上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大地のサッカーの練習がある日。


バイオリンの練習をしていた大地の音が止まったので、様子を見てみたら、
翼が大地の足にシンガード(脛当て)を付けてやり、ソックスを履かせてやっていた。(@@)


2011.3.8 001


実は、学校から帰宅してから、1時間以上、2人で、ただただジャレ合って
キャッキャ、キャッキャと遊んでいた子ども達、


   「今日は大地のサッカーがあるんだけど、何時からバイオリンやるつもりなの。」

と声を掛けると、翼がサッとピアノの練習を始めた。


・・・が、ふと手を止めて、私に聞く。

「バイオリン終わらないと、(大地は)サッカー行けないの?」

   「そうだよ。」 (以前からそう言っとるわい)



慌てて、大地に声をかける翼。


「バイオリン、先やって!」




今から自分がピアノの練習をして、その後から大地がバイオリンの練習を始めたら、
大地はサッカーの練習に間に合わない!

ということに気づき、練習の順番を譲ってやる優しい翼。


(楽器の練習は、始めたもん勝ちということになっている。大抵、グズグズして
なかなか手をつけない大地のバイオリンの練習の方が後になることが多い。)



ところが、我儘次男は、「ズボンがないんだも~ん。」



サッカー練習用のズボンをさっきから探しているのだが、見つからないらしい。

すぐにズボンを探しにあちこち駆け回り始める翼。



スボンを持ってきて、「これでいいじゃん」


「紐で結ぶのじゃないのが いいの!」



また、探しに行く翼。

兄に探させながら、とりあえずバイオリンの練習をする大地。


しばらくすったもんだして、ズボン問題は解決したようである。



次は、シンガードと練習用ソックスを持ってきてやる翼。

そして、それを大地の足に装着してやる翼。


お、オマエ、どんだけ・・・( ̄▽ ̄;)


本来なら、「あなたがやるんじゃない!自分でやらせなさい!!」 と言うところだけど、
まぁ、こんなことを記録しておくのも面白いかと思い、今日は泳がせてみた・・・


(大地が本来自分でやるべきことを、たまにやってあげてしまうことがある翼ですが、
こんな世話までしてやってるのは、初めて見ました)


この後、バイオリンの練習が終わるや否や、大地に駆け寄って、
さっとバイオリンと弓を受け取り、所定の場所に戻してやる翼。


弟のマネージャーか!!


自分もサッカーの練習は大好きだから、大地もサッカーの練習に行けなくなったら可哀相・・・
という思いから、でしょうか。



そういえば、補習校でも、大地が幼稚園部に入ってからというもの、毎休み時間、
弟の教室へ遊びに行っていた翼、なんと、大地が1年生になってからも、
ずっとそんなことをしていることが分かり、

ダンナも私も、いくら弟思いとは言え、2学年下の子とばかり遊んでるって、どうなの?
と思い、

「それはもうやめなさい。自分の学年の子と遊びなさい。」 

と言い渡したのですが、そうでなければ、ずっと続けていたでしょう。



兄、弟 大好き過ぎ。

(弟は、ますます調子に乗るぞ~(- -))



2011.3.8 002

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/429-55501445
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。