上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2日目は、ザイオン国立公園から、ブライスキャニオン国立公園へ向かいます。
zionbryceroute.jpg
(力技でルートを手書きにしてみました。キレイじゃなくて、すみません・・・)

この縮尺の地図では、「ブライスキャニオン」(Bryce Canyon)という表示が
まだ出ません(^^;)

東へ向かう道はこれしかないので、またザイオンに入園します。
(この道をただ通りたいだけでも、入園料を払わなければならない、ということです。)

2009summertrip2008.jpg

所々のポイントで停まって、最後にザイオンの景色をカメラに収めながら。
2009summertrip2009.jpg

2009summertrip2010.jpg
大地、変な顔~

公園内にあるトンネル。昨日の夜のトレイル歩きに行くときも通って気に入った
らしく、「やったー!またトンネル~!」と喜ぶ子供達。
2009summertrip2019.jpg 2009summertrip2020.jpg

実は、このトンネルの手前に小屋があり、その側にいたレンジャーが車に
寄ってきて、「このトンネルはあなたが最後で通行止めになるから。この
スティックをトンネルを出た所で渡して。」と言われ、棒を渡されました。

そんなことあるの~。
ここを封鎖されたら、東西に行き来が出来なくなって、すごく困るんじゃないの?

トンネルを出た先で、別のレンジャーにスティックを渡しました。
2009summertrip2021.jpg

聞いたら、「アレンジメントをする必要があるから・・・」とか言っていましたが、よく
分かりません。短時間で終わるのかな?


有名な「チェッカーボードメサ」。
見ての通り、名前のとおりです。「メサ」とは、侵食によって形成されたテーブル状の
台地のこと。これは約2,000mの台地。
2009summertrip2027.jpg
幾重にも折り重なって出来た地層に、風雨によって垂直方向にも筋が入り、こうなった
というのですが、それにしても、本当に見事に碁盤状に・・・。
本当に不思議。


ザイオン国立公園を出ると、先程までの岩山、奇岩の風景が嘘だったかのように
平地、草原の風景になりました。
2009summertrip2030.jpg

2009summertrip2032.jpg

12号線に入ってからかな。草原の中に小川も現れました。
しばらく並行するように走りました。
この風景もなかなか素晴しかった。(例のごとく、私の写真では伝えきれませんが)
2009summertrip2034.jpg
この12号線、後で調べてみたら、”Jorney through Time scenic byway”という名前が
ついていました。
何てステキな☆ 「赤毛のアン」に出てきそうな名前じゃないですか?(^^)
先に知っていたら、先入観でもっと印象に残ったかも~(^^;)

(シーニック・バイウェイ  = シーニック・バイウェイ法に基づき、景観性や歴史性に
すぐれており、観光を活性させるための一連の施策が適用される公道とその周囲の
文化遺産)


あれ、ブライスキャニオンに着いたのかな?と一瞬思ったのですが、ブライスの
手前で、「レッドロックキャニオン」(Red Rock Canyon)というのがありました。
2009summertrip2036.jpg

一応、ビジターセンターで撮ってみました。
2009summertrip2037.jpg

この辺りはディキシー国立森林(Dixie National Forest)で、その中にいくつか
特徴的な赤っぽい岩山や、土柱(Hoodoo)があり、きれいなトレイルもあるらしいですが、
州立公園でも何でもなく、料金所もないようです。

きっとブライスキャニオンと似たようなもので、ブライスキャニオンの方が何倍も
壮大だと思うので、そちらに向かいます。
殆どの人に同じように思われて、スルーされているんでしょう。(^^;)

突然、こんなアーチが現れました。おぉ~!
2009summertrip2040.jpg


ブライスキャニオン到着。
2009summertrip2041.jpg

ここは、川の侵食による大渓谷がある訳ではなく、高原の端が侵食されて出来た
巨大な自然の円形劇場(アンフィテアトルム)、なのだとか。
小渓谷の集まり、という表現も。

特徴的なのは、Hoodoo(土柱、尖塔)と呼ばれる独特の岩。
川や湖にあった堆積岩が、風、水、氷に浸食されて無数の奇岩の柱になった。

2009summertrip2042.jpg

2009summertrip2056.jpg

2009summertrip2057.jpg
にしても、こうなるかね~。凄いな~。表現力乏しいけど。

何千万年かけてこうなったのなら、実は今もほんの少しずつ何かしら変化は
していて、何千年とか、何万年後には、また違う形になっているんでしょうね~・・・

ブライスキャニオンは、ザイオンやグランドキャニオンよりも、はるかに標高が
高いので、気温も低めで爽やか。何千(?)本ものHoodooを吹き抜けてくる風も
影響しているとか。
2009summertrip2051.jpg

2009summertrip2054.jpg

翼に、「自然の力で、ものすごく長い時間かけて、こうなったんだよ~。凄いね~。」
などと話してみますが、大して反応もなく。(^^;)
何を、どの程度感じてるんでしょう(^^;)

ブライスという名前の由来は、19世紀にモルモン教会から送りこまれて
この地に住み始めた移民のエベニーザー・ブライスさんから。
彼自身は、ここを「牛がいなくなっちゃうサイテーな場所」と言っていたとか、
言っていなかったとか(^^;)


公園内を南北に走る道沿いのいくつかのビューポイントで降りては、景色を眺め、
撮影をしたのですが、後から見返すと、あれ、この程度の景色の写真だけ?と。
2009summertrip2069.jpg

2009summertrip2073.jpg
入園するときの料金所でガイドマップをもらい、ざっと見て、適当に”ここに寄って
みよう”と決めていくのですが(10箇所以上あるポイント全てに寄って降りる気は
しなかったので)、もしかしたら、もっと圧巻な光景のポイントを逃したかも・・・?

他のサイトなどには、もっと素晴しく圧巻な風景の写真があったりします。
ちょっと後悔。


ブライスキャニオンは、その色も特徴的ですね。
茶色!って感じのザイオンに比べて、ピンク、白、オレンジが入った薄めの色合いが
美しい。

特に、日の出時が最高に美しく、神秘的らしいです。
見てみたかった・・・。
(ただ、それが可能なスケジュールであっても、日の出前に自分が起きて、
家族全員も起こして、そのポイントに向かうのはかなり至難な気がするけど・・・(^^;))

2009summertrip2076.jpg

空気も、全米でも屈指のキレイさらしい。特に冬は。
140km離れたアリゾナ州のナバホ山が見えます。非常に晴れた日には、
320km先のブラックメサが見えたり、夜空には裸眼で7500の星が見える
とか。
それでも、北から、南から、汚染された空気が流れこんできているのだと。
2009summertrip2074.jpg

ところで、ブライスキャニオンの辺りから、よくバイクのツーリングのグループを
見かけるようになりました。結構、年配の方たち、そして、話している言葉を
聞いてみると、どうもドイツ語やフランス語が多い。
2009summertrip2077.jpg
休暇の長いヨーロッパ、きっと何週間もかけてアメリカ中をツーリングして
回ってるのかな。奥さんを後ろに乗せて、夫婦も多そうです。
いいですね~。

ロッジのレストランで昼食をとったら、トレイル歩きをしてみる予定だったのですが、
お天気が悪くなってきてしまい、諦めて、もう次へ出発することにしました。
先に、やっておくべきだったか・・・
2009summertrip2085.jpg

昨日のザイオンでのトレイル歩きで楽しくなって、今日も、と楽しみにしていた
翼が、残念そうでした。

(今になって)心残りのブライスキャニオンを後に。



2009summertrip2089.jpg

次の目的地は、アリゾナ州のペイジ(Page)なのですが、ここで選択肢が。

さっき通ってきた道を戻って遠回りになる青いルートか、12号線から
直接南に向かってペイジへのショートカットとなるピンクのルートか。
brycepage.jpg

ネットの地図でルート検索をしても、青いルートしか出てきません。
しかし、ロードマップには薄い線で、一応ピンクの部分の道が載っています。
携帯カーナビのガーミン君も、ピンクのルートを出してきます。

ショートカットに挑戦してみることにしました
2009summertrip2093.jpg
Cannonvilleという町で12号線を外れると、すぐに周りは何もない
草原地帯。

快調に進んで行きましたが、地図にもあるはずの真っ直ぐ南へ伸びる
ガーミン君の示す道は、川に合流するような形で途切れてしまいました。

続いている道の方に進むと、ガーミン君は新しいルートを提案してきました。

2009summertrip2097.jpg

こんなところで故障とかしませんように・・・と祈りたくなります。(^^;)
ちょっと不安を抱えつつ、しかし、360°車は我々一台きりの景色を楽しみ
ながら進みます。
2009summertrip2098.jpg

ちょっと雨が降ってきました。
道も未舗装の道に・・・。ドキドキ。
2009summertrip2099.jpg

遥か前方に車が停まっているのが見えました。嫌な予感(^^;)

近づいてみると、さらにその前方の斜面を必死に上ろうとしている別の車
の様子を観察しているのでした( ̄∇ ̄)
2009summertrip2100.jpg
滑ってしまってなかなか進めず、苦労してるようです・・・

ここまで来たけど、諦めたほうが良さそうです・・・
あ~、これから戻って、あの遠回りルートか~・・・

結局、こういうことでした。(非常にアバウトですが)
brycepage2.jpg

さぁ、来た道を戻ろう。
2009summertrip2103.jpg

後ろの車は、その手前の道を曲がって行きました。
地元の人なのかな?どこに続くんだろう?
2009summertrip2104.jpg

でも、ここで見えた景色も印象的でした。いい体験、いい体験。
2009summertrip2105.jpg

鹿もいた!
2009summertrip2110.jpg

後ほどgoogle mapで調べてみたところ、すごく拡大していくと、確かに
Cottonwood Canyon Rd という道が細々と南の89号線まで続いていました。
Big Waterという小さな村の少し西側でぶつかります。89号を走っていて、
その道が89号にぶつかっているのも確認しました。
問題は、私たちが引き返した地点の先がどうなっているかですが・・・
ダンナは雨が降ってなければ行けただろう、と言う。
もし、ブライス⇔ペイジ間を移動する予定のある方で、なおかつ冒険好きな方が
いらっしゃいましたら、是非挑戦してレポートしていただきたい。( ̄ー ̄) 

実はこれで2度目の、ガーミン君誘導による「マイナーな道でショートカットを
試みて敗れる」のパターンでした。

(以前は、ニューメキシコ州で、ネイティブ・アメリカンの村の中の道を走って行き、
未舗装になり、最終的に山火事があったとかで通行止め)


12号線に出てすぐ、道路沿いにいた馬と触れ合ってみる。
2009summertrip2113.jpg
翼、自分用にとっておいたリンゴを悩んだ末、馬にあげることに。

用心深くあまり近寄らなかった大地も、馬がシャクシャクとリンゴを食べる
のは面白かったらしく、「あしたも あげる~!」 (⌒∇⌒)

途中の小さな町。
2009summertrip2114.jpg

2009summertrip2115.jpg

2009summertrip2116.jpg

2009summertrip2117.jpg

インディアングッズ、インディアンジュエリー、石 の土産物屋の店が
ちょくちょくある。
こういう小さな町をいくつも通り過ぎる。


やっとカナブ(Kanab)に着いた。正面の山にKの文字。
2009summertrip2120.jpg

ここから、もうひと頑張り。

2009summertrip2121.jpg

Kanabの町から東方面、ページ近くまでかなりの距離、ガソリンスタンドも
休憩所もありませんでした。
膀胱炎が怖い私、ちょっと不安になってしまいました。
Kanabの町で、済ませておくべし・・・



グレンキャニオン国立公園に入ったようです。
2009summertrip2122.jpg

そしてアリゾナ州に。
2009summertrip2125.jpg


パウウェル湖に到着!
2009summertrip2130.jpg
リゾート地なんですね。
沢山の、きっと個人所有のボートが湖に浮かんでいました。

実は、人造湖です。アメリカ国内で二番目に大きな人口湖だそうです。
ほとんど植物の生えていないピンクがかったサンドストーンに水が囲まれて
いるのが印象的です。

グレンキャニオン橋と、グレンキャニオンダム。
2009summertrip2135.jpg

2009summertrip2136.jpg

ダムの建設終了から、ダムに水を貯水してパウエル湖ができあがるまでに
さらに17年間かかったそうです。

ここでも見かけたツーリング集団。
2009summertrip2138.jpg


今夜も、夕食は部屋で済ませちゃいます。

これが、うちの旅行グッズの一部。
2009summertrip155.jpg

炊飯器も持参しています!
荷物が一つ増えてしまいますが、それでもあると助かる。
今回は手荷物で機内に持ち込みました。
荷物検査を受けるとき、バッグから取り出しておいた方がいいものは
出して準備しておきますが、片手にノートパソコン、もう一方の手に炊飯器
を持って立っているダンナの姿は、なぜか滑稽で笑えました・・・(^m^)

朝食や夕食に利用し、メニューのパターンは、

・お茶漬け
・カップ麺
・炊き込みご飯 or チラシ寿司 or お赤飯 + さば味噌煮缶 + 味噌汁
・レンジがあれば、おもち + 海苔・醤油

などがあります。

あと、水出し緑茶も重宝~。
野菜不足対策に、せめてもということで、野菜ジュースも持参。


今日のメニューはカレーライス。
2009summertrip2145.jpg 2009summertrip2150.jpg


2日目終了。

↓押していただけると、嬉しいです。 
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ 人気ブログランキングへ
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/172-ca14643b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。