上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.5.15 014
(下校時間前。待機しているスクールバス)


5月始めのある日。
大地のクラスでボランティア。


この日、学校ではお昼から 「先生感謝ランチ」 というのがあるらしく、先生達は皆
2時間ほど図書室に行ってしまうため、各クラス、ボランティアのお母さん達が
子供達の面倒をみる。


授業中、勤務中に、子供放ったらかして、先生達が昼食会。

ちなみに、年に数回、学年の先生達が集まってミーティングをしているらしいが、
それも授業時間中に行う。替わりの先生か、親のボランティアが面倒をみる。

昼食会もミーティングも仕事のうちだから、勤務時間中(8時~15時半?)に行うのは当然でしょ、
ってとこか。



この日は私の他、2人のお母さんと共にボランティア。

学校入り口受付で“アクティビティ”の入ったパッケージを渡され、教室では先生から
テレビの使い方の説明を受ける。

各クラス、大きな液晶画面があり、今日は、「昼食会」の時間帯に、“ディズニーアニメ” と
“安全について” のビデオが流されるらしい。

指定の時間になったら、指定のチャンネルで放映が始まる、とのこと。

そのビデオの時間以外は、”先生への感謝のメッセージカードを書くこと“ と、
”言葉探し“ や ”塗り絵“ などのプリントを配ったりして、まぁ、適当にやってくださいな、
という感じ。



大地、メッセージも絵もろくにまともに書かず、お友達とお喋り。
先生がいないと、こうなのかな。

他の子供達も、あちこちでワイワイ、ガヤガヤ、ゴソゴソ、時間が経つにつれて、
教室内も騒がしくなってきた。普段はどうなんだろう。
1クラス20人程しかいないけど、先生は大変かも。



アニメの放映が始まり、ボランティア達、ホッ。

一気に静まり、薄暗くした部屋で、夢中で見入る子供達。



ホッとしたとはいえ、1時間近く続くアニメに 

“どんだけ見せ続けんねん・・・ここ学校でしょ・・・”

と思うのは私だけか。


結局、合計1時間20分くらいは、テレビを見て過ごした子供達だった。



177日しかない年間登校日のうちの1日なんだけどねぇ・・・
アニメ、ねぇ・・・



2時間ほどして、先生、プレゼントされたらしい鉢植えの花を抱えて、満足そうに
ニコニコ顔で帰ってきました。


日本では肉体的にも精神的にも疲れて、参ってしまう先生が多いようだけど、
アメリカではその数は少ないんじゃないか?
いや、少なくないと、納得いかない(^^;)


そんなアメリカ小学校生活の一コマ。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/446-0271e817
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。