上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆様、暖かいコメント、励ましのコメント、ありがとうございました。
うれしい・・・(*。′m`*)

気分も回復してきたので、復活します!


先週のことですが、大地が、幼稚園で作った”母の日”の作品や、
メッセージをプレゼントしてくれました。

95101

ママについてのアンケートにも答えています。

大地が言ったことを、先生が書いてくれました。


Q.「ママは何歳?」 

   はい、答えはもちろん、

      → A.「27歳」

       (ここだけは、なぜか躾がしっかり定着しています ( ̄▽ ̄;)


Q.「ママは○○することが好きだ」 

      → A.「work」

 え。 ( °◇ °)



Q.「ママは○○することが上手だ」 

      → A.「運転」

     え。 ( °◇ °)


と、”へぇ~、そうなの・・・?”と思ってしまう回答もありますが、


Q.「ママは○○のときがハッピーだ」  という質問に、

      → A.「僕といるとき (When she is with me.)」

    ・・・・・・(´∀`)



子育てを始めて、長男が1歳くらいの頃から、つくづく思うようになったの
ですが、子育て=一種の「修行」かな、と。(^^;)


常に側に纏わりつかれ、手出しをされて邪魔を受け続けながらも、
どれだけ平常心を保ちつつ自分の(というか、家族のための)作業を
遂行していけるか、

  という修行。


常に側に纏わりつかれ、大人から見れば意味不明な的を射ない
エンドレス「なんで?」攻撃を受け続けながらも、
どれだけ平常心を保ちつつ、適当な受け答えをしながら
自分の作業を遂行していけるか、 

  という修行。      



泣き声や大声に囲まれ続けても、どれだけ平常心を保ちつつ
彼らへの対応や、自分の作業を遂行していけるか、 

  という修行。


”ルール遵守能力”において、イヌ君やサル君未満(←うちの子の
場合です)の彼らに、いかに平常心を保ちつつ根気強く
躾・ルールを定着させていくか、

  という修行。


etc・・・・



まだまだ未熟な私は、この修行を何年も続けながらも、
まだ到底、悟りを開く境地には到達できそうにないのですが、

かなり自分の中でキツくなってきたときには、

”修行、そう、これはきっと、修行・・・
  これらの修行を乗り越えた先には、きっと何か得るもの、
   成長があるはず・・・ (と思わなきゃ、やってられねぇ~)”

と、心の中で言い聞かせながら、やってきたのでした。



そして、育児とは、「留学」と似ているかなぁ、とも思います。

皆が絶対にやらなきゃいけない、というものではない。
やったから偉い、というものでもない。

でも、経験すれば、何かしら、その人なりに、得るものは
きっとある。人生や、人間的に影響を与えられるものも、あるかも
しれない。

でも、残念ながら、耐え切れずに、途中で放棄してしまう人も
いる・・・


子供の”可愛さ”というご褒美はもちろんあるのですが、それでも、
精神的にあまりにも未熟だとか、例えば共に苦労を分かち合うべき
パートナーとの関係に何か問題を抱えているとか、体調的に
弱っているとか、そういう諸々の要因がいくつも重なったりすると、
報道されるような悲しいニュースのようなことも、ひょっとしたら、ひょっとして
あり得るのかもしれない、とも思ったりします。

それくらい、延々と続く「修行」は、時に本当に疲れるものだから・・・


ニュースを聞いて、”ひょっとしたら、そういうパターンだったのかな・・・”
と、”あ~、それでも、要因が何かしら一つでも少なかったら・・・”
”誰かに助けを求められていたらね・・・”と、せつなくなる例も。


明らかに、全く、同情・共感できない例も、最近は多いですけどね・・・


というわけで、修行中の同士の皆様。

この修行は何かしら身になっていると信じて、頑張っていきましょう(^^;)
(ぼちぼち)


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/134-3e1d173f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。