上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「宇宙兄弟」という漫画。

テキサスにいた時に “ヒューストンが舞台になってる” と聞いて、借りて読んでいました。
こちらに来てからも、日本人図書館で見つけては、読み。
でも、まだ発行されているものの半分も読めてない。

そして今月からはアニメも始まり、来月はとうとう映画公開!

アメリカにいたときに、「映画化されるらしい。もしかしたら、ロケで撮影に来るかも!?」なんて
噂話を聞いて、ちょっとときめいていたのが随分前のことのような気がするけど。
映画はいつ見られるかな~


アニメも毎週楽しみに見ている。
物語自体の楽しさや清々しさもさることながら、なんといっても、
ジョンソン・スペース・センターが出てくるたびに、なんか嬉しくて、懐かしくて、
胸がキュンキュンしてしまうの(´ー`)

漫画で出てきてもなんだけど、アニメで出てくると余計に。


うちからは近くなかったし、しっかり(?)訪れたのは、家族で1回、
義両親が遊びに来たときに一緒に一回、なんだけど、
なんといっても最後の夏に、家とスペースセンターを10往復したときの印象が強すぎて。


青い空と、白い雲と、照りつける太陽の光、だだっ広い景色、
ひたすらぶっとばしたハイウェイ、スペースセンターの辺り、
クリアレイクという町(実はヒューストンではない) の風景・・・


他のアメリカの大都市と違って、物語の舞台になって映画やドラマや漫画に
出てくることって珍しいから、多分、ヒューストンに住んでいる人、
住んでいたことのある人は、こんな風に嬉しくなっている人が沢山いると思う(^^)


子供達も楽しみに見ているアニメ。

母は、「あ、ヒューストンだね~!」「スペース・センターだよ!」と子供達にも
振ってみるんだけど、特に彼らの反応はなし。
実際に5日間も通って中に入って過ごしてたのは、あなた達なのになぁ。

中でどんなものを見て、どんな経験したのよ。
日替わりで何人もの宇宙飛行士さんを見る機会もあったみたいだし。
羨ましいよ。


そして、このアニメのもう一つの魅力が、オープニングとエンディング曲。

ユニコーン!
こんな曲あったっけ、知らない・・・と思っていたら、このための書き下ろし!
まだこういう曲作って、歌えるんだな。
すごいな!
”読む空気がない“。さすが民生。


エンディングがまた素敵。
初めて知ったアーティストなんだけど。
男性シンガーソングライターって最近少ないから、期待したいです。




家事をしながら、この動画を何度もくりかえし聞いてたら、翼に、
「何回も聴いてると、飽きる・・・」と言われてしまいました(^^;)

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/563-8363de9e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。