上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.6.18 062
(これからバスに乗ってお出かけ)

写真とは関係ないですが、6月、子供たちのサッカーのリーグはシーズンが終わり、
これから日曜日の試合が無くなって、割とのんびりした週末になるんだろうな~、と
思っていましたが、
クラブ内での練習試合が入ったり、来シーズンのためのトライアウトがあったりして、
意外と忙しかった。


練習試合に呼ばれるのは、非公式の時間帯の練習に参加している子が対象。

その時間帯の練習に参加できるのは、コーチに認められて許可が出た子のみ。


その時間帯に参加していなければ、こんな練習試合があることも知らず、機会も
無いわけで、同じレッスン料なんですが、内部事情が分かってくると、子供のレベルに
よって色々と差をつけられていることが分かります、このクラブ(^^;)


あ、そういえば、翼、大地、それぞれ、1つ上の年齢カテゴリーに上がりました。
(1カテゴリーは2学年ずつ。)

と同時に、大地が非公式の時間帯の練習に参加することが認められ、やっと
週末のトレーニングの時間帯が2人同じになり、親としてはちょっと楽になりました。


練習試合は、翼たちのため、というより、さらにもっと上のレベルの、
ヨーロッパ遠征に選抜された子たちの練習のための対戦相手として、という
位置づけのようですが。
でも、もちろん、翼も試合ができるのは嬉しいし、強い子たちとやるのは
良い刺激にもなるし、ラッキー♪という感じです。

試合は出来るだけビデオで撮ってやって、後でパパと一緒に見ながら、
パパからのダメ出し、アドバイスを受けます。
(これは素直に聞くんだよなぁ・・・)

最近よく言われているのは、

”ボールを受けて、スぺースがあれば、すぐにパスを出すのではなく、
ドリブルをしろ。”

”まわりを見ろ。相手をマークしろ。ボールばかり目で追うな。”

ということでしょうか。

ボールを受けると、それをすぐにパスしてしまおうとする翼です。
(そのパスも、しばしば、へなちょこパス・・・)

試合前に、本人に確認させても、やっぱり試合になると、そうなってしまうんですね。
忘れてしまうのか、分かっていても出来ないのか?

先週末の試合の前半では、やっぱりその傾向でしたが、後半はパパのアドバイスが
活かされ、良いプレイが出ていました。


この夏に全部で3回やるらしいトライアウトも始まり、1回目に参加しました。
まわりのお母さんたちによると、”どうせコーチの頭の中では、上のリーグに
入れる子は決まってるんでしょ(代表者の息子を含めて)” という
見方が殆どですが・・・(^^;)

来季からは、下のリーグをさらに細かく分けて、チーム内、チーム毎のレベルの
バラつきを出来るだけ少なくするそうなので、上のリーグには入れなくとも、
先季の翼ようなフラストレーションを感じることは無いでしょう。
少しでも上の方のレベルのチームに入れるよう、とりあえず熱意ポイント稼ぎにはは
貢献しようか、と、せっせと平日の練習にも、トライアウトにも連れて行く予定です。


先日は翼が行く平日の練習にも、ヨーロッパ遠征組が参加していて
(最近、その子たちだけはずっと別の日に練習していた)、
翼もそこに入って練習したみたいですが、コーンなどの片づけは遠征組以外の子が
やらされた、と不満顔で報告する翼。

練習の終わり、遠征組の子たちだけ集めてコーチから話があり、その間に、
残りの子で片づけなさい、と指示されたらしい。

実力社会、ってことですか(^^;)
色んな所で”差”があるのね。

そんなヒエラルキー内での位置づけのくせに、

「(FIFAランキング)5位以内の国に住んでみたい~」 とか言う。

強い国に住めば、自然と自分も強くなれると思っている節が。
(この年になっても(- -))

もちろん、

”まずこの国でトップレベルになってみなさいよ。それで、この国では
もうこれ以上上手くなれない、と思ったら、強い国へ引っ越すために
パパとママも頑張るよ。”

と答えると、納得したのかどうなのか、黙る翼でした。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/583-d78cf533
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。