上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.13 車の国の駐妻
隣の大都市のダウンタウンまで、ドライブをしました。


渡米してから、必要に迫られ仕方なく、自力で移動できる範囲を
広げてきましたが、いくつものハイウェイの接続・分岐をかわし、乗り継いで行かないと
辿り着けないダウンタウンエリア、高速で走り続けながら瞬時の判断をしなければ
ならないというプレッシャーで、まだメチャクチャ緊張して、心拍数が上がります。


初めての場所に行くときは、

駐車場の入り口が分かるかどうか、

駐車場の中の構造はどうなってるのか、

まで気になって、不安は尽きません。



駐車場に無事停めることができたら、しばし座席でグッタリして、心拍数が
落ち着くのを待ちます。



そんなことを繰り返しながら、駐妻生活も約2年が過ぎました。


この間、

パトカーにサイレンを鳴らされながら追いかけられ、
(←一時停止が不十分と見なされたらしいが、自分にはその意識がなかったので
自分に鳴らされていると思わず)

タイヤのパンクで立ち往生もし、

ハイウェイで交通事故にも遭いました。(完全に相手の非、幸いケガ人なし)も


経験しました。

同じような境遇の方、がんばりましょうね・・・


これから赴任によって運転を始めなければならない方、

私が(緊張しながらも)出来るようになっているのだから、99%の人は出来るようになる
ということです。大丈夫。
(それほど底辺からの出発でした。)




さて、今回は、大地のパスポートの更新手続きが目的でした。

ダンナには、4ヶ月前から

「更新に行きたいから(運転してほしいから)、あまり忙しくない日があったら
時間とってね♪」

とお願いしてあったのに、何度かリマインドもしたのに、

結局、数週間前から超多忙になり、仕事が落ち着くのを待っていたら、
冬休みの旅行に間に合わない、ということが判明したのでした。



前述のような道程がありながらも、着いてしまえば、手続きも非常に素早く終わり、
(人が少ないからこれは日本でやるより超ラク♪)、ホッとした気分で眺めた
クリスマスツリーです。

ryoujikan



で、とうとうパスポートが2冊目に突入の大地。

0歳でパスポートを作ったから、当然写真はモロ赤ちゃんで、本人はすでに幼児顔に
なってるのに、パスポート写真とのギャップに、毎回笑ってしまってたんだけど、
これももう終わりか~。


搭乗の手続きのときに、航空会社のスタッフのお姉さんが、このパスポート写真を
見た途端に笑顔になり、

「オ~ ちょっとこれ見て~。」

と、隣にいたお姉さんにも見せ、二人で「オ~」「ア~」( ´∀`)
と、萌え~なため息。反対燐から、男性スタッフも覗きこんできてニヤリ。

「He has changed a lot.」 ((その写真から)随分変わりました)

と話かけると、彼は現在の大地と写真を交互に見やり、

「Not so much.」(゚ー^) (そうでもないよ)

なんて言われたことも、思い出です。


新しいパスポートにはどんなスタンプと思い出が残るかな。
とりあえず第一弾は、メキシコです。


toshi
↑初めての海外、マレーシアにて。あんまり変わってない?



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/33-f04c1e70
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。