上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週末、日本ではいよいよ 「SP」の完結編となる映画 「SP 革命編」が公開される
ということで、その盛り上がりがアメリカにも伝わってきて(?)、

先週放送されていた「革命前日」とか見ちゃったら、
   (あ、ダンナの帰りを待たずに一人でみちゃった。ダンナ@海外、ゴメン☆)

また脳内が “SP!” “岡田君!” に侵され始めて、過去のテレビシリーズの
エピソードもまた振り返って見ちゃったりして。


あらためて見ると、公安の田中君にまた新鮮な気持ちで注目しちゃったり。

あ~、彼、こんなときから、こんなところにいたんだ・・・、とか、

あ~、この時の彼の意図って、そういうことだったの? とか。



井上も、この時点から、もう、シンクロで何か感じとってたのね、とか。

一回目に見た時には、そんなに意識してなかったところ。


結果を知ってから、また詳しく見ていっても楽しめる。
うん、面白い。いいドラマだ~。



もともとテレビで放映されたときは見てなくて、放送終了後、あるところ(←敢えて曖昧にw)
で見かけたので、ダンナと一緒に見始めて、面白くて、最後まで一気に見たのですが、

最後のどんでん返しに “え~~~ッ!!” となって、

「つづく、となっているけど、いつよ!?」 と調べたら、

“映画は2011年公開予定・・・まだまだ先じゃん!!” と思ったのに、
もうその2011年なんですね~。

あ~、でも、公開されても、ここからでは、まだ見られないし。

でも、見ちゃったら、それで終わっちゃうから。
楽しみがまだとっておけると思えば、OK。



テレビで放送されていた「革命前日」の半分は、映画の「野望編」のダイジェスト
だったらしいけど、

「野望編」の評判は、いまいちなものが多いような気がしていたので
“どうなんだろ~” と思っていたけど、

失望することはなく楽しめました。


テログループに狙われているマルタイと、歩いて移動しちゃうことになる設定とかね、
ま、突っ込みどころはあるにせよ、もうこのドラマ(映画)のコンセプト、キャスト、
世界観が気に入ってしまってるから、その辺も、もういいわ♪って感じで。


私の好きなヒーロー像 (恰好よく、能力が高いのはもちろん、正義感と優しさがあって、
切なさも感じさせる) にピッタリの井上、しかも演じるのは好きな岡田君、
しかも、堤真一も好きな俳優。

何かを睨みつける岡田君の目元のアップ。


たまりませ~ん。

デビューのきっかけの「元気が出るテレビ」から見ていたので、こんなにカッコよく
なるなんて・・・って、もうなんかオバチャンですね・・・



しかし、尾形さんが実は「尾形総一郎」ではなかった、って・・・。
あなたは、どこの子なの~。
本物の「尾形くん」は、どうなってるの~。

で、大儀って、結局、何?

暗殺された西島管理官は、「黒田康作」では ”公安” か~。
香川照之は、あっちでもこっちでも、企んでばっかだな~。



というわけで、最近は家事のお供のBGMに、「SP」の音楽をかけてみたりする。

CDは持っていないのだけど、動画サイトってありがたいですね~。

気分がアゲアゲになります~


“この曲をipodで聴きながら街を歩いたら、周りの人間が皆、怪しく見えてしまう・・・”
というコメントがあって笑ってしまいました。確かに(^m^)

この音楽も、この作品の大きな魅力の一つだわ。


ただ、サントラそのもののリンクを貼るのはなんとなく咎めるので
(これまで別の曲は色々と貼ってるけど。一応、まだ現役バリバリの(?)音楽だし)、

ある方がエレクトーンで演奏しているものを。

これも何度も聞いてしまいました。

この曲のエレクトーン演奏の動画はいくつかあげられていますが、この方のものが
一番自然で音が良いかな。
再生回数もこれが断トツです。

それでは、どうぞ。

でっでっでっ、ででっでっでっ!!!




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/430-018f548f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。