上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供達の夏休みを目前に控えた頃、駐妻はあることを考え始めた。


『1日50マイル(80km)の道程2往復を5日間続けることは可能か?』



同じことを4年前にも考えたことがある。
いや、考えるまでもなかったけど。
“無理に決まってるじゃん” という答えがすぐに出たから。
とても、とても、考えられないレベルの話だった。


しかし、あれから4年、

血と(?)汗と涙の運転修行を重ねた結果、もしかしたら可能かもしれない、

という心境になってきた。



それが出来れば、

子供達をNASA(スペースセンター)のキャンプに行かせてやれる。


ヒューストン郊外の我が町から、ヒューストン・スペースセンター・・・とは言え、
実際はヒューストンではない町にある“NASA”まで、ちょうど50マイル。


でも、“NASA”のキャンプなんて、なかなか体験できないし。
すごく “ヒューストン” ぽくて、良い思い出になりそうだし。
内容もとても楽しそうだし。



一応、ダンナに聞いてみた。

「行けるかなぁ?」

  「行けるだろ。」

「行ってもいいかなぁ?」

  「どうぞ。」


キャンプ費用も、有料道路代も、ガソリン代も全て承認ということだと認識。



一応、近所の友達に聞いてみた。

「子供を一緒に行かせない?」


あわよくば、送り迎えを分担して、往復の数が少なくなるかも・・・という思惑もあったが、
遠すぎるし、と誰も乗ってこなかった。 ( ̄∇ ̄)


これまでに、そのキャンプに我が町から参加させた人はいるのだろうか、と、
少しリサーチしてみたけど、私が聞いたところでは、
3日間、夫婦で送り迎えを分担して、という1例のみ。

ある方には、NASAの近くのホテルで1泊くらいした方がいいんじゃないか、と薦められた。




結局。


片道50マイル、所要時間約1時間(最短52分)、
往復100マイル を一日2往復、
を5日間、計1000マイルを走り切った!



結論。

不可能ではない。




運転がどう、というより、毎日毎日同じ道を往復し続けるので、道自体に飽き飽きして
くるのではないか、という懸念がありましたが、それほどでもなかった。


なぜなら、事故らないように、運転にほぼ毎秒神経を集中させてたから。

その結果、首から肩から背中にかけて、ジワ~ッっとものすごい凝りが・・・



しかし、駐在の終了間際の時期は要注意と聞いたことがあったので。
そういう時期に限って、なにか事故に遭うとか。
それだけは絶対に避けるのだ!


一日24時間のうち、4時間ほど運転に費やしていたのだけど、週の半ばを過ぎる頃には、
なんだか四六時中運転しているような気分に。

またあそこまで行くのか、もうお迎えの時間か。。。と ( ̄∇ ̄)
(キャンプは、8:30~15:30)


・・・そんなとこですかね。



アメリカ生活の締めくくりに、かつて絶対不可能だと思ったハードルを越えてみるの巻。

よしよし、成長した、と自己満足を得て終了。
(もっと意義のある成長を目指せばよいものを)

2011.7.25 024

2011.7.25 023


ヒューストンならではのキャンプをお望みの方、片道50マイル圏内にお住まいならば
可能ですので、お試しください(^^)


あ、キャンプ自体は、子供達、毎日とても楽しそうで、知識も少しは得たりしたようで、
頑張った甲斐はありました。
この夏の目標、また一つ達成。



ちなみに、このキャンプは、ランチ込み。

しかし、いわゆる例のアメリカの“ランチ”ですから、翼は強く弁当を希望するので
(大地はそうでもない)、5日間のうち、2日間だけは勘弁してもらって、

(というか、翼は1日熱を出してキャンプを休み、大地だけが参加した日があった。
  ・・・ くぅぅ、私の苦労が最大限には活かされず。
大地は、キャンプのランチを食べてみたいと言っていたので)

3日間は、朝、弁当も作りました!
(結局、この期間は引越し準備、何も進まず)


ちなみに。
この送り迎え以外にも、買い物や、ピアノレッスンにも行っているので、実際の5日間の
走行距離は、1000マイル以上です。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/486-86f0ab10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。