上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先月のことですが、それぞれ新学年に進級した子供たち。

2012.4.12 003

2人とも、新しい担任の先生は、男性教師。
そういえば、2人とも初めてのこと。
アメリカの小学校は、特に、”女性社会”だったし。
(校長も殆どの学校が女性)


始業式を終えて帰ってきた翼、夕方サッカーの練習に向かう道中、なんだかんだと
楽しげに私に喋りかけてきて、機嫌よさげ。
あ、きっと、新しいクラスが好印象だったんだろうな、と。

数日後、またさりげなく、「担任の先生、どう?好き?」 と聞いてみたら、
「うん」と。よかった(^^)

大地の先生も、子供たちを楽しませてくれるとても良さそうな先生。

新学期が始まって2週間ほどで早速、参観日があったのですが、大地はすでに
のびのびと、いつもの調子でした。
隣の子と楽しげにお喋り、盛り上がって時々先生の話を聞いてない
時々大きな声で野次をとばし。

その適応能力の高さには感心する。
どこでもすぐに友達を作って楽しそうにやってるのもいい。
だけど、ちゃんと授業中は人の話を聞いて、授業の邪魔になるような言動は
やめないといけません。

新学期、新クラスでのスタートが上々だったのはいいんですが、翼の英会話クラスの方で
ちょっと問題、不満や理不尽に思うことがあり。(実は前年度から)
翼にしたら、ちょっとどころじゃない、相当嫌だったようで。

翼からの訴えで、私も確かに、と思うことがあったので、解決のために私も
学校側とやりとりしたり。
これまでその英会話の授業は、外国人教師にまかせっきりで学校側は殆ど内容を
把握していなかったようなのですが(これも意外だったのだけど)、これから
気にかけて授業の様子を見てくれるようにしてくれるとのことで、問題が改善されると
いいな、と願っています。
せっかく好きな英語なのに、翼はどんどんこの授業が嫌いになってしまっていたので。
これまで、うち以外、誰もその点を指摘してこなかった、というのも不思議なんですが・・・

まぁ、何もかも、自分の理想通り、好きなものに囲まれることは殆ど無いんだけどね。
でも、明らかに変なこと、理不尽なことには、ママも解決のために頑張るよ。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/560-75e78a0b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。