上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去に別のところで書いていた日記から引っ張ってくる手抜きリサイクル記事。

3年前のちょうど今頃に書いたものです。
(翼 6歳、渡米して10ヶ月)



============================
先生に対しては声が出るようになったものの、まだ”先生だけ”にしか話せるようになって
いなかった翼。


が、今日、とうとう、やっと、クラスメートの前だか、クラスメートに囲まれた中で
発言することができたらしい!


「2+4=6、 4+2=6」


翼の発言を待ち望んでいたクラスメート達、翼によれば、皆

「ジャンプジャンプした」(←喜んで飛び跳ねた)

のだそうだ。(涙)

とりあえずは、一つ壁を越えて、一安心。とりあえずは・・・



**********************

DSCF8471.jpg

この頃、サッカーを始めた翼。
ここでも殆ど言葉は発せず。


練習についていける程度にはコーチの英語は分かっていたようですが、翼の応答が
全くないので、コーチに、

「ツバサは私の言うことは分かってるかな?分かってるなら、いいんだけど・・・」

と一応確認されました。


****************

今では、学校で英語を“聴く””話す”ということには問題はありませんが、
ただ、同じ年の他の子と比べると、文中に、

「Uh...」(えーっと)

や、

「like...」(なんていうか・・・)

という言葉が入ることが多いです。
言葉がスラスラと出てこない。文章がスラスラと作れない。

翼の場合、日本語でもそうなんです。
「えっとね、えっとね、なんかね・・・」

これが、二ヶ国語生活による影響のものなのか、それは関係ないのか、
よく分かりません・・・。

(大地には、こういう傾向はありません)


=========================================
予定投稿による記事です。
少しの間、更新ができませんので、コメントのお返事も遅れます。
ご了承ください。




ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/362-6bc896e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。