上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボートからクルーズ船に乗り込みます。

glpgs202.jpg


船はExplorerⅡという、ガラパゴスを巡るクルーズ船の中でも定員が100人を超える
最も大きい部類のものです。


船酔いしやすい私、実は、当初はクルーズを考えてはいませんでした。

ガラパゴス旅行には、クルーズに参加するパターンと、
島のホテルに滞在しながら、そこを基点に各島へ出かける、というパターンがあると知り、

クルーズ=船酔い=やめとこう

ということで、ホテル滞在型にしようかと思ったのですが、調べていくと、
ガラパゴスは各島で特徴の違いがあり、見られる動植物も少しずつ異なる。

また、翼は、「できるだけ、沢山の島に行きたい!」と言う。


さらに調べてみると、ホテル滞在型で、別の島に日帰りで出かけるとなると、
小さな船で片道1時間や2時間揺られて、その島を歩いて見て回り、
また1時間や2時間揺られて戻ってくる・・・


うわぁ、そっちの方がもっとダメじゃん。


ということで、クルーズに決定。


(クルーズの案内にも、旅行会社の人にも、エクスプローラー号くらいの大型船なら、
揺れは “殆ど無い” から大丈夫だと思う、と。
殆ど、ということはある程度は揺れるんだな?とは思いつつも、私一人がガマンすれば
いいことですから(^^;)
今回は、“酔い止め”と、“Sea Band(船酔いを防ぐという手首にはめるバンド)”を
しっかり購入して。以前、これより遥かに大型船だったディズニークルーズでも、ばっちり
酔いましたから。)


ちなみに、ガラパゴス諸島を巡るクルーズは、本当にガラパゴスのみ、です。

つまり、別の場所にも行き、その中にガラパゴス諸島も含まれる、というようなクルーズは、
現在はありません。以前はあったそうですが、島の環境を守る観点から廃止されたそうです。
クルーズ船は、すべてガラパゴス発着です。



ガラパゴス旅行を扱う旅行会社を見つけて、問い合わせなどを出した中で、
今回私たちが予定している日程で、ExplorerⅡがかなりお得なプロモーションを行っている、
との情報があり。

確かに、各社のHPなどに載っている同条件の費用よりも、安いようです。

大地希望のペンギンが見られる可能性のある島もルートに入っているし、このツアーに決めました。


(具体的な金額がHP上に載っていない旅行会社もありますが、とりあえず、
問い合わせしてみるといいです。今回の情報もそんな会社からでした。
また、HP上に詳しく旅程や費用が載っている会社でも、問い合わせてみると、
そこには載っていないパターンのプランを提案してきてくれたところもありました。)



さて、船に乗り込み、チェックインをして、各自部屋へ。

2ベッドの部屋が2室用意されていました。
コネクトできるのかな、と思ったのですが、それは出来ないようです。

子供達、「こっちはこどものへや~」と大喜び。

カテゴリーは上から2つ目なので、広さも(船内にしては)そこそこあり、
シャワーもトイレもきれいで、快適です。
バルコニーもあります。


ただし、トイレについては、一つ重要な注意点が。
紙類を流してはいけないのです。
使用した紙(トイレットペーパー)は、すぐ側にある蓋付きのゴミ箱へ入れる決まりです。
ちょっと面倒でもあり、抵抗もあるのですが、そうでないとクルーズ船全部のトイレの
水が流れなくなる可能性がある、とクルーにも念を押されましたので、これから5日間はガマン。
ゴミは1日2回は回収してくれます。



部屋には、この日のスケジュール表が置かれていました。

見てみると、これからオリエンテーションや、避難訓練、そして早速最初の島上陸、
など盛りだくさんで、あまりのんびりはしていられません。

すぐに食堂へ昼食をとりに行きました。

glpgs201.jpg
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/463-3d3fb2db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。