上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前書き溜めていた記事から。

========================================================

3月のある日、大地たち1年生の遠足(Field Trip) がありました。


私もまた、付き添いのボランティア(シャペロン)で行ってきました。
こちらの小学校は、遠足のたびに、当然のように、親の付き添いボランティアを募集します。

これまでも何度か参加しましたが、先生がクラスの子ども達を先導し、親たちは
自分の子どもの側にいながら、そのグループに付いていき、
たまにトイレに行きたい子がいたら、先生から 「連れて行ってあげてください」 とお願いされる
・・・とか、その程度でした。


今回は、遠足直前に先生からお便り。

「付き添いの方には、子ども数名を担当してもらいます。
 ゲートを入ったら、後はフリーです。
 子ども達のランチバッグを入れられるようなバックパックで来てください。」


ふむ、今回はこういうパターンか。

きっと、担任教師と親で、数名ずつの子どもを受け持って、各々好きに遊び回る
ということなのだな。



やって来たのは、ランチ(Ranch)と名のつくところ。

初めて来ましたが、動物がいて、ヘイライドがあって、遊具があって・・・
ファーム(Farm)と名のつくもう一つの遠足の定番スポットと同じような内容です。



こちらは、列車も走っています。

2011.3.2 133

私は、大地ともう一人の男の子の担当。

先生から解放された途端に、待ちきれないというように駆け出し、目に入ったもの、
次から次へと遊びまくりました。

2011.3.2 035

2011.3.2 089


ニワトリや、ブタがいる小屋の中に、なぜか滑り台が。
2011.3.2 055

滑り降りてきた大地、 「This is awesome!!(><)」 と絶叫し、
夢中で登って滑っての繰り返し。



馬にも乗せてもらって、

2011.3.2 072

動物とも触れ合って、

2011.3.2 095

(本当は、すこ~し怖い気持ちを抱えている大地)



2011.3.2 100


卵を見つけて、「撮って~!」
2011.3.2 105


来場者にはもれなく“かき氷”(snow cone)。 3月始めだけど、そんな陽気。
2011.3.2 111


お馴染み、ヘイライド。
大地も乗ってます。いってらっしゃ~い。
2011.3.2 123


パットゴルフでかなり遊んで。

2011.3.2 134


そろそろ集合場所に向かおうと言ってるのに、まだ鳥を追いかけて。
2011.3.2 137

   (人間の子どもって、なんでいちいちオレ達を追いかけてくるんだよ~っ)


などなど、思う存分、はしゃぎまくって楽んでいた大地でした。




ところで、この遠足中、一生懸命子ども達の面倒をみる親たちを傍目に、
のんびりと一人で行動する(寛ぐ)担任の先生・・・。

あ、あなたは何も担当しないんですか( ̄▽ ̄;) 

子ども達を受け持つ係に、先生はカウントされていませんでした~。

もう一人の日本人ママと、思わず苦笑いです。



苦笑いの理由はもうちょっとあって、実は、先生達のお給料を最近知ってしまった
からなんです。

公立学校の先生達の給料は公開されているらしい、と聞き、ネットで探してみたら、
本当にあったんですね~。
で、それを見た日本人ママさんと思わず顔を見合わせちゃいました。


夕方は子ども達が下校したら、自分もさっさと帰宅して、
雑用の多く(たまには授業も)は親のボランティアに任せられて、
日本の先生たちに比べたら、とても楽そうに見えるアメリカの先生たち。

その代わり、お給料は低目なんだろうな~、だからバイトもOKになってるんだろうな~、
なんて思っていたんです。


が、実際は、

”その割には、結構もらってるんだね~・・・”



なので思わず、「(それなのに)何もしね~のかよっ」 と
突っ込みを入れてしまった日本人母たちなのでした。


(あら、先生に対して失礼。すみませ~ん)



しかも、大地のクラスの担任、帰りの集合場所になっているゲート前に来ない。

先生の姿は見える。

少し離れた所にある屋根付きのスペースの椅子に座って、ずっとお喋りしてる。


すでに集合時間に遅れてるけど、これから来るつもりなんだろうな~、と思って、
大地たちと一緒に所定の場所で待っていたんですが、子ども達、

「先生あそこにいる!あっちで集まるんだよ!」

と、駆けて行ってしまい、仕方なく、また来た道を戻って後を追いかけることに。

どうせまた集合場所に戻らなきゃいけないのに・・・と思っていたら、
他の保護者と子ども達の殆どもそこに集まり出して、よっこらしょ、と
ようやく立ち上がった先生、そこで子ども達の数を数え始めた。


ここで集合だったのか!
先生は動かないのか!!



ま、いいけどね・・・(^^;)


アメリカ生活も4年以上になるけど、やっぱり日本で育ってきた日本人の
感覚は抜けず、未だにちょっとした驚きはありますね。



こういうのを見ていると、日本の先生はすごく頑張ってるな~、大変なんだな~、と
つくづく思います。
それで、もし余裕が無くなってるんだったら、もうちょっと
楽してもいいんだろうな~、って。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/428-1ee721fe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。