上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(大地5歳11ヶ月 習い始めて1年と11ヶ月)


昨年12月のこと。

とうとう、念願の“大きいバイオリン”(1/8サイズ)を手にした大地。

015.jpg

この日、バイオリンショップから貸し出してもらっている、2つの候補バイオリンを持って
レッスンへ。

バイオリンAとバイオリンB、とすると、家で私や大地が音を出してみた結果、ダンナも含めて
全員がBの方がいい、という結論でした。

先生に弾いてみてもらうと、やはり先生も、Bがいいと。

大地も聞き分ける耳ができてきたのか、と、そこはちょっと驚ました。



しかし、バイオリン決定のプロセスは一度音を出しただけでは終わりませんでした。


大地にすこし離れたところで目をつぶらせて、先生がAとBのバイオリンを、どちらか
分からないように順番に弾き、大地に1番目と2番目、どちらの音が良かったかを答えさせます。

大地、“A”の方を選んでしまいました。あれっ(^^;)



ただ、その気持ちも分からなくもない。先生が弾くと、私たちが弾くより、どちらもとても
いい音が出てしまうので、差が分かりにくくなります。( ̄∇ ̄)



次に先生が離れた場所に行って目をつぶり、大地にAとB、どっちがどっちか分からないように
順番に弾かせます。先生はやっぱり、Bの方を選ばれました。


ようやく、大地のバイオリン決定!



サイズは大きくなったし、バイオリンケースも大きくちょっと豪華になって、
 背中に担げるのも嬉しいし、内側のビロード生地が青いのも嬉しいし、ご機嫌で、
モチベーションも少しアップしたよう。

よかったよかった(´∀`)



ここで、「もうすぐ6歳になるんだよ~」と最近の口癖の誕生日ネタを先生にふる大地。


「そうなの!?すごいじゃない~!!

・・・じゃ、もう6歳になるし、バイオリンも大きくなったし、
これからは弓の持ち方も、“インサイド”にしてみようか(⌒∇⌒)


プライドをくすぐられながらの提案に、「うん」と素直に応じる大地。

さすが、先生。( ̄ー ̄) 

(今までは弓の外側に親指をおく“小さい子供向け”の持ち方をしており、数ヶ月前から
内側に親指をおく持ち方で弾くように時々言われていたものの、なかなか応じようとしなかった)


これまで使っていたバイオリンを、バイオリンショップに返すため、先生がきれいに
してくださいました。

指で押さえる場所を示すためのテープも取って。

新しいバイオリンに、指の位置テープを貼ろうか?と聞かれた大地、

それも断る!

また一つ、小さな階段を一段上ったように見えた大地でした。

この日のレッスンはこれらのプロセスに殆どの時間を使いました。

019.jpg


最後に、次の時間のレッスンに来た女の子と先生と一緒に、クリスマスコンサート用の曲を
少し練習して、終わりました。

028.jpg


*****

また後日、バイオリンショップへ。

今までは、レンタルをしていたのですが、レンタルするよりも買っちゃった方が結局得だと
先生にも言われて、今度は購入することに。
レンタルするということは結局どこかで、“ファイナンスが発生”しているということだから、と。

ショップに行くと、これまで払ったレンタル料のデポジットが残ってると言われ、
そのデポジットを次のバイオリンの代金にあてられる、と。
それが代金の6割くらいの金額だったので、結局差額の4割を払うだけ。

知らなかった・・・

そしてこれもよく分かっていなかったのですが、バイオリンは使っていても価値が殆ど
下がらないもの・・・なのですか?

また次にバイオリンを買い換えるときは、今のこのバイオリンの代金のままで下取りをしてもらえ、
また次のバイオリンとの差額を支払うだけで購入できるのだ、と言うのです。

あ~、そういえば、最初のバイオリンの先生もなんかそういうこと言ってた・・・
(ちょっと信じられなくて、自分が英語をよく聞き取れていないのかと思った)



バイオリンて、買換えなきゃいけないから、ピアノよりもお金がかかると言われたりしますけど、
そんなことない、という印象です。
すごく高いのを買わされるわけでもないし。

(私がネットで調べた中では、“10万円くらいのバイオリンを用意するべき”とか、
“20~30万くらいのバイオリンを買うように言われる”とかいう話があった)

あくまで、大地の例ですが、全然そんな値段ではないです。
結局、一番最後に手元に残るバイオリン分の金額を払う、ってことになるんですね。

ピアノと違って、何度も買い換える手間はかかりますが、こうやって成長を感じられる節目があるのも
いいな、と思ったのでした。


(この、買った値段で下取りしてくれるシステム、もしかしたら珍しいことなのでしょうか。
他の方たちからは、そんな話は全く聞きません。地域によるのか、店によるのか?
何にせよ、ありがたいのですが。)


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/221-06817bbb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。