上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01.27 最近の私たち
旧正月の方が盛大に祝われるこの国では、先週末から今週にかけて、
連休がありました。

ダンナはここしばらく国外に行っていて留守なので、私と子供たちだけで
普通に過ごしました。
連休のうちの月・火は、店も開いてない、ATMも使えなかったりする、と
聞いていたので、それまでに食料品を買い込んで、現金も多めに用意して。

(実際は、店によっては開いてます。)

あるサッカークラブが、2日間のサッカーキャンプをやっていたので、
それに参加させることに。

こちらには日本人向けのサッカークラブがいくつかあり(それを知った時は
驚きましたが)、そのうちの1つのクラブでした。

が、なぜか、直前になって大地が「眠い」だの、「やりたくない」だの
グダグダ言い始め・・・
結局、両日とも参加せず。
サッカー用の服も来て、脛当ても、ソックスも、靴も履いているのに
参加せず。

会場へ向かうときには、わざと遅く歩く。
おかげで、遅れそうになり、タクシーに切り替え、タクシー乗り場を探すはめに。
(その分のタクシー代は、大地から後で徴収!)

とか、なんだかんだと、私をイラつかせたり、カーッ!とさせたりすることの
続いた大地。
はぁ~、もう、何なんでしょう、この子のこういうところ。


連休前には、子供たちの学校で旧正月の名物、ライオンダンスやドラゴンダンスを見る
イベントがあるということで、他のお母さんたちと学校へ。

初めてでしたので、興味深く鑑賞しました。
けたたましいドラや太鼓の音が鳴り続けていました。


そういえば、数日前、大地が

「わるものがいてねぇ~、大きい音や赤い色がきらいって
フィギュラ~ウ(figure out)したからねぇ~、だからそういうのやるんだよ」

と、教えてくれました。
そして、龍はミカンを食べるんですね~。


子供たちは最近、日本の古典ものの暗唱をしています。

もともと、大地のクラスの先生は国語に力を入れているらしく、転入してみたら、
枕草子の音読や、百人一首の暗唱をやっていて驚き、
大地もいきなり訳分からないなりにも、皆と同じようにすぐ音読・暗唱に
トライしていましたが、
翼のクラスでも、枕草子の暗唱をすることになったようで。


春・夏・秋・冬、と順に、それぞれ完全に暗唱できたら、合格スタンプを
もらえる仕組みのようです。

すると今後は、大地のクラスでは”寿限無”の暗唱が始まったらしく、
プリントを見ながら音読を始め、数日したらもう暗唱できるようになっていました。

翼も、春から冬まで、全部合格。


すごいな・・・
やれば出来るんだな、オマエら・・・


いや、彼らの頑張りもですが、そうやって頑張らせてくれる学校、先生がすごい・・・

アメリカで補習校に行ってたときは、国語関連の勉強は、やらせるのが
本当に大変だったのに。
家で、もっと日本語に親しませよう、と、例えば”寿限無”の暗唱とか
やってごらん、なんて持ち掛けても、絶対に無理だったのに。

”毎日通う学校”となると、やっぱり違うんでしょうか。
先生、クラスのお友達の力が大きいんでしょうか。

ありがたいなぁ~、と思う毎日です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/538-3f96b5e2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。