上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これは先月、クリスマス前のことなのですが。


大地の最初のバイオリンの先生、クリスティーナと久しぶりに再会できる機会が
ありました。

習い始めてから半年ほどで、先生の他州への引越しが決まってお別れになってしまってから、
2年以上会っておらず、連絡も殆どとりあっていなかったのですが、とても良い先生だったので、
ときどき “どうしてるかな~” などと思い出してはいた頃。



クリスティーナから久しぶりに連絡があり、「個人として初のCDを出すことになった」
(バイオリン教師の仕事以外に、積極的に演奏活動もしている) ということと、
「ヒューストンの方でライブがあります」 と。


ライブというのは、教会で行われるクリスマスコンサートに出演するバンドの一員として
参加するものらしい。
スケジュールを見ると、我が町の教会にも来るとのことで、大地と会いに行くことにしました。



実は、その直前に、偶然、S先生(今のバイオリンの先生)からも、クリスティーナの
近況を聞いたところ。

Suzukiの指導者のための講習会のようなイベントで、クリスティーナと会い、
大地のことも話題に出たそうで、


「(クリスティーナが)ダイチのこと、覚えてるって言ってたわよ(^^)」

とS先生に言われ、照れたように、ニマ~ッ としていた大地。



あらためて大地に、「覚えてる?」 と聞いてみると、

「うん。クリスティーナがいい~。」

なんで?


「She was very nice.」
「だって、ピチカートやらなくていいもん。」
「French Folk Song おしえてくれた~。」


ん?二番目のP先生のことと、記憶がまざってる?(^^;)

優しくて、とてもいい先生だった、ということは覚えてるようだけど、ね。
(それでも、当時は、その先生の言うこともきかないことが多かったけどね(――))




教会でのコンサートは夜から。


大地と一緒に、花のブーケを買いにいき、それを持って教会へ。


今日行くことはクリスティーナにも伝えてあり、コンサート前に会えるかと思い、
関係者らしき人にどこに行けば会えるのか、と聞いてみたところ、しばらくして
戻ってきたその人が言うには、コンサートの準備で忙しく、会うのは無理そうだ、と。


そこで、クリスティーナのご主人に遭遇。


私たちのことを覚えていてくれていて、もう一度楽屋へ行って確かめてくれたのですが、
やっぱり、今は無理そうだ、と。
もっとユルい感じかと思っていたら、そうじゃなかったらしい。

しかも、コンサートは2時間半に及ぶ、と。

うわ~、そんなに遅くなるのか~。
頑張って最後までいたとしても、コンサート後、すぐに会えるかどうかも
分からなそうだなぁ・・・



直接会えないのは残念でしたが、ブーケをご主人に託し、会場に入って、
コンサートの開始を待ちました。


大地の希望で、最前列に座りました。
クリスティーナ、気づいてくれるかな?

2010.12.21 018


気づいてくれたようです(^^)
私たちを見て、ニッコリ。
こちらからは、大地が写真をパシャパシャ撮りまくり。
ステージと観客席での、元生徒と先生の、言葉を交わさぬ交流となりました。


2010.12.21 046


演奏は、宗教色の濃いクリスマスソングを、ロック風+民族音楽のテイストも取り入れて
アレンジしたものでした。

観客も沢山来ています。
普段、縁がない教会のイベント、こういうことが行われてるんだなぁ、と
その点でも興味深かったです。


こちらは、脇の壁に映し出されていたもの。大地に 「撮って」 と言われたので。

2010.12.21 030

2010.12.21 040

2010.12.21 039


来る前は、コンサートいきたくない、とも言っていた大地なのですが、
演奏が始まると、予想外に熱心に鑑賞し、途中で私が 「もうそろそろ帰ろうか」
と言っても、拒否。


なんと、「さいごまで いたい」 と。


最後まで~?22時近くなっちゃうよ~(@@)


(というか、私自身がそんなに長く最後まで聞いてられない・・・。
無宗教なもので、延々と、神をたたえる歌ばかり聞くのは、ちとキツい)



大地の希望も考慮して、予定よりは長めに滞在したものの、やっぱり
途中で切り上げて帰りました。


「クリスティーナと しゃしん とりたかったー」


そうか、それで最後までいたかったのね。
大地には、ちょっと悪かったかな、とも思いましたが。




その後、クリスティーナから、私たちが来たことへのお礼と、直接会えなかったことを
詫びるメッセージが留守電にありました。

録音メッセージを大地に聞かせてやると、何も言わず、ただ、ニヤ~ッ。( ̄ー ̄) 



後日、大地に手紙が送られてきました。



“この前はコンサートに来てくれてありがとう。
とっても嬉しかったよ!キレイなお花も本当にありがとう。
今もバイオリンをやってると聞いて、先生は嬉しいです。“



手紙を読んでやると、少~し顔がニヤッ。

いや、本当は、満面の笑みをしたいくらい嬉しいんだけど、そこは天邪鬼で
恥ずかしいので、最小限に笑みを抑えている、のは、お見通し。



「なんで、(僕が今も)バイオリンやってる ってしってるの~?」

「ママが前にメールで書いたし・・・S先生も、この前クリスティーナに会ったときに、
大地のこと言った、って言ってたじゃない?」

「・・・・・・。」

「言っちゃダメだったの?」

「うん。」


なんでやねん。┐(´ー`)┌
また天邪鬼が。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/395-eb280aa8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。