上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンクスギビング休暇は、ダンナの仕事が忙しいことと、冬と春に大きな旅行の
予定があるので節約もしなきゃね~、ということで、どこにも出かけず、
家でまったりと過ごしていた我が家。

(9月の”ハリケーン休み”に、旅行に行っておいてよかった。
ふと、学校も会社も休みなのに、もったいなくない?と、友人家族たちと集まって
夕ごはんを食べていた席で思い立ち、本来はサンクスギビング休暇に行こうと
考えていたニューメキシコ州南部(カールスバッド国立公園と、
ホワイトサンズ国定公園)に向け、翌日早朝に出発したのでした!)

翼の学校は休暇に入ったけど、大地の幼稚園はまだあった一日目。

翼とレインフォレストカフェへ。

Mills1

実はここ、こんな風に、学校は休み(半日授業)だけど幼稚園はやっている、
というような日の、私と翼の定番デートコースになりつつあります。

アメリカを中心に、世界各地にあるらしい。
熱帯雨林と自然保護をテーマにしたレストランです。
(日本には一箇所、千葉のイクスピアリにあるんですね。)

中はこんな感じで、ウェイター/ウェイトレスさんも、サバンナルックで、
ゾウやゴリラやサルなど、ジャングルの生き物達があちこちにいます。

Mills2

定期的に、店内が暗くなり、照明がフラッシュしながら雷鳴がとどろいたり、
ゾウやゴリラが吼えながら動いたりします。

Mills3

渡米してわりとすぐに、このレストランに来たとき、翼はこれを気に入り、
大地は怖がってこの店には来たがらなくなりました。

なので、このレストランは、私と翼だけの時間があるときのお楽しみということに





その後は、同じモール内の本屋へ。(これも定番かな)

本屋大好き、というか、本を買ってもらうのが大好きな翼。
確かに、本が好きなのはいいことだし、毎日英語の本を読んでるし
(毎日最低20分のリーディングが課されています)、”買った本の7割は
積読になってしまっても、とにかく本を買ってやるのは良いこと”という
話も聞きますが、翼はとにかく、学校でブックフェアがあるたび、学校から
本の注文カタログを渡される度に、「これと、これと、これ買って!」

本は何冊も買うと、値段も結構しますので(^^;)

「いいけど、まだ読んでない本が沢山あるでしょ。それを読んだら
買ってあげる。」

「いいの!!買ってほしいの!!買ってよー!!!」

という会話がちょくちょくあります(-。-;)

本が好き、本が欲しい、という気持ちは大切にしたいんですけどね~

でも今日は、お目当ての本がありました。

翼が図書室から借りてきて読んでいた本。
私も覗いてみたら、ユニークですごく面白そうで、自分の英語の勉強にも
なりそうだったので(^^;)、「これは本屋にあったら買ってあげるよ」と約束
していたのです。
ベストセラーとか表紙に書いてあったので、人気のある本らしいな、とは
思っていたのですが、

Mills5

お~、ズラっと沢山並んでました!やっぱり、すごく人気がある本なんだ!
しかも、シリーズものだったんだ。(しかも会員カードを持ってると、20%引き

翼も興奮!

こんな風に、翼が図書室から借りてきて読んでいる本から、アメリカで人気の
児童書を知ることが、よくあります。

今日のところは、とりあえず、この3冊を買うことに。

book4
Diary of a Wimpy Kid (Diary of a Wimpy Kid)

book2
Diary of a Wimpy Kid: Rodrick Rules (Diary of a Wimpy Kid)

book2
Diary of a Wimpy Kid: Do-it-yourself Book
↑これは、自分で色々書き込めるようになっています。

他にも、翼にはいくつかお気に入りのシリーズがあり、「オ~!!○○だ!!」
などと発見しては盛り上がっていました。


Mills6

と書くと、翼がもう英語の本も問題なく読めているように思われるかも
しれませんが、リーディングについては、まだまだ発展途上。
この2nd gradeの間に、さらなるレベルアップを望まれていて、ESLのクラスで
リーディングの特訓を受ける毎日です。
このことについては、またいずれ書きたいと思います。

ところで、ふと目についたこの棚の本。

Mills4

ジャパニーズ MANGA ですね!
詳しくないのでよく分かりませんが、”ヒカルの碁”とか見えますね。

MANGAという言葉も定着しつつあるようで、ある学校で、放課後の活動なのか
”Manga Club"という張り紙を見かけたり、図書館のイベントで”Mangaを描いてみよう”
という案内を見かけたことがあります。

日本のオタク文化は、日本人が思っている以上に、ものすごい勢いで
広まっているように感じます。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/28-2d19b576
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。