上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.14 雷雨の中
002.jpg


先週のある日、子供たちのサッカー練習。


帰宅して少ししてから家を出ることになるのだけど、ムム、雲行きも、
空気も怪しい。
いかにも雷雨が来そうな。天気予報もそうなってるし。

ためらう私と、行く気満々で準備を整えた子供たち。
クラブのウェザーホットライン(天気によって中止するか否かを知らせる)に
電話してみても、情報が更新されてない。


練習場所まで、一時間。
その間に絶対降ってきそうな気がするけど、仕方ないので、

「途中で雨が降ってきたら、そこで引き返すからね。」と子供たちに話し、彼らも
「うん。」というので出発しました。

駅まで歩いて、電車に乗って、電車を乗り換えて、またしばらく
電車に乗っているうちに、窓の外は雨。

「ほら、降って来たよ。」


大地、窓の外をわざとらしくじっくり見るふりをして、

「でも、あんまり、んー、○△□※(ゴニョゴニョ)。」

まだ引き返したくないらしい。


練習場の最寄駅に着いてホームに降りたら、もう大雨。
それでも納得しそうにない子供たち。
もう一度、ウェザーホットラインにアクセスしてみました。

「今日の練習は、いつも通りです。」


えっ!?(@@)

この担当者のしゃべり方(録音)、いつも ”ちゃんと情報伝える気あんのかー!” と
言いたくなるような不明瞭さで、何回か電話をかけて聞き直すことを前回もやったのだけど、
今回は、信じられなくて、再度聞き直してしまいます。

やっぱり、”いつも通り”って、言ってる・・・?


翼が、「オレ、聞いてみる!」


前回、初めてホットラインを利用したときに、分かりにくい発音をちゃんと聞き取れたのか
自信を持てずにいたら、翼が ”聞いてみる!” で、

「○○って言ってるよ!」

と私を助けたことがありました。

本人的には、自分の方がママよりも聞き取り能力は上、ママが自信ないときは
助けてあげなきゃ、と、優越感を持っているらしいです。




「うん、as usualって言ってる!」

稲妻も光ってるのに、信じられん!わざと、

「でも、as usualの前の何かゴニョゴニョって言ってるとこに、notが
入ってたとしたら・・・?」

「でも、それは変だもん。だから、それは無いと思う。」


と、”もしそうだとしたら文章表現的におかしいから、notは入っていないはず”などという
推測もしてみせる。
一丁前だな、オマエ。


私は信じられないままタクシーに乗り、練習場のある学校へ。
信じられないままグラウンドに行ってみたら、え~!?グラウンドの向こう側にある
屋根付きスタンドに、皆集まってる~!

ここは、校舎の屋上にあるグラウンド。
スタンドに行くには、グラウンドを横切って行かなければいけません。
あっちやこっちで、たまに稲妻が見えては、ドーン!と爆音が鳴っているんですけど!
怖い!!(><)

直撃されませんように、と祈りながら、走り抜けました。


屋根の下に入っても、吹き付けてくる雨や、鳴り響く雷が気になる中、
子供たちは年齢カテゴリーごとに集まり、コーチが何やら子供たちに
話していたり(雨と雷の音でよく聞こえない)、ビブを配ってチーム対抗戦の
用意をしていたり、隙あらば練習始めるぞ、な雰囲気。

しかし、どう見ても雷雨は収まりそうになく・・・


”どうするのかしらね~””キャンセルなら、早く決めてほしいいんだけど・・”などと
近くのママと話しているうちに、1時間経ち、ようやく「今日の練習は無しにします。」


ふぅ~。


帰りがまた大変。

雨の日って、本当にタクシー会社への電話が繋がらなくなるんですね。

ひょっとして、と思って学校のエントランスで待っていても、やっぱり
こんなところにわざわざ空車が来てくれる訳がないし、学校の外に出て
車通りまで出ようとしたら、出たかった道路側はずっとフェンスで出口が
一つも無く、また元のエントランスまで戻って学校の外に出てから、道路へ
向かったり。


雨は小降りになってきていたものの、ずっと降り続いていて、
延々歩くうちに疲れと不快感が募ります。


が、やっとタクシーがつかまって駅に着き、電車で帰る途中、子供たちにに

「これからは、ウェザーホットラインで練習ある、って言ってても、ママが天気を見て
練習に行くか、行かないか、決めていいかな。」


と聞いてみると、


「うん。」


と快く了承してくれたのが、大きな収穫となりました。
 (よかったー。


平日に週2回ある練習のうち、別の曜日の練習には、施設の狭さなどから
翼が、もう行かない(自宅で自主練する方がいい)と言い出したので、
参加できる平日の練習は、遠いけど、この曜日のみ。

毎日のように雷雨が来ているこの頃ですが、貴重なこの練習時間には
できるだけ雷雨にぶち当たりませんように・・・と願っています。




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/513-afd82544
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。