上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週末の大地。

バイオリン教室のみんなと、またまたパフォーマンス。


今度は、ヒューストンのダウンタウンにある Jones Hall ! 
(ヒューストン・シンフォニーもいつもここで講演を行う)

のロビーです。初めて。


この日は、機関車トーマスのミュージカルがあり、その前座として
お声が掛かりました。



2月は老人ホームで、
3月はチルドレンズ・ミュージアムで
(ただし、私が多忙な時期で連れて行くことが出来ず、大地は不参加)、

どれも演奏内容は同じなのですが、ちょうど、このシーズン(?)は、先生が考えた
“列車”をテーマにしたアレンジでやってるので
(先生がホイッスルを吹き、列車で旅をしている設定で曲紹介をしていくとか)、
このイベントにはピッタリです。

今日は6人だけで、こじんまりと。
男の子は大地だけだったね。

2011.5.9 046

2011.5.9 025

2011.5.9 029

2011.5.9 023

2011.5.9 024

2011.5.9 052


演奏はちゃんとやってますが、不機嫌そうな表情をするのがポリシー。

カメラを構えるママをチラっと目でとらえるたびに、「またかよ」的な表情をして、
わざと視線をずらし、さらにつまらなそうな暗い表情を作ります。


“いいかおなんか とらせて あげないもん !”



今は、”Perpetual Motion in D(無窮道 ニ長調“ に合格して、
”Allegretto(アレグレット)“ を練習中の大地です。

2011.5.9 085


先生のアイデアで、みんなでこんな写真も撮りました。

どうやっても、何度声をかけても、大地だけは絶対にカメラの方を向かないのでした。



この後、トーマスのミュージカルのチケット2人分をタダで貰えたのですが($68分♪)、
「見たくない」と言い張る大地。

先生に、「ちょ~っとでもいいから、一回入って、見るだけ見てごらん。」と説得され、
しぶしぶ中へ。

開始10分ほどで、トーマスが登場(本当に動く。前後に進んだり、クルクル回転したり。
目玉と眉毛も動く)したのを見届けると、「かえりたい~」攻撃が始まり、
結局それだけで帰りました。

確かに preschooler向け とは書いてあったけど・・・。
まだ大地もイケるかと思ったんだけどな。



ところで、この日は母の日。

他のお母さんに “Happy Mother’s Day!” と言われ、一瞬、えっ!? と
思った後で “Happy Mother’s Day, too!”(^^)

日本ではわざわざ会った人と「母の日おめでとう」とは言わないので、一瞬不思議な感じが。

あちこちで“Happy Mother’s Day!”が聞かれましたが、父の日も同じように
“Happy Father’s Day!”って言い合うんだっけ?
それは女性同士でも言う?
(アメリカに住んで4年以上になるのに、そういえば意識したことなかった)


パフォーマンス後、先生が小さな箱入りのチョコを子供達の手に。
母の日のプレゼントということで、お母さんに渡しなさい、と。
優しい先生です。




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/442-f3bd7fc4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。