この件はダンナにとって、「結婚して以来、一番笑えるエピソード」になったらしく、
何かというとこの話を持ち出されて、笑われます。

テレビで誰かが面白い話をしていても、

「いや、やっぱり “何か出した!?” の方が面白いだろー( ̄ー ̄)」 と言われるのです。



そこまで、面白いかしら~?(  ̄へ ̄)

初めての育児に髪ふり乱して奮闘していた新米ママの、ちょっとした可愛い
失敗エピソードじゃ~ん。



あ、結局、そのとき翼はウ○チはしていませんでした。

あのまま、翼のオムツはチェックせずに、寝入ってしまったからね・・・
してなくて、ヨカッタ。


現実で頑張っていると、こんな風に夢にも影響が出てくることがある、って話です。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
朝、日本人宇宙飛行士さんをお見かけし(それはいつものことですが)、
昼は、日本人メジャーリーガーとお会いする。


これもまた、ある普通の土曜日。



Houston Astrosの松井稼頭央選手が補習校を訪問してくださったそうです。

各クラスごとに記念写真も撮ってくださいました。


それにしても、宇宙飛行士さんのときもそうだったけど、ちゃっかりすぐ側の位置を
確保しながら、わざと笑わずに写真に写る大地・・・( ´ _ ` )



なんとまぁ、何気に貴重な体験をさせてもらっていることでしょう。


ところが、翼に感想を聞いてみると、

「早くお弁当食べたいなぁ。(と思っていた)」

 (お弁当を食べる前に一同集まって、話を聞いたりしたらしい)

オマエなぁ・・・_| ̄|○



大地は、写真撮影の際にクラスに来てくれた松井選手に、質問したらしい。

履いてらっしゃったジーパンについていたコイン(飾り)のことを。

(「なんでコインついてるのー?」 とか? お金大好きの大地(翼もだけど)、
それが本物なのかどうか、気になって仕方なかったに違いない)


「もともと付いてたんだよ。」 と答えてくださったらしい。


・・・・。


分かってんのかな・・・(--)
日本の小学校でも、こんな風に時々、宇宙飛行士さんや、プロ野球選手とお話ができると
思ってないだろうな・・・


アホ息子たちも、いつか自分達の経験の貴重さが分かるときが来ますように、と願う母です。





ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
ミニカーコレクションを、黙々とソファーに並べていく大地。

週に、1、2回は、やりたくなるらしい。

2010.05.17 019

この後、背もたれも使って、全部並べ終えたら、撤収。



振り返ってみると、

車列3

3年4ヶ月前(アメリカに引っ越してきたとき)も、同じことをやっていました。
以来、定期的にずっと続けているわけです。


あと何年続けるのかしら。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
最近、ひょんなことから、日本語を勉強しているというアメリカ人の青年と知り合いました。


人柄がとても良さそうで、偶然、家も近かったので、「遊びにおいで」と我が家に招待し、
色々と話をしたのですが、次々と判明する、日本への愛情・関心の強さを表すエピソードにビックリ!


まだ知り合ったばかりだし、勝手にネタとして書いてしまうのもアレなので、ちょっとだけにしますが、
典型的なアメリカ人の家庭に生まれ育った彼が、

・日本名を名乗り(友人に考えてもらったそう)

・部屋の壁には“日の丸”を飾り(←親に何か言われない?と聞いてみたところ、“気にしない(^^)”と。)

・時々、家(実家)で一人でラーメンを作って食べている
 (←カップのは美味しくないから、ちゃんとパッケージに入っているタイプ。
  家族は誰一人、日本の料理に興味を示さないのだそう)


(´∀`)


さらに凄いのは、日本のサブカルチャーに対する関心と知識。


戦隊ヒーローものの話は、自分が子供の頃のと、子供が生まれて以降のものならなんとか
一緒に話ができますが、ゴメンネ、ガンダムの話は、私もダンナも全くついていけない・・・
( ̄▽ ̄;)


我が家のホームビデオ・ライブラリーから、東京ドームシティに“本物のマジレンジャー・ショー”
(←TVに出演している俳優・女優が、実際にステージで演じる)
を見に行ったときの映像を見せてあげると、「すごい!!」と喜んでいました。



しかし!!

この後、さらに驚きの事実が判明しました。



好きな日本のアーチストの話になり、いくつかの歌手名・グループ名があがり、
それまた“へ~、よく知ってるね~”と感心していたのですが、その流れで出てきたのが、



「TM NETWORK」


(゚◇゚)


「一番好きなのは、”Dive into your body”。 元気が出る。
(スーパーマーケットで勤務中に)カートを押しながら(カートの回収?)聞いてる。(^^)」



マジで~!!??(゚◇゚)


元熱狂的FANKSの私としては、テンションMAX

(FANKSとは? →ご参照Wiki

誰が、アメリカのスーパーで働いているアメリカ人が、実はiphoneでTMの
”Dive into your body”を聞いているなどと、想像しますか!!


しかも、こんな身近で。

いや~、よかった。
この事実を知らないまま、この地を離れることにならなくて、よかった。
(離れる予定はまだありませんが)



他には“Beyond the time”も知っていた。「ガンダムで使われてましたよね。」
あ、そうそう、そうだよ。
そのガンダム情報なら、分かる(^^;)



アルバムは聞いたことがない、と言うので、「聞きな、聞きな」と私のコレクションから
数枚持たせました。


ちなみに、彼、“TM NETWORK”と “TM Revolution”の区別もついております。


いやぁ~・・・(感嘆)



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
2010.05.25 充実した週末
この週末のメモ的な記録。



土曜朝、子供たちの弁当作り。

ダンナは、大事な芝刈り業務のため、不在。
なんでも、その芝狩りは、家から遠い場所で、こぶし大のヘッドのついた細長い棒を使い、
4~5時間かけてテクテク歩きながら行うそうだ。
ご苦労なことである。



補習校へ向けて出発。・・・しようとするが、翼が 「お弁当がない!!」 と騒ぎ出す。

どうせまた、ボーッとしていて、どこに置いたか分からなくなったのだろう、と呆れて
車で待っていると、なんと大地が隠していたことが判明。

ブチ切れた私は、大地に “今日のサッカーの試合はなし” と宣言。

泣き喚き出す大地。

自分は何もしていないのに、翼がずっと痛いことをしてきたから、仕返しをしただけだ、

と喚き続ける。

私が「ウソつきはさらに悪い」と怒鳴り返す。

絶対に折れない大地。

補習校へ向かう車中で、延々と押し問答の絶叫が続く。


ようやく、試合出場停止だけは回避したい大地が折れ、

「ごめんなさい・・・」

「何が悪かったの!!」

「おべんとう・・・(ヒック)・・・かくした・・・(ヒック)・・・こと・・」

「それだけ?」

「ウソ・・(ヒック)・・・ついた・・・(ヒック)・・・こ と・・」


ようやく、何とかママに認めてもらった大地、しかしこれだけでは止まらず、


「でも、そのつぎに つばさが わるかったんだよ!!」 と、余計な主張をし、


“てことは、一番悪かったのは自分て分かっとるんやないか!!” と私に心の中で
突っ込ませるのであった。



翼を補習校に降ろし、試合会場へ。

ここで、大地がお弁当を家に忘れてきていることが判明。


人の弁当は隠すヒマがありながら、自分の弁当は入れとらんのか!!!

カーッ!!!(-`д´-)σ


頭に血を上らせつつ、大地を試合会場において、家に戻り、弁当をピックアップして、
また試合会場へ。



この春シーズン最後の試合。

2010.05.19 069

2010.05.19 070

2010.05.19 076



シーズンの最後にもらえる恒例のトロフィー。

試合が終了してから、またあらためて、トロフィーのおいてある場所まで移動するのだが、
荷物をまとめて移動を始めるまでも、のんびり、移動して皆が再び集まるのも、またのんびり。

そりゃそうだ、殆どの人は土曜日は他の用事はないのだから。

私だけが、一番に移動して、“あ~、早くしてくれ~、早くしてくれ~”と思いながらイライラしている。

補習校との掛け持ちの難しいところ。

現地コミュニティーでの経験も大切にしたいし、でも、出来れば無駄な時間はカットして、
早く補習校にも戻らせたいし。


2010.05.19 079


またわざと笑わない大地だが、このトロフィーは、今までになく立派だと、ご満悦のようだった。

普通はこの後、どこかのレストランに集合して、打上げパーティーとなるのだが、
都合がつかない人が多かったらしく、また日を改めて、ということになった。
それなら、参加できそうだ、よかった。


補習校へ大地を連れて行き、次は、翼のサッカークラブのオフィスへ行き、
来年度の手続きをする。


一旦帰宅。



昼過ぎ、再び補習校へ。

授業参観と懇談会。



補習校終了後、お友達家族を招いて、以前から計画していた粉ものパーティー。


広島出身の方が本場の広島焼きを担当してくださったり、別の方がデザートを持ってきてくださったり。
美味しくてとてもハッピーでした。

うちは、例のタコ焼きなどを担当。


特に記事には書かないことが多いですが、割とよく人を招いてる方ではないかと思う我が家。

しかし、もしかしたら想像されるかもしれない“海外駐在員の素敵なホームパーティー”風景とは、
全然違う。( ̄∇ ̄) 

インテリアも、テーブルセッティングも、へったくれもない。

基本はちゃぶ台、今回なんて、殆ど台所で皆で立ち食い状態。


だから、ちゃんとした写真も殆ど載せないのですが、それでも、楽器あり、卓球あり、
ゲームあり、カラオケありで、エンターテーメント性が高く、沢山笑って楽しんでいただける・・・
かな、とは思っています。(´-`)


2010.05.19 099

子供たちが順に演奏を披露し、恒例の卓球大会。


これまでのところ、卓球は、間違いなく盛り上がります。

そして、必ずと言っていいほど、ご夫婦のどちらかが「うちも欲しいなぁ」、もう一方が
「でもどこに置く?」という会話が出てくるのが、面白いです(^m^)


実は、我が家は2010年に入ってから、ほとんど毎晩、夫婦で卓球をやっています。
費用の“もと”は十分にとったと思っています( ̄ー ̄) 

今回も皆さんから「楽しかった」と言っていただけました。よかったです。



日曜。



朝、補習校の宿題タイム。


途中から、例の日本語勉強中の青年が合流し、日本語の勉強。


ちょっと試みとしてやってみていることなのですが、これはなかなかいいかもしれない。

子供に日本語を教えると同時に、青年も教えてあげられる。
青年に教えてあげるのと同時に、子供にも教えられる。
第3者が入るから、子供も私も、緊張感が持てる。
一生懸命日本語を覚えようとしている青年を見て、子供も刺激を受ける。



約一名、それにあてはまらないヤツもいますが・・・



ものの名前を書けと言われれば、わざと英語で書き、つぎは床にダラーっと寝そべり、
起きて真面目に書き始めたかと思えば、ニヤリと笑ってこちらに見せたものは、

「う○ち、おしっこ、おなら、○ん○ん、バカ etc・・・」

(-_-#)" 



それでも、少なくとも翼にはいい影響がありそうなので、出来る限り続ける方向でやって
みようかと思う。

(そういえば、ずっと以前、“朝、日本語の勉強タイムを設けてみる”とか書きましたが、
あれから少しして挫折してました。( ̄∇ ̄) ま、そこはあまり突っ込まないでやってください)



皆でカルタもやってみた。
初めて知ったという青年も、楽しそうにやってくれた。
子供たちも楽しそうだった。



勉強の後は、子供たちと青年で「戦隊ヒーロー」タイム。
夢中でテレビを見る3人。不思議な光景だ。


私は昼ごはんの準備にとりかかる。
テレビの後も、少し青年に子供の相手をしてもらって、ごはんができたところで皆を呼ぶ。
「スゴイ~(^^)」と喜んでくれる。
一緒に昼食を食べて、解散。




午後、子供を連れてチルドレンズ・ミュージアムへ。
これで年会費のもとは取れた。
あと2ヶ月ちょっとで期限が切れるまで、あと何回行けるかな。
何度行っても、3年生になっても、まだまだ夢中で遊んでいます。



夕方から、駐在員家族で集まり、2時間以上テニス。
ダンナも、社会人になって以来、こんなにスポーツをした時期はない、というくらい、
よく体を動かしている。



あ~、疲れたけど、充実してた。
そんな週末でした。




ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
アメリカでは、5月は様々なことの“締めくくり”がある月です。


他の方のブログを見ていても、習い事の発表会などの様子がよく上げられています。

先週は、うちの子たちの通うジム(体操教室)の発表会、というか、年度の締めくくりの
イベントのようなものがありました。


実は、昨年12月から、体操教室にも通ってるんです、翼と大地。

本人達の強い希望です。


しかも、本当は、まだ比較的時間に余裕があり、サッカーも1年のうち6ヶ月しか
シーズンがない大地に、それ以外の期間、何かやりたいことある?と聞いてみたら、
「ジムに行きたい」と答えたので、大地だけを通わせるつもりだったのですが、

付き添ってジムに来てみた翼もやりたくてたまらなくなったらしく、自分も通いたい、と主張。

“今でも現地校の宿題、補習校の宿題、サッカー、ピアノで忙しいのに、無理でしょ”と一度却下。


すると、一週間でやるべきことを、時間に余裕を持たせて終わらせることができるのだ、ということを
証明するために、すごい勢いでこなし始め、大地が体操のクラスを受けている間も、見学者用の
パイプ椅子を机代わりにして、補習校の宿題に取り組み、金曜日までには終わらせるなど、猛烈な
アピールを続けたのでした。



で、結局、2人とも通うことになり、約5ヶ月が過ぎました。


ダンナは、“体操をやると、筋肉がつきすぎて(?)背が伸びなくなる”など、ちょっと
心配しましたが、まぁ、週に1回ですし、そんなに本格的にガンガン練習する訳でもありません。


それに、体のバランス感覚や、柔軟性や、自分の体を支える腕の力、バランスを保つ筋肉など、
サッカーで使う“走る・蹴る”といった能力、筋肉とはまた違う部分が鍛えられるのも、
良いかなと思いました。
それもまた、サッカーの方にも活きるかもしれません。



この日は、普段やっていることを全て披露。

普段は離れた見学席からしか見られない親も、中に入って間近で見ることができました。



そういえば、普段は、広いジムのあちこちで、いくつかのクラスが行われているのですが、
目に入る過半数は、女の子達。

小学校低学年くらいから、高校生くらいの子まで、あちこちで、クルクルと回転しているのが見えます。

翼たちの男子のクラスの子達とは、明らかにレベルが違います。
(男子のもっと上のクラスなら、そういうことをやっているのかもしれませんが)

もしかしたら、こうやって、高校に入ったときにチアリーダーの花形になれるよう、
準備をしている(させている)のかも、と思います。



イベントは1部と2部があったのですが、兄弟で分かれてしまいました。
(普段のクラスは、同じ時間帯)

まずは、1部に大地が参加。



タッタッタッタッ と走ってきて、
2010.05.19 005

上で足を開いた形でピタっと止まる。
2010.05.19 011

手を添えてもらって倒立。
2010.05.19 012

飛び込み前転。
2010.05.19 022

側転。
2010.05.19 032

ヨッ。
2010.05.19 033
まだ後の足が曲がっちゃいます。
でも、最初に比べると、すごく上達しました。最初は全く出来ていませんでしたから。



皆で一連の流れで同じ動きを。
この後、一人ずつでもやって、拍手をもらう。

2010.05.19 036



鉄棒。

ちゃんと白い粉をつけるんですよ。
それが嬉しいのか、しょっちゅう、粉の容器のところへ行って、粉を付け直す子供たちです。

棒の上にいた状態から、フッと降りて、
2010.05.19 039

前方へ。
2010.05.19 038
本当は、緑の丸太状のものを飛び越えて、その向こう側に着地するのが目標らしい。
でもまだ難しくて、緑のものを足で蹴ってしまう。(翼もそうなっちゃうらしい)


高い鉄棒で、前回り。(回る前に落ちるけどね)
2010.05.19 042

2010.05.19 041


ぶら下がったまま・・・
2010.05.19 047

向きを換える。
2010.05.19 046

壁を蹴りあがって、逆上がり。
2010.05.19 052

ここまでは行くのに、ここから頭が持ち上がらないの。
何度もやってみたけど、どうしても、ここ止まりでした。
2010.05.19 053

これは・・・何と言うんだっけ?
2010.05.19 055
2本の棒の間に体を入れた状態から、足を前方に上げて広げて棒の上に乗せ、手を前について、
足は棒の間に下ろし、また同じことを繰り返す・・・説明が難しい。

何してるところだか、忘れた(^^;)
2010.05.19 058


ここで、仕事を切り上げて来てくれたダンナと交替。私と翼は夕飯のため、急いで帰宅。
ここからの写真は、ダンナの撮影によるものです。(コンパクトデジカメで)

大地はこの後、トロフィーの授与式があったみたい。トロフィーがたまるたまる(^^;)

2010.05.20 017

2010.05.20 021



すぐに体操することになるため、少なめの夕食を急いで食べた翼、ちょうど第1部が終わって
帰宅した大地を降ろしたダンナに、そのままトンボ帰りでジムへ連れていってもらう。

写真が少なかった(^^;)
殆ど、これで全部です。
2010.05.20 023

吊り輪の写真、これだけ・・・。どんなことをしたのかしら。
2010.05.20 025

この一瞬だけ見ると、なんだか本格的に出来てそうに見える。
2010.05.20 026

基本的に、やることは大地たちと同じ。
2010.05.20 027

側転や倒立は、翼の方が上手くなっています。
翼も、最初は全然、こんなに足が上がらなかったんです。
2010.05.20 028

そして、こちらもトロフィーを。
2010.05.20 029



帰宅したら9時過ぎ。大急ぎで寝る支度をさせました。
この翌日は補習校だったんです。でもまぁ、元気よね。。。

これが増えたため、平日は毎日習い事で埋まってしまいました。
2人分合わせてですが・・・
そして土曜日は補習校。
(シーズン中は、日曜日に翼のサッカーの試合)



でも、2人とも、ジムが本当に楽しいらしいんです。
いつもニッコニコしながらクラスを受けています。
出来る限り続けさせてあげたくなります、あの様子を見ていると。


前宙、バク転、そのうち出来るようになるのかな~?



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
あれは確か先月(4月)の20日頃。

大地が、初めてそれを腕にはめて持ち帰ってきた。



動物の形をした輪ゴム。

2010.05.17 034


ふ~ん、誰かから貰ったのね。そういうのがあるんだ。

「スィリーベャ~ンズ」 とか何か言っていたが、殆ど聞き流していた。

大地は嬉しそうに、その輪ゴムをつけたまま過ごし、寝た。



それからというもの。

大地と翼の腕に、動物やその他諸々の形をした輪ゴムが常に居座るようになり、
帰宅するたびに、徐々に増えていっているではないですか。
どうやら、流行ものらしい、と気づいた私。


2010.05.17 035


誰か、優しい友達が、ちょこちょことくれているらしい。
そして、いくつか集まった“輪ゴム”コレクションから、他の子のコレクションとの
トレードを始めているらしい。


「○○(←店の名前)行きたい~。買って~。」



どうやらクラスメイト達の多くがこの“輪ゴム”を所持しているらしい、ということが、
子供たちの話から分かってきた。
それが購入できる店の名前を聞いてきたらしい。

この小学校で、急に流行りだしたのだろうか。



「買って~」 と言われて、気安く 「いいよ~」 という私でもないので、

「それ集めてどうすんの~?・・・と思うけど、そんなに欲しいなら、今持ってる自分のお金で買えば~?」


などという会話をする。



その頃、他の方の話から、ヒューストンのある小学校でも、同じ頃、同じ流行が
始まっていたことを知る。

我が町からヒューストンのその辺りにかけての流行か?



その後、バイオリンの先生の情報により、その町(うちの隣町)でも、
流行していることを知る。


ヒューストンとその近郊で、突発的に流行が広まったのか?



ただ、補習校の他のお母さんに聞いてみると、同じヒューストンの小学校でも、
流行っていないところもあるらしい。
そこには、まだ流行が行っていないということかな?




・・・などと思っていたのですが、調べてみたところ、分かりました。


アメリカで今、大々的に流行しているではないですか。



目にした情報では、ニューヨークの美術館で最初に売られてそれが好評だったのがきっかけ、とか、
2005年から東海岸で流行が始まり、それが徐々に西に広がっていった、というものもあったのですが、
こんなブログがありました。


Animal Bracelets Blog


この2009年10月の最初の記事によると、


Animal Rubber Band Bracelets are the newest toy craze sweeping the nation. If you haven't heard of them yet, you soon will. The most popular name for the toy is simply Animal Bracelets, but they are also called Animal Rubber Bands, Rubber Band Pets, Animal Rubber Band Bracelets, Animal Bandz, or Silly Bandz (which is the name of one of the producers of the toy). Animal Bracelets are rubber bands in a variety of shapes and colors that kids use as bracelets, anklets, and hair ties. Most Animal Bracelets are in the form of various animals, like pigs, cats, dogs, and ducks. However, there are also Animal Bracelets in various other shapes.




すでに昨年の後半から、大流行は始まっていたんですね。

「Animal Rubber Bands」や「Animal Bracelets」が一般的な総称で、
「Silly Bandz」 あるいは、「Zany Bandz」というのが商標名らしいです。

素材はシリコン。Sillyは、その“シリ”でもあるんですね。
でも、Rubber band とも呼ぶ、と。
私も子供も、日本語ではやっぱり、“輪ゴム”って言っちゃうのと同じですかね。

animal_rubber_bands223_image2.jpg




もともとは、Silly Bands City という店が、アラバマのショッピングモールで売り始めた
ところから火がついたみたいですね。その店は、今は“The Band Wagon”と名称を変えたようです。


最近のニュース番組でも取り上げられています。

5月15日 Silly Bandz Sell Out Report


テキサスに関しては、4月22日付けで、テキサスにSilly Bandz が上陸するという記事が。

ダラス周辺の話のようなので、ヒューストンでは、もっと早かったということでしょうか。
記事にはなっていませんが、こちらの子供たちは、それよりもう少し早くから手に入れて
いたみたいなので。



5月9日には、とうとう 「Silly Bandz Hit Texas」 と記事になりました。

Texas is one of the newest states to get hit by the Silly Bandz craze.
“Bandemic continues in area communities.”


パンデミック(pandemic) とband をかけて、Bandemic だって。

これも、ダラスの新聞記事をもとにしているようです。

Do your kids have a sudden urge to visit area Walgreens and Hallmark stores?
Are they asking you to Google/Bing terms such as zanybandz, animal bands and silly bandz?
Did you know you can trade one seahorse for three dinosaurs?
Then they - and you - are victims of a growing "bandemic"



  あなたのお子さんは、突然“Walgreens”や“Hallmark”に行きたいと言い出していませんか?
  ネットで“zanybandz” “animal bands”や”silly bandz” を検索して、と
  頼んできませんか?
  タツノオトシゴ1つは、恐竜3つと交換できると知っていましたか?(←ホント?)
  そう、そうして子供たちは------そしてあなたも------拡大しつつある“Bandemic”の犠牲者に
  なるのです。




そして、5月中旬のある日、大地が自分の有り金(殆どがコイン)をかき集め、計算を始めた。

何かを決心したらしい。


続く。



======================
この記事を書いた後、最近の日本の新聞でもこう紹介されていたことを知った。
なんと、元は、日本生まれで、皆、模倣品かい!!



東京下町生まれの輪ゴム、全米の小中学生とりこに

8年前に日本で考案された動物形の輪ゴムがいま、米国の小中学生の間で大流行している。あまりの過熱に、校内持ち込みを禁止する学校が増えてきた。
動物や文房具、楽器や文字をかたどったシリコン製の輪ゴムで、もとは東京・浅草橋のデザイン工房アッシュコンセプトが考案した商品。
名児耶秀美(なごや・ひでよし)社長(51)によると、2002年に米ギフト展に出品し、いきなりニューヨーク近代美術館(MoMA)の販売商品に採用された。各地の美術館や書店でも販売された。
ギフト商品としての人気は05年ごろいったん下火になったが、昨年からは一転、子どものおもちゃとして売れ出した。中小の米企業が参入し、小遣いで買える12本3ドル(約270円)ほどの中国製品を量販しているが、需要に追いつかない。
製造元のひとつ、ニューヨーク州のトップトレンズ社の副社長(32)は「電子ゲームや携帯電話になじんだ子どもたちに単純素朴なゴム製品がこれほど受けるとは驚き。男児女児ともに夢中になっている」と話す。
子どもたちの間では奪い合いやいさかいも目立ってきた。「行きすぎた収集熱のせいで授業に身が入らず、もめごとも増えた」などとして学校への持ち込みを禁止する動きが各州で広がっている。
動物輪ゴムを世に出した名児耶さんは「米国では意匠登録していないので、模倣品の流行は止められない。ただ子どもたちにも愛される日用品として海外で認知されれば本望。息の長い商品として育てていきたい」と話している。
ソース(朝日新聞)http://www.asahi.com/international/update/0522/TKY201005220144.html




ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。