上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
午前のアクティビティから船に戻ったら、 “Welcome back on board-social hour” と称して、
デッキにちょっとしたおつまみが用意されています。(水以外の飲み物は有料ですが)

glpgs401.jpg

気持ちいいデッキで寛いでいる間に、船は次の島へ向かってくれています。
クルーズの良いところ。

glpgs402.jpg


同じ時間帯、ピアノバー&娯楽&図書コーナーのスペースでは、
“ナチュラリストに何でも質問どうぞ” のコーナー。

のはずなのに、誰も来てない・・・。

ナチュラリストは奥の方に一応いるけど、パソコン開いてずっと何かやってる。


子供達に、「何か聞きたいことあったら、聞いてごらん。」 とけしかけるのだけど、
照れたように「ない~」と言うだけ。
子供達はチェスを始めた。

結局、毎日スケジュール表には書いてあったこの “ナチュラリスト”タイム、
乗客がわざわざ訪れて、ナチュラリストに質問している光景は、一度も見かけませんでした。

あるときは、ナチュラリスト2人がパソコン見て、何か仕事してるのかと思ったら、
実はゲームをしていたらしく、盛り上がって笑ってたし。


(子供たちがここでチェスやスクラブルをしたがったので、空いた時間は、よくここに来ていた)

glpgs406.jpg


図書コーナー。
これはExchange Library で、気に入った本があれば、持ち帰ってもいいが、そのかわり、自分の持っていた本を一冊置いていってください、というもの。

glpgs405.jpg

よく見たら、日本語の本もある!
どんな人が、いつ置いていったのかなぁ。

glpgs403.jpg

glpgs404.jpg


昼食後、部屋のバルコニーでのんびりしてみたり。

glpgs407.jpg
(どうもコンデジで撮った写真が、全部写りが暗い。露出の設定が変だったんだなぁ・・・。
いや、直そうとしたんだけど、なぜか変更できなかったのよね・・・
本当はもっと明るいのに、残念。)



この日は “Commanding Bridge Tour” が行われました。
特別に操舵室に入らせてらって、見学できます。
キャプテンが色々と説明してくれました。

glpgs408.jpg


来ていた乗客は20人ほど。
ダンナは以前、船に関わる仕事をしていたことがあるので、いくらか知識があります。
子供達に、「普通は見られないところだから、是非行こう」 と。

が、あまり乗ってこない子供たち、疲れていたのか、「あつい~」(確かに客室より暑かった) 
とブ~たれて、床や椅子に座ってダラ~ン。
それでも、ま、せっかくの機会だから、見たこと、聞いた事がなにか少しでも残れば。


途中で、別の船員が入ってきて、なにやら後方にある機器の前に立ちました。

それを見ながら、数字を言うと、キャプテンは私たちの相手を中断し、
前方の機器に向かって、船員が行った数字を復唱。

終わるとキャプテンは解説の続きを始め、その間、船員がレバーに手をかけ、
じーっと機器を見つめています。

しばらくすると、船員がまた数字を言い、キャプテンが前方を向いて、その数字を復唱。


何なのか全然分からないけど、とにかく、今まさに船を操縦してるんだな、と。


glpgs409.jpg

キャプテン、すごく熱心に相手をしてくれて、見学は40分ほど続きました。
(私も立っていてちょっと疲れた(^^;))


15時から、今日2つ目の島への上陸。また準備をしなきゃ。
次はサンチアゴ島です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/465-b23bcda7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。