上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02.06 ひきこもる
2010.11.28 126
昨年秋のワシントンDC旅行にて。



写真とは全く関係ないのだけど、昨日は“寒さ”のため、ヒューストンエリア全域、
学校は休校、オフィスもクローズ。

予報では、みぞれか、雪が少し降る、と出てたんだけど、結局降らず。


大地は、「ゆき ふるんだよ。ゆきだるま つくりたい!(⌒∇⌒)」と楽しみに
してたんだけどね。残念だったね。
 


雪も降ってないのに大人も子どもも何もかも休みなんて! と、こちらに来た頃は
思っていたけど、今なら分かる。

車以外の交通手段がないこの地域、温暖で凍結とはほぼ無縁のこの地域、
氷点下になってちょっとでも路面が凍結すると、それだけでもう大変なことになる。

あらゆるメディアで、「皆さん、家にいてください」 と呼びかけるのだけど、
朝7時台のニュースで、私の聞き間違いでなければ、

「toll road(有料高速道路) だけでも、100件以上のクラッシュ」

で、あちこちのハイウェイは封鎖。

キャスターも、「私もここにくるまでに、クラッシュしてしまいました」 と告白。

その後の午前中のニュースでは、ヒューストンで「400件以上の事故が発生」しているとかで、
市長がまた呼びかけていた。


「学校も、市の施設も、カウンティの施設も、今日はクローズだから、
出かけるところも殆ど無いはずです。家にいてください。」


キャスターも呼びかける。

「家にいてください。家にいようとしてください。

それでも、これだけクラッシュが起こるって、出かけざるを得ない人、
結構いるんだなぁ~。



というわけで、4人で家にこもって過ごしました。


子ども達は、宿題をしたり、パパとトリックアートの動画見て楽しんだり、
パパと麻雀したり。

大地が“柔道”を知らないことが分かったので、柔道の動画を見せたあと、
パパに技を教えてもらって、3人で組み合って遊んだり。

部屋にいるとよく分からないけど、ドアを開けて外の温度を確認してみると、
「うわっ、寒!!」


でも、子ども達、午後には我慢できず、外に遊びに行きました。

近所の子たちが集まって、道路や、ちょっとした芝生のスペースでサッカーしてました。

中学生や大学生のお兄ちゃんまで出てきて、最高9人で遊んでたらしいです。

ちらっと様子を見ると、他の子は、毛糸の帽子にモコモコ手袋でしっかり防寒してましたが、
うちの子は、半袖Tシャツの上に軽いジャケット、下は半ズボンで、
「寒くないの?」 と聞いても、「寒くない!」 と言って遊んでいました。(^^)



ところで、“みぞれ”って英語で “sleet”(スリート)と言うのを最近知ったのですが(^^;)、
これがどうも違和感があって。

sleet という語感が、どうしても、みぞれのあのベチャッとした感じと結びつかなくて、
お天気コーナーでsleetという言葉が聞こえても、パッとイメージが沸いてこないのです。

やっぱり、み・ぞ・れ でしょう。

この「ぞ」の音がいい働きをしてるんだな、なんてことを考えました。



それと、今回のニュースで、一つ言葉を覚えました。

black ice


ダンナも知らなかったので、何だろう?と調べてみたところ、


〔道路や水の表面にできた〕薄氷
◆非常に薄く透明なために道路の表面などにあることが分かりづらい氷のこと。
泥で汚れた氷のことではない。


はい、一つ勉強になりました。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/404-36293278
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。