上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年6月末から7月初めにかけて、4泊5日で、スズキメソードによる“Summer Institute”
(バイオリン・キャンプ)なるものに参加した記録です。

 →以前の記事:
アメリカでバイオリン・キャンプに参加(1)
アメリカでバイオリン・キャンプに参加(2)
アメリカでバイオリン・キャンプに参加(3)




2日目。
今日から3日間は、3つのクラス、1つのアクティビティ・クラス、プレイ・イン、
夕方にかけてはコンサート、夜にかけてはイベント というスケジュールの日が続きます。

(プレイ・イン=大雑把にレベル分けした子供たちが集まって、大勢で楽器を演奏して楽しむ。
その間、親は同じ時間に開催されている講演を聞きに行ける)

プレイ・イン以外、小さい子には基本、親が全て付き添います。



今日の1つめのクラス、グループ・クラスの開始を待つ。
si073.jpg


この日は、「各自の“スクール・Tシャツ”を着ましょう」 という呼びかけがあったので、
持ってきた子は、それぞれのバイオリン教室のTシャツを着ています。
こちらの楽器の“教室”って、お揃いのTシャツを作るのは当たり前みたいですね。
大地ももちろん、着ています。


チューニングのために並んでます。
si075.jpg


グループ・クラスの担当は、ミッチェル先生。
とても親しみやすく、テンポ良く、ユーモアに溢れ、子供たちの扱い・指導に長けている人だと、
すぐ分かりました。



「円になって。バイオリンは置いて。」
si077.jpg


「そのまま寝転んじゃいましょう!Violin flowerよ!」
si078.jpg


可笑しそうに笑って喜ぶ子供たち。
si080.jpg

「こんなことしたって、Home teacher(自分の本来のバイオリンの先生)には内緒にしてね!」

ちょうど、カメラマンが入って来て、この状態で写真を撮ってもらう。
部屋中、笑いに包まれました。



先生からのお願い。

「みんな、毎日たっぷりと寝てね。でないと、so grumpy(イライラ、不機嫌) になっちゃうから。」

「みんなとお友達になってね。その友情はこれからも続くから。」

「Home teacher(自分の先生)と違うことを私が言っても、やってみてね。」




皆が今どの曲を弾いているのかを確認。

「みんな、Book1の半分までは行っているのね!Very impressive!」



パーツの名前と扱いかたを、節をつけて全員で声に出して言う。
“Where is the ○○?” ”Here is the ○○“

「Here is the Bow hair (弓の毛)」 と言った後は、間髪入れず、先生が、
「Don’t touch the bow hair!!」と叫び、なぜ触ってはいけないかを説明。

「手には実は脂分がついているからなのよ。」

これは、普段のグループレッスンでもやったことあり。
アメリカのスズキメソードでは定番なのだろう。



バイオリンの扱い方について。先生から質問が出され、子供たちが考える。
「バイオリンの練習の後、Chuck E. Cheese’s(チャッキーチーズ)に行くことになりました。
さぁ、バイオリンをどうしてから行く?」

「とても寒い日。レッスンの帰りにChuck E. Cheese’s(チャッキーチーズ)に行くことになりました。
車の中に置いておいていいかしら?」


子供たちに列を作らせ、近くの子の名前を覚えさせる。
(大地の本名、他の子は発音に苦労していた(^^))



ようやく、バイオリンを構える。
「今までで、最高のbow hold をしてね!」
2010.07.04 082


キラキラ星、Go tell Aunt Rhody(むすんでひらいて)、Song of the wind (こぎつね) など。
音の強弱について指導。
守れると、「とてもBeautifulだったわ!」と褒められる。



Musicianship クラス

2010.07.04 089


楽器は使わず、リズムや楽譜について学ぶクラス。
カードなどを使いゲーム形式で。

16分音符は、ハッ・コー・ベ・リー、ハッ・コー・ベ・リー。(Huckleberry)
8分音符は、ジェ・ロー、ジェ・ロー(jello)
4分音符は、 ブルー・ジェロー、ブルー・ジェロー (Blue jello)
と言いながら、手拍子でリズムを刻む。 

など。

2010.07.04 087

すでにお友達になったJ君と隣に座って、大地も楽しそうにやっていました。



午後。
アートのクラス

2010.07.04 092

この時間帯は、いくつかのクラスの中から選択できる(申込み時に選んでおく)
ようになっているのですが、アンサンブル・クラス、とかレベルが高い子向けの内容のクラスばかり。
小さい子が参加できそうなクラスは、このアートクラスしか設けられておらず、必然的に
皆このクラスを選ぶことに。
付き添いで着ている兄弟も参加可能。



マスター・クラス
2010.07.04 100

キラキラ星と無窮動を弾く。
バイオリンの構えについて。 「左耳がスクロールの方を向くように」
左手の親指の位置と、向きと、力加減について。

2010.07.04 097

大地、親指の腹の部分をバイオリンに当て、力も入りすぎている。
親指の内側が当たるようにして。

「(当たるべき部分を)親指にマジックで描いてもいいかな?」 拒否する大地。

「じゃ、描くのはやめようね。Go easy with hands.」

無窮動(perpetual motion)、優しく弾くように。
部屋で2回練習してきてね。


プレイ・イン (親は講演会)
見ていないので、大地がどういうことをやったのか不明。



コンサート
皆でホールに集まり、選ばれた何人かの演奏を聞く。

(演奏する子は、初日のマスター・クラスで、先生が選んで声をかける。
大地のクラスからは、一人の女の子が選ばれた。レパートリーは大地よりも少ない子だが、
姿勢や構えが良く、先生に言われたポイントを忠実に守りながら弾いていた子だった。
選ばれた場合のために、フォーマルな衣装も持参しておくことが必要。
私は知らなかったので、持参してなかったけど・・・。大地はどうせ関係ないし(^^;))



夕食。

2010.07.04 105


夜のイベントは、プールパーティー、とのこと。
2010.07.04 108

2010.07.04 114


プールサイドにDJでも来て、皆でワイワイやるのかと思ったら、何もなく、
ただ普通に大勢でプールに集まって遊んだだけ~ ( ̄∇ ̄)


関連記事:
アメリカでバイオリン・キャンプに参加(5)
アメリカでバイオリン・キャンプに参加(6)
アメリカでバイオリン・キャンプに参加(7)
アメリカでバイオリン・キャンプに参加(8)



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/330-aee9f627
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。