上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月。大地もとうとう、日本語補習校幼稚園部に入園です。

4月から補習校に通い始めることは、もちろん以前から大地には
話しており、大地は当初は 「はやくいきたい!」 としょっちゅう口にしていた
のですが、あるときからふっと、「ほしゅうこう、いかない!」
「しゅくだい したくない!」(←兄の様子を見て、そう思ったのか)

そして、「せんせい、こわいから、いきたくない!」

「じゃ、先生が怖くないって分かるまで、ママが一緒にいてあげる。」

「トイレ いけない!どこか しらない!」
 (←注:すでに補習校のトイレには何度も行っています)

「じゃ、どこにあるか、教えてあげる。」

などという会話を何度も繰り返していました。

その合間に、たまに気が向いて、「はやく ほしゅうこう いきたい」と言う
こともあったのですが・・・

まぁ、何と言うか、ムラがあるというか、あまのじゃくというか
なかなか難しい人でございます。


そして、入園式当日朝。

起こして、着替えさせようとした途端、

「いかない! きない!」

「 ギャ~~~!!!」 ( `□´")

「せんせい こわいから いきたくないの!!!」 ( `□´")


こちらも準備で慌しい中、ブチ切れそうなのを必死で押さえながら、

「先生が怖いと思うんだったら、ママがずっといてあげるから。
怖いかどうか、ママと一緒に見てみよう。もし怖い先生
だったら、”怖くしないで”って、言ってあげるから。」 などと説得を試みますが、
もうそんな次元ではないようです。

泣き喚きまくり。着替えは抵抗しまくり。

何度もトライしてみたものの、とうとう時間も相当押し迫ってきた頃、ダンナが
「いいかげんにせいッ!」(`Д´) とキレて、羽交い絞めでシャツを着せ、
ズボンはどうしても抵抗にあってはかせられず、
「なら、パンツのまま行けっ!!」(`Д´) ということで、無理矢理車に押し込んで
強制連行。ε=(-ω―;)

車中で、ママとパパとお兄ちゃんがお弁当のことを話しているのを聞き、
ママにお弁当の中身を聞いて、少し行く気になり、なんとかズボンははいた 
の図。
94131

学校に着いたら、落ち着いた大地。
目が腫れてます。
94132
すんなり教室に入り、親と離れました。


・・・あの朝のグズリは、何だったんだ・・・


この後、オーディトリアムで、入園式。
(日本的な、厳かで立派な式です。アメリカの学校には、こういう式はありません
ので、これも”日本的なもの”を体験できる貴重な機会です。)

渡米して以来、翼の入園式、翌年は卒園式と入学式、そして大地の入園式、
来年は卒園式に入学式・・・と、毎年春には、スーツを着ている我が家です。


先生に引率されて、ちゃんと入場してくる大地の姿に、ホッ。(ヾ; ̄ω ̄)

(反対に、壇上の方々の話を全く聞かず、ゴソゴソして周りの子たちと
喋りまくっている翼にイライラ。遠くから怒りの視線で威嚇してみたものの、
全く伝わらず。(-_-#))

そして式後、中庭での写真撮影では、もうすっかりエンジョイモードの
大地。待ち時間には、早速波長の合う子(つまり、ヤンチャ系)を見つけて
仲良くなったらしく、自由~に、楽しそう~に動き回っていました。
94146


・・・あの朝のグズリは・・・・

(他のクラスメイト達は、ちゃんと先生について所定の場所で、
並んで立って、撮影の順番を待っています) (--)


授業が終わってお迎え時には、笑顔でゴキゲン。

「先生、怖かった?怖かったなら、”怖くしないでください”って
言っとこうか?」

とわざと心配そうに声をかけてみると、

「(もうそのことは) 言 わ な い で !!」(><)/



帰宅後、「つぎのほしゅうこうのようい、しとく~」と持ち物を用意し始める大地。

もう?( ̄∇ ̄)
94133

「バックパック だいどころにおいとく~ そしたら、ママ、すぐおべんとう
いれられるから。」

「いや、今から置かれても、邪魔だから(^^;) 金曜の夜に
置いてくれたらいいから。」

「おきたいの!!」

(--)

一気に、頭の中は補習校のことで一杯になったらしく、カバンのこと、
持ち物のこと、ああしとくだの、こうしとくだの、ナンダカンダと喋りまくって
います。

94134

「じぶんで もてる。 おもたくも ないし。 オレ ちからもちだもん。」



とりあえず、補習校は楽しみになったようなので、よかった。

しかし、とりあえず最初に猛抵抗してみるという、その性格(?)、
何とかならないか・・・

(8月のキンダーガートゥンの初日が安心できないのも、こういう
経緯からです)



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/115-bfcbac18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。