上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月下旬から7月にかけて、翼は2週間のサマーキャンプに参加した。

キャンプ場は、サンアントニオのさらに西の方にある小さな町。
キャンプ初日、翼を送っていくため、片道4時間の道程を、家族4人でドライブした。

2010.06.26 001

2010.06.26 013


途中、バンデラという町を通る。

この辺りは、カウボーイ体験ができる“ゲストランチ(観光牧場)”というものがいくつもあり、
手持ちの“地球の歩き方 テーマで旅するアメリカ”編にも載っているので、行ってみたいと思って
いたのだけど、今回は町を通り過ぎるだけ・・・
(もう来ることもないかもなぁ・・・)

2010.06.26 014

“Cowboy Capital of the World” なのだそうだ。

2010.06.26 015

2010.06.26 016

ホントだ、対向車線には馬!

2010.06.26 019


バンデラも越えて、さらに何も無い田舎へ。

2010.06.26 025


着いたー!ここが、翼が2週間過ごすキャンプ場。

2010.06.26 026


ちなみに、ここを選んだ理由は、どうしても “6月末から7月初めの期間を含む2~3週間のキャンプ”
がよかったので、そういう条件で、家から何とか連れて行ける範囲ということで該当したのが、
私が探した限りでは、ここしか無かったからです。

ヒューストンから行ける泊りがけのキャンプは、もっと近い場所にも、いくつもあります。


2010.06.26 027
かき氷をもらいました。


2010.06.26 030
場内を探検。


こちらが、翼の寝泊りするキャビン。

2010.06.26 034


ベッドは早いもの順。すでに荷物が置かれているカウンセラーのベッドを除いて
(こんな小さなベッドで大きな男性が寝るのは大変そう)、まだがら空きだったので、
早速上の段を確保。
大地がしきりと、「窓の側!上の段!」と翼にすすめていた。



フットボールのゴールなどがある広大なグラウンド。
2010.06.26 036

この向こ~うの方は川が流れていて、そこも遊び場になっている。
2010.06.26 038

メインの建物。
2010.06.26 039


親たち対象のオリエンテーション。
2010.06.26 046


内容は、キャンプの概要というより、主にキリスト教の精神論という感じ。
(キャンプの運営団体は、キリスト教系であることが多い)

このキャンプで、子供たちにこういう価値観を身につけてもらいたい、そのために、
こういう活動を取り入れます、というような。
(我が家は無宗教だが、良い価値観や考え方は、翼もとり入れて成長してくれればいい)


子供たちを指導するカウンセラーは、テキサスやその近隣の州の大学生たち。

翼のキャビンの担当者は、サンアントニオ出身だが、ずっとサッカーをやっていたそうで、
遠征で私たちの住む町にも来たことがあったり、翼の所属するサッカークラブも知っている、
などと分かり、一気に打ち解けました。


子供たちはすでに、親から離れて集まり、何かのセレモニー?
2010.06.26 049


この後、早速、川遊びのために川の方へ歩いていく子供たちを見送りながら、
私たちはまた4時間の帰宅の途へ。

途中、帰り道から見えた、川の遊び場。大きなすべり台が設置されています。
これは楽しそうだ。

2010.06.26 051

元気で、思いっきり遊んで、できれば、まぁ、ちょっと成長もして帰ってきて欲しい。



その翌週、私と大地は、フォートワースへ、4泊5日のバイオリンのSummer Institute へ。
日本語にするなら、“バイオリン合宿”というのがピッタリきそうな。

2010.07.04 261

2010.07.04 268


片道300マイル(約480キロ)、休憩含めて5時間の往復、無事にこなすことが出来、
私的には、そのことの方が感慨深かったり。

運転経験、殆ど無しの状態で始まった駐妻としてのドライブ修行も、ついにここまでくれば、
集大成かと。
しかし、480kmを、実質の運転時間は4時間半で移動してしまうのだからなぁ、アメリカは。



こちらの“合宿”のことは、また追々、自分の記録のためにも記事にしていきたいと思います。




そして、2週間ぶりに家族4人が揃った我が家。

ですが、翼は、キャンプ最終日から体調を崩し、帰宅後数日、熱と頭痛で寝込んでしまいました。

キャンプでの活動はとても楽しんだようなのですが、例の“アメリカ的な食事”の毎日で、
食べたいものがあまり無く、その点が辛かったらしい。

また、就寝時間が22時半と、普段の我が家での習慣よりかなり遅く設定されており、
それも辛かったようで、それらも含めて疲れがたまってしまったのでしょうか。

食欲もなかったのですが、ようやく3日経った今日から、私の作った食事を徐々にモリモリと
(まだ本調子ではないけど)食べ始めて、ホッとしました。栄養を取り戻さなきゃね。
(あ、でも、またすぐに旅行に出る・・・)


そして、バイオリン合宿中に、翼が“発熱”という情報を聞き、状況を確かめるために
電話をして翼と会話をした大地、その直後から、体が熱くなってきて、なんとこちらも発熱!

「なんか熱いね。気分どう?」と声をかけると、わざとかどうかは定かではないものの、
急にグッタリした様子になり、その日はすぐに部屋にもどって休むことに。

一晩寝て明けたら、熱は下がって、元気になったものの、帰宅し、翌日、翼が「頭が痛い」と言うと、
大地も「頭が痛い~」と言い、何度か言っているうちに、泣き始める始末。

何なんでしょう、これは・・・ ( ̄∇ ̄)


そして、ようやく、2人とも元気になったと思ったら、早速、いさかい、ケンカ、
叩いたの叩いてないの、バカだの、バカって言っただの、ブリブリだの、ナ~ナナブ~ブ~、だの、
意味のない罵りあいと、衝突を繰り返し、

その騒がしさと、下らなさと、飽き飽きするワンパターンに、ため息をつく私の日常生活が
戻ってきたのでした。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/303-c19b80e8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。