上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先月のことになりますが、バレンタインの日のスーパーマーケット。

実演コーナーでは、この“イチゴのチョコレートがけ”が定番のようです。
私はあまり魅力を感じなくて、買ったことはないのですが、アメリカ人はこれが好きみたい。

2010.02.18 037

2010.02.18 039

2010.02.18 036

これとは別の場所にも、棚一面に赤やピンクのパッケージのチョコレートやキャンディが並んだ
バレンタインコーナーがありますが、日本のように、ここぞとばかり、特別仕様の高級系な
チョコレートが並ぶ、ということはなく、どちらかというと、「義理チョコ」用のおお手頃な
ものがメインですかね。

口に入れるとスッと溶けていくような、トリュフ系のチョコは殆どないような気がするなぁ。

日本にいた頃は、この時期に、デパ地下なんかのバレンタインフェアで、一番食べてみたいチョコ
ダンナが美味しいと喜んでくれるかな~と思うチョコを物色して、ダンナに渡し、結局山分け、というのが
楽しみだったんだけど( ̄ー ̄)、最近、それもないなー。



・・・冷たいかな( ̄▽ ̄;) 
まぁ、アメリカでは、別に女性⇒男性と決まってる訳じゃないしぃ~。
男性からプレゼントくれたって、いいんだけど、それも全くないしぃ~。


・・・ま、でも、時間があったら、ダンナの好きなタイプのチョコレートケーキでも、
作ってあげましょうかね~。


あ、トリュフ系のチョコレートはあまりない、と書きましたが、バレンタインは関係なく、
Whole Foodsで売ってる365 Organicシリーズのトリュフチョコレート、あれは美味いです、うん。
食べたくなってきた。



そんな私たちより、我が家で今、一番仲睦まじいのは、この子たち。

2010.02.28 029

我が家に連れてこられ、見ず知らずの相手と強制的に同居を始めさせられて5ヶ月、ふと見ると、
こういう状態で寄り添っていることが多く、その様子に和まされます。(´∀`) 


多分メスの黄色と、オスの白のこのカップル、実は、カノジョの方がメチャクチャ気が強くて
カレがものすごく温和で優しい

我が家にやって来て1週間くらいは、怯えて、猫をかぶっていたものの、すぐに本性を現した”黄色“。

自分がエサを食べたくなったときに、”白“がエサをつついていても、お構いなしに
「どけよ!」とばかり突進して行き、追いやる。
”白“は慌てて、翼をばたつかせながら、素直に別の場所に移り、”黄色“が食べ終わるまで我慢。

”黄色“が食べ終わり、離れたのを見計らって、またエサコーナーへ。
なのに、また”黄色“が 「やっぱり食べ足りなかったワ。どいてよ!!」 と、体当たりしてきて、
追いやられ・・・


それでも、文句一つ言わず、”黄色”の隣に行っては、顔を覗き込んで話しかけてみたり(?)、
体を揺らして気をひいてみたり、体をクチバシで掻いてあげたり。

なんて健気なやつ( ̄▽ ̄;) 


気持ちよさげな”黄色“に、「女王様か!」と突っ込んでみたくもなりましたが、
最近、そんな”白“の健気な思いが伝わったのか、お互いの付き合い方を心得てきたのか、
とてもいい感じ。

「私のゴハンの時間よ!どきなさいよ!」
「す、すみませんっ。」バサバサッ 


ということも、少なくなってきたようです。

“白”が“黄色”に怒られないタイミングを見計らうのが上手くなったのか? ( ̄∇ ̄)


ひとしきり遊んだら、またこうして、2羽でまったりタイム。
“黄色”が”白“の体を掻いてあげることも。
お互いを思いやる、なんだか長年連れ添った夫婦のようなはまり具合で。

2010.02.28 037


“あっ、見られてる!”と気づくと、ちょっと体を離して、しらーっと関係ない
方向を向いて静止してみる(^m^)

2010.02.28 040

で、しばらくすると、また・・・(^m^)

2010.02.28 045

我が家の癒しです。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/256-a75bff66
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。