上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日のキンダーガートゥン説明会を受けて、今日はキンダーガートゥンの
レジストレーションの日です。

ところで、このレジストレーションを日本語で、「入園手続き」というべきか、
「入学手続き」と言うべきか、迷っています。
(タイトルは一応、入学にしましたが)

内容的には、「入学」と言った方がしっくりきます。通うのも小学校だし、
小学校の一部的な扱いだし。

しかし、「キンダーガートゥンに入学」と繋げてみると、これも違和感あり。
やっぱり、キンダーガートゥン=日本語的には”幼稚園” だしなぁ~

英語では、どっちも、「レジストレーション」です。
今後、レジストレーションで通します。

9461

これから乗り込むゼィ~!


9462

おすましすると、何だか急にお兄さんぽくなったと感じる大地です。
背も最近、ぐんぐん伸びているみたい。(他の人にも、よく指摘されます)
「ポッコリお腹が、まっすぐになっちゃったのが、寂しいわ~」と言う人も。
確かに。


レジストレーションは、図書室で行われていました。
9463

オンラインで打ち込んでプリントアウトした”生徒の基本情報&緊急連絡先”の
書類、あとは、紙で配られた必要書類(健康情報とか、個人情報の取り扱いに
ついて、とか)に記入したもの、公共料金の請求書・パスポート・予防接種証明の
コピーなどを提出して、漏れがなければ、手続き終了!

(日本の入学手続きは、どんなもんなんでしょうか?)

あ、それから、”第一言語調査票”というものがあります。家庭で使っている
言語を調査するものですが、そこに「英語」以外を書くと、テストを受けなければ
なりません。

ここにESLの先生達もスタンバイしていて、そのような子供達を別室に
連れて行き、ちゃちゃっとテストをしてくれます。

現地の幼稚園に通い始めて2年と2ヶ月になる大地、さて、その英語力の
ほどは・・・? と、ちょっとテストを楽しみにしておりました。

結果は、

「とても良いですが、”一度聞いた話を、自分の言葉でもう一度話す”などの
点は少し劣っています。別室でESLを受ける必要はありませんが、授業中に
ESLの教師がついて面倒をみる対象になります。」

とのこと。ほぉ~、そうか~。

先生 「ちょうど、ツバサと同じですね。」


え? (゚◇゚) 


翼、ESLのクラス卒業したんですか?


先生 「まだ、卒業ではありませんが、一年以内にはESLの指導は
終わると思いますよ。(^^)」

そういえば、ちょっと前に翼が何か言ってたな~

「もう来週から、ESLの部屋行かなくていいんだよ~」とか・・・

ホンマか~?何か聞き違えか、勘違いじゃない~?と、あまり信じてなかった
親・・・ ( ̄▽ ̄;) 

ということは、翼の言っていたアレも本当だろうか・・・

私 「では、サマースクールはどうなんでしょうか?翼は”行かなくていい”と
   言ってましたが・・・」

先生 「ええ、彼はサマースクールには行きませんよ。」(⌒∇⌒)


ガ~ン。( ̄□ ̄;) 

サマースクールとは、学区が夏休み中の約3週間開催するもので、英語能力に
問題のある生徒のみが参加するように言われる、ESLの集中講座のこと。
無料である。 

長いアメリカの夏休み、とりあえず、この約3週間は、無料で通えるところが
あるわ、ありがたい という存在だったのに ( ̄▽ ̄;)

あ~、無料が、無料が・・・

・・・と、わが子の進歩を喜ぶべきところ、複雑な心境になる私。
(ひで~親)

先生 「お母さん、ご存知でした?
    翼の上達ぶりは、スゴイんですよ」(⌒∇⌒)

いえ、知りませんでした・・・
というか、未だに ”上達はしているだろうけど、そこまで英語上手いか~?”
と、まだ疑ってるんですが・・・ 
(ひで~親 ( ̄∇ ̄))


テストも済み、必要なものも買って、レジストレーションは終了。

うちが買ったのは、こちら。別に強制ではないです。
9464
スクールTシャツ(遠足などで着て来るように言われることがある、いわば制服
みたいなもん?)、スクールトレーナー(Hoodieという。テキサスとはいえ、
朝寒い日は結構あるので、結構使える)、フォルダー(学校からの配布物を入れる
のに使う)。


それと、学年ごとに決められた文房具類。
(これは必要です)

自分で店に買いに行ってもいいのですが、PTAがパッケージを作って販売して
いるので、これを買うと便利なんです。
(筆記用具、ノート、画用紙、フォルダー、etc)

新学期前の、”先生に会おう”という日に、自分のパッケージを受け取って、
それをそのまま自分の教室に寄贈。 
→ クラス全員が持ち寄ったものを、クラス全員で共有。

ということは、名前付けが必要ない!

これは、初め驚きでした。
しかも、全て教室においたままなので、文房具を毎日持って行く必要もない!
ワーク類もおいたままだし、宿題さえ持参すれば、あとは手ぶらでも通える、
アメリカの小学校!
(日本のような、きっちりとした”教科書”的なものも、ないです)

そして、体操着や帽子もなし。上履きも、体育館シューズもなし。
水着もなし。(プールもない)
ゼッケンつけるもの、なし。(私向き~(´∀`))

これらに、PTA会費を含めて、入学(入園?)にあたり、かかった費用は
$77。 以上!

これ、日本と比べて、どうですか・・・?



お兄ちゃんと同じトレーナーを着られるようになり、嬉しい大地。
9465

楽しみだね~。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/110-69e7cb17
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。