上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.19 Astronomy Day
先月、ある週末、天文台で行われる Astronomy Day というイベントに行ってみました。

ここは、ブラゾス・ベンド州立公園(Brazos Bend State Park)内にある、
George Observatory です。

(私と子供たちは、“ワニ公園” と呼んでいる公園です)
2010.10.17 029


子供たちは、以前、お友達家族にここにキャンプに連れて来てもらったときに
(ワニ放し飼いの公園でキャンプができるのです(^m^))、
Observatoryにも連れて行ってもらったそうなのですが、私はまだ行ったことが無かったし、
年に一度のイベントだということで、土曜の補習校の後、出かけてみました。

事前に、翼の同級生のE君家族も誘ってみたところ、「是非!!」とのことで、
現地で会うことになっています。



天文台までの道。

2010.10.17 034


2010.10.17 037


着いたところは、ちょっとした丘の上に丸い展望台が見え、丘の脇に小さな建物がある、
それだけの施設でした。(ちょっと、予想以下(^^;))

展示スペースにて。

2010.10.17 056


大地宇宙飛行士。
2010.10.17 040


てへ。
2010.10.17 039


外のテントで、子供向けの講演が行われていました。

“遠いって、どのくらい遠いのか? 重いって、どのくらい重いのか?”

2010.10.17 061


身の回りにあるものを使って、惑星、恒星、銀河の距離や、重さの違いを説明してくれました。



E家は遅れていてまだ来ないので、丘の上で暇つぶし。

(展示物もすぐに見終わってしまった。建物内では、地元の天文サークルや、
アマチュア無線サークルの勧誘ブースもあり)

2010.10.17 063



やっと到着したE家と合流して、屋上へ。

ここでは、もともとある展望台以外に、別の機関や、アマチュア天文家が持参した
様々な望遠鏡が置いてあって、実際に覗かせてくれます。

(一番大きな球体の中の望遠鏡のみ有料。他は無料。)


ちょうど、理科で “月” のことを勉強中の4年生には、とてもいい機会です。

2010.10.17 071


2010.10.17 072

2010.10.17 073

2010.10.17 078


こちらは、座ったまま覗ける望遠鏡。
誰かのオリジナルかと思ったら、組立て式で売っているらしい。

2010.10.17 079

2010.10.17 081




一角には、なぜかアマチュア無線の方たちも。大きな無線装置も置かれています。

近づいてみると、嬉しそうに色々と説明してくれました。



実は、この日のお昼、無線を使って宇宙ステーションと交信をしたそうなのです。

また、この日は世界的に“ボーイスカウトの日”らしく、各地の公園でスカウトたちが
キャンプをしていて、各地のキャンプサイトと無線での交信が行われているのだとか。

興味を持った子供たちのために、実際に交信を試みてくれて、しばらくすると、
どこかのスカウト隊と繋がりました。コロラドの方のスカウトだったようです。

一緒に行動したE君のママが、とても好奇心旺盛でおしゃべり好きな人で、
望遠鏡の持ち主や、アマチュア無線家に、どんどん話しかけて質問してくれるので、
私も一緒になって耳を傾けて、フムフムフム。
(助かる~(^m^))




だんだん日も暮れて、暗くなってきました。


夜からは、“星座案内” というのがあると書いてあったので、その時間になったら
参加してみるつもりでしたが、暗い中、屋上に人がウヨウヨしていて、その中のどこが
“星座ツアー” なのか、結局分からず。

私のイメージでは、もっと大掛かりに、多くの人に分かりやすく大きな声で星座を説明して
くれるのかと思ったのに、暗さと人ごみと人の声の中でウヤムヤ。

たまに、空へ真っ直ぐ伸びるレーザーポインターの筋が見えるのだけど、他にもポインターを
持っている人がいて、どれが “正式な案内中”のポインターなのかも分からず。


Chick Fil A (チキン系のファーストフード店)の出店があるから、と当てにしていた夕食は、
早い時間に売り切れ。

「今追加を運んでもらってます」「あと20分で着きます」 などと言われ、その時間に
行ってみれば、

「あと5分で」。 さらにまた、「あともう少しで」。 

もう着いたかと様子を見てみたり、並んでみたりで落ち着かず、やーっとのことで買えた
チキンサンドイッチを丘の上の暗い中で食べ・・・

E家とは途中ではぐれ、相手の携帯がここでは繋がらず、会えないまま。





で、結局、“星座案内”はあきらめ、丘の上の芝生に4人でごろ寝して、夜空を眺め、
ごく有名な星座や恒星探し。
私たちの知っている数少ない知識を、子供たちに伝授。

2010.10.17 084

(翼くらいの頃は星座に興味があって、夜一人で、星座表と懐中電灯を持って近所の
公園に行き、すべり台の上で眺めてたりしてたんだけどなぁ。
←今の時代では考えられない!?)

そのとき覚えたことも、すっかり忘れてるし。


ふと、私が流れ星を見かけ、「今、流れ星が見えたよ!」 と言うと、
「えー!?どこ!?見たい!!」 と盛り上がる子供たち。
残念ながら、その後は見えず。


そういえば、流れ星見たのもいつ以来?
家族で星空をじっくり眺めたことなんて、なかったね。
しかも、テキサスの星空を。
意外と、星、沢山見えるんだね~。



これもいい体験だったかも。


星空も十分見たのだけど、到着したときに引いておいた景品チケットの当たり番号の発表が
21時半から、ということで、子供たちが番号の発表を聞きたい、とねだるので、
駐車場までの道をゆっくりと歩きながらねばってねばって、拡声器で聞こえてくる番号が
うちのチケット番号ではないことを確認して、納得した子供たちと公園を後にしました。

(景品は双眼鏡(^^;))



帰りの車の中で、やっと携帯が繋がるようになったE君ママから電話。

「この携帯、つながらなくってゴメンなさいね~。今日は本当に楽しかったわ。
今度は、○○にでも、一緒に行きましょうね~」



この日のこと、4人で見上げた星空もまた、テキサスでの思い出の一コマとして、
残るだろうな、と思うのでした。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/350-b8608e23
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。