上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
翼(長男)、現地校4gh gradeの“社会科”(Social Studies)で勉強していることを
記録してみます。

2010.11.14 050


社会科や理科、いや、他の国語(英語)や算数もそうなんですが、教科書的なものがないので、
この学年で何をやる予定で、今何をやっているのやら、親はいつも分からない状態。

持ち帰ったプリントや、たまに持ち帰るノートに書かれていることを見て、
“あ~、今こういうことやってんのね” と知るという・・・


その、“たまに持ち帰る” 社会科のノート、なんですが、社会のテストの日の直前に、

“家に持って帰って親に見せて、サインをもらってくること”

という指令が出ます。


もちろん、そのノートでよく復習しておいてね、ということなんですが、
親にちゃんと見せてサインを貰ってくると、テストの点数にプラス5点、貰える
という仕組みで。

なので、サインを貰っておいて、100点とったら、自動的に105点になるのね?


てことは、全課題の点数を集計した平均点でつけられるレポートカード(通知簿)の評点は、
どうなるんだ?

毎回満点の子は、100点越えもあり!?

いや、そこは100点止まりなのかな?


なんかよく分かりませんが、そんなことになってます。


もちろん、翼も、「サインして!」 としっかり催促してきてくれます。


ちなみにテストは、暗記が求められるタイプのものではありません。



で、4年生の社会科ですが、まず、Continent(大陸)とOcean(海)について学んだようです。

2010.11.14 066

あれ?
最近の記事で、大地(1年生)もContinent(大陸)のこと勉強してる、と書きましたね?


そう、1年生でも、ざっくり、と大陸について教わったようなのです。

こちらのカリキュラムって、スパイラル形式と言うんでしょうか、
1年生でやったことを、2年生で再びさらに細かく学ぶ、とか、
3年生でもまた出てきて、さらに深く細かく学ぶ、とか、
同じテーマが、学年を追って何度となく出てくるんです。


なので、最近、兄弟の会話に、“Continent(大陸)”を絡めた話題が出てくることが多いです。



そこから、アメリカについて。
北東部、中西部、西部、南部 それぞれの特徴を学習。

2010.11.14 064

翼の文字、読めねぇ・・・読む気にならねぇ・・・

(小さい字で詰め込むように書いてしまうのが癖。スペース空けろ、と散々言っているのだけど、
どうしても直らない)


次に、テキサス州の州境について学んだんですね。

2010.11.14 065

あちゃー、58点!

距離の計算、なんか勘違いして間違い倒したんですかね。

「グレードを良くするためにやり直し」と書かれています。

やり直して79点。翼、公開しちゃってゴメン。

でも、 “こんな点数はこの回だけです、大抵もっといい点とってます” 
と書いておくからね。
この回だけ、どうしたんだろうね。



そんで、テキサス州の地理に勉強に入ったみたいです。
資源とか、農産物とか、うん、よく頑張っとる。
2010.11.14 061



テキサス州、エリア別の特徴。
気候、植生、動物、自然、農業、メジャーな都市、など。
2010.11.14 062

ヒェ~、なんじゃ、この文字は~!
スペース余ってるんだから、もう少しゆったり書けよ・・・



さらに内容はマニアックになっていきます。


テキサスの先住民について。

2010.11.14 055

大きく分けて6つの先住民族〈部族〉がいたようです。

日本人の私たちには、初耳の用語ばかり・・・
部族名も、カタカナでどう表記したらいいのか、よく分からないレベル・・・



そして、それぞれの部族の暮らし、衣・食・住について勉強したようです。

2010.11.14 056



これは、ティーピー〈インディアンの住居〉のような形になるように作ったものでしょうね。
食べてたものとか、着てた服とか。
タバコを育ててトレードしてたんだ・・・・
コ、コマン・・シェ族?

2010.11.14 057



で、それぞれの、部族の居住エリアや、衣・食・住や、統治体制(?)をチャートにしてみたり。
(また、細かい字で・・・スペース余ってるから、もう少しゆったり書きなさいよ)
2010.11.14 058

具体性に欠けるところがあったようで、先生から少しダメ出しされてます。



ネイティブ・アメリカンについて、「知っていること」「学びたいこと」「学んだこと」。
2010.11.14 059

判読可能なところを見ていくと、

どうやって犬をゲットしたのか、や、何種類の武器を持っていたのか、
一番強力な武器は何だったのか、を知りたかったようです。


で、インディアンはアジアから来たのではないか、と考えられていること。

ダックや鹿を食べていたこと、崖に追い込んで獲物を殺していたこと、
メサとはスペイン語でテーブルを意味すること、ドングリを食べていたこと、
30人くらい住める長い家に住んでいたこと、

などが分かったようです。




こちらはテキサスの地理の学習で出てきた用語について、定義やイラストを
書き込んでまとめたもの。

2010.11.14 063


平原、
氾濫原、
支流、
標高、
干ばつ、
気候、
植生、
農業、
山脈、
経済、
断崖

うむ・・・。


こちらは、アメリカン・インディアンの学習で出てきた用語集。
2010.11.14 060


部族、
バンド (文化人類学の)◆人類が最初に作ったと考えられる、共通の目的を持って行動する小さな集団。
文化、
乏しい、
メイズ(=トウモロコシ=アラワク語(Arawak)のmahizからスペイン語のmaizを経由して作られた語)、
宗教、
同盟、
遊牧民、
シャーマン ◆霊魂との交信や病気の治療ができると信じられている宗教指導者、
~を専門とする、
議会、
日干しレンガ、
灌漑(かんがい)



ここだけの話、私も辞書で調べまくり。



いや~、よくやってるね。

この知識、テキサスの先住民について、とか、日本に帰れば
ほぼ何の役に立たないでしょうが・・・


いやいや、でも、この努力は無駄にはならないはず!

今後の人生で1度くらい、テキサスの先住民についての話題が出て、
教養の一つとして役に立つときがあるかもしれないし!
(私の経験で言えば、無いけどね!)

がんばれ、翼。


************************:
日本の小学3、4年生は、社会科でどんな勉強をしてますか?
よかったら教えてください(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/410-b306ac2a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。