上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大地がバイオリンを始めることになったきっかけ、それは、ドラマの
「のだめカンタービレ」 でした。

日本では見たことはなかったのですが、こちらに来てから、ある方がビデオを貸してくださり、
すっかりはまった私!

ちょうど、翼にもそろそろ何か楽器を始めさせたいと思っていたので、音楽・楽器に興味を
持たせるのにも絶好! と思い、子供達に見せてみたところ、案の定、大ウケ


翼は指揮の真似をしたり、大地は 

「ちゃーき せんぱい」「のだめちゃん」 、

2人でミルヒーのことを 

 「こいつ バカ!」 (←千秋に色々試練やトラブルを与えるから?)

などと言って楽しんでいましたが、

全話見終わって、しばらく経ったある日突然、大地が

「バイオリン かって」

と言い出したのです。


3歳前半、こんな頃です。
96177
今見ると、まだ赤ちゃんっぽい・・・


「のだめ」を見てから、時々、「バイオリン」 と言って、バイオリンを弾く真似
(手の向きとか違うんだけど) をしたことが何度かあったのですが、それからまた
しばらくしてからのことでした。

初めは本気にしておりませんで、

「バイオリンはオモチャじゃないんだよ」 「じゃ、パパと相談してみるね」
などと流していたのですが、 「バイオリン買って」 攻撃は日増しに強くなり、

毎日のように 「バイオリン かいにいく?あとなんかい ねたら かう?」
言うように。
初めて言い出してから、半年経っても、続いていました。

これは、本気にしてみてもいいのかも?



そこで、

「バイオリンはね、買ってもすぐに弾けるものじゃないんだよ。買ったら、先生のところへ
行って教えてもらって、毎日ちょっとずつ練習もしなくてはならないよ。できるかな?」


と話してみることに。

初めは、

「やだ、せんせーいかない。」

「ミス・メッサ (←幼稚園の先生、Ms.Melissa) がいい。」

などと言っていたのですが、何度もそんな会話をしているうちに、習いに行くことをだんだん
受け入れてきたよう?


大地 「ちゃーき せんぱい みたいに なれる?」

私 「なれるよ~。」 (←厚かましながら( ̄ー ̄))

大地 「(⌒∇⌒)」


私の下心ありの「のだめ」作戦、効果ありか!?


しかし、少し不思議なのは、千秋がドラマでバイオリンを弾くのは、確か2シーンしか
なかったはずなのです。

(他人のバイオリンのレベルの低さに我慢できず、チョロっとお手本を弾いてみせるだけ)

なぜ大地には、千秋先輩=バイオリン、となったのでしょうか?


*************

それから私はバイオリンの先生探し。
ちょうど、近所の女の子がバイオリンを習っていて、そのお母さんが、色々と情報をくれました。
たまたま、その女の子が通っていたのが、スズキメソードの先生。

話を聞くうちに、良さそうだな、と思い、近くの先生にあたってみたのですが、空きがなく、
結局、遠いけれどその子と同じ先生に習うことにしたのでした。


*************

先生から指示があり、その通りに教材を揃えました。

96175

まずはニセのバイオリン(フォームバイオリン)と、木の棒で練習するんだね!

(しかし、このフォームバイオリンよりも、空き箱を利用して作ったボックスバイオリンを使っている子を、
よく見かけます)

教本、日本語と英語で書かれてるんだ!

「ちょうちょ」や「むすんでひらいて」をアメリカでもやるんだね!

”Lightly Row" と ”Go tell aunt Rhody” って言うんだ!

日本生まれの曲じゃなかったんだ~!



新鮮な驚きがいっぱいです。


さて、家ではこんな笑顔で新しいグッズに胸躍らせている大地でしたが、先生との初対面では、
無言・不動・無反応
先生の話しかけに、全く答えず、ママにくっついてイヤイヤ。


さぁ、ここから、家での毎日の練習と、週に1回30分のレッスンのために、往復
1時間10分かけて通う生活が始まりました。

私と大地の根競べも始まり始まり。

大地3歳11ヵ月、ギリギリ、千秋がバイオリンを始めたのと同じ3歳でのスタートと
なりました。


(今では、この”3歳”から始めた、というのが、本人の誇りになっているよう。
 「2歳がよかった~」などとも。 よく言うよ! ( ̄▽ ̄;) 



 
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ 人気ブログランキングへ
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/149-2835dae3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。