上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、完全に一人言です。


アメリカに来てから、新しい土地で、また色々な新しい出会いがあり、
お互いのことを知り合って親しくなったり、楽しくお話できる人も増えてきて
嬉しく思っているのだけど、それでも、ずっと出会えない人がいます。


音楽の話ができて、カラオケに一緒に行ってくれる人・・・


私が言うところの音楽の話とは、80年代~主に90年代、アイドル~JPOPアーティスト
のこと。


さらに詳しく言うと、アイドルではチェッカーズが断トツなのですが、小学生の頃は、
テレビ・ラジオの歌番組を、夢中で見て(聞いて)いたので、結構幅広く網羅している方だと
思っています。

アーティストでは、EPICソニー系、ファンハウス系を中心に。

もっと詳細に言うと、TMN(TM NETWORK)、槇原敬之、KAN、SING LIKE TALKING、
渡辺美里、ユニコーン、PSY・S、中西圭三 あたりの

アルバムをよく聞いてたよ、

ライブにも行ってたよ、

カラオケでもよく歌うよ、

という人とお友達になりたいのです。


少し親しくなれた人には、機会があれば、音楽の趣味を尋ねるのですが、
このヒューストンエリアで私が知り合った範囲では、この共通点にピッタリはまる人が
まだ一人も見つかっていません。

いや、アメリカに来る前から、そうです。
日本でだって、身の回りでは一人も見つけられませんでした。
どうしてかしら。

いや、一人も、というのは正確ではありません。

実は、我がダンナが、唯一、そこに当てはまります。
(TMのファンでもなく、PSY・Sも聞いていなかったようだが)


一番身近な人が、一番音楽の趣味・経歴が似ているということは、非常に幸せな
ことだと思っておりますが、でもでも、心の奥にあった小さな願望が、年々、
徐々に徐々に膨らんできて、最近、爆発しそうです。

ダンナもいいんだけど、



ダンナ以外の音楽ともだちが欲しい・・・



ダンナ以外のカラオケともだちが欲しい・・・




ともだちが欲しい~!!!



一体、どうやって見つけたらいいのでしょうか。

(TMのファンだったという人は、一人発見しました。同じラジオ番組を聞いていたそうで、
私の番組録音コレクション(カセットテープ)で話が盛り上がりました。
貴重な存在です。これからもよろしくです。)


これまでも、もしかしたら、誰か吸い寄せられてくれはしまいか、と、自分の音楽の趣味を
紹介する記事をいくつか書いてきましたが、全く効果はナシです。

新しく会社の駐在員が来るたびに少し期待しますが、やっぱりダメです。

ま、もともと、同じ会社にいた私も社内で見つけた唯一の音楽ともだちがダンナ
だったのだから、そこは当然可能性は低いのです。
その奥様たちにも期待しますが、今のところ、一人もいらっしゃいません。


ダンナには、“このエリアの日本人向け掲示板に、ともだち募集の記事だせば?” と
言われ、私も思わず、そうしようかな、と思っちゃう瞬間が何度もあるのですが、

“では、募集したとして、例えばもし、男性一人だけから返事があったりしたら、どうする?
待ち合わせて、お会いするのかい?” と自問になり、そう考えると勇気がでません。

女性限定で呼び掛けてみる?

しかし、これまでの経験上、どうも私が求めているような”音楽経歴“を持っている人は、
女性では滅多にいなさそうです。
どちらかと言うと、男性の方が見つかる可能性が高そうです。


あまりにも見つからないので、最近では、補習校の子どものクラスの懇談会・懇親会での
自己紹介のときに、自分の音楽の趣味を語り、それにバッチリ付いて来れる人がいたら、
どうか声を掛けてください、と呼びかけようか、とさえ思ってしまうのですが、
なんどか踏みとどまっております。


もしかしたら、普段、送迎時に挨拶を交わすのみか、それさえ交わしたことのない
お父さん、お母さんたちの中に、そんな人がいるのかもしれない。
あ~、校内放送で、呼び掛けて、呼び出したい。(←危ない人)


ちなみに、私の音楽経歴(こんな音楽を聴いてきた) はこんな感じです。
おともだちになれそうな人、いますか?


・小学生時代 

アイドルに夢中。チェッカーズには発狂状態。
ラジオのリクエスト番組を聞きまくる。

アイドル自身のラジオ番組も聞いていた。
 (例) チェッカーズ、南野陽子、CCB、国生さゆり

「走れメロン」はちょっとだけ、「なんのこれしき!」 はかなり聞いてたなぁ。
ちゃぶうとう クイズッ♪

・・・・みなさん、ついてきてね ( ̄∇ ̄)

夜、就寝のお供は、「ヤンタン」。

当時は、デビュー間もない渡辺美里や、今井美樹や、白井貴子、根元要などのアーチストが
パーソナリティーをしていたのですよ。



・中学・高校時代

FMに目覚める。
TMにはまる。“Get Wild” の衝撃w。

しかし、哲ちゃん(小室)を知ったのは、渡辺美里から。
“My Revolution”の衝撃w。
「こんな曲を書く人は誰なんだ!?」 と思っていたら、何かの作曲賞を受賞して
ステージに出てたのが、その人だった。

TM仲間(女子)は何人かいた。


そこから、興味はアーチスト系へ。
レンタルCD屋が普及してきて、レンタルしまくり。

高校時代は、”PATi PATi“ と ”GB“ を友人と共同購入し、欠かさず愛読。

バンドブームなんてのもあったが、そっち系はあまり興味なし。

とは言いつつ、バンドを組んだりしていた。
(いわゆる女の子バンドで、プリプリ、ドリカムをコピー)

TM、美里の流れから、大江千里、岡村靖幸なども少しかじる。


FMで、デビューしたての槇原敬之を知って、ビビビと来る。

「まきはらのりゆきです。」

と自己紹介する柔らかい澄んだ声を聞き、繊細で色白な少年風のルックスを勝手に
イメージしていたので、初めてテレビで本人を見た時の衝撃w。

マッキーのラジオ番組はよく聞いた。
大学受験へ向かう朝のウォークマンでは、その番組内の受験生への応援メッセージを
何度も聞いていた。(毎回録音してました)今でもずっと好き。

だけど、ライブは未体験。

〈一度、頑張ってチケットを取っていたのに、アリーナ席だったのに、あんなことがあって、
ライブはキャンセルに・・・(TT))



その他

KAN  

以前も記事に書いたので省きますが・・・
  「KAN知っているよ。」 お?期待できる?ワクワク。
  「愛は勝つ”の人でしょ。」 カンカンカン!終了~。
これ以外のパターンを待ってます。



中西圭三

ファンクラブに入ってました。
ライブに行ったら、たまたま当時結構話題になっていた某ドラマの撮影が入りました。
私も一瞬映ってます・・・
例のごとく、彼のラジオ番組もよく聞きました。


SING LIKE TALKING

あんなに実力があるのに、あんなにいい曲があるのに、どうしてもメジャーになることは
なかった・・・ でも、もう少しくらい、聞いてた人がいてもいいと思うの。
ダンナ以外にファンが見つからないのは、なぜなのかしら(泣)
ライブはダンナと一回。
ラジオももちろん、聞いてました。



学生時代に中西圭三&SING LIKE TALKING のジョイントライブに行ったことあり。
一人で。
その頃から(東京に出てから)、音楽ともだちが見つけられなかったの・・・〈泣〉



その他、これまでに行ったライブ

・TMN(TM NETWORK)  もちろん。
     ちなみにEOSのイベントも行きました。遥々大阪まで・・・
・小室哲哉   もちろん。
・渡辺美里
・プリンセス・プリンセス 何かでチケット当選して。


・David Foster  ちょっとこれまで書いてきた趣旨とずれますが、大好きです。
        これまでで、一番鳥肌もののライブだったかも。
        これも一人で〈泣)

・セリーヌ・ディオン  “To Love You More”では葉加瀬太郎と。これも鳥肌。



以下は、ダンナと。



・AVEX の 企画モノライブ (DA PUMP、アムロちゃんも、わりと聞いてた)

・スターダストレビュー  音楽+トーク の極上エンターテイメントです。
     (根本氏のラジオ番組もよく聞いた。CDはダンナが持っていた)
          
・MISIA 

なんとなくチケットを買って行ったライブで圧倒的な歌唱力に衝撃。
早速、ダンナ〈当時はカレシ〉がファンクラブに入って、その後2度ライブへ。
3度目のライブで、なんとアリーナの最前列の席がとれ、ここまで極めたらもういいか、
とファンクラブを脱退し、MISIA関連の活動(?)は終了。

しかし、このライブで、彼女は「今年は、テレビにも出てみようかな♪」 と言うので、
観客一同、大いに盛り上がったのだが、その後やはりテレビに出ることはなし。
かと思ったら、カップラーメンのCMで、自分の名曲の替え歌ですか・・・
私とダンナ的には

・SING LIKE TALKING 
   竹善のフェイクが冴える冴える。一曲の演奏も長いよ~(^^)

・B‘z 
  TMのコアなファンなら、B’zも当然のように聞くわけで。ダンナも大ファンだった。
  2回。

・Globe  まぁ、流れとして当然好きなわけで。2回
・宇多田ヒカル  とりたてて言うこともないけど、聞いてます。




というわけで、こんな人材求めてます。


・上記のようなアーチスト話に、私と同じくらいの勢いで乗ってきて、返してくれる人。

・上記のようなアーチストの”ライブ行った“話ができる人。

・槇原敬之しばりで、KANしばりで、TMしばりで、美里しばりで、SLTしばりで・・・
 2時間くらいカラオケ全然OK♪な方。

・私がカラオケでPSY・Sの“薔薇とノンフィクション”を歌ったら、
 「Just pop up !」 と、首を縦横に振りながら言ってくれる人。

・“ちょりんちょりん”(by竹善)という言葉を聞いて、ニヤリとする人。


・あの日、地下鉄の改札で急に咳が出て、手すりを越えたかった人。

・地下鉄が君の仕事場までのびて、少しだけ気分的に楽になった人。

・冬の日差しを受ける公園を横切って、2階建てのバスに追い越されてみたかった人。
  (→私もやってみたけど、夏だったよ~ん)




いるかな・・・?



いねいよね・・・




いないだろうね・・・(泣)




ま、もともと諦めてますから・・・

長々とお付き合いありがとうございました。



I live up to a Houston life…




ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/416-36e88c01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。