上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月から6月にかけて、コンペティティブ系のサッカークラブの
トライアウトが、あちこちで行われています。

(アメリカの少年少女サッカークラブのシステムについてはこちら
少し説明しています。)

ようやく、とうとう、翼も来シーズンからU-9。

(まだ7歳ですが、もうすぐ8歳になるので。誕生日の区切りは、
7月末となっています)

”サッカー選手になりたい” という夢も、一貫して変わっていないよう
なので、それなら、どんどん上を目指していかねば。
予定通り、Competitive に繋がるDevelopmental のトライアウトを受けさせる
ことにしました。

今、所属しているクラブ「W」にも、Developmental、Competitive の組織は
あるのですが、チームのコーチを担ってくれているマイケル(チームメイトの
パパ)は、ここのマネジメントに不満があるらしく、もう前々から、違うクラブに
移りたかった様。

レベル的にも、ここより高いクラブが他にあります。

その辺り、マイケルはとても詳しいし、子供達によりレベルの高い環境を、と
考えてくれてるし、あちこちのクラブに知り合いがいて顔も効くし、
今後も是非翼と一緒に続けたいと言ってくれてるし、
翼も今のチームメイトと続けたい、と言っているので、
マイケルの方針に付いて行くことに。

(シーズンの終わりになってくると、マイケルのところに、あちこちの
クラブから、「オマエのチーム、来シーズンどうすんだ?うちのクラブに
来ないか?」などと、勧誘もあるらしい。)

根本は、自分の息子のためでしょうけど、チームのために工数を使って
色々やってくれる、こういう人がいると、助かります~

レベルや内容や場所的に、ここがいいだろう、とマイケルが言う
2つのクラブのトライアウトを、このチームに残ることに決めた
他のメンバー達と一緒に受けました。

95155

「A」サッカークラブのトライアウト。
95156

もう一つは、「D」サッカークラブ(最近、「T」から「D」になった。この辺の
サッカークラブ、提携や合併もよくあります。)のトライアウト。

どちらも、ボールの扱いを少し見られた後、ずっと試合形式で。

まぁ、このくらいの年齢では、トライアウトと言っても、よ~っぽど
ヘタっぴでなければ、皆OK、というレベルのようです。

子供達のトライアウトではありますが、マイケルは、集まった子供達の
様子や、コーチ陣をじーっと観察。

そうか、こちらにとっても、どちらのクラブがいいかを見極める
機会らしい。

私も意見を聞かれ、ちょっと話し合い、結局、集まった選手達のレベルが
より高そうで活気のあった「D」クラブに、皆で”移籍”することになりました。

皆、と言っても、チームメイトの何人かは、別の「E」というクラブに
移ることを決めていたり、ある子はCompetitiveなサッカーに進む気が
なかったり、で、一緒に移籍するのは翼含めて4人。

「E」に行く子たちは、そのお兄ちゃん達が入っていた「D」クラブの専任コーチが
「E」に移ることになったので、そのコーチに引っ張られたか、付いて行くこと
になり、兄弟で同じクラブの方が便利だから弟も、ということらしい。

(「D」にはU-9以上しかないので、それに達するまで、弟達は「W」に
所属していた)

色々あるのね、少年サッカー事情。


「E」もレベル・内容的にはいいんだけど、ちょっと遠いよな~、というのが
マイケルの意見で、私も同意。

でも、とてもフレンドリーで色々教えてくれて頼りになった、S君のママとも
違うクラブになっちゃうのか~・・・と、残念で寂しい気持ちに。

S君ママからは、

「「E」はそれほど遠くないわよ。フィールドもとてもいいし。
 (トライアウトは終わったけど)入りたい、と言えば、入れるわよ♪」

と誘われ、う~ん(^^;)


そして、「A」クラブからはトライアウトの後、

「是非、翼に来てもらいたい。」との連絡が。

他のクラブに行くつもり、と断ると、

「翼はとても才能があり、是非加入してもらいたい。
 うちのクラブに来れば、他のクラブを上回るbenefitがある。
 彼の能力を伸ばすことができる。」

とプッシュ! 翼にクラブからのオファー!!??

(よっぽど人数が足りなくて、そこそこのレベルに達している子には
皆、そう言って勧誘をしてるんだろ・・・by ダンナ)


そして、ずっと以前に入っていたチームでコーチをしてくれていた
T君のパパが、また新たに作ったチーム(「W」所属)でも、

「次のシーズン、翼を誘ってみようか。」「うん、そうしよう、そうしよう!」

という話になっているとか。

(翼と同じ小学校の男子中心に作られているチーム)

実は、今シーズンの前にも、一度声を掛けられたけれど、マイケルの
チームで続けることにしたので、断ったのでした。


・・・と、長々と書いてしまいましたが、本格的にサッカーをやっていく子は
意外と少ないのか、本当に才能があるのか(?)、人気があるのか(?)、
色々なところからお声を掛けていただいている翼なのでした。

 
ま、結局、「D」に入ることになると思うのですが・・・

一つだけネックなのは、費用が高い ( ̄▽ ̄;)

それでも、高いレベルの中で刺激を受けながらやっていく方が
翼のためにもいいだろう・・・ということで、ダンナも承認。


不景気の中、パパ、ますます頑張ってね( ̄∇ ̄)

翼も、がんばれよ!



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/137-85fdb8fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。