上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年のクリスマスの頃の話。

年の瀬が近づいてきて、子供たちはサンタさんになにを貰いたいと思っているのか
聞いてみたところ、翼からは

「モーター」

との答え。


も、モーター?


アメリカで、何度か”ロボティクス”というもののキャンプに参加したことがある翼、
レゴとモーターを組み合わせて動くものを作る、という内容なのですが、
毎回とても楽しんでいました。

つまり、ああいうものを作るキットみたいなものが欲しい、ということなんでしょうが、
”どうやら理系”の男子が10歳にもなると、なかなかサンタさんも調達が難しそうなものを
欲しがるようになるんですね。

どうなるかな・・・と思いましたが、サンタさん、翼好みのものを
ちゃんと運んできてくれました。
レゴのセットに、こんな種類もあったんだ・・・

細かい部品がいーっぱい。
説明書も3冊にわたって、手順が最初から最後まで全部書いてあります。

2011.12.26 057


私もダンナも、これらを見ただけでもう、ヒェ~ッてな感じですが、翼は楽しげに、
平然と取り組み始めました。

2011.12.26 053


こんな姿勢、こんな感じで、黙々と、休みもせず、組み立て続けました。

2011.12.26 056



その傍らで、

「よくやるね・・・」
「俺は絶対ムリ」

などと会話を交わす親。
誰の子?(^^;)


(ただ、私の父が理系、エンジニア系で、もし近くにいたら、一緒にこういうことを
楽しみそうではある。)


あまりにも根を詰めているので、「休んだら?」「また後にしたら?」と声をかけても、
全くきかない。

そして、数時間かけて、一気に完成させてしまいました。


すごいよ翼。
そういうところは感心するよ。
万が一、サッカー選手の道を諦めたら、次に目指すべき先は絶対、工学部だろ。


そして、電池を入れて、スイッチオン!


・・・動かない。


翼曰く、

「全部説明書どおりに、ちゃんとやったから、なんで動かないのか分からない。
もう(自分には)直せない。」


そして、あれだけ長時間根気よく集中して仕上げた割には、動かないことには
諦めは早く、あっさりと投げ出して、ダンプカーは放置されることになったのでした。


いいプレゼントだと思ったんだけどなぁ・・・
なんで動かないんだよぉ。


でも、私たちもどうしようもないし・・・
説明書とつきあわせて一から検証していくなんて、絶対やる気ないし
(←オイ ※しかも親のうちの約1名は、一応工学部・・・)


翼の科学工学欲(?)にあまり付き合ってられない親でゴメンよ。。
このレゴについては、今後成長して、いつか自力で解決してくれ・・・





(以下 小学生以下の方は閲覧注意)




ところで、翼もとうとう、このクリスマスまでの間に、大人の階段を一つ登ったようである。

クリスマスが近くなって、弟や友達とクリスマスの話題が出ていたときに、

「サンタさん、本当は違うんだよ(^^)」

と言い出したので、焦った。


たまたまこのときは、皆が口ぐちに喋っていたので、かき消されて皆の耳には
入らなかったけど、その後、私にも

「サンタさん、いないって 知ってるよ♪」

と、耳打ちしてきた。


なぜか楽しそうである。
別にショックはなかったのか。
知ってるぞ、ということが嬉しいのか。
多分、学校の友達関係から、耳に入ったのだろう。

「(弟たちには)わざわざ言わなくていいからね。」と言うと、
それ以降は秘密を守る側になったようだ。


他の子のお母さんにも聞いてみると、10歳というのは微妙な頃のようで、

「まだ信じてるような、そうじゃないような・・・。
○○が欲しい、サンタさんは工場を持ってるから
作って持ってきてくれるはず、と言うけど、そう言っておけば貰えるからと
思って言ってる節も無きにしもあらず・・・」

という人が複数いたり(^^)


翼も、一昨年のクリスマス、”サンタからの手紙”(大地がサンタに手紙を書いたので、
その返事)には非常にクールで、”むむ?”と思ったのだけど、
でも昨年のクリスマスの数か月前には、自分から、

「オレ、クリスマスに何お願いするか知ってる?
毎日クリスマスにしてってお願いする(⌒∇⌒)」

なんて言ってきて、あぁ、やっぱり信じてるのだな、と思ったのに。

でも、ショックはなく、自然に受け入れたようなので、ホッとしました。
こうやって大人になっていくのね、あの翼も(´ー`)



しかし、「モーターが欲しい」と言われたときは、困った。

まだ、翼の”信心度”が分からないときだったので、一応、私は
リサーチや調達を出来るだけ秘密裡に行う必要があり、

しかし、モーター付きの何かが作れるキット、というのが、ネットで調べても
この国のどこで売っているのか、いまいち分からなかった。


なんでも、この国の”秋葉原”的なモールがあって、そこに売ってるかもという
情報があったので、行ってみるか、と思っていたら、あまり柄はよろしくない所らしく、
女性一人では行かない方がいいよ、と言われて萎えたり。


どうしよー、どうしよー、と重い気分で、とりあえず、トイザらスに行って、見て回り、
こうなったら、普通のレゴでお茶を濁すしかないか・・・
と思って向かったレゴコーナーでじっくり一つ一つ見ていったら、一種類だけ
モーター付きのセットがあるのを発見!


あ~よかった~

(後で調べてみたら、モーター付きのものは数種類発売されてました)


成長してくると、その要求に応えるのもなかなか難しくなってきますね。
とりあえず、おもちゃ屋にあるものなら、大抵何でも喜んでいた頃は
楽だったなぁ。

今年は何が欲しいと言われるのか、ちょっとヒヤヒヤです。









関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/541-d96fcf63
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。