上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
翼の小学校の"Hands on science"ボランティアに行ってきた。

ボランティア登録の日に、”理科の実験のお手伝いかな~、これならあまり
話さなくても出来そうかな、理科の様子も見られるし”と思って登録したもの。
年に3回だけっていうし。

ところが、当然先生が授業をやるのだと思っていたら、当日近くなると、
当日のテーマと内容と進め方、なんと「セリフ」まで書かれたアンチョコが渡されたのだ。

???

まさか、ボランティアの親が主導してやるの?
私も・・・?

と、ドキドキして、ぶっちゃけ憂鬱にもなりながら理科室に行ってみると、
果たして、そうであった・・・
テーブル一つをボランティア一人が受け持ち、7~8人の生徒を担当するのだと!

主なセリフ例の台本があると言っても、コリャちょっと私には荷が重い。

まとめ役のお母さんに

「ちょっと私には難しいんだけど・・・」と申し出てみると、

「では、他の人と組むのはどう?(^^)」と快く受け入れてくれた。ホッ。

という訳で、他のお母さんが指導をやっている側で、ちょこまかと子供達の
面倒をみてお手伝いをした。
他のお母さん達が頑張っている中、ちょっと申し訳なかったが、それでも

「ありがとう。あなたがいてくれて助かるわ。(^^)」

と言ってくれて。

で、その間、担任の先生は何をやっているかというと、


のんびりと見ている。

のんびりと先生同士でお喋りしている。

のんびりと持参した書類などに目をとおして作業している。



先生のやることは、生徒達を理科室に連れて来ること、だけである。

まじっすか・・・

給料もらってんでしょ。
どこまでボランティア頼り? 

・・・というのが、前回の理科室ボランティアのこと。


そう、実は今回は2回目なのだ。

また、アンチョコが来た。
前回は水の温度や氷がテーマ、今回は「石」がテーマらしい。

そして、メールの内容からすると、今回、私の時間帯はボランティアが
不足しているらしい。
まだボランティアを呼びかけて募集しているが、もしかしたら今回は
雑用係りって訳には行かないかも・・・
まぁ、英語の勉強にもなるし・・・
勇気を出して今回はテーブル一つ担当してみるか・・・?



単語を調べて、下読みして、やることがパッと見て分かるように日本語でメモもつけ、
セリフ部分をさっと読めるようにマーカーで色をつけて、シミュレーションをしてみた。

さて、どうなる・・・?

(続く)
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/145-d6d82488
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。