上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日のバイオリン記事つながりで、季節はずれですが、先月のクリスマス前の話。


大地の通うバイオリン教室の毎年恒例のクリスマスコンサートが行われ、
大地も参加しました。
コンサートは、老人向けの施設へ出向いて行います。


毎年、12月の第3日曜日に設定されているのですが、その前日の土曜日で年内の
補習校授業が終了。

つい、その翌日である日曜日から、冬の旅行の予定を入れそうになるのですが、
“おっと、クリスマスコンサートがあるんだった” と思い直して、
出発日をずらして考慮します。


ダンナは、“別にコンサートなんて、どっちでもいいじゃん。それより、出発日が
早いほど旅費が安くなるなら、出発日を優先した方がいいだろー” 的な意見。

私は、人前でパフォーマンスをする、練習の成果を発揮して、人を楽しませて喜んでもらう、
という機会は、とても素敵で大切なことだと思うので、是非最優先したい。

今回申し込んだ旅行は、出発日が数日違ったところで料金に変わりはなかったので、そう言うと、
ダンナも納得してくれました。(´-`)



訪れるのは、アルツハイマー専門の老人ホーム。

これまで訪れたことがある普通の老人ホームとは違う点があるので、先生が前もって、
生徒一人一人に、知っておいてほしいこと、注意してほしいこと、をお話する、とのこと。


先生が大地に説明します。



今度クリスマスコンサートを行う施設は、脳のお病気を持った人たちが住んでいるところなの。
その人達は、その病気のせいで、自分がどのように振舞うべきかが分からなくなってしまうの。
でも、その人達も、音楽は好きだし、音楽を楽しむことは出来るのよ。
ただ、楽しみ方が今までのコンサートの人達とは違うかもしれないの。
聞いてないように見えるかもしれないし、歩き回ってる人もいるかもしれないし、突然、
大きな声を出す人がいるかもしれない。
でも、音楽はちゃんと聞こえてるから、驚かないで、いつもどおりに演奏してね。



大地、先生の顔を見て、しっかりと話を聞いています。


大地から質問。

「その人たち、あるけるの?」

「歩けますよ。でも、お病気が重くなったら、歩くのが難しくなって、ベッドに
寝てる人もいるわ。」

「でも いきてるの?」

「生きてますよ。」


大地なりに、この話を考えて、理解しようとしているようでした。




当日、施設にて。

おぉ、素直にサンタの帽子をかぶってる!
あの大地が、珍しい!
かわいい!(*´∇`*)


・・・けど、ここでこちらが騒ぐと、また天邪鬼が出て、帽子を脱ぎ捨てるかもしれないので、
努めて冷静に、「へぇ~、かぶったんだぁ~」くらいに抑えて、さりげなく、さりげなく。


2010.12.20 096


相変わらず、本番は真剣な表情(無表情?)で演奏中。(^m^)

2010.12.20 109


思ったより、多くの人達が、演奏を聞きに集まってくれました。

私も初めて入るアルツハイマー専門施設、様々な行動、表情をする人たちを見ました。

このロビーにいる人の多くが子ども達の演奏に興味を示していますが、奥の方では、
全く眼中にないように、別のテーブルでカードゲームか何かをしている人達もいました。


以前は皆、きちんと社会生活を営んでいたり、立派に子ども達を育て上げたお父さん、
お母さんだったのだろう、と想像したり、私やダンナだって、将来こうなるかもしれない、
と思ったり、とにかく、何とせつない病気なのだろう・・・と、
子ども達の演奏とそれを聞く人達の風景を眺めながら、様々な思いが巡りました。


2010.12.20 130


演奏終了後、一人の女性が声を上げて賞賛してくれました。


「こんなに小さい子供たちなのに、こんなに弾けるなんて、素晴しいわ!!」

先生が

「どうもありがとうございます!」(⌒∇⌒)

と答えて、またあらためて、皆で礼。



帰り際にも、「これからも頑張ってね!」と一人ひとりに声をかえてくれた女性。
また一つ、貴重な経験ができたと思います。


2010.12.20 135

皆で記念撮影。
リーダーみたいな立ち位置になっている大地。(^^;)



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/396-ea673485
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。