上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この冬休みは、日本から親戚が遊びに来る→その後、私たちも日本へ
一時帰国 と、盛り沢山で忙しく過ごし、こちらに戻って来たら、
私が風邪でダウンしてしまい、最近、ようやく復活しました。

という訳で、遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

大変なことは色々ありますが、皆様にとって、またより良い一年と
なりますように。


先月後半。

従兄弟たちが日本から来るのが、楽しみで待ちきれなかった子供たち。

ちょうど、彼らの終業式の日の朝に到着予定だったのですが、それが何時に
なるのか、自分たちが学校に行く前なのか、後なのか、私が
「そこまで詳しく分からない」
と答えても、何度も何度も聞いてきました。

空港への迎えには、誰が行くのか、私たち全員で行くのか、
タクシーは2台になるんじゃないのか、
そしたら、どう分かれて乗るのか、
などなど(^^;)

(その親戚一家は、以前この国に駐在していた経験があり、私たちよりも
この国には詳しいくらいですので、迎えも必要ありません(^^))


従兄弟到着!

ちょうど同じ年頃の男子ですから、とっても仲良し。
会うたび、とにかく楽しそうで。

(そういえば、翼と大地の”いとこ”は、男しかいない・・・)


プールで大はしゃぎで遊び。


2011.12.23 011

2011.12.23 033

(甥っ子たち、プールが大いにお気に入りでした。
観光に行くより、「プールで遊びたい」と言うほど(^^)
特に冬の日本から来て、こちらではプールで泳ぎ放題なのだから、楽しいよね。
うちの子たちは、いつでも遊べる状況にいると、
最近は殆どプールに行かなくなりましたが・・・(^^;))


一緒に動物園に行き。

2011.12.24 005

実は、こちらの国の動物園、私たち家族で先々月に既に行ったことがあり、
しっかり年間会員になっておきました。
この1年間、お客さんが来ても、いつでも動物園にはお伴しますよ~(^^)


動物園と言えば、翼。
ヒューストン動物園に30回以上行ったことを誇りにし、
隅々まで知り尽くしたオトコ。


前回、この動物園に初めて来たときは、「ヒューストンZooの方が楽しい~」と
何度も愚痴るので、そんなことばかり言わず、この動物園のいいところも
見つけてごらん、
今度はこの動物園に詳しくなってごらん、と
たしなめたことも。

(実際、規模はヒューストン動物園よりも大きく、”オープン”を
コンセプトにした展示は見応えもあるし、こちらも、とても質の高い動物園です。)

園内のショーは、こちらの方が充実していて、エンターテイメント性に
富んでる。

(写真では小さいですが、本物のチンパンジーが登場して観客が沸いています。)

そして、ショーの後は、ある動物を記念写真を撮らせてもらえることに。

触るのは初めて、と、ちょっとひき気味の従弟に、「○回触ったことある~」と
自慢気な翼。

2011.12.24 011.2

2011.12.24 015.2

蛇を触るのも楽しいことなのね~
(私には無い感覚だけど)



2011.12.24 031

2011.12.24 037


嬉しいのが、動物園の中のお食事処ですら、美味しいものが食べられること・・・
メニューはそんなにないんだけどさ、美味しい”チキンライス”があるなら、
それで十分。
ここがアメリカとは違って、いいなぁ~、としみじみ思うところ。

甥っ子たちも、「自分で買っておいで」とお父さんからお金を渡されていたのですが、
注文するときになるとちょっと不安になったらしく、一緒にいた大地が通訳して
手伝ってあげたようです。(^^)

2011.12.24 018

2011.12.24 027

翼のお気に入りは、”Roasted" のチキンライス。
私は "Steamed" をいつも注文。ツルンとした感じがいいんです。


さて、別の日は、バードパークへ。

2011.12.23 105

2011.12.23 114

こちらは私たちは初めてですが、こちらのパークも共通の年間会員になってますから。
予想以上に大きく、充実していました。
ショーも見応えありましたし、これも今年、何回も通いたいところです(^^)



こうやって、甥っ子たちとうちの子たちがこの国で一緒にいるところを見ると、
10年前のことを思い出して、ちょっと不思議なような、感慨深い
気持ちになります。

約10年前、翼は8ヶ月の赤ちゃんでしたが、この国を訪れたことがあります。
そのときは、反対に私たちが、その親戚一家を訪ねて。

翼よりちょっと年上の従兄は、実はこの国で生まれたんですが、
あのときの赤ちゃん2人が、今こんなに大きくなって・・・

そして、今度は私たちがこの国で暮らすようになって、彼らを
迎えることになるとは。
あの時は想像もしなかったなぁ、面白いものだなぁ・・・と。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/534-bc753fa8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。