上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(大地6歳0ヶ月、習い始めて2年)

kako-BQunjQWF2rCVcxl1.jpg

バイオリン練習中の大地。
うかない顔をしているのは、この前に、ママと一悶着あったから。



家での練習も割とすんなりやるようになって、楽になってきたかな~、と思っていたら、
また最近何だかグズって、私と言い争いをすることが多くなったような。


この日も、「○分になった始める」から、それまでYou Tubeで好きなバイオリン演奏の動画を見たい、
というので見せ、さぁ時間になったから始めよう、と、取り掛かりと、最初のうちは調子良かった
ものの、途中から急にわざと、

“変なところ(ステッパー器具)に体や足を挟ませ”、

わざと “動けない” 

素振りをしたりして、無駄な時間稼ぎのパフォーマンス。


夕食の準備を中断して練習に付き合っていることや、大地の練習が終わらないと翼がピアノの練習を
始められないことから、ついイラついて、

「ねぇ~、そういうことやめて、さっさとやろうよ~。やればすぐに終わることじゃない。」

と声をかけると、突然スイッチオフ。


じわっと涙目になり、 「なんで、いっつも、沢山やらないといけないのっ!!」

そんな、沢山でもないが、君の練習量なんて・・・



それより、「○分から始める」「You Tubeを見たら、練習ちゃんとやる」と宣言したのに、
それを守らなかったことにブチ切れた私。
つい、大きな声で説教タイム。


てなことがあって、しばらく時間をおいて、やっとまた練習を再開する気になった。(諦めか)

夕飯の時間も遅れ、就寝予定時間までも、もうあまり余裕がない・・・




そんなことを毎日のように繰り返してこの日、“100回練習シート”の最後の欄に、チェックが入った。


先生から渡されるこのシートに、一日の練習が終わるごとに一マス、チェックを入れていき、
100回の練習が終わるたびに、それを先生に提出することになっている。

先生は、それを受けて、毎回、本人の希望の色のトロフィーを発注してくださる。
1年前に今の先生についてから、すでに2本のトロフィーを獲得した。



レッスンに行き、誇らしげに“100回練習シート”を先生に渡す大地。

「うっそ~!!こんなに練習したの~!!」 と大きなリアクションをしてくれる先生。



「100回は大変(hard)だった?それとも、簡単(easy)だった?」(⌒∇⌒) との問いかけに、

「easy.」と答える大地。


ハッ、よく言うぜ~!!!( ̄▽ ̄;)

思いっきり苦笑いしてしまった私を見た先生、

「大変なのは、親よね~」(⌒∇⌒)



そして、大地の方を向き、

「あなたが35歳くらいになったとき、お母さんに電話して、こう言いたくなる日が
きっと来るから。



  “母さんありがとう、母さんが僕にしてくれたこと・・・
あの頃は分からなかったけど、今本当に感謝してる” 


 ってね。」



(T◇T)

き、来ますかね・・・そんな日。
夢だね・・・



「親はとにかく忍耐が必要ね。いつかは報われるけど、そのためには待たなきゃいけないのよ・・・


30年くらいね! 」(⌒∇⌒)



「私も今になって、よ~く分かるもの。母が大変だったんだろうな~って。
私も本当に練習嫌いで。先生にも、いつも言われてたわ。
“才能はあるのに、どうして練習しないのー!?”って。
高校のオケの先生にも、いつも怒られて。今思うと申し訳ないくらい。
本当にhorrible studentだったの。」(⌒∇⌒)



そして、自宅での練習では、自分の部屋のベッドに腰掛て、片足をベッドに乗せ、本を読みながら
テキトーにバイオリンを弾いていたこと、でも、ページをめくるときに、演奏が中断されるので、
それでお母さんにバレて、部屋に覗きにきたお母さんに怒られていた、なんてエピソードを
“horrible student”という言葉を何度も強調しながら、面白おかしく語ってくださるのでした。


そうだったんですか~。先生が。信じられないです。




次のトロフィーの希望の色を聞かれ、「ゴールド」と答えた大地。(一つ目は青、二つ目は虹色)


新しい“100回練習シート”ももらって、さぁ、明日からまた頑張ろう。

30年後を思って。




ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/244-7b09db9c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。