上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎年3月に、学校で「オープンハウス」という日があります。

学校公開日、といったところでしょうか。
保護者達が招かれて、校内、子供の教室、作品、特別教室などを
見て回ることができる日です。

(といって、普段が閉鎖的なわけでもありません。
いつも校内には、主にボランティア活動のためだと思うのですが、
お母さん達の姿をよく見かけます。入校には、IDを提示して許可が
いりますが)

平日の夕方から夜にかけてなのですが、当然のように、お父さんも
一緒に、家族で来ている人が多いです。
こういうところが、いいですよねぇ・・・
うちのダンナは、一度もオープンハウスに来た事はないです・・・
(ジャッパニ~ズ、ビジネスマ~ン♪)
4647
(↑翼は半袖ですが、実は肌寒い日です)

まずジムに入ると、こんなものがありました。
これは、初めて見る光景です。
4649

何かな、と思ったら、一つ思い当たることが。
そういえば、少し前に、グッズの寄付の募集がありました。
テーマがあって、「女の子のおもちゃ」とか、「男の子のおもちゃ」とか、
「ママの美容グッズ」とかだったかな・・・?

それを、どうするんだろう?と思っていたのですが、どうも、集まったものを、
テーマごとにバスケットにして、それを4月にある、学校のフェスティバルで
オークションにかけるみたいですね。
そこで、オークションに向けての事前公開として、ここにこうやって
展示してあるみたいです。

フェスティバルでは、その他にもオークションがあります。日本の
学校だと、とりあえず資金集めは定番の「バザー」で、それ以外って
あまりバリエーションが無いと思うんですが、こちらはまぁ、あの手この手、
色んなことを考えてやりますね。
それもまた、記事にしたいと思います。

2年ちょっと前、アメリカの小学校に初めて入ったときに印象的だったのが、
日本の学校との雰囲気の違いでした。
4656

正面玄関を入ったら、まず目に入るのが、壁全体に描かれたカラフルな絵。
そして、子供達の作品が色とりどりに、ぎっしりと貼られた廊下。
デコレーションも工夫されています。
年度の初めには、先生全員の自己紹介のポスターが、かなり大部分を占めて
貼られるのですが、これもデザインやテーマが凝っていて、いつも感心して
眺めてしまいます。
誰か、コーディネーターがいるのでしょうか。アートの先生?

そして、メインの廊下から、枝分かれしている廊下には、それぞれに
ストリート名がついていて。

しかも、2年前は、その名前も今と違っていたんです。
その後の夏休み中に”リニューアル”をし、学校全体のテーマを
”ハワイ”にしたようで、ストリート名も

「アロハ・○○」「ハイビスカス・○○」「パラダイス・○○」等に変わり、
その標示板まで、その雰囲気にあったものに作り変えるこだわり様。
受付前の壁画も、ガラリと変わっていました。

これは2年前ですが、美術室の前には、こんなものもあったりして。
「Art is Fun!」
9328


こういうところは、すごく学校が楽しい雰囲気でいいな、と思うのですが、
その代わり、というか、こちらの学校には、窓が殆どありません。
これは学区によって違うのかもしれませんが、うちの学区の小学校は
殆ど全部同じようなデザインで、窓があるのは、図書室・理科室・ジム・
カフェテリアだけのような気がします。
子供達の教室も窓がありませんから、一日中、電気をつけた中で
過ごしています。
これは、防犯・防災(ハリケーン、トルネード対策)のためかな、
と想像していますが。

昨夏の一時帰国の際、日本の小学校に入ると、沢山の窓から差し込む
日の光で、校内がとても明るく、キラキラしているように見え、
とても爽やかでした。そのような環境は、こちらの子供達には
無いわけです。



メインの廊下に、翼の作品がありました。
4652
枝分かれした廊下にある、各教室前の廊下には、大抵、そのクラス全員の
作品が飾ってありますが、このメインの廊下にはどういう基準で作品が
貼られているのか、分かりません。


次は図書室へ。
大抵、オープンハウスがある週は、ブックフェアの週となっています。
(図書室が本屋さんになります)
そして、オープンハウスの日は、本の値段がNo taxなので、
毎年、この日にここで本を買うことが、恒例となっています・・・
library
(なぜか、”はらぺこあおむし”の絵本を家から持ってきた大地。
 英語版を見つけて、「いっしょ~!」と喜んでいました。)

あれもこれも欲しがるので、2冊まで、テレビアニメ系はなし、などと決めて。
(家にはまだ読んでない本がいっぱいあるし。)
それでも、「これは~?」「これは~?」「これも欲しいっ!!」など条件を
無視して持ってくるので、その度に同じこと言い、押し問答を繰り返し、
なかなか決まりません。

「もう、いい加減にして、早く決めろ~!!」


図書室も、トロピカルな雰囲気です。
4658

学校のTシャツを来た人形。かわいい(^^)
93282
(毎年、テーマに沿って色やデザインの違うTシャツが作られ、販売されます)


次は、翼の教室に行きます。
4663

翼の机。勉強ぶりをチェック!
4665
(親がチェックしている間、子供は塗り絵をするものがあるらしい。)

家での作文の宿題の様子よりは、学校では、頑張って色々書いている
ようです。(先生の板書を写しているだけの部分もあるようですが)
4667

机の上のノート類を見た後、机の中のぐちゃぐちゃぶりを見ようとしたら、
「やめて!見ないで!」と叫んで拒否されました。
(去年も一昨年も見て、そこからグシャっとなったプリント等を取り出すのが
恒例でしたが・・・拒否されたのは、初めてです)

教室にパソコンコーナーがあります。
これを使うのが今一番楽しいことらしく、「今日は学校どうだった?」
と聞くと、まず報告するのは、「今日はコンピューター、3回やった(^^)」とか
そればかりです。
4668

さっき、翼が塗っていたものは、廊下に出て、ここに貼るためのものでした。
虫の生息場所について、勉強したようです。
4670

オープンハウスは、担任の先生と話ができる機会でもあります。
ESLの先生ともお話ができました。

以前、面談で言われた「スピードに走って慎重さ・丁寧さに欠け、ケアレスミス
多し」はまだ改善されていないようですが(--)、リーディングのレベルは、
2年生終了時の目標まで、あと3レベルというところまできたようです。
(2年生の開始時は、目標より11レベル下でした。)

上に行くほど、次のレベルに行くのも段々難しくなってきて、時間が
かかるようになる、とは言われましたが、着実にレベルが上がっているようで、
ホッ。

最後に、アートの教室も見に行きました。
4672

各学年のスケジュールと内容がありました。
4676

ここでも、アートの先生と話ができます。お母さん方に囲まれて、なにやら
会話が盛り上がっていました。時間がかかりそうだったので、部屋を見ただけで
出ました。

廊下は、こっちへ向かう家族、あっちへ向かう家族・・・でごった返しています。

初めてオープンハウスに来たときは、私たちより先にこの地域に住み始めた
日本人の方と一緒でしたが、他には知り合いもなく、要領もよく分からず、
その方が知り合いと挨拶や会話を交わしている間、横で待ちながら、
”私もいずれ、友人や知り合いができてくるのだろうか・・・”と、所在無く、
少し不安な気持ちだった記憶があります。

3年目に入る今回・・・

友人、知り合いに、ちょこちょこと出会い、何度も挨拶や会話を交わすことが
できるようになりました。(^^)



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/105-33f0f4f8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。