上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.18 違和感
ある映画の宣伝コピー。


何の映画か、お分かりでしょうか?



愉しきかな 血沸き 肉踊る・・・
2009.10.13 001



漫画映画
2009.10.13 005








2009.10.13 011

天空の城ラピュタ!!!

えーーー!!??




時代を超え 世代を超えて
2009.10.13 012



ドキドキ ワクワクぅ~!!?? 2009.10.13 015


本当に、ジブリ映画のコピー!?
違和感ありまくり!!

この ドキドキワクワク のフォントと色がまた・・・


大好きなシータを守ってあげたい・・・
2009.10.13 038


・・・て、ちが~う!!なんか、ちが~う!!(><)





実は、英語版の「天空の城ラピュタ」のDVDを手にする機会がありまして、
ボーナストラックに日本での上映当時の宣伝フィルムがあったので、見てみたら、
こんなのが出てきて・・・ビックリしました。


いやぁ~・・・80年代って、こんな感じだったんですね。ジブリでも。


人々のセンスも・・・時の流れと共に、変わってくるもんなんですねぇ・・・
23年前なんですけどねぇ・・・


ナレーションも突っ込みどころ満載で。

細かいところ忘れてしまいましたけど、「波乱万丈」とか、「冒険活劇」とか?
やっぱり、今と言葉のチョイスがちょっと違いますよねぇ?
窪田等(多分)のナレーションは素晴しいんですけどね。
(←情熱大陸や世界ふしぎ発見のナレーションの人)



なぜこれを見ることになったかというと、「ラピュタ」は私にとってのジブリ映画のNo.1であり、
アニメに関わらず、映画としても常に自分の中でのランキングの上位にある、本当に大好きな
作品なんです。

で、最近、大地の幼稚園時代からの親友の誕生日パーティーに、また招いてもらったので、
”ちょっと日本人の友達ならではのプレゼントにしてみようかなー”と思い、だったら是非紹介したい
この作品、ラピュタの英語版DVDはどうだろう、と思ったのです。

(ちなみに、英語版では”Castle in the Sky”というタイトルになっている。
”ラピュタ”という言葉のもともとの語源が、タイトルとしては相応しくないからという
理由である。
何軒かDVD売り場を回ってみたが、見つけられなかったので、通販で購入。
ちなみに、”千と千尋の神隠し”と”紅の豚”は、よく見かける)


で、プレゼントする前に、すっごく興味があったのと、一応、ちゃんと映るかどうか
チェック という名目で、中身を見ちゃいました。


ちなみに本編の方も・・・
2009.10.13 042

やっぱり違和感。

声が・・・


パズーの声が、オジサン声なんです・・・(ー◇ー;)


もう、しょうがないとは思うけど・・・

私(私たち)は、もう、あのパズーとシータの声で馴染んでしまっているわけですから・・・


あ~、でもな~、パズーは、あの田中真弓の、ハスキーで、好奇心に満ちて、
茶目っ気と知性と誠実さと芯の強さを感じさせる、「ザ・少年」なあの声だからこそ
魅力的だと私は思うわけで。

英語版、実際に声をあてているのは、青年俳優でしたが、だったらもっと若々しい声の俳優
いなかったのか、と。



そして、シータの声は、なんと言ったらいいのか、少女っぽい声ではあるんだけど、
インパクトがなく、発音が聞き取りづらいと感じるところもあって、明瞭さがいまいち。
誰なんだろう~、と思っていたら、アンナ・パキン。

あ~、あの、ピアノ・レッスンで主人公の娘役を演じ、アカデミー助演女優賞を獲った・・・。




やっぱり、本職の声優さんですごいんですね。

シータの声(横沢啓子)も、愛らしさはもちろん、語尾まで気持ちよくピシッ、ピシッと
決まって、本当に聞きやすいもんな~・・・


この声でこの映画を見られないなんて、外国人(日本語が分からない人達)
かわいそー、とさえ思ってしまう・・・



ちなみに、ムスカ役のマーク・ハミル(スターウォーズ旧3部作のルーク・スカイウォーカー)
と、ベテラン女優さんらしいドーラ役の人の声は、OKでした。



さて、このDVDをプレゼントして、すでに見てくれたのかどうか、見てどういう感想を
持たれたのかは分かりません。
(誕生日君のお母さんに、”大人も楽しめるので、是非”とは勧めておいた)

ま、もし内容が彼らの好みや印象には残らなくても、このDVDが手元に残って、
”そういえば、日本人のお友達がいて、このDVDをくれたな・・・”と思い出してもらえる
記念になればいいかな、と思います。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/198-b784fd51
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。