上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年6月末から7月初めにかけて、4泊5日で、スズキメソードによる
“Summer Institute”(バイオリン・キャンプ)なるものに参加した記録です。

 →以前の記事:
アメリカでバイオリン・キャンプに参加(1)
アメリカでバイオリン・キャンプに参加(2)


初日に行われたオリエンテーション(説明会)。

ホールに集まった人達を見て、初めて、全体として、どんな人達が、どのくらい
参加しているのかがわかりました。

大地には、紙とペンを渡して、とりあえず大人しくしてもらって・・・
(最近見よう見真似で覚え始めている漢字などを書いています)

2010.07.04 047


主催者から、このキャンプについての概要、お知らせなどの説明を受けます。

主催者は2人いて、2人とも女性。

一人はチェロの教師、もう一人は、その教師のもとで自分の子供がチェロを習っているという女性。
いわば、主婦だったけど、子供の音楽活動に関わっているうちに、スズキの組織にも
関わるようになり、キャンプの主催まですることになった、ということらしい。
すごい。



途中で、こんな飛び入りも。

2010.07.04 049


「彼は WOW MAN です!このキャンプ中にまたどこかで現れます!お楽しみに!」

(このキャンプを主催するダラス・フォートワース エリアのスズキの組織の名前が
 “DFW WOW” だから)


喜んで盛り上がる子供たち(&大人)。




オリエンテーションの後は、“フライトシミュレーター”の時間。

自分が申し込んだ時間に合わせて、言われた場所に言ってみると、飛行機の機体の
模型のようなものが見えました。
この中に入って、何かアクティビティをするのかなぁ。

2010.07.04 055

航空会社の研修施設だし、“シミュレーター”なんて言うから、もっと擬似飛行体験が
できるような施設があって、子供たちに順番にでもやらせてくれるのかも、なんて
思ったりもしたんだけど。



少し説明を聞いた後、
中へ入ります。

2010.07.04 052


あれっ、さっき廊下から見えてた機体に入るわけでもないのね。


2010.07.04 056



奥に、もっと広い“機内”がありました。

2010.07.04 064


内容は、ストーリー&歌&手遊び。いわゆる“お遊戯”のようなものでした。
ティーンネイジャーの男の子たちもいたんだけど、楽しそうにちゃんと参加していた(^^)
ここで覚えた振りつきの歌は、後日、先生たちによるコンサートのときに、サプライズとして
皆で歌うことになるのだそうです。


「毎年同じことやってるんだけど、大丈夫。
先生たち、そのこといつもすぐに忘れちゃうから。」(⌒∇⌒) 



息つく暇もないくらいよく喋る、喋りまくりで、盛り上げ上手な先生(スタッフ?)による
“フライトシミュレーターお遊戯会”でした。

大地は例のごとく、あまり指示に従ってなかったけどね・・・


大地の希望で、“模擬カウンター”でも、パチリ。

2010.07.04 067


夕食。
食堂はこんな感じ。

2010.07.04 068

2010.07.04 070

2010.07.04 071


ピザコーナーやパスタコーナーなどがあり、そのうちの1つは、日替わりの“お料理”
らしいものを並べてあるコーナーなんだけど・・・

やはり期待しちゃダメだったね(^^;)


関連記事:
アメリカでバイオリン・キャンプに参加(4)
アメリカでバイオリン・キャンプに参加(5)
アメリカでバイオリン・キャンプに参加(6)
アメリカでバイオリン・キャンプに参加(7)
アメリカでバイオリン・キャンプに参加(8)



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/333-ed9a5666
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。