上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外で暮らしながら、現地校以外に、日本語補習校にも通うなどして
日本語も頑張って勉強している子供達。

やはり苦労するのは、漢字の習得。

そのモチベーションの一つに、と、翼の通う補習校でも、漢字検定に
積極的にチャレンジすることを奨励されています。
それを目標に、コツコツと漢字の学習を積み、皆でカフェテリアに集まって受検。
合格者には、校長先生から賛辞が送られます。

それを励みに、また頑張る子供達。



ところが、最近このようなニュースがありましたね・・・。


====================================-
文科相、漢検協会解散命令も視野 監督強化を言明

 塩谷立文部科学相は13日午前の衆院文部科学委員会で、公益法人では認められない多額の利益を上げていたなどとして改善を指導した財団法人「日本漢字能力検定協会」(京都市)について、「対応が十分でなければ改善命令を出し、それでも改善されなければ解散命令も視野に入れる」と述べ、厳格に監督していく考えを示した。

~(略)~

 漢字検定協会は2007年度に収支差額で約6億6000万円の利益を出していたほか、理事長や親族が役員を務める企業との不透明な取引や、京都市内の広大な土地・建物の購入なども表面化。文科省は今月10日、運営改善や理事長責任の明確化を指導した。
====================================

  その他、ニュースの見出しより
  漢検:収益をレース投入か 理事長長男の会社がスポンサー

  漢字検定協会:評議員ノーチェック、経営は理事長親子任せ

  漢字検定協会:「供養塔」隣は理事長一族の墓

  漢字検定協会:理事長「謝るのいや」 会見なく1カ月
======================================

 文部科学省から10日、抜本的な運営見直しを求められた日本漢字能力検定協会。京都市下京区にある協会本部は、詰めかけた報道陣にコメントを紙で配布しただけ。

=======================================


翼も、10級を目指して勉強させ、(補習校での)2年生になったら、
受けさせようかと思っていました。


が・・・・


やめた、やめた。
バカバカしい。


こんな風に、遠く離れた異国の地で、これを目標に励みに頑張っていた
子供達や親の思いを、何と心得る?


しかし・・・
たまたまこの協会がニュースになっただけで、他の検定類の協会の
実態も、はっきりいって、どんなものだか?

そう考えると、日本人て、やたら検定好きすぎるかも・・・?



翼には、私が採点して、合格したら、何か特別にプレゼントをあげましょう。

まずは、一年生の漢字(80字)、あたらめて復習して、完全に
覚えような。(^^;)




 
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/102-889ff701
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。