上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
約半月前のことです。


9月某日、とうとう次の赴任地に到着。

う~ん、長かったなぁ。
アメリカを発ってから、ほぼ丸一週間。

北米にも、(ダンナの出張を除いて)来る機会はもう当分ないだろうから、と
移動途中にカナダ旅行を挟みました。

カナダを発って、
日本でのトランジットを含めてドアtoドアで23時間ほどかかって
到着しました。
やっと着いたぁ~!(><)という感じです。


着陸する寸前だったか、窓から眼下の街の明かりを見た大地、

”お~、○○(国名)”

と呟いたのには、ちょっと笑ってしまいました。


大地は、まだ見知らぬその国への興味や疑問が移動日が近づくにつれ
さらに強くなっていったらしく、同じような質問を何度も何度も
してきました。

特に、定番の質問は、国の大きさや人口。

(これは他の国についても全体的に興味があるらしく、あまりにも
よく質問されるので、地理の資料集みたいなものを買ってやったほど)

それと、次の私たちの住居について。
その大きさについて、何度も何度も同じ質問をしていました。

  「ホテル、大きいの?」

  「コンドミニアムだよ。今の家ほど大きくないよ。」

  「どれくらい?」

  「1階のガレージ抜いたくらいかな。」

  「え~っ・・・」


しばらくして、

  「ホテル、大きいの?」

以下ループ。



コンドミニアム、とちゃんと言えるようになったのは、到着前日でした。
やっと覚えたか!


機内では、ここぞとばかり、映画をみまくる子供達。
私も、SPの革命編をみることができて、むふふ。
これを見てしまうことでシリーズ全てを見終わってしまうことがちょっと寂しくも
ありましたが。
つい2回見てしまいました。
(で、結末、結局どういうことなの~)


1年ぶりの日本。
成田に3時間滞在。
Picture 343



日本から乗り換えた便でも、楽しそうな映画が色々見られることが分かって
興奮する子供達。

Picture 350
Picture 347


「○○見る!△△も見る!」

と声に出して宣言し、


「(見たいものが沢山ありすぎて)寝られるはずがないよ~!」

などと言っていた大地。


その5分後、ふと見たらすでに寝ていた。(まだ離陸前)

Picture 359


しかし、数時間後、いきなりフッと目覚めたかと思うと、即、

「えいが見る!」




ところで、日本でのトランジットで、私達の乗る便に大勢の若い女の子たちの集団が。

学生だろうか、でも、こんな時期に?と、少し不思議に思っていたのですが、
現地に到着すると、その集団だけ、入国管理局の警備のような男性数名が出迎え、
先導して移動している。(楽しそうに見える警備員)

もしかして、タレントか何か?と思ったら、その通りで、大人数制の
某アイドルグループの地方版のお嬢さんたちでした。
現地の出待ちのファンがボードなどを持っていたので分かりました。

でなければ、分からなかった(^^:)
日本の空港でも誰も騒いでなかったし。

子供達に、”あのお姉ちゃんたち、テレビに出る人たちみたいだよ”と
知らせてみたのですが、全く反応なし。


荷物が出てくるところでは、最近、一早く自分たちの荷物を見つけて自力で
ターンテーブルから下ろすことに燃えている大地が、そのお嬢さんたちの
集団をものともせず、ガツガツと進んで間をすり抜け、
出てくる荷物が一番早く見える場所へ移動していたのが、ちょっと笑えました。

今後このグループを見聞きするたびに、この国へ来た初日のことを思い出しそうだなぁ、
などと思いつつ。


荷物も揃い、やっと外へ出てみると、なんと私たちにも出待ちが。。

ではなく、出迎えてくださった方達が。
なんと、この深夜に、同じ会社の2名の駐在員の方が車で迎えに
来てくださっていました。

荷物の多さから、タクシー2台になるかも、と覚悟していたので、
本当にありがたかったです。


ホテルに向かう車の中で、初めてのこの国の風景を窓から興味深々で見ながら、
ハイテンションの、会社の方にもちょっと”無礼モード”で色々と喋りまくる大地。

なぜか、
ヨーロッパに行きたい、とか、
アフリカに行って、ヨーロッパに行きたい、とか、
南極に行きたい、とか、

この国のサッカーは強いのか、
○○より強いのか、とか、

別に高い建物多くないじゃないか、とか、
車は買えないのか、
なぜ車は(この国で)そんなに高いのか、などなど。。。


ホテルにチェックインし、シャワーを浴びてすっきりし、やっとベッド
に横になれたのは深夜1時過ぎでした。

そこであらためてもう一度、実感。



あ~、やっと着いたぁ~!

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/504-43985bf1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。