上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フローズンヨークルト屋さん にて。

2011.2.13 087

2011.2.13 083

昨年の秋から、このフローズンヨーグルト屋さんに来るのが、
子ども達の楽しみになっています。


いつからかよく知らないんですが、セルフ形式のフローズンヨーグルト屋が流行ってきてたらしく、
このあたりにも、昨年からいくつかのチェーン店が次々とオープンしました。

私が このあたりで“流行ってるらしい” とその存在を知ったのが、夏くらい。

ちょうど、日本人会館で借りた奥様向け雑誌のハワイの記事でも、
「セルフのフローズンヨーグルト屋が流行ってま~す」 みたいな記事があり、
へ~、そうなんだ~、とあらためて表紙を見てみたら、2年ほど前の雑誌でした。( ̄∇ ̄)


で、試しに、と子ども達を連れて行ったところ、大喜び。

「また来た~い!!」 という要望につけこみ、

「じゃぁ、テストで100点取ったら、来ることにしようか。」 と持ちかけると、

「うん!!」



そしたら、その後、思ってた以上に、100点取ってくるやん・・・

フローズンヨーグルト効果で、気合が入ったのか?
もともと、これくらい、取ってたっけ?


100点一枚ごとに連れて行ったら、かなりのハイペースになってしまう。


「100点をいくら取ってきても、行くのは月に2回くらいまでにするネ。」


大人ってズルいよね~( ̄∇ ̄)

それでも、子ども達からは、特に抗議もありませんでした。(´-`) 



こちらは別の日の写真。
店内はこんな感じで。

L1050059.jpg

店に入ったら、置いてある紙カップをとって、自分で好みのフレーバーの
フローズンヨーグルトを好きなだけ調達。


それからトッピングも自由に。

L1050061.jpg

フルーツ、チョコチップ、砕いたビスケット、ナッツ類 とか色々で迷います。

“Mochi”(モチ) というトッピングもあるのには、驚いた。

求肥で作った小さなお団子のような、グミみたいな食感。
翼と私は気に入って、いつもトッピングに入れてます。


子ども達は、普段あまり食べてない、カラフルなM&Mとか、
ガミーベア(熊ちゃん型のグミ) とか、ここぞとばかり乗せてますが・・・
(そのセンス、早くやめてほしい・・・)



重さによって値段が来まるので、計量してもらって、お会計。

この “自分で選んで作る” 楽しさもあって、大好きなんだろうな。
(私も結構楽しみにしてたりする)

L1050063.jpg


前回、もう1軒のチェーン系フローズンヨーグルト屋にも行ってみたんだけど、
私と翼は、最初に行ったこっちのお店の方がいい、ということで意見が一致。

もう1軒の方は、店内に大きな画面で Wii ができるようになっていて、
子ども達がその画面にばかり気をとられるのと、
トッピングの“Mochi”がえらく固かったから、というのが、私的にマイナスポイント。

翼は、最初に気に入ったこの店が、とにかくいいらしい。


そういえば、その店で、「Taro」フレーバーがあり、”芋!?”。
珍しかったので、試してみた。
口に入れると意外な酸味。
そして、最後にフワっと “里芋” の風味・・・
う~ん、ビミョ~。


L1050065.jpg


日中に来れるといったら、日曜日しかないので、サッカーの試合の後行くことが多い。

100点→今度(か、その次)の日曜、サッカーの後、フローズンヨーグルト♪ 
というのが最近の恒例になっています。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/412-72bf3032
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。