上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少しでも日本語の力を伸ばすために、できることはないかと考えてみました。

同じように子供の日本語教育を頑張っている方のブログなどが沢山あり、
拝見させていただくと、とても参考になります。

これまでも、

”寝る前の読み聞かせ” をして、

”子供が日本語の会話に英単語をはさんだら、必ずその部分を
日本語に直して復唱する形で
相槌” することにしていて、

”朝は「NHK教育の朝の子供向け番組」(録画)” を意図的につけていたんですが、


もっと、日本語を目にする機会、耳にする機会、書く機会を増やそう。

そこで、始めてみたのが、

壁に日本語を貼りまくる

例えば、翼のサッカー好きを利用して、これ。

FIFA世界ランキング 1~100位!
japanese3


翼のESLのクラスメイトの話になれば、

 「その子はどこから来た子?」

 「ノ~ジャン。」

 「ノルウェーだね。ノルウェーは、何位なのかな?」

すぐに目を輝かせて、ノルウェーのランキングを探す。

 「あった!!・・・日本のほうが勝ってる♪」

 「じゃ、ノルウェーはどこにあるかわかる?」

 「え~っ (⌒∇⌒) 」(嬉しそうに地図で探す)

その他、まだ翼は、ひらがなでも、カタカナでも、書けない言葉が沢山。
(例えば、道路=どおろ と思っていたりする。)
それらも、どんどん紙に書いて壁に貼っちゃいましょう。
インテリアどころじゃないです。(そんなもの、もともとない)

朝の日本語タイム

夕方は何だかんだで慌しく、時間をとるのは難しい・・・ということで、
朝、日本語の時間を設けることに。

しかし、いきなり、「明日から、朝、学校に行く前に、日本語のお勉強しようね♪」
とは言わず、

「明日から、スクールバスじゃなくて、ママが車で学校に送って行ってあげることに
しようと思うんだ。そしたら、時間ができるからさ、本を読んであげるよ。」

「やったー!」

それから何日か、登校前の読み聞かせをし、

「じゃぁ、今日からちょっと、文字の練習をしてから、本を読んであげることに
しようかな。」→プリント1~2枚。

そして、今では、

japanese1


教材に載っている詞などを音読 → 文字の練習 → 本を読んでもらう が習慣に。
(字の練習は、意外とちゃんとやる。) 
あくまでも、楽しい雰囲気で

こちらは、その間、迷路など。
japanese2
↑この子もそのうち、日本在住期間より、海外在住期間の方が長くなりますから、
兄と一緒に、このまま、日本語に触れる習慣がつけば、よろしいのではないかと・・・

しかし、補習校入学前も、ひらがな・カタカナを練習したし、
補習校でももちろん一通り練習して、今は漢字の勉強に入っているのだけど、
やっぱりまだ、ひらがな・カタカナも完全に覚えきれていない。(特にカタカナ)

本当に繰り返しが大切ですね。
文字がスラスラ書けるようになれば、文章を書くときの面倒くささも、少しは
減るかな・・・

本を読むときは、、子供達が知らなさそうな言葉、普段の生活で出てこなさそうな
言葉の解説も交えつつ。
(あまりしょっちゅう「○○って分かる?」と中断しても嫌がるので、ほどほどに)

地道にコツコツと、できることをやっていくしかないですね。


 
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/14-a33a1fb9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。